JUGEMテーマ:映画

 

2000年代に入り
アイアムサムのダコタファニング
メイジーの瞳のオナタ・アプリールについで真打が登場しましたよ。
ギフテッドの少女メアリー演じるマッケンナ・グレイス。

 

20世紀に天才子役と言われた
ナタリーポートマンやジョディフォスターはのちにオスカー獲りました。
上にあげた少女たちも大人になって充分にその力があると思わせる演技力をすでに子供の段階で備えている。
世の中にはメアリー以外にも天才はいっぱいいるのね・・・という気持ちにさせられるギフテッド。

 

私の中ではアイアムサムとメイジーの瞳と三部作と言いたい。
すべて少女の目を通した映画で
観終わった後の気持ちが似ている作品です。
それぞれの葛藤を時にぶつけたり自分で消化したりしながら相手との関係を作っていく家族の話。

 

ギフテッドは、本人の能力に対してのアプローチの違う祖母、母、母の弟という大人たちがいる。
自分でも持て余し気味の高い能力をもった少女を前に数学者だった祖母は天才として伸ばしてあげたいと一流の講師をつけることが彼女の幸せだと信じて疑わない。


そして、同じくギフテッドだった母親は、母(メアリーにとっては祖母)との確執に疲れ自殺してしまっている。
その姿をみて娘を託されている自身も能力が高かったであろう弟は、早々と戦線離脱してガテン系の仕事で生計をたて親とは絶縁状態になって姪を育てている。


姉や自分のように屈折した想いや確執を持った人間にしたくないと祖母から遠ざけ「普通の」生活を送らせようとするのだけど
息子と孫を見つけ出し、その能力の高さを目の当たりにした祖母は親権を巡って裁判を起こす。

 

メアリーは叔父と一緒に暮らしたい。
けれども普通の小学校では勉強したいことがなくて浮いてしまう。


数学書を嬉々として読むメアリーに対して、どう養育していくべきか周囲の大人たちは悩み、自分なりの解をメアリーに差し出す。

 

メアリーのこのアンバランスさは養育する身になると本当に大変だと思うけど
映画として観ているこちらにはとにかくそのアンバランスさが魅力的で愛らしい。


様々に降りかかる現実に涙したり怒りを爆発させたりしながら、家族の関係を築いていく姿にじーんとする。

叔父にとっても姪にとってもそれぞれの存在が代えがたいギフトでもあることをこの作品は余すことなく描いている。
メアリーと叔父の隣人女性役がドリームにも出演していた女優。
フォートランのシステムエンジニア先駆者が、ここではメアリーたちの太陽のような明るくて歯に衣着せぬ女性として登場し、観客の心を代弁し
彼女の眼を通して映画の物語の世界へと入りこませてくれる。

 

なかなか素敵な作品です。

JUGEMテーマ:映画

 

書き溜めたはいいが、リニューアルした映画サイトをいつまでも作りこむことができないのでこちらにも投稿します。

 

 

娘を何者かに殺された母親が主人公。
アメリカ南部、ミズーリ州の田舎町。
誰もが知り合いで有色人種や同性愛者への差別を隠そうともしない人がちらほらいたりといった閉塞感満載な町。
進展しない捜査に業を煮やした主人公ミルドレットは寂れた町のこれまた寂れた道路に半ば放置されていた3枚の看板に広告を出すことを思いつく。

3枚の広告にはウェルビー署警察署長宛に「娘の犯人逮捕はまだか?」といった皮肉を込めた非難の言葉を。
署長を敬愛する警察官ディクソンが発見し、騒ぎとなるが一歩も引かないミルドレット。
一方でディクソンは暴力的な警察官でウェルビー署長を尊敬しつつもたしなめられようが差別意識丸出しで一向に粗暴な面を改めようとしない。
ミルドレットが自分の言うことを聞かないとわかると、彼女にかかわる周囲の人間に暴力を振るう。
そして、それを聞いたミルドレットがまた憤る・・・
とどんどんヒートアップしていき、たかまる緊張感と不穏な空気。

生まれてから死ぬまで同じ土地で代々暮らしている人たちの濃密な人間関係と気怠さと閉塞感が迫る。


この空気に耐えられるタイプと耐えられないタイプがいて、私は後者なのでひたすらこんな街はイヤだ
戦うよりも逃げて全然別の人生を送りたいと思いながら観ていた。


だから、ミルドレットが悩みながらも一歩も引かずにその土地で憤りの声を上げる姿に心底スゴイと思うのだが
絶対に自分は出来ないという諦観も強く感じて言い難いモヤモヤやらなにやらいろんな感情が揺り起こされた。
映画ってすごいなー素晴らしいなと思うのはこんな時。

 

で、そんな風に感嘆していると物語はドカーンとでっかい起承転結の転を迎え
えええええええー!って思っているうちにエンディングがやってくる。


その終盤でのミルドレットとディクソンのやり取りも私は自分なら絶対にこんなこと言わないし、言えない。
すげーな、何物も恐れず立ち向かっていく人たちって。

そしてそして、この作品にはワタクシが「魔界系俳優」と名付けてご贔屓にしている

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズが広告代理店のレッド役として出ているんだけれども!


魔法かかっちゃってて、中盤まで気づいてなかったw
このレッドがですね、ディクソンにオレンジジュースを置くシーンがあるんですけれども
そのシーンの表情が素晴らしくて鳥肌が立ちました。
こんな顔しちゃうのか!
私の心の中の渦巻きがどーんと溢れたシーンでもありました。
これは映像でないとわからない。

スゴイシーンだったと今思い返しても思う。
 

池上正 子どもを伸ばしたいなら、大人は離れること
サッカー指導者・池上正さんインタビュー(上)50万人の子どもを見てきて、感じていること…「失敗してOK、大人は消えてOK、放っておきなさい」

 

「できない子」のほうが、大人になってから伸びる
サッカー指導者・池上正さんインタビュー(下)会話のスタートは「今日は楽しかった?」という質問から始める

 

もうね、頷くことばかりでいっぱい引用しちゃう。

 

「親たちが自分の世界というか、自分がやりたいことがあって、子どももやりたいことがあって、お互いがそれぞれやろうよ、というような時代が来なければいけないと思っているんです。」

 

「成長期って、運動と休養と睡眠がすごく大事なんです。なのに、日本には休養がない。Jリーグの育成チームなどで活動する子が、中学3年になって受験を迎えるとき、1カ月練習を休みます。すると1カ月後、全員体が大きくなっている。それは太ったということではなくて、背が伸びてがっちりしているんですね。なぜかと言えば、規則正しく睡眠をとれて、食事を取っているからです。Jリーグの練習は、夜にやるので寝る時間が削られたり、ご飯を食べる時間がなかったりするんですね。休養というのは本当に大事なことなんです。基本、やり過ぎなんですよ。」

 

「能力がいつ開花するのかは個人差があって、本当に分からないんです。ただ、間違いない話で言うと、小さいころによくできる子たちは、それ以上伸びないことが多いです。そのまま普通になっていく。できなかった子たちがその後ぐっと伸びて追い越していく。」

 

「日本人は常に“1位”の話をするんですよね。今20番目くらいにいる子に対しても、10番になったときは〜という話はしないで、1位になったときの話をする。20番くらいの子がいきなり1位を取るのは大変なことですよ。でも日本の文化はなんでも1番がいい。」

 

「見ないほうがお互いに幸せですよ」とよく言うんです。お母さんは見ないでいて「今日はどうだった?」と聞いたときに、子どもは「楽しかった! 今日は2点も入れちゃった!」って嘘をついておけばいいんです(笑)。そして、親はわざとだまされておけばいいんです。親だって、この子本当は入れてないよな、というのは分かりますので(笑)。「じゃあ、今度見に行ってもいい?」と言ってみる。「いや、来なくていいよ」と言ったら、だいたい嘘だなって分かるじゃないですか。そんな感じでいいんだと思います。」

 

引用ここまで。

これはあくまでサッカーの話ですが。


ほんとだよ!


部活やクラブチームの毎日のような練習とかやりたい人はやればいいけど、強要しないで欲しい。
自分が子供のころからこの連日の練習とかがどうしてもダメで小中高大とやってみたいスポーツ一切やりませんでした。まあ、もうちょっと根性もとうよっていうところも自分にはあるんだけど(笑)


自分自身運動全般そんなに得意じゃないので下手でも楽しむっていう空気が特に子供向けのクラブや部活にはないのがイヤで。
努力する前に巧い人の邪魔になっちゃうなとか考えちゃうわけ。
子供心に自分の立ち位置はわかるからね。
なんか期待されてないし、そんなに能力ないのに多少努力したところで無駄かなって思ってしまうんですよ。
すぐできない子にできないよねって言ってしまうと、それが本人の型になってますますできるようにはならない。
じっくり努力するとできるようになるかもよ?まずはここまではダメでもこれやってみようみたいな声かけがあるだけでもどんくさい子には違うと思う。と、どんくさかった子供として思う。

 

別にレギュラーになり、一番になるとか優勝するとかが目標でなくてもいい。
大人になってからも子供のころ触れたスポーツを楽しむことができるほうが重要かなと大人になったいま思います。
下手でもなにがしかやった経験がないと、大人になってから初心者状態で始めるほうがハードルも高いし始めづらい。結果、やらない。

 

一番になってもさ、じゃあそれですごい稼ぎになるかとか
人の記憶に残るような人になるかというと違う場合が多いじゃないですか。
かえってその一番だった過去があるゆえに長く苦しむ人もいる。

 

メジャーな例でいうと野球。
ドラフト1位とか甲子園で活躍したとか。
それ自体が才能も能力もあって、本人が死ぬほど努力して得られたものなのに
プロの世界で巧く活躍できないことのほうが多いし、活躍しても思ったより選手生命が短くてその後全然違う仕事をしているなんて人がごまんといる。

 

でも、子供のころにある程度やったことがないと大人になってからいきなり草野球チームに入ったって
ボールはとれないし、球は打てないし、チームスポーツだから足を引っ張るのがわかると余計にやりにくい。
楽しむどころじゃない。

子供のころの記憶でダメだった、やりたくないっていうなら別のものをやればいいけど
やってみたかったけど、できなかったっていう状態が一番不幸かなと思う。

 

というわけで、時に嫌がる鈴太郎にはいろいろかじらせました。
結果的に身体を動かすのも体育も好きになったからまあ、いいかってところ。


が、しかし。

「放っておく」これがいま私のテーマなんだけど、こっちが難しい。


私自身が、学校のことやらなにやらはほぼ低学年から親はノータッチだったんですよね。

 

これは、優秀だったからとかではなく

もともと自分の親は子供の学校や友人といったものには興味が薄くて
学校の成績表もテストもこちらからみせないと「みせて」と言われたことはないし
何かで賞状もらったりしても、フーンで終わりだし
勉強から進路や就職、結婚もこうしますとは言ったし

お金のかかるところはこうしたいけどいい?と聞きましたが

基本的には自分の中で結論が出てから親に話すスタンス。

で、特に出した結論に対して反対されたことはなかった。

何か言われたときもあった気がするが全く記憶にございませんw

 

友人関係も小学校低学年のころまではとにかく引っ込み思案で全然話せなくて友達も超少ないし
どちらかというと対等ではなく上下関係ができてしまう雑魚キャラタイプでいたが、自分で対応できるように試行錯誤。

 

たくさん失敗して後悔もいっぱいあるんだけど
親にあれこれ指図されていたら、どこかで爆発したか、自分で判断できない大人になっていたかなと思うので
やっぱり放っておかれて正解だったんです。


とはいえ。

私自身、子供をうまくのせることができないことが多くて
これが私自身の親としての結果なんだよと突き付けられている・・・と思いますねぇ。
本人の個性やもって生まれたものはもちろん大きいけど
本人にとって響く方法とやらが一筋縄ではいかず、親と子は別の個体であるっていうのを常々感じる今日この頃。
そろそろ手を放していくべきところも多くて、いくつになってもその時々で親って難しい。

その1から間が空いた上に、殆ど塾の話関係なくなっているけど、強引にその2。

 

私の中では、子供自身が
自分は何が得意で、将来それをどう社会に役立てていきたいかというのに本人が考えて気付くようになるのが大事だなあと常々思っています。
とはいえ、頭良い子ってそういうのなくても勉強はできちゃうんですけどね。
塾の選定の時にあちこち話を聞きに行った時にもポロっと
塾側が中学受験は本人の(その時の)能力によってどれだけ勉強してもしなくてもある程度決まってると言ってたけれど
まさに。

だから、学校側でも進路指導では、まず大学入ってから何やりたいかは考えろっていうところもある。
(私の時代はそれが当たり前でもあったし)

 

しかーし!
あまり考えることなくどんなにスゴイ大学やら会社やら入っても、結果的にはマズイんじゃない?って思う。

 

というのも、今自分の年代はちょうど働き盛り。
大学受験というと人数多いっていうのもあって大変さを煽られた世代であり
いい大学へいって、大企業に入るか公務員試験に受かって安定させるっていう価値観が大手を振って歩いていた最後の(?)世代。


その価値観が崩れ気味になってきている今
バリバリ働いている人もいっぱいいるけど
そんなに優秀なのに?!っていう人が
メンタルの不調で会社を辞めたり、休職したりっていう話がゴロゴロしてる。

精神に不調をきたすほど現代の仕事が厳しいというのは一つの解としてある。


けれども、それだけじゃないとも思うわけ。
合わない仕事をしている人が多いのではないかと。
能力高くて真面目な人は、結構危ない時代だと思う。

 

合わない仕事をしている人で最たるものの例をあげるとまず医者が浮かびます。
これ、本人のメンタルがっていうより患者にとってだけどw
絶対にあなたは医者向きではない!っていう医者いますよね?!
外来やっている医師は老若男女に会ってヒアリングして今の状況をわかりやすく説明するっていう究極のコミュニケーション能力を要求されるわけ。
もう難しい話や横文字がでてくると理解できない老人に
杓子定規に何度も同じ説明を感情交えずにするとか正直「このコミュ障め!」と毒づきたくなるし
子どもが心配で不安なお母さんを怒鳴りつける小児科医とか
患者が述べた症状そのままにバンバン薬を出しまくる医者とか
なんだかえらく不器用な外科医とか嫌ですよね。


でも全部これ実話。


ゆえに
受験制度上最もその試験を高得点で潜り抜けるであろう母集団が医学部に行くっていうルートが現在あるようですが
頭が良いから医学部っていうの反対です。
ふざけるなって思います。

 

閑話休題。
先日、高校の時凄かった天才、秀才は今何をしているのか?みたいな番組の再放送をやっていた。
その中で京大に進学した女性が出てきていたが、学ぶことにそう興味はなく
走ることが好きだとかで色々やっているうちに大学は退学になりロードレーサーになっていた。
アラフォーの女性だったけど、それだけで食べていくのは大変で他の仕事もしながらやっていると言ってた。
好きなことや得意なことが沢山あって、自身で選択した人生を楽しんでいて良いなとは思う。

が、外野の余計なツッコミであることを重々承知で言っちゃうけど
頭脳も身体能力もずば抜けているものを持っていることは高校生の時点で教師の回想でもあきらかだったんだから
何も教師が京大進めなくても
プロスポーツでもっと早い段階から生計を建てて名声を得てから何か別の仕事をしても大きく成功したんじゃないか?という気持ちが拭えない。

その辺の生き方も含めて周囲には回り道だろう、無駄だろうと思うことも本人にはそうではないんだよなぁ
そこも含めて本人の特質なんだろうとは思うものの、能力高い人の紆余曲折をきくともったいない!って思ってしまう(笑)


その国や時代にマッチした性格や性質を持っているか否かっていうのは運だしなー。
こちらは回り道しまくってようやくまっすぐな道はこれだったか!っていうタイプなので回り道ゼンゼンオッケーなんだけど
要領の良いタイプにはたまーに
「なんで失敗するとわかりきっていることをやるの?地雷に突っ込むのは趣味か?」
と言われたりする。


まあ、趣味なのかもしれない。

 

ちなみに、地雷を踏みまくって何の役に立っているかというと
人間関係しかり
子育てしかり
仕事上でもしかり。
結構いろんなところで役に立つんです。
もともとはメンタルも弱い方だったと思うのだけど
踏まれ過ぎて色々雑草も生えるうちに、なんか慣れてきたっていうんですかねw
鈴太郎からみて、私は楽しそうに生きているらしいので、そうみえるならいいかなって思うんですよね。
そうじゃないときもあるけど、自らの人生を楽しくするのは己しかいないわけですから。

というわけで鈴太郎にあーでもないこーでもないとやっていることも9割がた無駄なんだろうなと思いつつ。

それでいいのだー!

 

私は彼の周りで観察できる大人の一形態の一つ。

それをいいと思うか、反面教師にするのかは彼次第。
 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

書こうか書くまいか迷ったのですが、記録として。

住んでいる地域では学童は3年生までなので
4年生からどうしようかなと3年生の間に色々考えたり試行錯誤していました。

義母にも
「塾に行かせないの?」
と再三言われてきました。

もう1年彼の成長を待とうか資料集めたり見学に行ったりして家人と2人考えてみたんですが
結果、4年生から受験を見据えて塾に通わせています。

 

義母は、ビックリしてました(笑)


学校の補習みたいな感じで近所にのんびり通わせたら、こちらもカリカリすることは減るかしら位の気持ちで言っていたようでよもや受験を考えていたとは!突然どうしちゃったのと言われた。
私自身がそれほど教育熱心なタイプじゃないんで。

鈴太郎の様子をみながらなので迷っていただけなんですけどね。

 

ちなみに、家人も中学受験したクチなのだが、あまりにも時代が違い受験自体全然参考にならない。
家人は就職まではそんなに深く考えずにすんなりいって、就職後に会社辞めて学生になって資格とってと色々と試行錯誤したタイプ。

鈴太郎のいとこたち30歳くらいから大学生までも千差万別だけど

とりあえず全員大学までいって就職というルートではある。

それみてても結局どこで頑張るかの違いというだけの気はする。

 

鈴太郎も、今のところこういってはなんだが
わりと先生受けのよいタイプ(なにせ全てにおいて古風というかじいさん風味だからw)で、
学校のテストや授業ではほぼ困ることはないから
通知表では「これ誰ですか?」っていうくらいゲタを履いた評価をもらっているタイプ。
かつ家人以上にマイペースで自分の意志をつらぬくので公立でもなんとかなるとは思う。

 

しかし、選択肢がある。
内申点を気にして何かをやるとかやらないとか考えるよりは別のベクトルで教育を受けて欲しいというのが一つ。


もう一つは、学校によって理念が千差万別で面白いというところ。

 

中一なんてまだまだ子どもですからこっちで手取り足取りやります
勉強させます
スポーツも芸術系もおろそかにはさせません!
という気合いの入った学校から

 

本物志向で子どもたちの興味や可能性を引き出します
といった楽しげな雰囲気前面の学校やら

 

本人の自主性ややりたいことを伸ばします
限りなく大人と同じように扱いますという自律や自由を謳った学校まで

 

親として子どもにどう成長していって貰いたいかを問われる。


 

最後に、決め手になったのが参考書や塾のテキストと入試の問題。


単純に「大人が」みて面白い。
子どもでこの辺を面白いと思える子は上位層にいきますw
なので、12歳が覚えて理解して解くにはちょっと大変。
けれども、そこに書かれた問題や考え方は、大人になっても無駄にならないんじゃないかなーと。
ぶっちゃけ高校や大学受験よりもよほど普段の生活や知識に繋がっていると思う。
知識の土台っていうんでしょうか。


その土台の大きさやそこからの発想の切り口などは学校によって求めるレベルやタイプがあるようですが
これは勉強して無駄じゃないなと感じたのが最も大きな理由。

 

で、いま六年生なのでそろそろスパートかかってくる時期に差し掛かっているのですが、これがもうねぇ。
後から書けることは書こうかなと思うけど、「このやろう!」の連続だと書けば経験者である親はわかると思うw
とりあえず、がっつり子どもと組み合うという意味での子育てはこの小学生時代で最後かなと感じながら味わってます。

っていうか、算数以外はわたくし抜かされる気がしませんw(だめじゃん)

まあ、算数勝負だからいいんだけど。(いや、よくないw)

 

余談。

この漫画、わりと臨場感あります。

こんなに子ども毎にカスタマイズしてやる気を引き出す大手塾はないと思うけどw

親がどう塾を使いこなすかっていう方が大きいし、これがなかなか難しいのであーる。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年は小学校入学から高校卒業までをゆとり教育で過ごした最初で最後の世代が大学新卒で入社する年なのだそうな。
ここで1995年という時代について個人的にも世の中的にもエポックメイキングな年だったので振り返ってみる。


そもそも切りのいい数字で戦後50年。
これだけでもうなんか時代として語れてしまう出来事なのに

1月17日に阪神淡路大震災が起こり
3月20日には地下鉄サリン事件が起こり
オウム真理教の一連の事件や逮捕があり
11月23日にはwindows95日本語版が発売された。

 

世界の出来事では
元旦にはWTO(世界貿易機関)が発足し
8月にはボスニアヘルツェゴビナ紛争に絡んだNATOの大規模空爆から
10月には停戦協定が結ばれ、4年に渡った紛争が終結
という時代。

 

国内で世界にもニュースになるようなものすごい事が次々起き、どうやっても忘れられない強烈な年となった。

 

そんな世相の中、音楽といえば私の中ではこの2曲。
4月に発売されたスピッツ「ロビンソン」
8月に発売されたMr.Children「シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜」
(世の中的にも上記のようなバンド<そのほかB'z、ドリカムetc)小室サウンド、マイラバなどの小林武史といったプロデューサー時代の到来)

当時私はミスチルを聴きに行くためにファンクラブに入り
スピッツも高校生の頃からのファンでこの曲がロングヒットして秋から年末にかけてイヤというほどラジオからテレビからカラオケから聴いたのである。

人数が多いわりに時代の存在感が微妙といわれる団塊ジュニア世代だけど
この近辺のCDのバカ売れ&カラオケブーム、ドラマ高視聴率は、その後のCD売上やらドラマ視聴率やらといった指標が死につつある今から俯瞰して眺めるとテレビや音楽CDが若者文化として時代を引っ張った最後の時代だったんだなーと感慨深い。
1997年にはフジロックが始まり、フェスであらゆる音楽が聴ける素地がもうあったころだと思う。

ドラマでいえば、この年は「愛しているといってくれ」。
(翌年だとロングバケーションとこのころは北川悦吏子の時代だった。)

映画ではパトリス・ルコントやアッバス・キアロスタミがもてはやされたミニシアター系の興隆があって以前のように同じ日本映画をみんながみる時代は終わりを告げ国内の映画は斜陽産業と言われながらも世界中の映画が見られるようになったのはこのころだったと思う。
Love Letter 、打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 、東京兄妹、水の中の八月、GONIN 、幻の光、渚のシンドバッド、BeRLiN といった日本映画が公開された年であり
アジア映画ブームを引っ張った恋する惑星が話題になったのもこの年。
エドワード・ヤンの恋愛時代や君さえいれば/金枝玉葉も公開された。
フォレストガンプやショーシャンクの空にというハリウッド大作のヒットとともに
恵比須ガーデンシネマで公開されたスモークがロングランになった。恋人たちの距離が公開されたのもこの年。
オーストラリア映画のプリシラがヒット。
旧ソ連映画の動くな、死ね、甦れ!も公開。
この時は今のように年間1000本なんていう公開量ではないのと学生で時間があったのでとにかく話題になったものは全部観ましたとも!
映画好きな若者はいまと比率は同じかもしれないが、いかんせん母数が倍近いですからね・・・
バブル後とはいえ、今よりも文化に企業や世間はお金を出したし、映画や本や音楽や演劇や漫画の知識が幅広く深い人ってスゴいみたいな価値観があった。(たぶん)

スマホどころか携帯ぼちぼち持ち始めましょうかという時代。PHSだった時。
ドコモのiモード(1999年)も写メールもサービスとしては生まれていなかった分の時間を若者の何割かはこれらに使ってた筈。

将来のために目標をもって勉強するとか、目的意識をもって社会について考えるとか全然関係ないところで生きていたので
いまの若者にエラソーに何も言えない。
無目的に好きなものを見聞して生きているといくら売り手市場の今でも大変だよくらいしか言えることはない。
が、じゃあそれらが無駄でもっと有意義に過ごすべきだったかと問われると
私はあの無駄な時代は私にとっては無駄ではなく必要なものだったとしか言いようがない。
自分自身がゆとり世代を何一つ非難できないほど好きなものに逃避していた甘ちゃんでした。
後年、その当時の私をつぶさに知る小学生からの幼馴染には
あの当時の私ははた目にちょっとヤバかったといわれ、その危うさが消えて良かったと真顔で言われたときにはこちらがびっくりした。当人にはそこまで精神的に追い詰められていた自覚がなかったりするんですよね。

 

あの時聴いた曲は今も私を励まし
あの時に観た舞台を時に思い出し
あの時に観た映画が今も心を揺さぶり
あの時に読んだ本から助けれることもある。
それらのよくわからない記憶や知識が学んだことと一緒に混然一体となって
私の仕事を助けてくれる時もあれば
子供と楽しむことでまた違った側面が見えてくることもある。


私の中からあふれ出てくる記憶をガーっと鈴太郎に伝えようとアウトプットすることもあれば
その時に子供と一緒に経験することが新たな私のインプットにもなる。
子どもがダラダラゴロゴロしてイラっとしたときも、そういえば自分もこういう時に無意識にいろんなものを整理してバランスをとっていたじゃないかと思いだしたりもする。

だから人生に無駄なことは何一つないのだ。
1995年という年は私にその人生訓を与え、時に思い出させてくれる年でもある。


 

JUGEMテーマ:読書

 

 

私には音楽的素養はない。
子どものころ一年間だけ祖母の強い希望でピアノを習った。
その練習のためにどこからか中古の(なぜか)オルガンも用意されていた。
けれども、私はピアノの練習をとにかく嫌がった。
一人で部屋の入口に背を向けて音を奏でることが異様に怖かった。
誰かに見られているような気がして練習するどころではない。
そういうと、サボりたいがためにまたよくわからないことを言って・・・と怒られるのだが
私はとにかく部屋でオルガンを弾くことを拒否した。
練習しないのだから全く上達しない。上達しないままレッスンに行っても先生も困る。
そうして、私は1年でピアノ教室をやめてしまった。

今回の本は、読んでいる間中ずっとウッドベースのように、メトロノームのようにピアノを続けられなかった自分が横たわっていた。
主人公の外村は山奥で育ち、ピアノの素養がない。
調律師の板鳥に出会い、調律師を目指していく過程で常にそのことが本人に引っ掛かっている場面がでてくる。
才能や音楽的素養や音感といったものに恵まれていない自分がこの仕事を続けていくことができるのだろうか?と迷い立ち止まり自問している姿が自分自身とすっと重なるような気持ちだった。


しかし、外村は森の音を聞いて育っている。
彼の周囲ではそれは特別なことではないから、彼自身もその感覚を特別なものだと思っていない。

ものを知らない分、謙虚でこつこつと努力をする。
この森を知っている感覚と真摯に取り組み続ける外山の姿が
ゆっくりじわじわと調律師としての彼をかたどっていくさまを読者としてかいまみる

 

10年やれば、天職。

取り組み続け、常にまだまだと思いながら努力を続けられること自体が才能なのだとこの小説は静かに囁いて励ましてくれる。

向いていないかもしれない、この道は違うのかもしれないと思いながら不安になりながら

働いたり、打ち込んだりすることはそれ自体が才能の一つなんだなと改めて思う。

 

そう、才能がない場合はそもそも続けられないのだ。

文字が音に聞こえ、清々しい気持ちになって読了できる、必読の書。

映画化も6月公開。楽しみである。

プロフェッショナル仕事の流儀 新しい仕事スペシャル

 

 

今や子どものあこがれの職業ユーチューバー。これにプロゲーマー、データサイエンティストとくれば
鈴太郎が食いつかないわけはなく、一緒に観ました。

以下の3名が出ていて、日々の仕事の様子や現在の状況、葛藤を映し出していた。
ユーチューバー HIKAKIN
プロゲーマー 梅原大吾
データサイエンティスト 河本薫

 

ユーチューバーはアイディアを形にするために頭をひねり、時間をかけている。
プロゲーマーはひたすらゲームをプレイし続け、攻略法に頭を巡らせている。
データサイエンティストはAIと人間との理解の合間に立って考えている。

ユーチューバーとプロゲーマーについては子どもにとって楽しそうにみえる仕事が、裏ではロールモデルのない仕事であるがゆえに上に悩みながら進んでいることにスポットを当てられている。
特に、プロゲーマーの梅原さんは介護の資格をとって仕事をしていたけれどそちらでは失敗が多く自分じゃなくてももっとできる人がいると思うと落ち込んだというようなニュアンスの話をしており、かといって好きなゲームで食べていくなんて考えもしなかった、ゲームで優勝しても恥ずかしいとさえ思っていたという。
鈴太郎にあとで感想を聞くと
「ゲームが強くて優勝して恥ずかしいと思うんだねー。すごいのにね!」
子どもの頃のスゴイがそのまま仕事になっているという意味合いでは野球選手のようなプロスポーツ選手なんかが近いのかなと思う。
凄さがわかりやすいというのかなあ。プロゲーマー自体がeスポーツといわれてますしね。
大人のこちらからみると、好きなこと・得意なことを突き詰めて特異な仕事に昇華しているっていうのは能力を最大限発揮できる仕事をみつけられて幸運な人たちだし楽しいだろうけど、同時に逃げ場がなくてしんどそうだなあとも思う。
長く続けられないよなーとも思うし。その分の稼ぎを早いうちに形成しちゃって第二のキャリアに転換するというのも手だけれども。


データサイエンティストについてはいま、最も魅力的な仕事といわれている職業だそうな。

その最先端の仕事の中でも、AIの処理速度が人間の理解を超えてしまっていて
なぜこの結果が得られたのかの理解がデータサイエンティストにすらわからないという段階にきているのだとか。


結果の根拠を説明できないのでシステムに組み込む際に周囲の理解が得られない可能性があるという問題の指摘。

実際に現場では、結果の過程がわからないものは導入を見送るといった判断がされているところが映った。


2020年代にはAIが人間の知能を超えるのが現実味を増していると話しには聞いていたけれど、実際のビジネスの現場ですでにそういった齟齬が出てきているというのが驚きだった。

昨年くらいから量子コンピューティングが現実に存在感を急激に増している。

 

シンギュラリティー技術的特異点(Technological Singularity)の2045年問題
「人間の能力が根底から覆り変容」するレベルの現象、科学技術が人の手を離れ自らより優れたものを作り出すようになる時代の到来。いままでの生物40億年の進化の時系列から解き放たれる、別次元に行くといわれている年。


実は、私はこの予測に懐疑的だったのですが、こういう人の知能を超える存在がもう現実に色々なところで使われだしている現在の動向をみると、人の想像の世界を超えるのも時間の問題なのかなと思わされる。

 

そこで、ユーチューバーやプロゲーマーに立ち返ってみると
彼らは生身の人間である自分たちがまず楽しみ、

面白がる姿を世の中の人に見せシェアすることでその対価を得ている。


20世紀の仕事では、処理能力の高い人がお金を得ることが多かったけれど、処理能力にあたるものはすべて機械に置き換えられていくのだろう。機械に意図的では作れないイレギュラーが人間には求められていく。

 

これまでより「個」のもつ「特性」つまり「個性」や「創造力」といったものがより重要だと色々なところで指摘がでているのも頷ける番組だった。

 

20世紀のゲームでは意図しなかったバグ(障害)をゲームの隠れ機能だと子供たちは面白がったが
21世紀は人間が場面に合った機能を意図的に作り出して魅せることができる人を面白がる時代になってきており
私たちはその激変期にいるんだなとひしひしと感じる。
 

最近学校でフツーに
○○について発表してもらいたいので調べたことをまとめて発表してください
という授業が社会やら理科やらなんかを中心に結構ある。

どういうことをやっているのかは公開授業などでみるまでわからないことが多いのだけど
「調べる」ことについてきちんと説明なされている雰囲気がなく
どうなんだ、これと思っている。

 

子どもだけの話を聞いていると
○○について調べてね。
調べるのはネットでも本でもいいよ。
調べることはグループで話し合ってねという時もあれば
先生がサンプルとしてこういう風に調べて発表しますといった提示をしている場合もあるようだ。

 

が、ここで私が気になっているのが
その調べた情報は正しいのか?をどう検証するのか
何を調べるのか
どうまとめるのか

といったことを子供たちに全くレクチャーしていないのではないかということ。

 

どの発表を聞いても


調べた結果がだれのどういうページなのか出典を明らかにしていない
まとめた内容が散漫なのに、形式が似ている

(先生が例として出したものをそのまま真似ている)

 

これでは、将来レポートやら論文書くときになって
コピペはダメですよっていきなり言われても
「なんで?」
ってなりそうだし。

 

トンデモ理論を堂々と主張されて、それおかしいよと指摘してもネットに書いてあったから正しい!
などと言われそう。


っていうか、既にそういう人結構いますよね?
卒論のコピペとかももうだいぶ前に問題になりましたよね?

 

情報に触れさせる、調べさせるなら
テキトーなキーワードで検索して出てきた最初の結果を丸写しして調べましたってやっちゃうのは調べたことにならないというのをきちんとやった方が最初大変でも後々本人も周りも困らないと思うのですが。

特にネットは本と違って複数の目を経て校正や検証されていないデータが満載。
それも日本語となると限られたデータしかないものも多い。
Wikipediaと国語辞典やイミダスではカバーしている範囲はwikiの方が圧倒的に広いが
その検証については曖昧な情報も多く、一般の人がある程度気軽に書き換えたり書き加えることの情報であるという認識をもっていないとマズイと思う。
小学生だからとかまだまだもう少し大きくなってからきちんとなんて言っていると二度手間だし
そもそも、今の子供たちにとっては生まれた時から本と同じようにネットがあるのだから、それぞれの区別も曖昧だし
ネットだろうが本だろうが、その情報が正しいかどうかを確かめてから引用するという前提を教えずに調べろっていうのは随分乱暴だなと思う。

 

とりあえず、鈴太郎に


・ネットで検索する前に何について調べるのかを考える

(検索した言葉をメモしておく)
・調べる言葉によってネットでも結果はずいぶん違う

・調べたページが間違っていることもあるからいくつかのページを参照する
・引用したページについては「○○サイト」を参考にしたと書く
・専門家の意見や本もみることができればベスト
・書かれていることと反対の意見はないのかを確認する
・調べるものによっては日本語の情報は実はそんなにたくさんない。英語だと喋っている人数からして違うから得られる情報が何倍も多いので大事

 

といったことをゲームの攻略を例にあげて説明したがちょっとパンクしてた(笑)

でも、学校でできれば参考するサイトや本についてきちんと書き留めておくことと

1冊の本や1つのサイトをうのみにするのではなく最低2つの情報にあたってみることくらいは呼び掛けて欲しいなあ。

もしくは発表の段階で

これはどこに書いてあったの?

この意見と反対のことは書いてなかった?調べた?

くらい聞いてほしいなあ。望みすぎ?

 

でもその辺問わないなら調べもの学習に安易にネットOKと言わないでほしい。

(本も1冊のみとかだとやっぱりツッコみたい。意味ねーよ。)

あんまり意味ないっていうか害の方がデカイ。

 

というわけで、いい本ないかな?と調べたらこちらがでてきた。

取り寄せて読ませてみる。

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

もう2月ですが、正月に家族そろってスターウォーズと梯子してみた作品。

去年上映前に、映像関係の仕事をしていた鈴太郎の友達パパが

 

これは親子で観たほうがいいと思うんですよね〜

 

と言っていたのが脳内に残っていて、新年もロングラン上映しているではないか!いかなきゃー!と張り切って映画館行った作品です。

 

「If you must blink, do it now! (瞬きするなら今のうち)」


作中で主人公の少年クボが何度も口にするセリフですが、まさにこの映画を観る観客の心にすとんと落ちるセリフ。

 



舞台が日本をモチーフにしていること
人形のコマ撮り、つまりストップモーションアニメという素晴らしい技術の粋
ということでロングラン上映になっています。

(まだ上映しているところもあるようだ)

 

主人公のクボ(苗字じゃない。名前である)という少年が
三味線片手に琵琶奏者よろしく物語を語る。


彼が三味線を奏でると折り紙が武者に、怪物に、動物にと様々な形となりその折り紙たちが演奏に合わせて
進み、飛び、戦い、物語を演じていく。

母親はクボを守るために家を出て流れ着いた村に住んでいるのだが
どうもその時にケガをしたようで記憶が曖昧で日中は目も見えずぼうっとしている。
けれども、その母が日が暮れたら決して外に出てはいけないとクボにしつこいくらい警告を出しており
クボは律義にそれを守り、母の面倒を見ながら、大道芸のような形で母からきいた物語を語ることで日銭を稼ぐ暮らしをしている。

あるとき、死者が生きている身内の元へ帰ってくるという話をきき(お盆の灯篭流し)
亡くなった父親に会いたいと思ったクボも灯篭流しに参加。
しかし、そのために家路につく前に日が暮れてしまう。

そこに現れる母の妹つまりクボの叔母2人。
クボに左目をよこせと迫ってくる。
血相を変えて現れる母。

母がクボを守り逃がすのと引き換えに命を失い
その代わりに現れたのがサル。
自分に引き継がれる刀、鎧、兜を探す旅へ。
その過程で呪いから記憶をなくしクワガタムシにされた父の家臣とも出会い旅を続けていくのだが。

父は、母は、クボに何を遺し、何を伝えたかったのか?
クボの出生の秘密は?

といった縦糸を軸に、サルとクワガタムシとクボの冒険ともいえる旅の過程が描かれる。

 

とにかく、この人形を動かしているだけとは思えない繊細な画面が素晴らしい。
お盆の灯篭流し、盆踊り、三味線、折り紙、武士、兜といった日本的なモチーフもわりと現実に即した形や音で描かれておりおもしろい。
三味線の音色はどこか物悲しく、悲劇的な生い立ちのクボの背景を陰影深く彩る。

 

 

描かれる「亡くなった人への思慕」と「敬う心」といった死生観が

非常に東洋的なモチーフだと思うのだけど
そこを物語の肝として染み入るように美しく描かれていて感動しました。

 

なにより、過酷な運命を乗り切るために母が繰り返しクボに語っていたのであろう「物語」の力が
クボに様々な力を与え(お金稼いだり、敵と戦ったり)、彼自身が生きていく上での力になっていく展開がいい。


シャーリーズ・セロン、レイフ・ファインズ、ルーニー・マーラ、マシュー・マコノヒーと声優陣も超一流。

While My Guitar Gently Weepsというエンディング曲がレジーナ・スペクターの哀愁のある声といい三味線演奏ですごーくかっこいい。
原曲がビートルズだって全然知りませんでしたw

日本語吹き替え版は吉田兄弟の三味線onlyバージョンだそうで、吹き替えでも見たいなあ。

 

というわけでオススメ。

大人も存分に楽しめます。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや
  • Qの日フライング ベン・ウィショー(Ben Whishaw)
    Yk
  • 10years
    鈴之助

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM