実父が還暦だというので、食事会を設けた。
銀座の鮨屋(本人指定)に集合すると、父は
オーストラリアで欲しがった革のカウボーイハット(私から還暦祝いにとお金を出して一応プレゼント)に革ジャン&革パン、やはりオーストラリアで自ら購入したバックルつきベルトというかっとんだバイカー(本人談)ないでたち。
ミッキー・カーチスかよ・・・(娘の心の声)

弟夫婦とあわせ6人でカウンターに座ると、回転寿司よろしく、ガンガン食べる。
なんと30分でほぼお腹はいっぱい。母・弟・家人はビールまたは焼酎を飲みながらなのに、1時間後にはお会計。

ええ・・・みんな早食いなのです。

おまけに父がいっとう早くて、食べ終わるとすぐ店を出たがる。
一応主役であるからには従わねばならぬ。
(まあ主役でなくても父がいると皆父基準で行動する羽目になるのですが)

会計後、弟夫婦からもう出産祝いが渡された。
んが、実はワタクシ企んでいたというか、モノを指定しておりました。

弟は、実は最も家の中で経済観念がしっかりしており、最も貯蓄しているといわれる男なのですが
「金がない」が口癖です。
そして本当に、自分が必要だと判断したものにしかお金を使わない。

が、姉も親も明日食う米がなくても、お洋服が買いたい!ショッピングします!というヤヴァイ人種。

なので社会人になってからは、弟の誕生日には毎年服をプレゼントし、就職祝いにはスーツとシャツ、ネクタイ一式をお祝いにいたしました。(ボロばかり着てるんだもん)
結婚祝いも贈り、海外挙式も自腹で参加(まあ行きたかったんですが・笑)。

ですが、ワタクシ弟からは何一つプレゼントされたことがない!
(別に弟はくれと言ってきていたわけではないのに・笑)
なので、今回自分では高いし絶対に必要なわけじゃないから買わないであろうものをリクエストしたのです、弟に。
(なんて姉でしょう!そうなのです、ひどい姉なんです。)

んが、弟は忘れた(フリかもしれない)といってまったく違うものをくれました。
一応リクエストなんだったけ?と聞き直されたので

「ケイトスペードのマザーズバック3万円也」

と即答すると
「姉ちゃん、申し訳ないけど結婚したばかりで安月給の俺にはそんな高価なものは無理」

とこれまた速攻で返されました。

まあね・・・わかっていたけどね・・・いいよ、自分でいいの探して買うから・・・というと
突然父が

「ヨシ、今からその店にいくなら買ってやろう」

といきなり言い出した。

いや、お父様・・・2ヶ月ほど前確か「今ならいくらかあるからお祝いをもう渡しておく」と幾らか頂いてるんですけど・・・。
それに、定期的に「仕事がマズイ」だの「来年持つか」だの「年が越せるか」だの不穏なことを言うんだからお金使わないほうがいいんじゃ・・・。

すると
「もう二度とないかもしれないから、買ってやるといったときに買ってもらったほうがいいぞ」

などと気前のいいことをいうので、もういいかと「じゃあ・・・、半分だけ出してもらおうかな。」といってみた(笑)

かくして銀座から丸の内まで歩くことに・・・なるはずが
その前に日本橋のコムサストアでカジュアルウエアを買いたいなどと言い出し地図を持ち出してきた。(どうも友人が素敵に安くてカジュアルな服を着こなしていたのをみて欲しくなったらしい)
おまけに20分以上歩きたくないとゴネられたので
電車にのって日本橋に行き、そこから丸の内へ・・・と東京駅界隈をぐるぐると移動。

ケイトスペード丸の内店にてマザーズバックをゲット。
これ↓


実は、話はこれで終わらない。
いきなり実母が
「私はこれが欲しい。お父さんに何か買ってもらったのはもう20年も前だ!」

とか言い出して5万以上するバックを指差しだした。
デター!ショッピング好き・浪費家3人目。

父は「なんでお前に買ってやらなきゃならないんだ」と憮然。

ここで、でもなあ、父のわがままやジェットコースター人生にいろいろ翻弄された生涯を送っている人だしなあ・・・と考え助け舟を出すことにした。
(父は私には弱いから)

「お父さん、率直にいうけど、産後お世話になる予定でしょう。その時食費として幾らか渡そうと考えていたから、このお母さんのバック代半分なら出すよ」
するとしばらく考えた父。
「わかった。じゃあお前のバックと母さんのバック代それぞれ1/3出せ。あとは父さんが払う。」
とかなり身もふたもない会話を成立させ、いきなりバック2個購入(笑)

店を出ると、犬の散歩があるから、もう帰る。じゃ!
と言って帰っていった。といっても

丸の内から銀座までをタクシーで。

父は田舎モノなので電車が苦手。一応今は都民なのに銀座まで車で来ていたのであった。
つまり丸の内から銀座のとある駐車場まで歩くのがイヤでタクシーに乗っていったのである。
・・・お金なくなるはずですよね。なんなんだ、あのたまに現れる成金バブリーなところは。(なのに貧乏・・・洒落にならん)
父に老後なんてあったら困る。絶対金ないはずだから。死ぬまで働いていてもらいたい。(それに働かなくなったらすぐボケると思う・・・恐ろしい)

頼むから達者で暮らしてくれ。

そう願う娘なのであった。
とりあえず、バック大事にします・・・。

  • 2019.11.29 Friday
  • -
  • 23:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment
私は鈴さんのお父様に近い・・気がする。
けっこう大好きな人種だと思います。
「これから店にいくのなら、買ってやる(今でなかったら知らん)」って、ドキドキするほど行動のパターンがそっくりです。
還暦ですか。おめでとうございます。お達者に長生きして欲しいですね。(^^)
  • おぐ
  • 2006/12/10 08:45
うちの親父も今年還暦で家族旅行に行った記憶が。
同学年だっただけに親父の年が同じなのも
結構多いんだろうな。

うちの親父は定年後の再就職で見事にタイに渡って
単身赴任をはじめたけど、毎晩愚痴の電話をしてきているようだ。
なんにせよこの世代の人たちは仕事をやめたら一気に
老いそうなので、一生現役で頑張ってもらいましょう。

それにしても6人で飲んで1時間でって。
恐ろしく早いし、身内だけに逆に会話が
少なかったとしても、なんかそこだけ空気が違いそう。

なんにせよバックGETおめでとうございます!
  • かみ
  • 2006/12/10 12:26
こんにちは。
機会がないと手に入れにくい「欲しいもの」ってありますよね。消費のパターンは人それぞれのようですが…全くモノに執着しなかったり、何か贈ってもあっさり壊す・なくす人、贈られたものなんだからと、包み紙までアイロンがけ(?)してとっておく人、などなど。

わたくしの父も、先ごろ初めて電車の切符を自力で買った田舎者ですが、(そういえば自動改札ちゃんと通れたのだろうか…)春から千葉まで電車で通学するそうです。
  • オデッサ1905
  • 2006/12/10 15:49
たしか金沢から遊びにいらっしゃっている方のエピソード。
飲んでいて、誘われて、その方の投宿先のホテルまで行って、あとはお決まりのなりゆき、というオレがごく若い頃のランデヴ。

その方は、新宿の京王プラザホテルに宿をとっていたのですが、
新宿駅との往復をタクシーで行なっていらっしゃいました。
歩いても、10分も掛からないような距離。

「なんでタクシー使うのですか。こんな近距離なのに」
そう尋ねてみました。
「東京の人は、タクシーつかうんじゃないの?」

きっと、東京に夢がある方なんだろうな、と察して、黙っていました。

そんなことを思い出しました。

オレ自身は、やたらに歩きます。
渋谷〜原宿・表参道〜新宿
丸の内〜銀座〜晴海埠頭
現在、居住している大塚〜池袋なんてのは、当然の徒歩圏内です。
もはや、散歩ではなく、「かちあるき」。
うつりゆく街の情景を楽しむことは、切れ目なく町々が繋がっている東京ならではのものではないかと思います。
それに合わせていろいろ考えを巡らせてみることも、楽しいものです。


タクシーで思い出した、また別な方のエピソード。
新宿からいきなりタクシーに拉致同様に詰め込まれ、晴海埠頭まで連れて行かれたのは、19の誕生日のことでした。
その方は、埠頭の朝焼けを誕生日のプレゼントとして見せてくれたのでした。
  • 小早川淳一
  • 2006/12/10 20:25
>おぐさん
おお、機会があれば是非話し相手になっていただきたいです。
きっとおぐさんの方が何倍もまとも・・・というか人格者だと思われますが(笑)
私の父は、味方2割、敵8割という人で、その味方も曲者揃いなんですよぅ〜。
敵も、会社の金を持ち逃げされたり、裁判沙汰になって家に毎日無言電話がかかってくる時期があったり、町内会レベルでも真剣に喧嘩して何年も口すらきかないとか暴走族とカーチェイスやって恨みをかい、復讐に車のタイヤ全部パンクさせられたりとか
もー普通に社会生活送れないのか!といいたいような人で・・・。
よく還暦まで生きてきたな、というのが本音だったりします。

>かみさん
そうですねー。同世代多いでしょうね。
60なんてまだまだ働き盛りですね。70でも引退しなくていいんじゃないでしょうか。
有り余るほど趣味があるならいいのですが、そうでないなら「生きがい」を失うと人って急速に老けますから。
まあ、2,30代の若者に仕事の場を与えても欲しいので、あんまり現役でいつまでも40代みたいな働き方をされても困りますが(笑)

うちはめったに外食しないんですけど、いかなるときでも1時間以上は店にいたことないです。
おまけに父親下戸なんで、飲みながら長時間はありえないんですよ。
食べている時は話しない(笑)
焼肉とかすごいですよ。黙々と皆自分の食べる分だけ焼いている(笑)
この寿司屋でも大将が「この一家はみんなスゴイ早さで食べるねえ、母さん大変だ」
と驚いてました・・・。握ったそばから口の中ですからねえ・・・。

>オデッサ1905さん
よくよく考えるとないならないで済むものばかりなんですよね・・・。
それなのに、見た途端「欲しい!」となるのだから困ったものです。
欲を捨て去ることが出来ません。

お父様、通学ですか?
春から新しいことを始めるなんていいですねえ。
そうそう、うちの父もスイカだの定期だので切符が買えない!!と券売機の前で怒ってました(笑)

>小早川淳一さん
東京に住んでいると歩きますよね。
地方から来た親戚を案内していた時、駅の改札をでるのになんでこんなに歩かねばならんの?と真顔で言われたことがあります。
かえって車社会ですから、歩かないって人も多いんでしょうね。

それにしてもすごいですね。
かくいう私はすぐ休みたがる田舎モノです。カフェやら喫茶店をみつけては座りたがります。
おまけに、ひどい方向音痴なので、渋谷から新宿なんて歩こうとしても新宿にたどり着く自信がありません。
もし外で大地震にあって、自宅へ徒歩で帰ることになったら、遭難しているような気がします・・・。
でも街歩きは楽しいですよね。
私は都心だと皇居周りの緑がたくさんあるあたりを歩くのが好きです。外苑前とか日比谷とか九段とか。
そして公園なんかでごろごろする。
公園といえば、砧公園や小金井公園なんてところに本やお弁当もってでかけるのもいいですねえ。
うーん、春先になったらやりたいなあ。

私も朝焼けのプレゼントなんてロマンティックな思い出が一つくらい欲しいものです☆
  • 鈴之助
  • 2006/12/10 22:17





   

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM