といっても受験生にとかではなく、今回は大人に。

 

ここのところ立て続けに受講したセミナーで同じことを言われてそうだよなあと改めて思ったこと。

 

これまでは、計画されたことをきちんと実行できるかまでを問われていたけれど
今はもう自ら計画をたて実行しながら修正し

改善して次を実行していくサイクルを自ら作れるクリエイターでなければならない。

どんな仕事でも自分自身の業務を自分で定義して実行して拙いところは修正して

その改善点を次へ活かしていく姿勢がないともう勤まらない。


そして、ある程度に到達したら、今度はそれを下に伝えて育成する。
自分自身の負荷を楽にし、楽になったところであなたは別の計画を練らなければならない。

 

自分がそこまで生きるかどうかは別として人生100年時代。
テクノロジーの進化も凄まじい。

 

「仕事」と書きましたが、「家事」や「育児」も同じだなと。

 

 

周囲の友人知人は、頑張っている人ばかりです。


いまのスキルを伸ばそうと大学院行ったり、転職したり、現在の職場で鬼のように働いていたり。
かと思うと、方向転換して新しいことを始めたり。
育児に奮闘中の人もいれば、日々の生活を楽しむことに全力投球している人もいる。

30年前だと珍しかった40超えての新たなスタートや方向転換が当たり前になってきたのを感じる。

とはいえ10代20代とは違うので環境の変化や新しい物事への挑戦は常に大変。

 

そこで最近しみじみ言われる機会が多い言葉がある。

 

努力してもどうにもならないことがある。

 

私の周囲は非常に優秀な人が多くて就職氷河期でも努力してそれなりの結果を得てきた人が多い。


私はもともと優秀じゃない上に努力もイマイチで(笑)
はあ、すげーなと思ってきたんだけど

自分自身はもう小さなころから
出来ないことがいっぱいあったんです。


やりたいと思っても、その入り口でできないから無理とか
ある程度続けてみたけど、人並みにできないからやめるっていう諦め方が子どものころから普通でした。

 

でも、優秀な人ほど努力を積み重ねるときちんと出来るようになった、成功した経験をたくさんしているので
ある程度努力してもどうにもならないことがあるっていう経験をあまりしたことがないらしいということを知りました。

 

どんな人にもすべからく向き、不向きはあって
自身がいつも到達するレベルにすべての物事が達するわけではない。

 

でも、頭のいい人ほど、ちゃんと自分があと数年やっても思い描いているレベルにはならないから

これはやめて別の方向を探すっていう判断をスパっとできる。
この見切りをつけるタイミングとできることを伸ばしていくという切替も能力なんですよね。

今の世の中は、これが求められているのでやはり賢い人ほどちゃんと時代に対応するんだなーと感心しています。

といっても、その見切りをつけるまでは言い訳せずにちゃんと努力しますしね。

 


努力もちゃんと努力した経験がないとなかなかできないことなので

鈴太郎にはついつい自分の失敗を打ち明けつつこんこんと諭してしまうのですが
鈴太郎からは
「みんな、失敗したことを話してだから今からコツコツ努力したほうがいいって失敗したことばかり話すんだけど、おれ、失敗してんの?」
と言われて「あちゃー」となったりしています(笑)

そうね、、、我が子には自分が頑張っている背中をみせておけばいいのよね。
ぐうたら眠いとかいっている姿ではなく。


というわけで、私もぐうたらしつつもたまにひいひい言ってます。

日々頑張ったり、凹んだりしながら豊かに生きている友よ、私はあなたたちに励まされて立っています。

 

時にはのんべんだらりとしながら、楽しんでいきましょう。

 

その姿を下の世代や子供たちにみせられたらそれだけで素晴らしいことなのではないかと思うのです。


 

JUGEMテーマ:映画

全然車を知らない興味ない私でも全編楽しめる実録娯楽映画に仕上げるハリウッドはやはりすげ〜なって事で。
★★★★


★一つ分はクリスチャンベール演じるケンダニエルズの妻役がカトリーナバルフだった事。
ドラマのアウトランダー(王家の紋章in 19世紀スコットランドイングランドバージョン)のヒロイン。このドラマ滅多にアメドラを観ない(長いから)のにヒーローとヒロインが大好きなキャラ設定だったのでシーズン1だけ頑張って観たんです。
この映画でも旦那さん大好きキャラででも黙ってついてくるだけじゃなくて、隠し事された!ってなった時に旦那に凄い勢いで事実を話せと迫るシーン芯の強い女性像を鮮やかに演じててよかったわー


本編の殆どは、マット・デイモン演じるル・マンを制した後にカーエンジニアとして生きているキャロル・シェルビーと彼にスカウトされた形の破天荒なイギリス人ドライバーケンマイルズを演じるクリスチャンベールの友情と車とレースへの想いを描いている。
ちょっとしたエンジンや材質の違いを感覚で感じて調整しては車の性能を限界まで引き出す姿が、なんか車が生き物みたいにみえて、あれだけ人生を賭けて才能を発揮できれば幸せだろうなぁとものづくりの素晴らしさを感じられる描き方だった。


ここまで出来るか?を運転中車と対話するような感じで運転してるのも興味深かったし。


車音痴にもライバルのフェラーリの車は曲線が官能的でかっこいいとわかるんだけど、憎らしいキザな敵役みたいな扱いでした。まだまた新興の小さい車会社だしっていう感じだった。そうなんですか?(車の歴史を全然知らない。オホホホ)
ドライバーの男性役者がゴクミの旦那さんみたいだったとかほんとくだらない感想しか浮かばない。


前半妻の話ばかりしましたがケンの息子さんもいい味出してて、お父さんの夢と才能を応援する素敵な家族なんですわ。
あの息子さん実際にどうなったのか気になるくらい良い存在感でした。
だめだ、あんまり良い感想が書けないのでここでおわり。観てください(笑)


クリスチャンベールの顔が作品によって激変するわ、実在の人物に似せてくるわでもとの顔忘れそうです。太陽の帝国のあの子役が‼︎と思うのもそろそろやめるべきですね。すっかり大俳優。
あの作品は日本人が出てくる日中戦争から太平洋戦争に突入した中国でその中に巻き込まれていくイギリス人少年を描いた作品。
当時スピルバーグ監督が描く中国や日本軍、同世代のイギリス人少年が演じてるということで大々的に宣伝される中観たので非常に印象深い。同時代を子役から生きていて名優の道を歩んでいるのを見られるのはやっぱり嬉しい。

今後もいろいろな姿を見せてほしいなー。

 

マットデイモンはいつもそつがない。

今回もたぶん役作りとしていろいろやっているんだろうけど、この俳優はやりすぎない感じがよい。

クリスチャンベールがやりすぎるきらいのある俳優なので、バランスが良いというか。

プロデューサー的な俳優なんだなーと今回の映画を見ていても思いました。

 

 


 

 

指輪物語やホビットの冒険を書いた小説家トールキンの少年期から青年期にかけての友情や恋愛、物語が生まれる過程を描く。
彼はシングルマザーの母を早くに亡くした孤児だったんですね。
母親の遺言と本人の高い知性から、名門の学校へ編入し、上流階級に属している子弟の3人と仲良くなり、文学や芸術について語り合い、自分たちの作品を持ち寄っては批評し合いながら認め合って切磋琢磨していく。
最初は階級差からお互いを無視したりとなかなかに大変そうな関わり方なんだけれど、少年らしい単純さと純粋さでそれらを乗り越えときに喧嘩をし時にからかい、助言し、力になる。なんとも素敵な友情が育まれていく。


一方で同じく孤児出身で同じ篤志家に引き取られていたエディスからも励まされる。彼女とはお互い恋愛感情を抱くけど、やはりここでも階級や孤児である点、貧乏な生活などが色々障害になって一筋縄ではいかない。


合間に4人が出征した第一次世界大戦の戦場での様子が挟み込まれてストーリーが展開していく。
悲惨な戦場ものちの物語の世界観に影響を与えているのがわかる作り。
多感な時期に出会って育まれた絆は、トールキンにとって彼らとの友情や愛情を書く事で刻むものだったし、彼らが創作の大きな動機と力にもなっているというのがありありとわかって味わい深い。


トールキンを演じるニコラスホルトは見るたびに大きくなって…という近所のおばちゃんみたいな感覚が湧く俳優(笑)
アバウトアボーイの紅顔の少年が立派になってと出てきた時から感慨深いんだから困ったもんです。

同様にリリーコリンズも好きな女優さんなので、立派な眉毛でと同時にキュートさが相変わらず全開で無条件に好きw
というわけで、幼馴染でかつお互いに好意を持っていく過程はうまくいきますようにとこれまた親戚のおばさんみたいな心持ちで観ていました。
なんの話やねんw

JUGEMテーマ:映画

 

 

前評判通り面白かったー!

主人公一家の父親、お馴染みのソンガンホさんですが、彼は何というかどこにでもいそうな市井の人を演じるのがうまい。それも人が良さそうだけどちょっと愚鈍そうというか下品そうで、でも図々しさが憎めないみたいな役柄が似合う。


考えてみたら1999年のシュリで初めて観た俳優でその後も何本も国際的にも有名になった作品にでてますね。

私がみた中でのお気に入りは
タクシー運転手と殺人の追憶です。


今回はそれらを凌駕しちゃった。


ポンジュノ監督の描く世界はちょっと怖くて、スリルがあって、可笑しくて、そして哀しみがある。
お金持ちの家にあるきっかけから貧乏な主人公一家が身分を偽って入り込んで働き口を得るんですが、どちらの家族もそれぞれの家族に対して絶妙に無神経なんです。


象徴的なのが洪水で、裕福な一家は臭いが気になるけど色々洗い流されてスッキリした天気などと言うし
主人公一家は嘘を言って一家に取り入ってるわけで。


そこから起こるのがスリルとサスペンスと笑いだけではなく、哀しみと憤りが描かれているからこその展開と余韻が凄いのです。


なんというか、上下の階級からみる感覚のすれ違いや無理解を視覚でもストーリーでも存分にみせられます。

監督は韓国社会を象徴する話を描いたそうですが、こうして他の国の人間に響く、ある意味普遍的と思わせる嗅覚というか表現力凄いなぁ。

その表現力もたまにツッコミたくなるような部分があるんだけど、なんか話の展開にくるまれているうちにどうでも良くなる手腕にも磨きがかかってる気がする(笑)

 

韓国映画のド迫力っていうと、かなり事実が重いとかエグイ話になる印象があるんですけど

そこを描きつつ、軽さや笑いのテイストがあって妙に乾いているところが

世界的に受け入れられている理由なのかなと勝手に自己分析。

直近のスノーピアサーとオクジャは観てないのでとくにスノーピアサーが観たい。

 

アカデミー作品賞か監督賞の受賞はあるんじゃないかしらん。
あとね、個人的にはウォンビンの復帰作をまた撮って欲しい(笑)

JUGEMテーマ:音楽

 

まずは邦楽から。
King  Gnu 白日

この曲はこの一年、うちを席巻していました。
井口理氏の歌いだし

「時には誰かをしらずしらずのうちに傷つけてしまったり
失ったりして初めて犯した罪を知る」

というハイトーン囁きボイスにやられました。
昨年の米津さんのLemonに続き、我が家のFamily songです。
 
official髭男dism 宿命 

うちでは、通常 オフィシャル髭男爵(ひげだんしゃく)
と呼ばれています。
鈴太郎こんな風に弾き語りしたいらしいです。
がんばれ。
この曲は熱闘甲子園に使用されていたので耳に入ってきました。
癖のない歌唱にまっすぐな歌詞と曲が幅広い世代に受けているようで
デビューから1年弱で結構な売れっ子ですね。
こういうまっとうなバンドが売れているのをみると今の若者は案外ストレートなものが好きで素直なのかなと思ったり。
若い子が支持している洋楽シンガーも自分自身の経験や感情を落とし込んだ
わりとパーソナルな歌が以前より多いなあと思っていて歌詞も比喩や暗喩バリバリというより
まんまじゃない?っていうフレーズがでてくる傾向が高い気がしています。
なので、世界的な傾向なのか?
それとも洋楽は私があんまり歌詞の内容まで気にしていなかったせいか?

岡崎体育 エクレア 
ご本人の動画がないということで、カバー歌っている方の動画を貼り付けます。

これは、鈴太郎の小学生の時のクラスソング。
クラスで毎月歌う歌を決めて歌っていたのだけど
彼のいたクラスで最もみんなの指示を集めた曲なんだそうな。
担任の先生曰く、毎年クラスのテーマソングになるようなみんなに好かれる歌が登場するそうだ。
多分この年頃で覚えた歌っていうのは大人になっても鮮明に覚えていると思うので
先生が色々提示してくれたっていうのはラッキーな環境だった。
洋楽編

ここ10年以上主流であるラップやR&Bなどのビートの効いた曲には惹かれないので
相変わらず洋楽も偏って聴いています。
私の中でこの二人は今年とにかく話題でしたw
4年越しの両想いってことで恋愛モード爆発しまくってて

ショーンは横浜アリーナのライブにも行けましたし。
(普通に歌がうまく、外見もよく、楽器も弾けるという器用に何でもできる青年だった)
Shawn Mendes&Camila Cabello Senorita

Alec Benjamin - Let Me Down Slowly

spotifyにお勧めされたアーティストの中で私の琴線に触れた人。
内向的な雰囲気と声、歌の世界がお気に入り。
あと、ちょっと物憂げな暗さの漂う曲を作る人が好み。
Billie Eilish&Khalid lovely

なんか去年からビリーアイリッシュってやたら聴くなあと思っていたら大人気ですね。
私はこの斜に構えた感じはてっきりブリティッシュだと思っていたらアメリカンガールだった。
どの辺が新しくて斬新なのかよくわからないのだけど、この曲は仰々しくて好き。
Taylor Swift Lovers 

めちゃくちゃ有名なポップアイコンですが
実はあまり曲を知らない。多分5曲くらいしかわからない・・・。
でもこの曲は私の知る彼女の曲の失恋だったり自分の中の悲しみや怒りを表現しているイメージとは対極でいいなと思ったもの。
しかも、今回はショーンメンデスコラボバージョン(彼が歌っている部分は彼の作詞で歌詞が変わっている)
今年はグラミー賞もこの人たち誰?ってことがほぼなくなりそうで
spotifyさまさまかもしれない。

今まで取り上げてきた楽曲たち

邦楽編
0歳 スピッツ/桃
     宇多田ヒカル/Flavor Of Life
1歳 スピッツ/砂漠の花
2歳 秦基博/朝が来る前に
3歳 いきものがかり/ありがとう
     嵐/Trouble Maker
     少女時代/GEE
     東方神起/Somebody to love
4歳 斉藤和義/ずっと好きだった
       町田町蔵+北澤組/イスラエル
5歳 きゃりーぱみゅぱみゅ/つけまつける   
6歳 近藤晃央/ブラックナイトタウン
       SEKAI NO OWAR/RPG
       ゆず/イロトリドリ
7歳 ONE OK ROCK/The Beginning
       米津玄師/アイネクライネ
       秦基博/rain
8歳 星野源/SUN
   Superfly/Beautiful
9歳 BUMP OF CHICKEN/コロニー
       Aimer /蝶々結び
   RADWIMPS/前前前世
   宇多田ヒカル/真夏の通り雨
10歳 Mr.Children/ヒカリノアトリエ
        スピッツ/ロビンソン
        三浦大知 / EXCITE
        Doughnuts Hole (椎名林檎 )/おとなの掟
11歳  米津玄師/Lemon
         星野源/アイデア
         Mrs.GREEN APPLE/ WanteD! WanteD!
         フジファブリック/若者のすべて 

12歳  King  Gnu/白日

    official髭男dism/宿命

    岡崎体育/エクレア

 

 

洋楽編
0歳 mika/Grace Kelly
1歳 Jason Mraz/I'm Yours
2歳 MUTEMATH/Spotlight
3歳 Oasis/Whatever
4歳 Russian Red/Everyday Everynight
5歳 Ed Sheeran/The A Team
       one direction/Live while we're young
6歳 Stereophonics/We Share the Same Sun
   Gabrielle Aplin/Salvation
       Fun./We Are Young
7歳 Clean Bandit/Rather Be
       Jose Gonzalez/Step Out
8歳 Adele/Hello
9歳 Shakira/Try Everything
   Green Day/Wake me up when September ends
10歳 The Chainsmokers & Coldplay/Something Just Like This
        Martin Garrix & Bebe Rexha/In The Name Of Love
11歳 Sufjan Stevens/Mystery of Love

   Queen/ Bohemian Rhapsody

12歳 Shawn Mendes&Camila Cabello/Senorita

    Alec Benjamin/ Let Me Down Slowly

    Billie Eilish&Khalid/lovely

    Taylor Swift/Lovers

 

JUGEMテーマ:音楽

 

いまや海外のシンガーソングライターは1つの曲に複数の作詞家、作曲家、編曲の人と絡んで制作している。
1曲の中でシンガー本人がどこまで詩や曲に関わっているのかよくわからない。
分業制で完成度をあげ、世の中に出すサイクルも早めているんだろうけど
シンガーソングライターという全てを全部自分でやる人からはかけ離れた流れが興味深い。
でも、共作でシンガーのパーソナルな部分が弱まっているかというと
それどころか、歌われる内容が非常にパーソナルで彼らの日ごろの言動や行動を類推しやすい内容になっていたりする。
SNSで一般人に動画やらをなにやらを流され、自身の投稿をチェックされパパラッチにがんがん写真を撮られ
何かあればファンからSNSにツッコミが入る
この状況を受け入れ、時に利用しファンをより身近な目撃者として自身が出す曲の世界観を伝える一つになっている。

今年で例えば気になったのはセレーナゴメス

Lose You To Love Me

 

 

youtubeで公開一か月で1.7億回の再生。

自分を愛するためにあなたから離れる必要があった
2か月でもう新しい人と歩んでいるなんて

というようなフレーズがでてくる。
彼女はジャスティンビーバーと長く付き合い、別れて2か月でジャスティンは今の奥さんと婚約した。
この出来事を彼らのファンや曲を聴く人はすでに知っている状態。


曲がリリースされた直後にこんなに生々しい背景がわかっているって奇妙なこと。

そして、ファンにはこの距離感が思った以上に近く感じられるようで
ジャスティンビーバーや奥さんのヘイリーを非難したり
セレーナとヘイリーは不仲だと書き立てたり
それをセレーナが自身の出来事から曲に昇華させただけで誰かを傷つける意図はないから落ち着いてと呼びかけたり
ヘイリーはセレーナに敵意をもっていないと釈明したりしている。

 

ネット上にあがる虚々実々に本人も周囲も巻き込まれている。
1か月で何億回も曲を聴かせるパワーや宣伝力が、本人たちのリアルタイムの私生活も侵食している。
これらSNSやゴシップを観なければまったくわからないから
ちょっと離れて見る人にはとても滑稽な世界。

曲だけ聴いているととても切々と歌われるバラードで素敵なのに、その背景がこんなに本人たちとリンクしていることが

曲の世界観を狭めている気がしてどうも慣れない。

 

いま、世界で若い子に人気のあるポップスターは多かれ少なかれ
プライベートがファンにも共有され曲の解釈に大きく使われている時代で
なんだかなぁという気持ちがどうしても湧き上がってくるし、それでずっと第一線で活躍を続けられるものなのかという疑問も湧く。
現に、10代で有名になった彼らは時に奇妙な振る舞いや行動でお騒がせセレブになってしまったり事件を起こしたりしている人が多い。
そして、その奇行の陰にいるのはクスリだったり。


ネットのおかげで早くから才能が注目される時代になったけれど、公私の境はより曖昧になり
かと思うと巨大な世界ツアーを組んで過酷な日程で世界中でライブを行う。
なかなか正気でいるのも大変そう。

 

もう一つはSNSにのまれる傾向にあること。
10代前半からSNSを使いこなし、注目を浴びてきた彼らはその影響力を都合よく解釈しすぎていると感じることがある。


何千万人ものフォロワーに向けて発信しているが、みているのはアナタ一人だけという錯覚にファンも本人も陥る瞬間があるのか
不用意な発言等をそのまま放置し後々発掘されて謝罪する人の何と多いことか。

自身の影響力を感じるなら、自らの無教養ゆえにどんなにいいこと言っても信頼度ゼロってこともあるんだよってことを知ってからその影響力についてを考えるべきなんじゃないの、とおばさんは思うわけです。
周りの大人は発掘するだけじゃなくて最初に裏側のそういった怖さも言ってるんだろうか。
なんてことをひさしぶりにアメリカのショービズ界隈を眺めて思った年の瀬。

 

JUGEMテーマ:音楽

 

今年はとうとうサブスクリプションの世界に足を踏み入れました。
いままで、appleやyoutubeは最初はタダだけどのちのちはお金がかかるというし
聴きたい音楽だけ購入できればいいかなと思っていましたが
無料バージョンのみがあると知りspotifyをいれてみたら
その便利さと聴ける曲の幅広さに感動しまして。

 

ただ、spotifyは有料会員にしたいわけです。


無料会員をあの手この手で有料にさせようと攻撃を仕掛けてきます。

 

まず、無料版だと自分の聴きたい曲だけをピンポイントに聴くことはできない。
必ず何曲かまとまっており、その中でシャッフル再生される。

 

ならばと、複数の曲をグルーピングして聴く機能があるので
それを使って好きな曲のみグルーピングしてきいてみた。

 

3,4,5曲とシャッフルされているとはいえ聴きたい曲をガンガン聴けて快調快調と思いきや。

 

6曲目あたりから


「なんだこれ、知らんぞ・・・」


という曲がかかり始める。
無料版では1時間以内に6曲スキップできるのでスキップし続けるも
あとからあとから知らない曲。


リストをみると勝手にspotifyが
「この曲も好きじゃない?」
「この曲もオススメ!」
みたいな感じでどんどん追加してくる。

 

えー!聴きたくないんだけど!!


ってな具合に、勝手に追加された曲を非表示機能を使って排除すると

別の楽曲を「これもオススメ!」とこれまた勝手に追加される!!!

 

だよね(笑)

 

タダで聴こうとする人に金を払わせたいんだからそうなるよねw

 

というわけであまのじゃくな私はまだ意地でもお金は払わないとばかりに
たくさんグループを作り、Aグループで聴きたくない曲が再生されると
Bグループへ切替、その後Bでも聴きたくない曲が入ってきたらまたAに戻る
なんてことをやって日々spotifyと攻防を繰り広げている。

 

あ、気に入った曲はiTunesで購入したり

CDもしつこく購入しています。

 

でも、邦楽はyoutubeで海外からみえないように制御したり

spotifyなどのサブスクに曲を提供しないなどとやっている場合ではない。

CDが売れないとか言う前に、ほかの方法できちんと金を得る方向にビジネスモデルも転換していかないと・・・。

だって、世界では2019年のもっとも稼いだミュージシャンのテイラースイフトは200億でしたっけ。

彼女はここ10年でも着実に売り上げを伸ばしているわけだしね。

日本の中だけじゃなく、外の人に聴かせることにもっとどん欲になるべきじゃないかなぁ。

現に、韓国のBTSでしたっけ?彼らは60億だそうな。

韓国にとどまっていたら絶対に稼ぎ出せない額ですよね。

アメリカの大物アーティストともよく写真撮ったり共演したりしている。

日本の音楽がおとっているとは決して思わないので、まだまだ聴く人口を拡げることが邦楽にもできる筈。

JUGEMテーマ:育児

 


小学生の時点で超優秀と言われるタイプは何かに異常に秀でているか机に向かう習慣がある子。
何時間も問題集にかぶりついて学習できるっていうのがすでに能力。

問題解いたり本読んだりを楽しいと思いながらガンガンやってすぐ自分のモノにするタイプが学年に1,2%いる。
あともう5%位が競い合うのが好きでそれをモチベーションに頑張れるタイプ。
受験系の読み物やそういうスーパーな子供だった人が東大生とかになって喋ったり書いたりして
大きな違いはないとか、これだけですとかいうんだけど
その「これだけ」をできないのが世の中の9割以上の人。
もちろん、私もできない9割以上に入る。

 

鈴太郎の場合、小さいころから
机に座ってもいわゆる勉強・学習方面よりはゲームとか映像をみる
それらの絵を描くといった方向に興味関心がかなり偏ってました。
だから椅子に座ってノート出しても学習するよりもまず絵を描きだしちゃう。
塾でも模試やテストが時間内に終わるとテスト用紙に延々よくわからない絵を描いてて
見直しするんだよといってもなかなかそっち方面に集中力は発揮されませんでした。
彼にとって解いた問題は間違っていようが何度も読むのが苦痛だったんでしょう。
最も面白いことがいたずら書きをすることだったんだから仕方がない(笑)

 

 

首都圏でいわゆる東大合格者数が毎年二桁以上といった御三家やら難関校に進学するのはだいたい7%弱。
どうにかやれば7%にはいったのか?と言われるとウーンという感じです。
中学受験に限っていえば、本人のやる気が曖昧でも高い理解力や処理能力でわりと上位に行けるタイプが一定数いるけれど。
普通の子なら本人がこれやりたい、こういう風になりたいって自覚して目標もってやらないと上位にいくのは厳しい。

 

鈴太郎の場合、その成長はちょっと遅くて不利だったかなー。
どこまでやればうまくいってやらないとダメなのかっていう経験知の一つになったのではないかと思うので
受験自体はさせてよかったと思ってます。

 

よく無理して詰め込んでという論調をきくけど、その子供の実力と乖離しない受験をしない限りそこまでの負荷ではないかなあという気はします。優秀層は遊びのように問題解くのが楽しいって感じで成績順の席順だろうがゲーム感覚っていう子が多い。

 

その後伸びるかどうかは集中して数時間机に座って勉強できるか否かだけって気がする。
成長するほどに誘惑が増えるけど、勉強せずに乗り切ることができなくなっていくから。

 

JUGEMテーマ:旅行

 

今頃・・・だけど、整理した情報なので。

 

アムステルダムの公共交通機関や美術館の割引等には以下3つのカードがあります。
周辺へ観光の脚を伸ばすならオランダパス、美術館を4つはまわりたいならミュージアムカードというものもあり。

 

I amsterdam City Card 72時間で77ユーロ
・アムステルダム市内のGVB交通機関(バス、トラム、メトロ)に乗り放題。
(ただし電車は含まないので、スキポール空港からアムステルダム中央駅に向かうときは使えません)
・美術館の入場料が無料になったり割引に
・Artis動物園の入場料無料
・1時間の運河クルーズが無料
・様々なお店での25%割引サービスを受けられる


Amsterdam City Pass
大人45ユーロ
・国立美術館またはゴッホ美術館の入場チケットつき(購入時にどちらかを選択)
・一時間の運河クルーズ
・帰国便に乗るための空港までの電車チケット
・「ハイネケン・エクスペリエンス」などのアトラクションの20%オフ・サービス
・主要な美術館の入場料20%オフ・サービス


Amsterdam Travel Ticket
3日券:26ユーロ
・すべてのGVBバス、トラム、地下鉄、フェリーが乗り放題になる
・アムステルダムとスキポール空港間の公共交通機関が乗り放題

 

私の場合は、
●滞在3日間
●王立美術館とゴッホ美術館
●動物園
●運河クルーズ
●3時間のサイクリングツアー


これらを予定に組み込みたかったので、
アムステルダムトラベルチケットを購入。

こちらは空港にあるトラベルセンターで購入できます。
アムステルダム中央駅には自販機がありましたが、空港から中央駅まで電車に乗るなら空港で買っておくとよい。
空港からのアムステルダム中央駅までの電車と中央駅からのトラム、メトロ、バスがほぼ乗り放題でした。
ほかのパスやチケットは美術館の割引やチケットなどがありますが、ゴッホ美術館などは事前に予約しないといけないので結局自分で再度予約する必要があると聞き、それなら交通機関のチケットだけ購入し行くところのチケットは事前に取れるところは日本からネットで取りました。


ゴッホ美術館は人気らしく、日時指定のチケットをネットで事前購入です。
チケットは紙で印刷するかスマホにバーコード付き画像をいれておけるのでそちらをかざすか。
王立美術館の方もネットでチケットは予約できますが、こちらは購入から1年間のチケットなので現地で購入してもよいかも。並ぶ手間は省けるので私は日本で事前購入しました。
王立美術館については公式のガイドツアーアプリがあるのでこれはダウンロードしておくとよい。
オススメガイドツアーや全作品の解説が聞けて楽しく美術館内を回ることができます。

 

 

人気といえば、アンネの家は7月には行ってから8月の予約を取ろうかとHPをのぞいてみたら
8月いっぱいがその時点ですでに予約満杯の状態でした。


きっと、星のせいじゃない。The Fault in Our Stars
アムステルダムにきたのは初めてなのに、この景色なんか知ってる・・・と思った謎は帰りの飛行機で解けました。
「きっと、星のせいじゃない」
この作品を観ていたから。
アムステルダム観光向けおすすめ映画

 

 

 

JUGEMテーマ:音楽

 

 

この二人のコラボレーション曲が流れてきて一発で気に入ってしまった。
カミラは去年のハバナで知ったけど、同じようにすでに何年も大人気らしいショーンは全然知らなかったw

もう洋楽の流行には全然ついていけない。
欧米のアイドルって若い時からすでにめちゃくちゃスキルが高くてセクシー路線で攻めてくるので
まだ二人とも21歳と22歳とききびっくり。


ラテン美女って本当に雰囲気あるわぁ。
カミラは若いころのペネロペクルスみたい。
よくよくみてるとペネロペ姐さんの方がスタイル等良いんだけど、この小柄でセクシーキュートな感じが
カルバンクラインモデルもやっているというノーマンロックウェル絵柄の少年が大きくなったらみたいなショーンと
タイプが全然違って爽やかなエロさっていうの?
雰囲気満点で素敵。

 

こういう感じの組み合わせで思い出すのがジャスティンビーバーとセレーナゴメスだけど
ビジュアルや声質的にショーン&カミラの方が好きです。
二人の方が顔立ちも大人っぽいせいかな。
(ショーンの顔はこれ以上長くならないで欲しい。ジャスティンは思った以上に面長になってしまったんでね。)


というわけで、二人のアルバムを真剣に聴いてみた。
どちらもすごくいいではないかー!

カミラの方はサウンドきくと思い出すのは
やはりグロリア・エステファン&ザ・マイアミ・サウンド・マシーン(古くてすみませんw)
グロリア自身キューバの人で、カミラもメキシコとキューバの血を引いているというし。


ショーンメンデスは、ジョンメイヤー好きらしくまんまその系譜。
いやあ、しかしいい声でギターもピアノもできてソングライティング能力も高いって反則。

 

ところで、みんなタトゥーいれるよね。あれはなんなんだろう?
ジャスティンビーバーやベッカムなんてもう劇中の菅原文太を超えている。
日本のヤクザも真っ青な全身タトゥーぶり。
ショーン兄さんも次々といれているようで
仁義なき戦いとかみて育ったこちらはどんどんと増えていくタトゥーをみると
その爽やかさと全く相容れなくて不安な気持ちになりますw
若くしてこれだけ成功していると色々とバランス崩れてくるところがありそうだけど
なんとか、いい具合に保って大人のシンガーとしてその時々で進化した姿を見せ続けて欲しいもの。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM