奥入瀬では渓流釣りと苔の観察、星空の観察イベントをいれていましたが、ずーっと雨のため、星座観察どころではなく。
ただ、苔は水分を含むとルーペや顕微鏡でのぞいた姿がなかなかに華やかだったり
渓流釣りも雨のほうが釣れますよの言葉通り。それも、鈴太郎がガンガン釣り上げてイワナも釣り上げたため
教えてくださった方が筋がいいと大絶賛してくれて鈴太郎ご満悦。

これはよかったというべきか。

 

雨の中、朝五時から渓流釣りの写真。


奥入瀬の散策がそれなりの雨で結構な悪路でして。
天気がよければ自転車でサイクリングも考えていたのだけれど、道は狭いし、視界も悪いし、車通りは激しいしというわけで
取りやめたら、これまた奥入瀬の散策ではブツブツ言いだして上流まで行くのを拒否。
えーせめて銚子大滝くらいまで行きたいと粘ったけど、ダメ。

まあ、上流から十和田湖っていうのも考えたけど、近場の散策でわりと体力を使い果たしたというのもあり引き下がりました。

 


さらに、新青森駅でもう少し時間があれば青森県立美術館か、丸山三内遺跡に行きたかった!!


ブラタモリでやったばかりの弘前も行ってみたかった!!!
あ、でも行ってきたすぐ後に十和田湖と奥入瀬もブラタモリでやりました。


歩いた土地の地層やら成り立ちやらをきくと「なるほど」のレベルもあがってより楽しいもんですね。

とまあ、私の何かみたい熱は高まるばかりだし、家でゆっくりしたい派の血が濃くなってきた鈴太郎やその血脈の家人と一緒ではこんなもんでちょうどいい旅行だったということでしょう。

というわけで、また行きます、東北。

※写真は2017年9月16日したまちコメディ映画祭での舞台挨拶。

左から、音楽の金子ノブアキさん、母親役の神野三鈴さん、主人公・高橋一生さん、監督&兄役・斎藤工さん(監督名・齋藤工)、したコメの総合プロデューサーいとうせいこう氏

最初に述べると、(一応短編も含め齋藤工監督作品は全部観ている)この作品が断トツで好きです。

blank13という映画のプロット。
13年前に借金がもとで失踪していた父親が末期がんと診断されてひょっこり母親と息子二人の前に現れる。
父親は以前の印象とさして変わったようにはみえず、そのまま亡くなってしまい
兄弟は葬式を出すことになる。


ほぼこれだけである。

登場人物たちのセリフも多くはない。

主人公に至ってはそこにいることがすべてで終盤までほとんど会話らしい会話すらしない。
けれども、痛いほど主人公の気持ちが伝わってくる。

時間薬という言葉がある。

しかし、せっかくの薬が当事者の登場でまた効かなくなっていく。
時間とともに薄れていた痛みが抉られる。


主人公や母親の顔は能面のような役割だなと思った。
能面は顔の角度で陰影をつけたり向きを変えることで、その人物の怒りや悲しみや喜びを表現する。
あれに登場人物たちの演技が似ている。

目を伏せる
みつめる


それだけの表現が、一度に様々な感情を連想させる。
齋藤監督の作品は、どれもプロットが盛りだくさんというタイプの映画ではない。
ある事象があって、そこに細かなしぐさや情景を重ねていくことで炙り出されていくものを映像として撮っているように感じる。

観る人によってたぶん受け取り方も微妙に違うけれど、それが余韻になり心が揺さぶられるという塩梅がすごく心地の良い作品。
もともとのプロットが脚本家の方の実話だというのもあるし、主人公を演じた高橋一生さん自身の生い立ちもダブるのもあって、ドキュメンタリーのような手触りのある作品。

高橋さんの生い立ちの話は偶然見たTVで垣間見たものだったのだけれど、
母が結婚と離婚を繰り返し
父親違いの兄弟が3人もいて
母にはお金の無心をされたことで絶縁状態
病気で死期が近いと弟さんに知らされて亡くなる間際に会うことができ、死をみとったというようなことをおっしゃっていた。

よくぞ、このキャスティングを!と思ったし
ご本人もよくぞ受けましたねという代物だと思う。


役者や表現者の業なのかもしれないけど、自分自身からにじみ出てくるものを作品にリンクさせて観ているものの心の中にも波紋を拡げられるなんて、その世界で成功する人たちは、表現するタイミングにも恵まれるものなんだなあと妙に感心してしまった。


リリーフランキーさんやら松岡茉優さんやら神野三鈴さん、佐藤二朗さん、織本順吉さん、村上淳さん・・・
(すみません、芸人さんには本当に疎くて名前があんまり覚えられないけれど、みんな面白かった)
よくぞ集めたなあ!というキャスティング力に驚いていたのだけど、中でも一生さんその人にしか演じられないであろう役を絶妙なタイミングで実現させる力っていうのは、芸術の神様に愛されちゃってるんじゃないかと思った次第。

個人的には、私自身が一見普通にみえる家庭で育ったように思われているけど、親とはいろいろとぶっ飛んだエピソード@現在進行形で複雑な感情を持っているので、いたく感情移入してしまった。
親が痛々しくみえることの惨めさや、普通の家庭にちょっと憧れたりする自分の痛さとか。
相手から連絡が来るときは、いい話ではない時であるとか。


でも嫌なこと、辛いことも笑いに昇華できれば前に進めるっていう座右の銘みたいなものを肯定させてくれる自分のつっかえ棒の一つになってくれそうな映画でした。


とるに足らないことだけど、1つだけ。
兄役の人が降板して、急遽監督自身が兄を演じたと聞きましたが
お葬式のシーンで兄が笑いを堪えているのがわかっちゃうシーンがありまして。
(ご本人も舞台あいさつで言っていたけど)
そこだけ、惜しい。
降板しちゃった役者さん誰だったんだろう。
私は役者としての工さんをたくさん観たいミーハーファンですがこれは監督に専念してもらって観たかったかもしれない。
もしくは監督権限でここだけ撮り直しとか出来なかったかなあ。
そこだけはほんのちょっと思っちゃいました。

 

長文書き連ねてますが、、、

最後に一つ。一番お気に入りはラストシーン。音楽の入り方と煙がくゆるシーンが絶妙。

市川崑監督の犬神家の一族@富司純子の喫煙シーンくらいかっこよかったなあ、神野さん。

黒のバックと窓の外の光とたばこの煙。

いいねぇ。ウェインワン監督のスモークも思い出しちゃった。

本当にいい作品なので来年東京でも新宿で一館だけとはいわず、多くの劇場
で公開してほしいな。

とここまで書いて寝かせて置いたら、

本日朝のテレビで2018年2月24日から全国公開とでましたので全国公開も決まったんですね。

おめでとうございます!!
表現者としての多彩さを観られてファンとしても幸せです。

 

 

もう秋。十和田湖は紅葉が見ごろなようですが、強引に夏の話をします。

 

今まであまり縁のなかった東北。
旅行で行ったことは全くありませんでした。

(仕事でも岩手と宮城の気仙沼に行ったことがあるくらい。)
見どころいっぱいなんですが、いかんせん行きたいところと行きたいところを結ぶと移動距離が壮大ってところが多く。
今回もあちこち候補があって二転三転しました。

 

夏の旅が決まった経緯。

鈴太郎の地理の勉強を兼ね・・・といいつつ、私の地理&歴史心と観光列車に乗りたい気持ちを優先しいくつか夏の旅行地の候補を出しました。

 

はたして、鈴太郎が選んだのが東北

理由:涼しそうだから


東北では最初山形でいろいろ探していましたが、日程的にうまくねらっていた宿が取れそうにない。
では仙台は?となれば家人が野球が観たい(対西武戦)と言い出したが、試合のある時期に仕事が休めないと言い出し。
ならばと、さらに北へと向かい白神山地に狙いを定めましたが、やはり宿が希望日に取れない。
と紆余曲折あって、秋田と青森(奥入瀬)に決定。

 

まず、宿を押さえ。
次にJR東日本の予約サイトから列車を予約。

 

ここで、マメ知識。


えきねっとの会員になって予約すると実際の販売日の一週間前から予約可能です。


予約したから確定ではありませんが、第三希望まで記載して予約の申し込みができるので混む日程の場合はこちらを利用するのが良いかと。
首都圏のみどりの窓口はいつも混んでいるので、乗車日の一か月前から窓口で買おうとすると朝10時に並んでいても買えるかどうかわからない。
その発売日が平日10時だと働いている人間にはお手上げですしね。

と、ここまでやって本当はGWに香川を旅行した時のように
鈴太郎に事前学習と称して旅のしおりを作ってもらおうとしたんですが。
夏休み、彼も私も思いのほか結構忙しくて結局直前にちらっとガイドブック観ただけとなりました。

これが、いろいろ現地で誤算を生むことになりました。

 

まず、秋田


秋田といえばナマハゲ!せっかくだから男鹿半島や角館といったメジャーな観光地まで足を延ばすか
立派な郷土資料館も美術館宿泊地のすぐそばだからどちらかは行きたいなと思っていた私。
家人は旅行に関してはうまいものさえ食べられるならあとはノープラン。

が、鈴太郎は結構めんどくさい。

郷土資料館はNGと言ってきまして。
泊る所のすぐそばに県立の博物館と美術館があるのにそれもNO!

説得しまくって、秋田市立美術館のみ。

そして、その交換条件として動物園へ。
それもナイトズーなるイベントをやる日だったので夕方から行こうといってみたものの拒否。
いま行くのだ!と頑な。


目の前の博物館たちを横目にバスにゆられて40分かけて動物園へ。

まあ、楽しかったんですけどね。

夕飯を食べに行ったところも美味しかったし。

これは、牡鹿半島産の岩ガキ

 

 

で、次の日はこの旅行のメインの1つであるリゾートしらかみに乗車。

2016年に導入された新型車両のブナでした♪

 


テンションマックスでウキウキと乗り込み、車内販売のお店がある車両だったので、飲み物やらなにやらを購入したりしながら車窓を楽しみました。
秋田から新青森まで5時間くらい乗っていたので、飽きちゃうかな?と心配してたのですが
秋田平野から八郎潟を通り、日本海の絶景、白神山地とみどころいっぱい。


停車駅でも能代駅ではバスケットゴールがあり、シュートが入るとプレゼントがもらえる!なんていうプチイベントがあって面白かった。


3人で座っていたので、途中まで一人旅のおじさんと同乗。
新潟の方で、ちょくちょく写真を撮りがてらうまいものを食べたり温泉に浸かりにくるなんて話をしながら乗ってました。
おじさんと入れ替わるように1号車で津軽三味線の生演奏が始まり青森情緒を満喫。


新青森で下車しましたが、えらく近代的な駅でビックリ。
長野駅と秋田駅(駅前のバスターミナルが秋田杉で良かった)がそれぞれ木をふんだんにつかった駅舎で印象的だったのとは対照的。
ガラス張りの東京国際フォーラムのような、最近流行りのといったていの近代的な駅舎がバーンと建っていました。

ここやら宿まで長かった!
2時間くらいバスに揺られ、林というか森の中を延々走り奥入瀬へ。

いやあ、揺られていった甲斐はあり景色が美しい。山に川。緑が綺麗。

というわけで後編に続く。
 

 

実は10月に入ってからセミの羽化をみました。

10月は気候がえらいことになってて気温が夏だわと思ったら冬だわ、んで秋の長雨かと思ったら台風まで来た。というわけでタイミングを失ってましたが、数年前だけど家に連れ帰った蝉の幼虫の羽化を写真に撮りながら観察したので今回載せてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出てきてから3時間くらいは綺麗な薄緑色でうっとりしました。

朝みたらちゃんとアブラゼミに。

この後窓を開けると無事飛び立ちました。

夏の夕方蝉の鳴いている木々のあたりを歩くと幼虫がウロウロ這い出して羽化するところを探しています。

そっと持ち帰って何かに止まらせると羽化の観察ができるかも。

久々に自分が読んだ本の話をいくつか。

 

今回は中高、大学、学者のお話。
どれも笑いながら読みました。

学者や学究肌の人や一つのことに夢中になっているいわゆる変人系の人に弱いんです。

この三冊は鈴太郎にこんな風に育ってくれたら嬉しいなあっていう私のある意味理想の人々がいる。

 

しかしね、理想は理想なんだよなあ。

 

武蔵を読んで思うのは、
「自由」は自分自身の学びにつながる何かを自分で見つけるための「自由」であることを知っている子が行く学校。

例えば、、大学に行くための受験勉強は学校で教えてもらう必要がない
自分に必要なことが学べるなら自分で受験勉強して勝手に行きます
先生たちには自分の知らない世界を見せてほしい
っていうくらいの能力と自立心が12歳の時点である子じゃないと通ってもその教育の良さを存分に味わうことは出来ないっていうことなんですよねぇ。

 

本の中でも
東大なんて、学歴社会なんてと批判するならその中枢から批判しなければ負け犬の遠吠え
っていうフレーズが出てくる。
行ける学力があったとしても
自分がそこでやりたいことやビジョンがなければ行く意味がないと判断できる子に来てほしいっていう学校側の強烈なメッセージがある。


余談なのだけど、子育てで面白いと思っているのが、自分へのフィードバック。
私自身がこういう学校にものすごく魅力を感じるってことをつらつら考えてみた。
学校という集団でテストの点が高いやつが頭が良くて偉いという価値観が嫌いな割に
それを対等に批判できるだけの能力や自立心がなかったんだなと改めて思った事。
自分にないからこそ、いいなと思うのかもしれない。

そして、鈴太郎も10歳の現時点では少なくとも武蔵に合うタイプではない。
せめて高校入試が復活してくれたら、もうちょっと親は夢を見られたかもしれないけど。

 

 

最後の秘境 東京藝大

これも鈴太郎に美術や音楽のあふれる才能があれば
卒業生の半分の進路が不明だろうが、ぜひ行ってみて!といいたい学校です。
って行きたいで行ける学校じゃないんだけど。

 

ここに行ってた知り合い、確かになんかすごかったです。
いまどうしているんだろう。

 

作曲科に現役合格した男子だったんですけど
いま聴こえている音楽は知らないものでもそのまま弾ける
しかもアレンジして弾くっていうことができてました。
本人はもともとサッカー小僧で、幼少期から小学生まではピアノやってたけどサッカーに本腰いれたくて中高はサッカー一筋。
それが、突然高2でやっぱり音楽がやりたい!って猛烈に思ってピアノを再開。
さすがにピアノ科とかは無理なのでと作曲科を受験したら受かったという人でした。
で、カラオケは少しずつ音がずれていて不協和音に聴こえることが多くて耐えられない
でもみんなカラオケに行くなら行くよってついてきて、耳栓してカラオケ屋にいました(笑)

 

ちょうどその頃だったか、伊勢谷友介がモデルやら何やらで出てきて
そのうち役者だ監督だとやりだして
え?芸大通っててこのルックス?は?映画?俳優だとぅ!
なんだこの天が何物も与えている感じわ!!
と憤ったことを覚えているw
現在この方さらに進化しちゃって、社会活動家としての顔や起業家としての顔もあって
やる気と能力が噛み合って一度にいろんなできる人間ズルいなって今でも思いますけど(笑)

 

そう、神様は不公平なんだよなー。

 

なので、とてつもない才能をもって生まれた人たちはその才能を好きに使ってほしいし
あ、天才にはかなわない、上には上がいるって思った人も
天才を世の中に出すには天才かそうじゃないかを観る目も必要だったり
それらを発掘して世に出す仕事もあるわけだし
人に教えたりする仕事もある。
なんだかわからないけど触れてみたい人に好きになってもらうようにする仕事だってある。
美術や音楽といった芸術、アートの世界は鑑賞する人口がそれなりにいなければそもそも職業として成り立たない。
ぜひぜひ、カオスな中から自らの生きる道を見つけてほしいと願っちゃう本。


そして、最後は鳥類学者の川上和人さんの最新作。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。
好きなことを探求し続けることの面白さと楽しさにあふれていて、今年の春に発売されて以来話題の書。

 

ここでは、なんだか自称流されてやっているうちに学者になってたっていう人の

いろんな話がものすごい熱量で語られています。

明確なこうしたいという目標がなくても目の前のことをやり続けていると専門家になっているなんてこともあるかもしれない。

継続は力なり。

別に好きじゃないと思っていても、10年続けられたらいっぱしの専門家というフレーズをまさに体現している筆者。

中には10年やったけど仕事にならない!とキレる方もいるかもしれません。

10年やってそれで金が稼げるなら天職。

そうじゃないなら、今やっている仕事が10年以上のキャリアなら天職。

そういうことなんじゃないかと、鳥類から大きく外れた感想を展開していますが思うのであります。

 

私は子供のころからめちゃくちゃ鳥好きです。

今も毎朝家の近所を飛び回り囀りまくっている鳥たちを洗濯物干しながら眺めて一日が始まる。

子供のころにはセキセイインコ、オカメインコと飼っていました。

けど、獣毛アレルギーだわ

手先が不器用だわ

数学が壊滅的だわ

獣医も生物学者に関連するような学校にも検討した時点で

無理だよねーってあきらめました。

小学生の頃は鷹匠になりたかったんですけどね。

 

けれども、全然やろうと思っていなかった現在の仕事や占いではあれよあれよという間に転職できたり

仕事の依頼が舞い込んでくるようになり続けている。

なので、自分がいられる場所で思いっきりこの川上センセーのように弾けてみようではないか。

 

鈴太郎が親の背中をみて、何かを感じ取ってくれたらいいんだけど、無理だろうなw

 

でも、私がゲラゲラ笑いながら読んでいるので、ちょこちょこ手に取って読んでいる。シメシメ。ウフフ。

 

といっても、焼き鳥とかの話ではない。

 

鈴太郎が小さい頃、汗だくになると髪の毛や頭皮の感じが子どもの頃に飼っていたセキセイインコに似ていると勝手に思っていた。

最近まで夏になるとそのセキセイインコ臭がしておりうっとりしていたのだが(おい)

だんだんその匂いが薄れてきている・・・

 

もうすぐえもいわれぬムワっとした体臭になっちゃうんだわ。

弟や従兄弟たちの中高生時代がそんなんだったし。

高校の通称ヤロークラス(理系クラスのうち、女子が2,3人しかいないクラスがあった)の体育の後なんて

生物でも鳥の匂いじゃなくて獣の臭いだった。うぎゃー。

 

そんなことをブツブツ言っていたら鈴太郎に

「かあちゃんも今日はクサイ!」

と言われたので

「え?どんなにおい?」

と聞けば

(しかも風呂上がり)

「うさぎのにおい」

というではないか。

えー、なんか可愛いじゃないと思ったがその後に続くセリフが

 

「学校にいるうさぎの飼育小屋の臭いがする」

 

盛大にdisられた。

 

いくらなんでもケモノの糞尿の臭いはなかろう(号泣)

 

まーそういいながら、毎日私の背中のニオイを嗅いでるんですがね。

父親にはやらないのか?と聞くと

「えー、それはないっしょ。」

 

いや、母親にもどうなん?

 

まあ、それもそろそろ終了が近付いている。

少し寂しくて、赤ちゃんの頃と同じ部分を探してはまだコドモだとちょっと安堵したりして。

 

が、その直後、ランドセルから大量のプリント(期日が過ぎている)がでてきたり

筆箱の中が空襲の後ですか?っていう悲惨な状態だったりするのをみると

もう小学生になって何年経つんだ!赤ん坊じゃないんだっ!

あと5年も経てば15で昔の人なら元服でもう大人だ!!

自分で必要なものくらいきっちり用意しろっ!!!

と鬼の形相で叱っていたりするんだが。

 

 

 

 

8年ぶりとなるスピッツライブにまたまた家族で参戦してきました。

で、判明したのはスピッツは私の中で不変っていうことと鈴太郎が思った以上に繊細っていうところ。

ワンオクみたいにドラムがどぉんと腹に響くような音楽じゃないし
1,2歳の時にすでに彼らの生演奏聴いてるんだし大丈夫だろうと思ったんですが
結論からいうと、彼は密室暗がりでの照明と音響が現時点ではどうやら苦手っていうこと。

ギリギリ大丈夫なのが映画館(これもある程度小さいころから慣らしているのもある)
なんだけどiMAXリアルな映像や音響がいいのがウリの映画館とか今のところダメで
終わった後にこれらの時はひとしきり文句言われました・・・

 

ワンオクも2014年の横スタはOKだったのが
2015年のさいたまスーパーアリーナは心臓に音響が響いて痛いと言い出し、私と鈴太郎は外で聴く羽目に。
ならば野外は大丈夫かと連れて行った2016年渚園は、規模がでかすぎたらしく
野外なのにDVD観てるの?っていうような遠距離からスクリーン観てる距離でちょうどいいといわれ。

 

今回スピッツの敗因は2,3階席じゃなかったってこと。
アリーナは前だと音と熱気でダメそうだし、今回のように後ろだと彼の身長だとギリギリ見えないのに音や光は届くっていう中途半端さにへそを曲げられたw

映像好きな視覚優位な子なんで、フィルムコンサートならOKだったかもしれない・・・。

というわけで、このツアーのDVD化待ってます。

 

なのだけど、やっぱり赤ちゃんの頃からランダムにいろいろ家の中で流していて
今回は万全を期してセットリストのプレイリスト作って聴かせておいたのでほぼライブで流れる曲全部知ってます状態。

というわけで、ライブ後のホテルでiTunesに作ってあったセットリストを流してとせがまれ
一通りマサムネさんの声と一緒に歌って満足していた。
というか、あれから毎日セットリストを流しては一緒に歌っているので、歌自体は楽しかったんだろう。
また何年か経って、ライブにいくのが好きになってくれたらいいのだが。

ちょっと母ちゃんうれしさのあまりキミの性質を甘く見てた、ごめんよ。

でもでも、歌はライブ(生)で聴いてこそだと思うのよ。

大人になってからでも何か響くといいな(願望)

 

ちなみに会場で聴けてよかったのは

ロビンソン
恋する凡人
スターゲイザー

だそうな。


特にロビンソンはCDと同じように聴こえて一緒に口ずさんだそうで。
ルーララ 宇宙の風に乗る♪
っていうところが一緒に歌って気持ちよかったとのこと。
ちょっとずつ音が広がっていく感じがするところが聴いていても歌っても気持ちいいんだそうな。

 

スピッツの皆様
マサムネさん
この歌はちゃんと21世紀生まれの少年の心にも届いています!


今回も前回同様にツアーとしてはイレギュラーな記念ツアーだったので
セットリストが幅広い選曲でよかった。
スピッツ自身も「結構攻めてる(セットリスト)」と言ってた。

今回は

 

惑星のかけら

 

これが聴けて本当にうれしかったなあ。
生のほうが演奏がより力強くてうねりがあって前奏から本当にかっこよかった!
彼らの初期のビートパンクやら当時流行っていたオルタナティブロックなどの影響を受けたような音が聴けた気がします。

いかんせん、ライブに行ってる回数が少ないので
何を聴いても「おー!」と感動しちゃったんだけど
特にファンではない家人もヒット曲や有名な曲をいっぱいリストにいれてくれてたので
知ってる曲が結構多くて楽しかったよと言ってた。

 

以前はそれなりに聴いてたけど最近ご無沙汰
30周年だしちょっと行ってみようかなと思う人たち

 

に向けてアピールばっちりなセットリストだったと思う。

 

そうなるとアレですね、ファンクラブ限定のライブに行きたくなりますね・・・ううー。

 

そして、せっかく長野まで行ったのでちょっとだけど観光もしてきました。


善光寺に行ったり、姨捨というところへ行って棚田をみたりおやき作ってきた。
その棚田散策でカエルが100匹以上ぴょんよんしていてとってもかわいかった。

思わずこちらもカエルを追いかけまわし、タニシを眺め、トンボをみて、、、と鈴太郎以上に楽しんでしまったw

 

ローティーン&ハイティーンに戻った長野。


2017/8/6 長野ビックハットセットリスト

醒めない
8823
涙がキラリ☆
ヒバリのこころ
ヘビーメロウ
冷たい頬
君が思い出になる前に
チェリー
スターゲイザー
惑星のかけら
メモリーズ・カスタム
波のり
ロビンソン
猫になりたい

夜を駆ける
夢追い虫
正夢
運命の人
恋する凡人
けもの道
俺のすべて
1987→

 

〜アンコール〜
SJ
君は太陽

 

思わず伊藤君AtoZと言って26人の女性と伊藤君のモテ話ってまとめそうになりますが
AからEまでの五人の女性と伊藤君を巡る話です。
伊藤君はモテているときもあるけれど、モテていない伊藤君も描かれている。

 

この伊藤君を岡田将生で映画化するようですが、とりあえずビジュアルイメージですでにはまり役。
私の頭の中で喋る伊藤君がもう岡田君で動いているので作品の出来によって、ものすごいはまり役を彼は手に入れることになるんじゃないかという気がしている。

嫌なヤツを演じてチャーミングにみえそうなので。

 

が、本の中の伊藤君はチャーミングとは言い難い。
でてくるAからEの女性でも私の中で、この女性とは友達になりたいと思えたのがAの女性だけだったので
本の中のキャラクターのまま映像化すると、映像になっている分キャラがギスギスとして
誰にも共感も同情もできないという嫌悪感だけがムクムクと湧き上がるものになりそうな気もする。

 

ダブル主演が木村文乃ということだけど、私は最初このAの女性が木村さんだと思ってました。
Eの女性なのねぇ。Eはですね、私の中では安藤サクラでした。
でもこれだと、「ゆとりですがなにか」になっちゃうか。

なので、なんらかのキャラ設定を変えているんだろうなと思っているんだけど
小説のエピソードを先にドラマ化してやっているらしいので確認してみよう・・・。

 

映像化に絡めた話を延々してしまったけど
柚木麻子さんの作品はどれも登場人物たちの動きが滑らかだ。

現実にじたばたもがきながら、表面上はひょうひょうとどこかで暮らしている人たちがたくさん出てくる。
むしろ、本屋さんのダイアナの設定や登場人物たちが異色だったのかなと思えるほど
都会に住む虚栄心と現実との折り合いに苦労している人物を描かせると巧いなあと唸ってしまう。

 

さて、伊藤君ですが。
こういう人物、文学系の学部を卒業した男子に一定数いるというかいた。
映画とかファッションやアートやインテリアに詳しくてうるさくて趣味のいい男。
口をついてくるのは批評という名の批判が8割で、自分の趣味の良さを自覚し
流行りものに飛びつく人たちを見下している。
批判の舌鋒は鋭いけれど、自分を否定されることは絶対に認められない。

 

おまけに伊藤君はビジュアルがいい。
ちょっと女性っぽいきれいさをもった男子で、マッキントッシュのコートを端正に着こなすことのできる容姿と実家の財力に恵まれている。

が、定職には就いていない。
物書きになりたいという漠然とした夢はあるが、だから何かを懸命に書いているわけではなく
しょっちゅうセミナーやら人脈やらを自慢することで自分を保っている。
伊藤君を大好きな女子たちにもその辺は見破られているけれど、嫌われたくないばかりに指摘できない。

 

読みたびに「うわぁ・・・」と言いたくなるセリフや行動のオンパレード。

私は岡田将生のようなビジュアル男子がいたらきゃあきゃあいうタイプだが
その中身が上記のような男子は最も苦手。


性格が伊藤君よりも多少良い人でも
「映画とかファッションやアートやインテリアに詳しくてうるさくて趣味のいい男」

というのがあまり好きではない。
友達や知り合いとしてなら全然構わないが、恋愛対象や身内では極力避けたい。

趣味がいいかはおいといて、

自分の好みにうるさい男の面倒くささを身内でイヤというほど知っていてげんなりしたところに
大学で知り合いになった男子にこだわりの強い男子が多くて辟易したから。

 

そもそも趣味のいい繊細男子は私のような外見からキツめで本やら映画やらが半端に好きな女子は好きではないので必要以上には寄ってこない。
代わりに私の友人に異様に食いついてきていたので、私は邪魔者としてどちらかというと敵対していたことのほうが多かったかもしれない(笑)

 

その時の気持ちを引っ張り出されるようで嫌な本でした。(誉め言葉です。)

 

ちなみに、そういう男性を避けて友達曰く

「いまどきのこどものツグムくんみたい」と評された家人と結婚し肩の荷を下ろしていたら
(注:ツグムくん=無口でおとなしいが、熱いメタル魂を秘めている男子。)

生まれた息子がちょっと感受性が強くて妙にこだわりの強いタイプ
ゲゲっと思いながらも、自分が面白いと思う映画や本や美術展などに連れまわしており
伊藤君のように育ったらどうしようとちょっと怯えている。

(しかも、顔は地蔵フェイスw)

あ、でもファッションにはいまのところ1ミリも興味なさそうなので
(色へのこだわりと、いかに楽に脱ぎ着できるかしか考えていない)
それはそれで微妙な気もするんだけど。

 

ほどほどという言葉が好きな今日この頃。


 

小さい頃からポワンとしていた鈴太郎。
いつ、キリっとした少年になるのかと待ってみたのだが


最近物忘れのヒドイじいさんみたいになってきました。

 

「今日学校で○○というイベントがあるからペットボトルがいる!」
などと急に当日の朝言い出す。


そんなイレギュラーな予定、絶対学校からはお知らせのプリントを貰っているはずなのに
ランドセルをひっくり返したところで、

蛇腹になったテスト結果がはらりと落ちるくらいででてきやしない。

肝心のプリントは常に行方不明。

メールできるママ友がいなかったら、保護者会の日程すら不明という
いつもにまして今年はヒドイ穴だらけの伝達能力と忘却力をいかんなく発揮中。

 

食の好みや言うことがじいさんぽいなと思ったら態度まで!

朝からイライラと怒鳴り通しで大喧嘩ということも増えてきたので
ちょっと妄想を働かせることにしました。(は?)

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


鈴太郎の頭の中には
実は耳から出入りする手のひらサイズ10cm弱の小さな鈴太郎が15人いるのです。

 

 

しかーし、鈴太郎本人の管理が緩いので、15号までの鈴太郎もあっちゃこっちゃに逃げ出したり
ゴロゴロしており、常時欠席者がいる。


15人+鈴太郎本体が力を合わせればなんなくこなせることも
それぞれの役割と責任が分業制なので1人として欠けると支障がでる。


が、滅多に全員揃わない。

 

例えば、プリントが紛失し今日の学校行事に必要なものが曖昧となると2号、5号、7号が抜け出している状態。

テストで計算のケアレスミスしているときは計算チェッカーの9号が不在。

帰宅時間が約束より遅いと13号が寝ている。

という具合である。

 

母としても黙って手をこまねいているわけではない。
話を聞いてないのがわかると鈴太郎の頭をノックする。

 


「はぁい!鈴太郎!」
と声を掛ける。

 

すると脳内から
「おおー、かあちゃん!」
「はーい!!」
「なになにー?」
「あ?」
とめいめいの声がするので人数を確認する。


声を聞けば誰が欠けているかはわかる。
そして、欠けている子達を呼び戻すには耳元でもどってこーいとつぶやくと
「はあ〜、なに?用事?」
とぶつくさ言いながら一応戻ってくるのだ。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

なんていう小話を鈴太郎に夜な夜なしております。

この鈴太郎15号シリーズ、すっかり本人に気に入られてしまい
ストーリーが次々とうまれ15号たちは数々の失態をやらかしているのですが
いかんせん現実とリンクしているので
鈴太郎がウケればウケるほど、母の胸中は複雑なのであります。

組内のコーナー「英会話伝言ゲーム」に爆笑して過去動画を漁ってしまったw

関ジャニメンバーの横山君、錦戸君、村上君の3人の間に英語ネイティブ話者を置いて
あるテーマに沿った一文を正しく伝言できるか!っていう単純なものなのですが。

これで、横山君と村上君の2人が毎回ものっすごい空耳アワーを繰り出すんですが
爆笑しながら、この間違いを「わかる〜!」と思ってしまう耳を自分も持っていることに

気付いてしまうこのばつの悪さがツボです。

 

いたい真ん中にいる錦戸君という人は器用。
私の中でこの人はNHK朝ドラ「てるてる家族」での少年役とか「1リットルの涙」(沢尻エリカ主演の難病モノドラマ)でエリカ様と淡い恋心があるのか?的な微妙な関係性の少年を非常に繊細に演じていた記憶で止まっているのだが、この時の演技がわりとどれもよかったんですよね。勘の良い人なんだなという印象だった。
この伝言ゲームのコーナーでもすごく耳がいいらしく、一発で正しく聞き取ることも多く、発音の再現の仕方もウマイ。
改めてなんでも勘が良くて器用にこなすタイプなんだなーと感心。

この優秀な人材が伝言ゲームの真ん中にいるので両端がより輝くというか際だつというか(笑)

 

ず、ネイティブの方から横山さんへフレーズが伝えられるんだが
このネイティブさんがときに吹き出すレベルの聞き間違い、なんちゃって英語を繰り出してくる。

The hot water isn't running.
(お湯がでない)

というフレーズの際は
ザホットウォーターの部分を
「ダハ?!」
と聞き取る。
ダハといわれると確かにそう聞こえているのもわかる〜というレベルだから自分の耳もヤバイ。
でもこの雰囲気英語で、自分が何を言っているかわからないのに堂々とそれっぽく喋る。

 

ると次のネイティブ・ハルカさんという方がこれまた神業的な聞き取りをされる方でニュアンスもくみ取って正解を導き出すからスゴイ。
(ハーフなのかな。日本語能力も高いので、日本人が間違えそう、聴き取れなさそうなところを補ってこうではないか?と修正する力が高い。)


山さん自身が「へぇ〜、ぼくそんなこと言うてます?」などというw

 

語も他のネイティブさんより聞き取りやすいというのもあるので
耳と勘の良い錦戸君と次のネイティブさんへはわりとスムーズ。

 

して、トリの村上さんである。

彼も「ダハ?!」と聞き取って
横山さんが「やろ?デジャブやな・・・」などと絡んだりするからまたまた大爆笑。

で、runという言葉から走るっていう単語に繋がっていき訳がまたかっとんで行く(笑)
全国放送ではないようなのだが、このコーナーオススメです。
爆笑しながら、頑張ろうと反省も出来ますw
 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

翻訳できない世界のことば
翻訳できない世界のことば (JUGEMレビュー »)
エラ・フランシス・サンダース

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや
  • Qの日フライング ベン・ウィショー(Ben Whishaw)
    Yk
  • 10years
    鈴之助
  • 10years
    いるかねぇ
  • リップスモーク 西形まい著
    鈴之助

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM