JUGEMテーマ:日記・一般

 

書こうか書くまいか迷ったのですが、記録として。

住んでいる地域では学童は3年生までなので
4年生からどうしようかなと3年生の間に色々考えたり試行錯誤していました。

義母にも
「塾に行かせないの?」
と再三言われてきました。

もう1年彼の成長を待とうか資料集めたり見学に行ったりして家人と2人考えてみたんですが
結果、4年生から受験を見据えて塾に通わせています。

 

義母は、ビックリしてました(笑)


学校の補習みたいな感じで近所にのんびり通わせたら、こちらもカリカリすることは減るかしら位の気持ちで言っていたようでよもや受験を考えていたとは!突然どうしちゃったのと言われた。
私自身がそれほど教育熱心なタイプじゃないんで。

鈴太郎の様子をみながらなので迷っていただけなんですけどね。

 

ちなみに、家人も中学受験したクチなのだが、あまりにも時代が違い受験自体全然参考にならない。
家人は就職まではそんなに深く考えずにすんなりいって、就職後に会社辞めて学生になって資格とってと色々と試行錯誤したタイプ。

鈴太郎のいとこたち30歳くらいから大学生までも千差万別だけど

とりあえず全員大学までいって就職というルートではある。

それみてても結局どこで頑張るかの違いというだけの気はする。

 

鈴太郎も、今のところこういってはなんだが
わりと先生受けのよいタイプ(なにせ全てにおいて古風というかじいさん風味だからw)で、
学校のテストや授業ではほぼ困ることはないから
通知表では「これ誰ですか?」っていうくらいゲタを履いた評価をもらっているタイプ。
かつ家人以上にマイペースで自分の意志をつらぬくので公立でもなんとかなるとは思う。

 

しかし、選択肢がある。
内申点を気にして何かをやるとかやらないとか考えるよりは別のベクトルで教育を受けて欲しいというのが一つ。


もう一つは、学校によって理念が千差万別で面白いというところ。

 

中一なんてまだまだ子どもですからこっちで手取り足取りやります
勉強させます
スポーツも芸術系もおろそかにはさせません!
という気合いの入った学校から

 

本物志向で子どもたちの興味や可能性を引き出します
といった楽しげな雰囲気前面の学校やら

 

本人の自主性ややりたいことを伸ばします
限りなく大人と同じように扱いますという自律や自由を謳った学校まで

 

親として子どもにどう成長していって貰いたいかを問われる。


 

最後に、決め手になったのが参考書や塾のテキストと入試の問題。


単純に「大人が」みて面白い。
子どもでこの辺を面白いと思える子は上位層にいきますw
なので、12歳が覚えて理解して解くにはちょっと大変。
けれども、そこに書かれた問題や考え方は、大人になっても無駄にならないんじゃないかなーと。
ぶっちゃけ高校や大学受験よりもよほど普段の生活や知識に繋がっていると思う。
知識の土台っていうんでしょうか。


その土台の大きさやそこからの発想の切り口などは学校によって求めるレベルやタイプがあるようですが
これは勉強して無駄じゃないなと感じたのが最も大きな理由。

 

で、いま六年生なのでそろそろスパートかかってくる時期に差し掛かっているのですが、これがもうねぇ。
後から書けることは書こうかなと思うけど、「このやろう!」の連続だと書けば経験者である親はわかると思うw
とりあえず、がっつり子どもと組み合うという意味での子育てはこの小学生時代で最後かなと感じながら味わってます。

っていうか、算数以外はわたくし抜かされる気がしませんw(だめじゃん)

まあ、算数勝負だからいいんだけど。(いや、よくないw)

 

余談。

この漫画、わりと臨場感あります。

こんなに子ども毎にカスタマイズしてやる気を引き出す大手塾はないと思うけどw

親がどう塾を使いこなすかっていう方が大きいし、これがなかなか難しいのであーる。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年は小学校入学から高校卒業までをゆとり教育で過ごした最初で最後の世代が大学新卒で入社する年なのだそうな。
ここで1995年という時代について個人的にも世の中的にもエポックメイキングな年だったので振り返ってみる。


そもそも切りのいい数字で戦後50年。
これだけでもうなんか時代として語れてしまう出来事なのに

1月17日に阪神淡路大震災が起こり
3月20日には地下鉄サリン事件が起こり
オウム真理教の一連の事件や逮捕があり
11月23日にはwindows95日本語版が発売された。

 

世界の出来事では
元旦にはWTO(世界貿易機関)が発足し
8月にはボスニアヘルツェゴビナ紛争に絡んだNATOの大規模空爆から
10月には停戦協定が結ばれ、4年に渡った紛争が終結
という時代。

 

国内で世界にもニュースになるようなものすごい事が次々起き、どうやっても忘れられない強烈な年となった。

 

そんな世相の中、音楽といえば私の中ではこの2曲。
4月に発売されたスピッツ「ロビンソン」
8月に発売されたMr.Children「シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜」
(世の中的にも上記のようなバンド<そのほかB'z、ドリカムetc)小室サウンド、マイラバなどの小林武史といったプロデューサー時代の到来)

当時私はミスチルを聴きに行くためにファンクラブに入り
スピッツも高校生の頃からのファンでこの曲がロングヒットして秋から年末にかけてイヤというほどラジオからテレビからカラオケから聴いたのである。

人数が多いわりに時代の存在感が微妙といわれる団塊ジュニア世代だけど
この近辺のCDのバカ売れ&カラオケブーム、ドラマ高視聴率は、その後のCD売上やらドラマ視聴率やらといった指標が死につつある今から俯瞰して眺めるとテレビや音楽CDが若者文化として時代を引っ張った最後の時代だったんだなーと感慨深い。
1997年にはフジロックが始まり、フェスであらゆる音楽が聴ける素地がもうあったころだと思う。

ドラマでいえば、この年は「愛しているといってくれ」。
(翌年だとロングバケーションとこのころは北川悦吏子の時代だった。)

映画ではパトリス・ルコントやアッバス・キアロスタミがもてはやされたミニシアター系の興隆があって以前のように同じ日本映画をみんながみる時代は終わりを告げ国内の映画は斜陽産業と言われながらも世界中の映画が見られるようになったのはこのころだったと思う。
Love Letter 、打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 、東京兄妹、水の中の八月、GONIN 、幻の光、渚のシンドバッド、BeRLiN といった日本映画が公開された年であり
アジア映画ブームを引っ張った恋する惑星が話題になったのもこの年。
エドワード・ヤンの恋愛時代や君さえいれば/金枝玉葉も公開された。
フォレストガンプやショーシャンクの空にというハリウッド大作のヒットとともに
恵比須ガーデンシネマで公開されたスモークがロングランになった。恋人たちの距離が公開されたのもこの年。
オーストラリア映画のプリシラがヒット。
旧ソ連映画の動くな、死ね、甦れ!も公開。
この時は今のように年間1000本なんていう公開量ではないのと学生で時間があったのでとにかく話題になったものは全部観ましたとも!
映画好きな若者はいまと比率は同じかもしれないが、いかんせん母数が倍近いですからね・・・
バブル後とはいえ、今よりも文化に企業や世間はお金を出したし、映画や本や音楽や演劇や漫画の知識が幅広く深い人ってスゴいみたいな価値観があった。(たぶん)

スマホどころか携帯ぼちぼち持ち始めましょうかという時代。PHSだった時。
ドコモのiモード(1999年)も写メールもサービスとしては生まれていなかった分の時間を若者の何割かはこれらに使ってた筈。

将来のために目標をもって勉強するとか、目的意識をもって社会について考えるとか全然関係ないところで生きていたので
いまの若者にエラソーに何も言えない。
無目的に好きなものを見聞して生きているといくら売り手市場の今でも大変だよくらいしか言えることはない。
が、じゃあそれらが無駄でもっと有意義に過ごすべきだったかと問われると
私はあの無駄な時代は私にとっては無駄ではなく必要なものだったとしか言いようがない。
自分自身がゆとり世代を何一つ非難できないほど好きなものに逃避していた甘ちゃんでした。
後年、その当時の私をつぶさに知る小学生からの幼馴染には
あの当時の私ははた目にちょっとヤバかったといわれ、その危うさが消えて良かったと真顔で言われたときにはこちらがびっくりした。当人にはそこまで精神的に追い詰められていた自覚がなかったりするんですよね。

 

あの時聴いた曲は今も私を励まし
あの時に観た舞台を時に思い出し
あの時に観た映画が今も心を揺さぶり
あの時に読んだ本から助けれることもある。
それらのよくわからない記憶や知識が学んだことと一緒に混然一体となって
私の仕事を助けてくれる時もあれば
子供と楽しむことでまた違った側面が見えてくることもある。


私の中からあふれ出てくる記憶をガーっと鈴太郎に伝えようとアウトプットすることもあれば
その時に子供と一緒に経験することが新たな私のインプットにもなる。
子どもがダラダラゴロゴロしてイラっとしたときも、そういえば自分もこういう時に無意識にいろんなものを整理してバランスをとっていたじゃないかと思いだしたりもする。

だから人生に無駄なことは何一つないのだ。
1995年という年は私にその人生訓を与え、時に思い出させてくれる年でもある。


 

プロフェッショナル仕事の流儀 新しい仕事スペシャル

 

 

今や子どものあこがれの職業ユーチューバー。これにプロゲーマー、データサイエンティストとくれば
鈴太郎が食いつかないわけはなく、一緒に観ました。

以下の3名が出ていて、日々の仕事の様子や現在の状況、葛藤を映し出していた。
ユーチューバー HIKAKIN
プロゲーマー 梅原大吾
データサイエンティスト 河本薫

 

ユーチューバーはアイディアを形にするために頭をひねり、時間をかけている。
プロゲーマーはひたすらゲームをプレイし続け、攻略法に頭を巡らせている。
データサイエンティストはAIと人間との理解の合間に立って考えている。

ユーチューバーとプロゲーマーについては子どもにとって楽しそうにみえる仕事が、裏ではロールモデルのない仕事であるがゆえに上に悩みながら進んでいることにスポットを当てられている。
特に、プロゲーマーの梅原さんは介護の資格をとって仕事をしていたけれどそちらでは失敗が多く自分じゃなくてももっとできる人がいると思うと落ち込んだというようなニュアンスの話をしており、かといって好きなゲームで食べていくなんて考えもしなかった、ゲームで優勝しても恥ずかしいとさえ思っていたという。
鈴太郎にあとで感想を聞くと
「ゲームが強くて優勝して恥ずかしいと思うんだねー。すごいのにね!」
子どもの頃のスゴイがそのまま仕事になっているという意味合いでは野球選手のようなプロスポーツ選手なんかが近いのかなと思う。
凄さがわかりやすいというのかなあ。プロゲーマー自体がeスポーツといわれてますしね。
大人のこちらからみると、好きなこと・得意なことを突き詰めて特異な仕事に昇華しているっていうのは能力を最大限発揮できる仕事をみつけられて幸運な人たちだし楽しいだろうけど、同時に逃げ場がなくてしんどそうだなあとも思う。
長く続けられないよなーとも思うし。その分の稼ぎを早いうちに形成しちゃって第二のキャリアに転換するというのも手だけれども。


データサイエンティストについてはいま、最も魅力的な仕事といわれている職業だそうな。

その最先端の仕事の中でも、AIの処理速度が人間の理解を超えてしまっていて
なぜこの結果が得られたのかの理解がデータサイエンティストにすらわからないという段階にきているのだとか。


結果の根拠を説明できないのでシステムに組み込む際に周囲の理解が得られない可能性があるという問題の指摘。

実際に現場では、結果の過程がわからないものは導入を見送るといった判断がされているところが映った。


2020年代にはAIが人間の知能を超えるのが現実味を増していると話しには聞いていたけれど、実際のビジネスの現場ですでにそういった齟齬が出てきているというのが驚きだった。

昨年くらいから量子コンピューティングが現実に存在感を急激に増している。

 

シンギュラリティー技術的特異点(Technological Singularity)の2045年問題
「人間の能力が根底から覆り変容」するレベルの現象、科学技術が人の手を離れ自らより優れたものを作り出すようになる時代の到来。いままでの生物40億年の進化の時系列から解き放たれる、別次元に行くといわれている年。


実は、私はこの予測に懐疑的だったのですが、こういう人の知能を超える存在がもう現実に色々なところで使われだしている現在の動向をみると、人の想像の世界を超えるのも時間の問題なのかなと思わされる。

 

そこで、ユーチューバーやプロゲーマーに立ち返ってみると
彼らは生身の人間である自分たちがまず楽しみ、

面白がる姿を世の中の人に見せシェアすることでその対価を得ている。


20世紀の仕事では、処理能力の高い人がお金を得ることが多かったけれど、処理能力にあたるものはすべて機械に置き換えられていくのだろう。機械に意図的では作れないイレギュラーが人間には求められていく。

 

これまでより「個」のもつ「特性」つまり「個性」や「創造力」といったものがより重要だと色々なところで指摘がでているのも頷ける番組だった。

 

20世紀のゲームでは意図しなかったバグ(障害)をゲームの隠れ機能だと子供たちは面白がったが
21世紀は人間が場面に合った機能を意図的に作り出して魅せることができる人を面白がる時代になってきており
私たちはその激変期にいるんだなとひしひしと感じる。
 

最近学校でフツーに
○○について発表してもらいたいので調べたことをまとめて発表してください
という授業が社会やら理科やらなんかを中心に結構ある。

どういうことをやっているのかは公開授業などでみるまでわからないことが多いのだけど
「調べる」ことについてきちんと説明なされている雰囲気がなく
どうなんだ、これと思っている。

 

子どもだけの話を聞いていると
○○について調べてね。
調べるのはネットでも本でもいいよ。
調べることはグループで話し合ってねという時もあれば
先生がサンプルとしてこういう風に調べて発表しますといった提示をしている場合もあるようだ。

 

が、ここで私が気になっているのが
その調べた情報は正しいのか?をどう検証するのか
何を調べるのか
どうまとめるのか

といったことを子供たちに全くレクチャーしていないのではないかということ。

 

どの発表を聞いても


調べた結果がだれのどういうページなのか出典を明らかにしていない
まとめた内容が散漫なのに、形式が似ている

(先生が例として出したものをそのまま真似ている)

 

これでは、将来レポートやら論文書くときになって
コピペはダメですよっていきなり言われても
「なんで?」
ってなりそうだし。

 

トンデモ理論を堂々と主張されて、それおかしいよと指摘してもネットに書いてあったから正しい!
などと言われそう。


っていうか、既にそういう人結構いますよね?
卒論のコピペとかももうだいぶ前に問題になりましたよね?

 

情報に触れさせる、調べさせるなら
テキトーなキーワードで検索して出てきた最初の結果を丸写しして調べましたってやっちゃうのは調べたことにならないというのをきちんとやった方が最初大変でも後々本人も周りも困らないと思うのですが。

特にネットは本と違って複数の目を経て校正や検証されていないデータが満載。
それも日本語となると限られたデータしかないものも多い。
Wikipediaと国語辞典やイミダスではカバーしている範囲はwikiの方が圧倒的に広いが
その検証については曖昧な情報も多く、一般の人がある程度気軽に書き換えたり書き加えることの情報であるという認識をもっていないとマズイと思う。
小学生だからとかまだまだもう少し大きくなってからきちんとなんて言っていると二度手間だし
そもそも、今の子供たちにとっては生まれた時から本と同じようにネットがあるのだから、それぞれの区別も曖昧だし
ネットだろうが本だろうが、その情報が正しいかどうかを確かめてから引用するという前提を教えずに調べろっていうのは随分乱暴だなと思う。

 

とりあえず、鈴太郎に


・ネットで検索する前に何について調べるのかを考える

(検索した言葉をメモしておく)
・調べる言葉によってネットでも結果はずいぶん違う

・調べたページが間違っていることもあるからいくつかのページを参照する
・引用したページについては「○○サイト」を参考にしたと書く
・専門家の意見や本もみることができればベスト
・書かれていることと反対の意見はないのかを確認する
・調べるものによっては日本語の情報は実はそんなにたくさんない。英語だと喋っている人数からして違うから得られる情報が何倍も多いので大事

 

といったことをゲームの攻略を例にあげて説明したがちょっとパンクしてた(笑)

でも、学校でできれば参考するサイトや本についてきちんと書き留めておくことと

1冊の本や1つのサイトをうのみにするのではなく最低2つの情報にあたってみることくらいは呼び掛けて欲しいなあ。

もしくは発表の段階で

これはどこに書いてあったの?

この意見と反対のことは書いてなかった?調べた?

くらい聞いてほしいなあ。望みすぎ?

 

でもその辺問わないなら調べもの学習に安易にネットOKと言わないでほしい。

(本も1冊のみとかだとやっぱりツッコみたい。意味ねーよ。)

あんまり意味ないっていうか害の方がデカイ。

 

というわけで、いい本ないかな?と調べたらこちらがでてきた。

取り寄せて読ませてみる。

 

例年おせち作りと掃除でこの数日仕事の時より疲れる事態になってますが、今年はここ2日で

ユダヤ人を救った動物園 〜アントニーナが愛した命〜

オリエント急行殺人事件

destiny 鎌倉ものがたり

と3本映画を観ることができて満足。

上記の中で1番のおすすめは、鎌倉ものがたりです。


来年は放置気味の映画感想サイトをですね、地味にリニューアル中なんですが、移行終わらせて、最近観た作品もアップしていきたいと思います。


それでは来年もよろしくお願いします。




組内のコーナー「英会話伝言ゲーム」に爆笑して過去動画を漁ってしまったw

関ジャニメンバーの横山君、錦戸君、村上君の3人の間に英語ネイティブ話者を置いて
あるテーマに沿った一文を正しく伝言できるか!っていう単純なものなのですが。

これで、横山君と村上君の2人が毎回ものっすごい空耳アワーを繰り出すんですが
爆笑しながら、この間違いを「わかる〜!」と思ってしまう耳を自分も持っていることに

気付いてしまうこのばつの悪さがツボです。

 

いたい真ん中にいる錦戸君という人は器用。
私の中でこの人はNHK朝ドラ「てるてる家族」での少年役とか「1リットルの涙」(沢尻エリカ主演の難病モノドラマ)でエリカ様と淡い恋心があるのか?的な微妙な関係性の少年を非常に繊細に演じていた記憶で止まっているのだが、この時の演技がわりとどれもよかったんですよね。勘の良い人なんだなという印象だった。
この伝言ゲームのコーナーでもすごく耳がいいらしく、一発で正しく聞き取ることも多く、発音の再現の仕方もウマイ。
改めてなんでも勘が良くて器用にこなすタイプなんだなーと感心。

この優秀な人材が伝言ゲームの真ん中にいるので両端がより輝くというか際だつというか(笑)

 

ず、ネイティブの方から横山さんへフレーズが伝えられるんだが
このネイティブさんがときに吹き出すレベルの聞き間違い、なんちゃって英語を繰り出してくる。

The hot water isn't running.
(お湯がでない)

というフレーズの際は
ザホットウォーターの部分を
「ダハ?!」
と聞き取る。
ダハといわれると確かにそう聞こえているのもわかる〜というレベルだから自分の耳もヤバイ。
でもこの雰囲気英語で、自分が何を言っているかわからないのに堂々とそれっぽく喋る。

 

ると次のネイティブ・ハルカさんという方がこれまた神業的な聞き取りをされる方でニュアンスもくみ取って正解を導き出すからスゴイ。
(ハーフなのかな。日本語能力も高いので、日本人が間違えそう、聴き取れなさそうなところを補ってこうではないか?と修正する力が高い。)


山さん自身が「へぇ〜、ぼくそんなこと言うてます?」などというw

 

語も他のネイティブさんより聞き取りやすいというのもあるので
耳と勘の良い錦戸君と次のネイティブさんへはわりとスムーズ。

 

して、トリの村上さんである。

彼も「ダハ?!」と聞き取って
横山さんが「やろ?デジャブやな・・・」などと絡んだりするからまたまた大爆笑。

で、runという言葉から走るっていう単語に繋がっていき訳がまたかっとんで行く(笑)
全国放送ではないようなのだが、このコーナーオススメです。
爆笑しながら、頑張ろうと反省も出来ますw
 

AERAや東洋経済あたりで書いてありそうな
東京 の話を聞きました。

都心部に住んでる友人と久々に会いました。
子供の小学校の保護者会で父兄同士話していたら、そのクラスの半分近くの保護者が医者か歯医者だったっていう…。
公立の小学校なのに(笑)
で、みんな当然の流れのような感じで中学受験塾に通ってるそうなのだが、
将来は医学部進学→医者になってもらわないとっていう使命を帯びた子供達が結構いるんだそうな。
でも、現時点で全員が医学部への進学率も総じて高い最難関に行ける学力があるわけではない。
が、他の学校と比べると中学入学時点の偏差値的にはそれほどでもないけど、ものすごく熱心に生徒に勉強させるタイプの学校があり、医学部進学率がよいところがいくつかあるのだそうな。
(といっても伝統校で充分入るのは大変なわけだが)

私は、たまたまこのうちの1つの学校関係者の話を聞いたばかりで、この需要と供給の関係を垣間見てしびれちゃいました(笑)

上記のような学校の先生方も同じ様に

塾に行く時間がないくらいやることを学校から出します

テストが悪ければ補講も行います

それらをこなせるであろう基礎学力を身につけたお子さんであれば学校がなんとかします!とえらく力強かった。
しかも勉強だけでなく運動や行事も充実させてますと紹介された制度やイベントもなんだか気合が入っててすごかった。


生徒の文集などもその時配られたのだが、そこには普通に
これほど勉強した6年間はなかった
とか
地獄のような時もあったが乗り越えた自分を誇りに思う
とかっていうフレーズがちょいちょいでてきてる…(ひえええ)


現代日本では世間的には何にでもなれるよ!っていう雰囲気で

なんでもってなんだよ?ってなりやすいから大変だけど 子供の頃から人生が決まってるっていうのも大変だ。
戦前の日本だと将来のレースが引かれていた人はもっと多かったですよね。

軍人の家は軍人みたいな。
そういうプレッシャーが書かれてる小説が明治大正昭和初期はゴロゴロ転がってるし。

(小説家になるような人々は賢くとも決められたレールに向くタイプじゃなかったから自ら書きながら懊悩していたわけで。)
現代でも脈々と受け継がれているのを垣間見てしまった。

 

その逆もあって、一時期総中流時代といわれて消えかけたようにみえた貧困層というのも消えるどころか増えてきて

昔は普通にあった、経済的事情で進学できないっていう人が結構いるという時代に舞い戻りそうな気配も濃厚になってきていますよね。


環境に合う子がそれぞれ生まれてきていますようにと祈らずにはいられない…。


いやだって、こちらにとっても頭はいいが不器用な外科医とか嫌じゃないですか!
でも、医者ってびっくりするほどのヤブ医者やコミュニケーションの取り方がおかしい医師が必ず各地にいるじゃないですか!
って話が逸れてきたのでこの辺でやめておきますが、どんな職業も生まれた環境とか頭脳だけじゃなくてですね
その人の持っている気質と長所を活かし、短所はなるべく使わないものに就いて欲しい。

 

逆に優れた頭脳があるのに進学できなくて絶対向いているであろう仕事に就けないとかも社会的損失大です。

人間向いてない仕事してるとだいたいどっかで病みますから。

心身の健康を損ねるとどんなに優秀だろうとその能力発揮できないですからね。


日本は人材益々減って行くんだから、多様な人材を多様な世界へと配置すべく、子供の適性を見極めてサポート…できるかなぁ。

仕事に就くルートも親の見極めも今までの形にとらわれることなく、子の自立を後押ししてきたいもんです。

 

言うは易く行うは難し。

ここをみているリアル友人も限られているんですが、一応連絡を。

 

去年賀状をいただいている方には今回も年賀状を送る予定です。

 

が、28日現在、1枚も印刷してませんw

29日か30日には出したいと・・・

2017年から2日の配達がなくなると聞いているし、元旦に届かない可能性が高いんですが

昨年受け取っちゃった方は脅迫状のごとく送られます。

要らない方は、私に年賀状を送ってこないでくださいw

 

ええ、もう住所録のメンテと賀状のデザインはできあがっているんですの。

今回もバカな力作です、一応。

デザインはやっつけ(というかほぼデザインしてない)だけど。


ノリノリで写真を撮った鈴太郎が

「おれ、友達には普通の年賀状の方がいい気がしてきた。」

と今頃怖じ気づいていますw

 

っていうか、去年(都合の)いいフォトスタジオをみつけ

衣裳は舞台やドラマ撮影で貸し出ししているところに手頃なものを発見し

さらに一部は売っているものをリメイクすればどうにかなるとひらめいてとうとう自作の領域まで足を踏み入れました。

だんだん抜き差しならぬ世界に迷い込んできたので

そろそろ、このバカな遊びも潮時かなと思いましたです、はいw

 

毎年こんなことを言っているような気もしますが。

 

来年のことをいうと鬼が笑いますね。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

団塊ジュニア世代のリアルアイドルというと多分、彼らになる。
光GENJIは、TVでいきなりSTARLIGHTを歌い踊る彼らに
「なにもの?このグループ?」
とあっけにとられていたらあっという間に大人気になった。
ちょうど大人気な頃に、歌番組の中継で海外へ行く前だったか、成田の公園で彼らがパフォーマンスをするという時があって
その前後の日は大騒ぎだったのをうっすら記憶している。

彼らの「ガラスの十代」を歌える団塊ジュニア世代はかなり多いはず。

後に、STARLIGHTやガラスの十代といった歌の感じの再来だなと思ったのが、KinkiKidsの硝子の少年です。
KinkiKidsはSMAPのバックにいたけど、光GENJIの後継だったんじゃなかろうか。

どちらも曲に哀愁や儚さがあって
歌う彼らにもそれがあった。
思春期から青年に変化していく一瞬っていうんですかね。
儚さって長持ちしないけど、一瞬の煌めきは大きい。
光GENJIってまさにそんな感じ。
突然大きな彗星が現れて去っていった、みたいな。

私は光GENJIがギャーギャー言われているときにバックで踊るSMAP(スケートボーイズ)の吾郎ちゃんに目がハートになった人なので光GENJIは眼中になかった。
(SMAP派は光GENNJI派とは相容れないみたいなものが当時はあったのだ。確か。いや、ねつ造か?w)

今はどちらも立派な中年ではあるが、光GENJIは輝きが半端なかった分、今の様子もなんだか切なくなってしまう。

一方、SMAPの初期の曲はすごく明るくて元気なものが多い。
多分、光GENJIとは違う個性をと事務所が考えた結果でもあると思うんだけど
曲に哀愁や儚さを感じるものは初期のシングルの中にはほぼなかったと思う。
希望や元気を与えるものが多かった。
私は彼らの初期の頃のシングルが結構好きだったんです。

負けるなBaby! ?Never give up
雪が降ってきた
君色思い
オリジナル スマイル


あとは、デビュー前に歌っててアルバムには入っているんだったかな
Baby Baby Baby
Don't cry baby

このへん。
というか、私のSMAP熱が1990年代で終わっているので2000年以降のことがよくわかっていないというだけなんだけど。

SMAPは気付いたら随分大きな時代のアイコンになっていたんだねぇ。

CDが売れた最後の時代(1990年代後半)に大きなヒット曲を連発したこと

メンバー5人がこれまたテレビが中心だった最後の時代に

それぞれ順番にドラマやソロの企画でヒットを飛ばして活躍したことも大きい。

 

最初にドラマで火が付いたのは吾郎ちゃん→木村君の時代があり→中居君のドラマ等もヒットし→慎吾ちゃんの慎吾ママのおはロックなどがあり→草君がドラマでヒットを連発という順序だと記憶している。

 

だめ押しというか、彼らを「国民的」という位置まであげたのが

「世界に一つだけの花」なのだろう。


いまや事務所の看板と言えば嵐なんだろうけど

老人までなんとなく顔がわかる、存在を知っているとなるとやはりSMAPなんじゃないだろうか。
現に高齢者になる義父母やうちの両親はSMAPなら全員なんとなくわかるけど、嵐となると単体ではわかっていない。
彼らがドラマやバラエティで大ヒットを連発した時のTV視聴率が嵐が活躍しているここ10年とはケタが違うっていうのもある。

CDが売れまくり、TVドラマでは恋愛モノが一世を風靡し、今も続くフェスが生まれ、小演劇が何度目かのブームになった20年前は、人数多かった団塊ジュニア世代がバリバリ若者だった時代だったからそれも必然だったし。


そして、老人の力の強い(圧倒的に人数が多い)現代日本においては

テレビ以外のメディアってやはり偏りがあるというかまだ限られたメディア。

SMAPと同世代も40代に突入し既に言葉でいえば「初老」ですからね・・・

というわけで、SMAPをよく知っている世代はメンバーの彼らと同世代で人数も多ければ

テレビや音楽や映画、舞台、ライブとエンタメを楽しんできた世代でもある。

(映画の単館系いくといま40overの人ばかりですからね。

20年前はもっと若者目立ってたのに。マス的にも若者が減ってるっていうのをこういうところでも実感する。)

 

まだまだ道なき道を切り開き頑張ってもらいたいなあなんて外野としてはぼんやり思っていたんだけどな。

久々にスマスマを観て、とくにここ10年はあまり彼らの動向がわかっていなかったのにもの凄い寂寥感に包まれてしまったのは、立派な中年になっても若者きどりでいた自分たちの世代に

「もう老いが始まってますから、無理しないように」っていう引導を渡されたような気がするからなのかも。

 

 

SMAP、ありがとう。

まだまだ、これからも、それぞれに活躍していってほしい。

 

算数が得意であるか苦手であるかは小学生の高学年あたりで顕在化し
数学と名前の変わる中学で一気に苦手派が増える科目ではないかと思います。

得意な人と苦手な人との間には何があるのか?

私は数学が苦手な人間です。
中学まではここまで覚えればなんとかなるみたいなラインがはっきりしていたのでどうにかなりましたが
高校は完全にお手上げでした。
どこがわからないのかもわからない、みたいな(笑)
が、ソフトウェア業界は得意な人のほうが多い。(そりゃそうか)
でも、そんな人たちの中でもおおまかにいって2種類存在することに気付きました。

 

公式などをきっちり覚えて解決する人々と
感覚的に「数字(すうじ)」を捉えイメージで解く人々。

 

公式きっちり派は論理的でわかりやすく解説してくれる人が多い。
ここは、こう覚えるべきですとかそういうポイントも教えてくれる。
本人自体も凄く努力家。
けれども、プログラミングセンスはある人とない人とはっきり分かれる。
で、このきっちり派はセンスない人の方が多い。

 

後者の方は発想力や閃きと言ったモノが非常に豊かですが、
その発想や閃きの源まできちんと説明できる人はかなり少ない。
思いつくまでの時間が圧倒的に短くコーディング(プログラムを書くこと)の綺麗な人が多い。

 

学校でいわゆる「勉強の出来る」=「点の取れる」タイプといわれると公式きっちり派だと思うのですが、仕事の面で面白いものを創り上げ、生涯一プログラマーとしてずっと開発していたいというのはこの感覚派の人々。


ちなみに、ここできっちり派の人々はだいたいシステムエンジニアとしてプログラマーを管理する方向へと出世していきます。

 

プログラミングについてはざっと習ってコード書かせてみればセンスが一目瞭然なので
数学が得意とかもあまり関係がないようだ。
数学は得意だけどプログラミングが苦手な人も結構居る。

 

思えば、私は数学が苦手なだけじゃなくプログラミングのセンスもない(笑)

 

高校進学前に出された数学の宿題もプログラミングと密接に繋がっているものが出されていました。
つーか、今でも一部を覚えているくらいわからなくて衝撃的だったんです。

なんの説明も前振りもなく、二進法の問題がいきなりドーンとでていました。
いや、多少の解説はあったのかもしれないが、そこの記憶はすっ飛んでいる。

 

じゃあなんで、プログラミング業界にいるのかと言われたら
興味持っちゃったから学んだりなんだりしていたら流れ着いたとしか言いようがない。

私の役目はプログラマーが言っていることの翻訳ですね。

プログラミングが得意な人たちの喋りって、得意じゃない人たちには理解できないんです。
簡潔すぎてw

 

一応七転八倒してプログラミングやったので
ある程度彼らの言語を解説できる力が備わったんですね。

というわけで、好きで興味があれば何らかの形で自身の能力を発揮できる場はあるわけです。

 

で、学校という集団は
自分は何がラクにこなせて
何が不得意でっていうのを知るのに最適な場です。

今は学校という集団そのものがダメっていう人が一定数いるのもわかってきている世の中ですよね。
それも、自身の将来の取捨選択がしやすいので重要なポイントだと個人的には思います。

 

余談ですが、小中学校の同級生男子で、気づいたら大学に8年いて中退。
その後、ニートを5年くらいやって30超えてからプログラマーになった人がいる。
この人は小学校の時から強烈で、ピアノ習っていないのにピアノ好きすぎて
小学校は教室のオルガンでずーっと同じ曲を弾き続け、中学では音楽の先生にその曲だけ聴いたら
10年ピアノ習っている子だと思われるくらいには弾けていた。
そこから作曲にはまり、大学そっちのけで作曲しまくり
坂本龍一氏の番組で投稿曲をオンエアされるくらいにはたまーに良いことがあったので
ニートで作曲家を目指していたんだそうな。
が、30超えても目が出ない。
作曲のためにプログラミングにも手を伸ばしており
親にもいい加減自分の食い扶持は自分で稼ぐようにと言われてフリープログラマーとして仕事を開始。
なんと、30半ばを過ぎたころには年収1千万円超えるようになったそうな。

 

とまあ、どこで何が繋がってくるかはわからないわけで。


自分が好きなことは何か。
時間を忘れるほど夢中になれることは何か。

まあ、好きなことだから人より秀でているとは限らない。

そんな時は、
そんなに好きではないけど人より早くこなせることは何か。
さして苦労せずに出来てしまうことは何か。

 

誰もが自身が上手く「はまる場所」がある。

そして、その場所は日本ではないかも知れない。
今はまだ誕生していない職業かも知れない。
自分の能力を上手く活かしていくために、色々なことにチャレンジするのも一つの方法だし
逆に、必要ないと思うことを切り捨てていくことも一つの方法だと思う。

ただ、なんらかのことで努力ができることは大前提。


凡人は、だからまんべんなく学んで比較的得意なことと苦手なことを自ら学生時代で仕分けしていくことが大事。

世の中98%くらいは凡人の範疇なので、ボケっとしていると得意も不得手も好き嫌いも曖昧だったりします。
親がその好きと嫌いをみつける手助けをしてあげるのが小中学校くらいの時の親の役目かなーと最近思ってます。

と同時に、色々とチャレンジできる時代だからこそ
自分は「これがやりたい」「これなら苦もなくできる」ということをいち早く見つけた人が強い世の中なんだよなあ。


 


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや
  • Qの日フライング ベン・ウィショー(Ben Whishaw)
    Yk
  • 10years
    鈴之助

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM