JUGEMテーマ:妊娠中のできごと


ふと時間をみたら、ちょうど陣痛の真っ最中なのを思い出し、blogを読み返してみました。

http://suzusuzu.jugem.jp/?eid=1028
から抜粋。

破水した
Posted by 鈴之助
体の中でゴーンと音がしたと思ったら(子供が骨盤に頭突きしたような気がする)破水しました。さっき神田明神で厄払いしてきたのに。帰ってきていてよかった。
入院です。もう陣痛室です。
産んできます。
お腹がはってきてるといわれましたが、痛いような痛くないよーな。
あー痛くなるんだろうなあ。安産だといいなあ。

| 妊婦ネタ | 19:19 | comments(6) | trackbacks(0) |

携帯からこんな風に日記を送信した後、暇なので気を紛らわせようと友人たちにメールしまくってましたw

18時過ぎに破水して19時には入院。20時過ぎからなんとなく腹が痛くなり始めた。

家人は長丁場になるといわれたのと、立ち会い出産ではなかったので帰宅した21時過ぎに陣痛が5分間隔位になり、22時にはメールを打つ余裕がなくなりいきなり通信が途絶え、友人がハラハラしていたらしいことを後に知る。

日付が3日になった頃に分娩室へ移動。
陣痛室でも一人ぼっちだったが、ここでも1時間くらい一人放置され、ナースコールを押すべきかいなか逡巡し、1時頃に「いきみたい!!」とナースコール。
後にこの話をすると
「助産師さんが背中をさすってくれたり、声掛けてくれたりしなかったの?信じられない!!」
と言われる。

22時の段階ではまだ2センチだった子宮口が24時では8センチ。
午前1時では10センチで
「あ、もう産まれるわねー、先生も呼んできますから」
とほぼ助産師さんと医師が同時に現れる。

このころから陣痛より胃のあたりの方が痛いという状態になり、陣痛が弱くなってきてるが、子どもが勝手に出てきてるなーなどと言われながら、いきんでくださーい!と2,3回言われたときに
むむー!!と力をいれたら
しゅるんと誕生したのが1月3日午前1時51分。

先生にバシバシ写真を撮られたり、鈴太郎を抱っこさせてもらったり初乳を飲ませる〜などとやっているうちにさらに胃が痛んだため、本来母子同室になるはずが、一時新生児室預かりになり、私は朝まで分娩台に転がってました。。。

分娩台から家族に連絡するも、家族は爆睡中。
結局連絡が着いたのは朝7時過ぎだったというw


昼過ぎには家族もきて、余裕こいて以下のような記事をblogに送信してました。↓


http://suzusuzu.jugem.jp/?eid=1029

産まれました
Posted by 鈴之助
入院して約6時間後に。男の子っす。

驚くようなエントリを残したままなので取り急ぎご報告。

気分は頑固な便秘解消。
出産間際に血圧があがりいきなり妊娠中毒症になりまして、陣痛より血圧からくる胃痙攣の方が辛かったです…。
というか胃の痛みが増すのと反比例して陣痛が弱くなり、けれどラッキーなことにお産はずんずん進み、数回いきんだらつるんとでてきて、はーすっきり!って感じでした。
子供は元気ですが、産んだ後私が胃痛でグロッキー。
今は胃痛はだいぶ楽になりましたが頭痛と切開のあとが痛い…すみません。
妙にリアルな話で(笑)

コメントありがとうございます。気が紛れました!
では〜。

| 妊婦ネタ | 15:03 | comments(26) | trackbacks(0) |

が、このあと肝機能大ダメージを受けていたことがわかり、子供を産んだ産院において1日総合病院に転院し、たくさんの赤ちゃんの泣き声を聞きながら、子どもと離れ離れになったことを思い出し夜中病室でひとりしくしく泣く羽目に陥りました(笑)

なので、母乳から育てるぞ!と思っていたのに最初からつまずき、最初はかなりミルクっこ。
これを生後2か月弱かかって完全母乳にしたのですが、そこまでがこの1年はもっとも大変だったかなあ。
母乳じゃなくても良かったのですが、母乳にしようと思うとどこかで「母乳にする!」という気合いが必要なんだな、と実感した日々でした。

いつの間にか1年。1日は長いが、1年は早かった。
また今年1年どんなふうに育って、何が一緒に出来るのかこれから楽しみです。

通っていた産院は、結構当たりだったようで、最近出版された関東の産婦人科ランキングでも結構上位に入るようなところでした。
病院嫌いなので、とにかく総合病院を避けたかったという理由だけで適当にネットであたりをつけていったのですが、結果的にはよかった。
避けたかった総合病院にも入院する羽目に陥りましたが。

何がよかったといえば、助産師さんがたくさんいて常にフォローや指導がきめ細かかったのと料理が美味しかったこと。

産後、胃が痛むので食が進まなかったのですが、そうしたら状態をみてご飯を玄米粥に切り替えてくれたり、あまり食べられなかった時には、夜食におむすびを出していただいたりしました。
お米が先生の実家(米農家)で取れた米だとかで美味しかった。

そんなこんなで献立例。

朝。フレンチトーストなど。

昼。白身魚の蒸し煮など。

夜。中華系。アボガドとエビのサラダなど。

これに3時のおやつと夜食がでました。
おやつは手作りで苺大福とか抹茶シフォンなど。
夜食はカルシウムボウロや鉄分クッキー。
寝てるか赤ちゃんの世話だけしていて幸せだったなあ(笑)

こじんまりした個人病院だけに、陣痛室と分娩室がすぐそばにあり、他の妊婦さんが陣痛で苦しんでいたり、陣痛室から分娩室へヨロヨロと移動して行く姿をみたり、分娩の声が結構聞こえました。
う〜ん、う〜ん、と唸り声が聞こえてきて、あーつらいよねーわかるわーと思ったり、そろそろ生まれそうだなあ〜とか。
死ぬーと叫んで、これくらいじゃ死にません!と返されている人もいた(笑)
人それぞれですね。
自分と同じ日に4kgの子を産んだ人は、あまりの痛さに、体が千切れていると真面目に思ったそうだ。
私は胃の方が痛かったですといったら、ありえないと言われました。

たくさん暖かい言葉をいただきましてありがとうございました。
自覚症状なしでしたが、検査結果がよくなかったようで一日子供は置いて自分だけ総合病院に転院させられてました。無事快方にむかいもとの産院に戻り、当初の予定通り退院。

一月二日から昨日までのコメントにまとめて返信させていただきます。
皆様感謝。

>心太さん
花とか初夢とか暢気に書いてる場合じゃなかったですねえ。。
友達の子供も可愛くて仕方がない!と思ってたのでやはり自分の子の可愛さはひとしおです(笑)

>キシさん
出産自体は正直かなり楽に思えたのですが、体にダメージでたのでやっぱ大変なんだなと。

>しんさん
何かに動かされて生かされているのを感じましたよ!

>じょえるさん
写真…blog外で一時的にUp検討してみようかな…と早くも親バカ気味です。
産まれた直後は松尾伴内、今はヨーダに似ています。

>小早川淳一さん
美味しいお酒の手助けになったでしょうか?
親が勝手に産むのではなく、子供も産まれるぞと気合いを入れて生まれてくるのだと実感しました。

>おぐさん
肝機能が軒並み大酒飲みの果てといった数値なのを初めてみてしまい。
でも自覚症状なしなんで怖いですね。

>カカトさん
切開はしないで済むならしない方針でしたが、私はダメでした。初産でない人は結構いけるみたいですが…マッサージとかしておけば違ったんですかねえ。

>いるかねぇさん
名前は○○ひとはやはり却下されました(笑)

>ぽーすけさん
予想外な事態に巻き込まれ、あの雰囲気が嫌で個人病院を探したのに、結局総合病院のザ・入院な雰囲気も味わいました。

>一休さん
十姉妹を再度尊敬しました。あのまめまめしさ目指してがんばります。

>ヒロシさん
一人孤独な時間を紛らわそうとしただけなんです(笑)

>かみさん
出産自体は楽でしたが、いろいろとあったので過信しないようにします。

>ゲコゲコさん
予定日が十日でしたので正産期が丸々山羊座でした。
同級生が周囲に沢山いて嬉しいです。

>YYYさん
名前は今回も家人に却下されました(笑)
後が大変でしたけど、もう一人位産んでみたいなあ〜というくらい面白い経験でした。

>くるみさん
とうとう母さんです。
見に来てね。あ、私が近く行けるかな?

>Liccaさん
見る前から
可愛い
と言う練習を今からお願いします(笑)
私の周りも出産ラッシュです。確かに成長早いですよね。

>mayuさん
健やかな体は大事だなと再認識しましたので、これからもいろんな体によい情報教えてください。

>rokoさん
家人の方は男の孫だけで四人めなので慣れたものです。内孫になるのでじいちゃんばあちゃん子になってもらいたいものです。

>彩子さん
怖かったのですが、女性でよかったと思える出来事でした。機会があれば経験することをオススメできる素敵な体験ですよん。

>ヤマダさん
ぜひ未来の花の四人組をお願いします(笑)
来年にはなりますが産むなら双子座か獅子座がよろしいかと(笑)

>オデッサ1905さん
早生まれを一人位増やしたいなとおもったら見事そのように産まれてきました。

>三十路格闘パパさん
そういうあなたも二児のパパではないかっ。
他の同級生妊婦も無事出産。私を含め三人ともオール男児だよ。
子連れ同窓会やりましょう(笑)

>もっしさん
厄払いは重要ですと申し上げておきます。
体調も戻ってきました!

>sayaさん
名前…義母推奨は太郎でしたが、苗字が平凡なのでそれはない予定です。次男産むことがあれば太郎にしようかな(笑)

>tibaナオさん
今の所、顔はヨーダ→岡本太郎→古田新太をぐるぐる繰り返してます(笑)
赤ちゃんっておやじ顔なんだなーと思うのはうちだけ?

>bunnyさん
アフリカンベイビィの出番が無事やってきました。感想Upしますねー。
沐浴自体が私には難問ですが(笑)

入院して約6時間後に。男の子っす。

驚くようなエントリを残したままなので取り急ぎご報告。

気分は頑固な便秘解消。
出産間際に血圧があがりいきなり妊娠中毒症になりまして、陣痛より血圧からくる胃痙攣の方が辛かったです…。
というか胃の痛みが増すのと反比例して陣痛が弱くなり、けれどラッキーなことにお産はずんずん進み、数回いきんだらつるんとでてきて、はーすっきり!って感じでした。
子供は元気ですが、産んだ後私が胃痛でグロッキー。
今は胃痛はだいぶ楽になりましたが頭痛と切開のあとが痛い…すみません。
妙にリアルな話で(笑)

コメントありがとうございます。気が紛れました!
では〜。

体の中でゴーンと音がしたと思ったら(子供が骨盤に頭突きしたような気がする)破水しました。さっき神田明神で厄払いしてきたのに。帰ってきていてよかった。
入院です。もう陣痛室です。
産んできます。
お腹がはってきてるといわれましたが、痛いような痛くないよーな。
あー痛くなるんだろうなあ。安産だといいなあ。

お金の話に続き、もう一つ。
妊婦の医療保険と海外旅行保険について。

医療保険は妊婦であるとほぼ入れません。

入るとすれば部位不担保といって妊娠・出産中の異常や医療は省きますといった形で扱われることになります。少し前まで逆に妊婦保険といって妊娠・出産に対するリスクに対しての保険がありましたが、現在は募集を行っていないようです。
(※私見ですが、入ってもあんまり・・・という内容だった)
妊婦になる前に、医療保険または加入している保険で医療・疾病特約とかなければつけておく方がいいかな〜と。
帝王切開だったり、切迫流産・早産などで入院したりといったことがあれば、手術給付や入院給付が受けられますから。馬鹿にならない。
あ、ちなみに妊娠がわかっているのに偽って入り、後から請求が必要な状態になると通院記録とか調べられますので、バレると「告知義務違反」で保険自体解約されちゃいます。

あ、でももしこういうのがあるよ、というものがあれば教えてください。
追記します。

海外旅行保険について。

これもほとんどの保険会社が妊娠・出産に関することで病院にかかっても支払わないとばっちり明記されています。ま、それだけリスク高いってことですよね。そりゃそーだ。少子化とはいえ年間100万件以上あることなわけだし。

2006年11月現在一社だけ、「妊娠初期(22週未満)の異常(子宮外妊娠・流産など)による、治療・救援費用を保障する」というものがあります。22週未満だと、何かあった場合は流産となりますので、出産に関してはやはりどこも保障はありません。(この週数以上だと早産になります)
で、他に何か手がないかと調べました。

日本の保険法にありました。
「海外療養費支給」という制度。

これは「海外で支払った医療費を、日本国内での保険医療機関等で疾病や事故などで給付される場合を標準として決定した金額(標準額)から被保険者の一部負担金相当額を控除した額が海外療養費として支払われる」というもの。

国保にしても健保にしても事前に用紙を持っていて、現地の医者に診断書などを書いてもらうことが前提になってます。(後で日本語に翻訳しなくちゃならないのですが)
旅行前に取り寄せ、持って行きました。
※用紙に直接診断した医師に記入してもらわないと無効だから、帰って来てからやってもダメ。

これでも全額戻ってくる訳ではなく、ごく一部ってことも充分あるわけですが、まったく何もないよりはマシなわけです。ちなみにアメリカでいきなり出産などとなった場合通常で100万以上かかる(アメリカには公的な保険制度がないので個人でやっておくしかないから)そうです。ひょえ〜って感じですよねえ。

妊娠は病気ではないといいつつも、やっぱりまったく通常の状態というわけではないというか、通常の状態からみると随分ハイリスクなのね・・・と思い知らされる保険事情なのでした。

妊娠・出産のことで、いろいろ自分で調べた。
会社は私のために制度作ってもらったという感じなので、総務と話したりして一緒に確認したり。その点はありがたいことです。

で、お金のことなんですが、ものすごく複雑なんですよ。
というのもですね、少子化対策なども相まってか毎年のように何かしら改正してるんですねえ。
というわけで調べた範囲をメモとしてまとめておくことにしました。
参考URLはこちら

☆出産育児一時金

これは国保だろうが、旦那さんの会社の保険で被保険者だろうが、本人が会社の健保に入ってようが、何かしら健康保険に入っていればもらえます。(基本的にはみんなもらえる)
国保で35万円。この10月から5万円アップしたんですねえ。
会社等の健保は健保組合によって違いますが、35万は最低もらえるはず。私が所属している健保は10万上乗せしてくれるので、約45万もらえます。

このお金は流産・死産等でももらえますし、手続きも子供が2歳になるまでであれば、遅くなっても大丈夫。ただし、流産の場合は妊娠85日以上であることが条件。
あと外国に住んでいる場合、住民票が日本にないとダメみたいです。任意継続で国保払っていても、自治体によって実は揺らぎがある模様。もらえたというヒトとダメだったというヒトと両方見たのでなんともいえない。

☆出産手当金

勤め先の健康保険に加入していてその保険料を支払っている、そして1年以上継続して加入している人がもらえます。
産休の基本は産前42日(出産当日を含む)+産後56日=98日
月給÷30=日給
※月給とは総支給額のこと
日給×0.6×日数分=もらえる額


ただし、産前産後この98日間のどこかで働いていた日数は給与がでるので、もらえません。
この条件を満たしていれば退職後6ヶ月以内に出産する人ももらえていたのですが・・・

来年の4月に大きな改正があります。

制度改正以前に妊娠していても、2007年3月31日現在、要件を満たし出産の日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産の日後56日の期間の支給対象期間に入っていなければ支給対象とならなくなります。

つまり、今までは妊娠4ヶ月以上で退職した場合にもらえていた98日間日給の6割というのが、出産予定日が5月12日以降の場合、退職した人はまったくもらえなくなる、ということです。

その代わり勤め続けている人には、6割から2/3(6.6割くらい)に支給額自体はアップします。日給が1万円とすると約5.8万くらい増えると言うことですね。

これにはちょっと私、憤っています。

というのも、現在勤めていて、育児休業を取る人が7割とどこかで読んだのですが、妊婦雑誌とかみると、出産前に退職している女性が6割から7割いるというのです。
単純に考えると、妊婦となって出産後も働いている女性自体がまだ全妊婦の多くても4割。

それらの人に数万円多く配布されるようになっても、半分以上の人が何十万というお金をもらえなくなるわけです。

あ、あとオマケ。
児童手当も来年いつからだったか月5千円から1万円にUPするらしい。
この4月にも拡充されて、小学校3年までが、小学校卒業までもらえるようになっているらしいですが。
ただし所得制限アリ。
厚生労働省HPによると
所得制限限度額は、前年(1月から5月までの月分については前々年)の所得額で判定しますが、収入ベースで夫婦と児童2人の世帯の場合の目安は次のとおりです。
自営業の方  596.3万円未満  →  18年4月から  780万円未満
サラリーマンの方  780  万円未満  → 〃  860万円未満
(税込みで控除を引いてない総収入額目安らしい。ちなみに、控除後の目安額は、扶養1人 で国保加入者498.0万、厚生・共済 570.0万が限度基準 )
まー1千万以上稼いでいるような人には関係ないです(笑)

出産育児一時金と出産手当金は健康保険関係からでていますが、児童手当は各自治体に申請。他にも育児休業給付金(働いていて、復帰する予定の人がもらえる)は雇用保険から出ているとか、乳幼児の医療費助成制度は自治体によって全く異なるとか、悪阻や切迫早産などで入院すると傷病手当金がもらえるとか(これは国保ではでない。健保のみ)、まー制度によって管轄も違えば、自分の立場によってもでる、でないがいろいろあって全然覚えられません。
しかも自分で申請しない限りは、なんの音沙汰のないものばかりなので、知らないとものすごい損をすることも多々あるわけで・・・。

さらに、・・・企業が新たに○○制度を導入とか日経あたりみると、制度を充実させているようにみえますが、それは一部の大企業や公的企業の話。
9割以上の人間には関係ないので参考になりません。
私自身は状況からいったらかなり恵まれている方だなあと調べてしみじみ思った次第。

実父が還暦だというので、食事会を設けた。
銀座の鮨屋(本人指定)に集合すると、父は
オーストラリアで欲しがった革のカウボーイハット(私から還暦祝いにとお金を出して一応プレゼント)に革ジャン&革パン、やはりオーストラリアで自ら購入したバックルつきベルトというかっとんだバイカー(本人談)ないでたち。
ミッキー・カーチスかよ・・・(娘の心の声)

弟夫婦とあわせ6人でカウンターに座ると、回転寿司よろしく、ガンガン食べる。
なんと30分でほぼお腹はいっぱい。母・弟・家人はビールまたは焼酎を飲みながらなのに、1時間後にはお会計。

ええ・・・みんな早食いなのです。

おまけに父がいっとう早くて、食べ終わるとすぐ店を出たがる。
一応主役であるからには従わねばならぬ。
(まあ主役でなくても父がいると皆父基準で行動する羽目になるのですが)

会計後、弟夫婦からもう出産祝いが渡された。
んが、実はワタクシ企んでいたというか、モノを指定しておりました。

弟は、実は最も家の中で経済観念がしっかりしており、最も貯蓄しているといわれる男なのですが
「金がない」が口癖です。
そして本当に、自分が必要だと判断したものにしかお金を使わない。

が、姉も親も明日食う米がなくても、お洋服が買いたい!ショッピングします!というヤヴァイ人種。

なので社会人になってからは、弟の誕生日には毎年服をプレゼントし、就職祝いにはスーツとシャツ、ネクタイ一式をお祝いにいたしました。(ボロばかり着てるんだもん)
結婚祝いも贈り、海外挙式も自腹で参加(まあ行きたかったんですが・笑)。

ですが、ワタクシ弟からは何一つプレゼントされたことがない!
(別に弟はくれと言ってきていたわけではないのに・笑)
なので、今回自分では高いし絶対に必要なわけじゃないから買わないであろうものをリクエストしたのです、弟に。
(なんて姉でしょう!そうなのです、ひどい姉なんです。)

んが、弟は忘れた(フリかもしれない)といってまったく違うものをくれました。
一応リクエストなんだったけ?と聞き直されたので

「ケイトスペードのマザーズバック3万円也」

と即答すると
「姉ちゃん、申し訳ないけど結婚したばかりで安月給の俺にはそんな高価なものは無理」

とこれまた速攻で返されました。

まあね・・・わかっていたけどね・・・いいよ、自分でいいの探して買うから・・・というと
突然父が

「ヨシ、今からその店にいくなら買ってやろう」

といきなり言い出した。

いや、お父様・・・2ヶ月ほど前確か「今ならいくらかあるからお祝いをもう渡しておく」と幾らか頂いてるんですけど・・・。
それに、定期的に「仕事がマズイ」だの「来年持つか」だの「年が越せるか」だの不穏なことを言うんだからお金使わないほうがいいんじゃ・・・。

すると
「もう二度とないかもしれないから、買ってやるといったときに買ってもらったほうがいいぞ」

などと気前のいいことをいうので、もういいかと「じゃあ・・・、半分だけ出してもらおうかな。」といってみた(笑)

かくして銀座から丸の内まで歩くことに・・・なるはずが
その前に日本橋のコムサストアでカジュアルウエアを買いたいなどと言い出し地図を持ち出してきた。(どうも友人が素敵に安くてカジュアルな服を着こなしていたのをみて欲しくなったらしい)
おまけに20分以上歩きたくないとゴネられたので
電車にのって日本橋に行き、そこから丸の内へ・・・と東京駅界隈をぐるぐると移動。

ケイトスペード丸の内店にてマザーズバックをゲット。
これ↓


実は、話はこれで終わらない。
いきなり実母が
「私はこれが欲しい。お父さんに何か買ってもらったのはもう20年も前だ!」

とか言い出して5万以上するバックを指差しだした。
デター!ショッピング好き・浪費家3人目。

父は「なんでお前に買ってやらなきゃならないんだ」と憮然。

ここで、でもなあ、父のわがままやジェットコースター人生にいろいろ翻弄された生涯を送っている人だしなあ・・・と考え助け舟を出すことにした。
(父は私には弱いから)

「お父さん、率直にいうけど、産後お世話になる予定でしょう。その時食費として幾らか渡そうと考えていたから、このお母さんのバック代半分なら出すよ」
するとしばらく考えた父。
「わかった。じゃあお前のバックと母さんのバック代それぞれ1/3出せ。あとは父さんが払う。」
とかなり身もふたもない会話を成立させ、いきなりバック2個購入(笑)

店を出ると、犬の散歩があるから、もう帰る。じゃ!
と言って帰っていった。といっても

丸の内から銀座までをタクシーで。

父は田舎モノなので電車が苦手。一応今は都民なのに銀座まで車で来ていたのであった。
つまり丸の内から銀座のとある駐車場まで歩くのがイヤでタクシーに乗っていったのである。
・・・お金なくなるはずですよね。なんなんだ、あのたまに現れる成金バブリーなところは。(なのに貧乏・・・洒落にならん)
父に老後なんてあったら困る。絶対金ないはずだから。死ぬまで働いていてもらいたい。(それに働かなくなったらすぐボケると思う・・・恐ろしい)

頼むから達者で暮らしてくれ。

そう願う娘なのであった。
とりあえず、バック大事にします・・・。

働かずお金をもらいながら必要最低限な家事で家にいられるというもう二度とないであろう冬休みにやっと入りました。
といっても、大掃除とかまあなんだかんだといろいろやることがありますが。
でも自分が体調悪いとか言えば、昼寝できるし〜と夢のよう。

もともと超インドア派なので家にいるのもストレス溜まらないんですよねえ。
空いた時間でこれをやろうといろいろ妄想していたことを書き出したら
「ゲ、こんなに」と(私としては)忙しいスケジュールにはやくも何か削ろうかなという気分に。(なに、このだめんずぶりは)

しかし、悪阻で点滴するほどではなかったにしろ、もう有休ないっすというくらいは会社を休んだりした(というか最後のほうは欠勤扱いになった・・・)ので、安定期に入ったら、羽でもつけたか?!くらい、らっくらく〜になるのかと思っていました。

まあ、確かに楽にはなったのですが、常に腹に錘つけているようなもんですから、完全に楽になるわきゃーなかったんですよね。忘れてました。アホです。

徐々に重くなっているせいか、そんなに重いなーとは感じませんが、体の中に生命体がいるという状態なので、いろんな臓器とか体の部位が押されてるんだろうなあ・・・とか
負担かかってるなあっていうことはちょくちょくあります。
でも不思議なことに7ヶ月位の方がなんか苦しいな、という感じでした。何が違うのか、更に人によってもそれぞれみたいなのでわかりませんが、気分的には走ろうと思えばちょっと走ることくらいできる(気がする)という感じ。
実際の私を見た人は「え?その腹で?」と突っ込むでしょうが。
仰向けになると、人の頭かラブラドールレトリバーの頭+前足が腹に乗っているくらいの圧迫感は一応あります。ネコをお腹にのせるというのも近いでしょうか。

あと寝ているときにたまに足がつったりしていたのが、原因ははっきりわからないらしいのですがカルシウム不足の可能性もあると聞き、ちょっと意識してカルシウム摂取を増やしたらつらなくなったり、外食でなんか味が濃いな・・・と思ったら次の日足が見事なサリーちゃん足で「わ、私の足首が消滅してるー!!」というくらい即効むくんだり、摂取するものの結果がすぐに現れるのでおかしくてたまらないです。

そして、たまに状況を忘れむっくり腹筋使って(使おうとして)起きあがったりしようものなら大変苦しいめに遭います。人によっては腰痛とか足の付け根がすごく痛いらしいし、痔になったり座骨神経痛になったり、血栓が出来たりする人もいるし、胎動がすごい人だと肋骨折れたりするらしいです!スゴ。
自分もそうなるかもしれないので気をつけねば・・・。

腰や足が冷えると、下腹部が鈍痛っていうかぐーっと押さえつけられるように痛む。なのに、体温が普段より高いらしく暑い。すごく汗をかきます。風呂上がりなどいまだ私は半袖です。

体の変化といえば!!
腹にギャランドゥ〜♪としかいいようのない毛が生えた!
いやービビリましたよ。どこの親父だよ、と。こんなものが波平さんみたいに腹にあっても何も守れないとも思うんですけどね(爆)
その代わりにすねとかにあまり生えない。
これも人によるようですけど。

あとは巨乳化ですかね(笑)
みなさん2サイズとか3サイズとかUPするらしいですね〜。
っていうかアンダーもUPする人が多いし、ワイヤー入りの下着なんてしてられません。
痛い上に汗かくのでかぶれます。
もともと私はワイヤー入りだのあの寄せてあげる系の妙にフワフワしているのは全面的にダメだったのですが、専用の下着はぜーったい必要。

マタニティ服はスパッツ2着とお義母さんからチュニックを買っていただいたくらいで、後はズボンやジーパン類を譲ってもらったり借り受けただけ。あとはもとから持っている服で全部代用。
今年は特にレギンス(要はスパッツ)流行ってるし、チュニックも普通に皆着るようなものがある上に、Aラインの上着ばかり。
ワンピもエンパイア(胸の下で切り替えが入ってるタイプ)シルエットが多かったので、普通にいつも買ってるところや去年も着ていたもので充分。
一箇所だけあげると私はツモリチサトのワンピをかなり愛用。普段も妊婦も違和感なく着られる。

服の場合、問題はお腹よりも実は胸かなと思います。
ウエストを締めるタイプの服でなければお腹はだいたいイケるのですが胸周りだけはアンダーもサイズが変わってるとぐ・ぐるじい・・・となったり、着てもシルエットがああああ!!という状態になりがち。
胸に布地取られると肩が浮いたり、つられてヘンな皺がよったり、服自体の身頃が変わってしまって妙なことになったりしますからねえ。

まあそういう制約がある中、コーディネートするのもまたたのし、であります。
マタニティ服って高いか、ビミョーかっていうものが多いし、期間が短いので勿体無いんですもの・・・。

とまあそんなところです。

流行りものゲット。
といってもルイジが現れたという某ゲームとかじゃありせん。

下痢風邪もらいました…。

昨日昼くらいからなんとなく妙だなとなり夕方ヤバイ〜と出先から帰った途端。
嘔吐、下痢、発熱。

夜はお腹痛いわ、小鈴(たまちゃん)は足でぐりぐり臍あたり押したりしゃっくりしたりしてるかと思うと子宮が張って腹が石のよーにかちこちになるわで唸ってました。

病院に連絡すると同じような人から連絡あったばかりよといわれ、下痢が陣痛を誘発はしないから陣痛じゃなきゃ安静にして朝病院にきてといわれて行ってきた。

病院でも薬屋でも
今年は多いんだよね〜といわれました。

なんか自分の内臓の位置がいつも以上によくわかって気持ち悪いっす。

映画ザ・フライで女性が巨大なウジムシを産むという悪夢のシーンを思い出しました…。

馬鹿なこといってないで早くインフルエンザの予防接種しよう…。

皆様お気をつけください。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや
  • Qの日フライング ベン・ウィショー(Ben Whishaw)
    Yk
  • 10years
    鈴之助

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM