しばらく家を空けていた上に鳥さんたちとじっくり戯れる暇がなかったので久々の鳥日記。
増やすために1ペア鳥かごで家の中飼いしていましたが、それで産まれたのは結局豆蔵一羽のみで越冬。

そして、私が帰ってきてまもなく、なんと二葉さんが落鳥。
私がいない間の出来事で、どうも朝調子が悪そうだと気づいて、そのまま昼前に亡くなってしまったのだとか。
お義父さんが最期を看取ったようです。
今度おかしな子がでたら、鳥専門の病院を調べてあるのでそちらに連れて行くようにしなくては。
あの大きな存在感を発揮していた和田アキ子系じゅうしまつ・二葉さん。
豆蔵という一人息子を遺してゆくのはつらかったでしょう。残念です。



そして暖かくなってきたので、メカ蔵と豆蔵の父息子は、外の鳥小屋に戻されました。
またもやうちはオス3羽、メス1羽の一葉さんハーレムに。

その一葉さんは、二葉さんが遺した卵を必死に温めてます。
2ペアに分ける前、散々卵を産んではメカゾウに邪魔されて以来、すっかり卵を産む気をなくしてしまった一葉さん。
卵を温める気はあるようですが、自分で産む気はやはりないよう。

何日かは、稲造が豆蔵に盛んに求婚していて、もしや豆蔵は歌ってるけどメスなのか?と心配しましたが
(注・十姉妹の雌雄の見分けはオリジナルの歌とダンスをするものがオス、しないのがメスという非常にアバウトなもの)

どうやらやはりオスだったよう。その後は稲造がメカ蔵&豆蔵親子に威嚇して同じ巣にいれないという態度をとってましたが、つい2,3日前からついに4羽一緒に同じ巣に入るようになりました。

ちなみに鳥小屋には大小巣が4つもいれてあります。
お義父さんの1羽に1壷巣という計らいのようですが、十姉妹の性質上無駄(笑)

しまいのように仲がよいから十姉妹なわけで。
そんなこんなでこのように。
上左から一葉さん、上右が稲造。左下がメカ蔵、右下が豆蔵。



  • 2019.11.29 Friday
  • -
  • 13:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
動物や鳥を飼育していて、悲しいのが、死んでしまったとき。

幼いころから、幾度も経験しましたよ。

ミドリガメは冬に日光不足と低温で目に膜はって甲羅フニャフニャにさせて、ということが多かったですし、昆虫および魚類は
掲げ始めたらきりがないくらい。
ハムスターも短命で。子供もたくさん殖えましたけれど。

いちばん悲しかったのは、やはりイヌ。
喜怒哀楽を持ち、人間のことばをあるていど理解できるせいなのでしょうね。

人間は比較的長寿で、自分の環境を整える智慧を持っているのに対し、動物たちの一世代はかなり短いもの。

思春期以降、動物の飼育よりも植物の栽培に傾倒したのは、
お別れが辛くて、ということもあったかなあ、と思い出しています。
実生にせよ、挿し木・株分けにせよ、「おまえ、駅前のテキヤさんにショバ割りしてもらって、
小遣い稼ぎできるんじゃねえの」などと父親にからかわれるぐらい、植物を殖やしました。

動物の命は短いからこそ、愛すべきものであるともいえますね。
食べて、眠って、殖えて、生きるのに必死。
無駄なことは考えつきもしません。

便利に使われすぎて、あまり好きではなくなったことばのひとつに「情操」などというのがございますけれど、動植物を身近に置くことで、知ることのできる感情や感覚もあるように存じます。
イヴァン・イリイチの『病院化社会』という書名以前に、「死」ということが隠され、反面ではコンピュータ・ゲームでリセット可能な・再スタート可能なものとして生命が扱われていることに危機を感じます。
  • 小早川淳一
  • 2007/04/28 18:07
>小早川淳一さん
動物も植物も人間と言葉のコミュニケーションは出来ませんが、表情・仕草だったり、姿だったりでいろんな情報を発信していますよね。
毎日接していると変化があったときに気づく。
そこには意思疎通がある。
手をかけただけ、きちんと応えてくれますし。
「ああ、生きているんだな」
と思うと無碍にはできません。
そういう体験を小さな時からしていると、人に対しても違ってくるように感じています。
他者が何をどう考えているか、想像できる人でありたいし、子供にもその辺はきちんと教えてあげたいなーと思います。

人の死をみたのは、社会人になってからでした。
生きていたはずの人がただ横たわっている衝撃は大きいですね。
死そのものだけでなく、肉体的感覚―人に叩かれるだとか、怪我をするといった感覚も鈍くなっている感じがします。
集団で暴行しているうちに人が死んだりするなんて、繰り出している暴力がどれほどのダメージを与えているか、わが身に想像できていないに違いないと思うのです。
しつけと暴力のはき違えもしかり。
自身も考えていかなくてはならんなあと思っているところです。
  • 鈴之助
  • 2007/04/29 01:47





   
この記事のトラックバックURL : http://suzusuzu.jugem.jp/trackback/1102

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM