FUDGE (ファッジ) 2008年 06月号 [雑誌]
FUDGE (ファッジ) 2008年 06月号 [雑誌]

さいきんファッション雑誌では気分的にFUDGEが楽しい。
今回はテキスタイル特集なのでしっぽをふらんばかりの勢いで購入してしまった。
コッカにマリメッコにミナペルホネン、イーリーキシモト。
ああ、お約束ですがやっぱり可愛い。ステキだわ。

イーリーキシモトのワンピ。

柄好きにはたまりませんね。
イーリーキシモトに合わせているのがドット&ドット。
草間彌生みたい。

欲しいなあと思ったブラウス2つ。左上(花柄が激しいやつ)と右下(黄色の)

丸い襟だとか、くるみぼたんだったり、前身頃にギャザー寄せたりしている作りがツボ。
同じようなブラウスばっかりなんですけどね。
でも、華奢で痩せ型っていうわけではないので、試着してサイズがあえばつい買ってしまう。
胸がね・・・全体のバランスからいうと規格外気味なんですよね・・・。
だからシャツとかスーツは嫌いで昔からあんまり着ません。
リクルートスーツなんてもっとも似合わなかった。
元が大人っぽくなかったのもあって、しっくり着こなすことができず20代前半は自分なりにかなり試行錯誤してましたねえ。

ブラウスも重ね着が好き。
これは今月号ではないけどこんな感じ結構好き。


最近になって、渋谷パルコやラフォーレに入っている服屋さんの服がまた着たくなってきてしまった。

mint designsとか(このワンピース可愛い・・・モデルはクラムボンのボーカルさん)


theatreproductsのレインコートとか欲しいなあ。

そうそう、今月号は雨の日ファッションの特集もあったのですが、Tamara Henriquesのレインブーツやっぱり欲しいなあ。
実はほぼ一年前にも同じこと言ってるんですけどね。
ハイ、去年は買いたいものが売り切れのままでそのまま夏に突入。

今年は自転車での保育園送り迎えを楽しく乗り切るためにレインコートもあわせて買っちゃおうかな〜。

やっぱり渋谷〜原宿間を久々に練り歩いちゃおうかしら〜。


その前にTSUMORICHISATO DRESSも覗きに行きたい。

  • 2019.11.29 Friday
  • -
  • 00:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
ファッジは写真などバランスが洒落てますよね。
私は柄物の服って、形可愛くても柄が気に入らないと目に入らないとこがあって(柄のことを、絵のように捉えてしまうんですね多分)どちらかというと質感×レースの方が惚れやすい傾向にあります。レースは鈴さんもお好きですよね?
筋金入りの少年体型なのでもともと間違えられやすい方だったことは否めないのですが、最近ますます容姿の小僧っぷりが上がっているらしく、まずい。ってんでやや意識的に乙女度を中から外へと表現するように心がけております。
  • オデッサ1905
  • 2008/05/16 15:25
>オデッサ1905さん
装苑、ファッジあたりは一般人にもわかりやすい斬新さを提示するさじ加減が巧いな〜って思います。
レース、いいですよねえ。
ただ質感はわたしは疎いかも。私は逆に質感も柄の一部になってるというか。
私も乙女度をどこぞから外側に貼りつけないとなあ。
内面には若かりし時から乙女よりもおばさんが大量に居座ってまして、いまや名実ともにおばさんですからねえ。
ま、気にしてないんですが、気にしていないことこそがおしゃれ心の敵ですね。
  • 鈴之助
  • 2008/05/17 21:12
質感が柄、ですか。なるほど人それぞれですね。

見た目小僧だと公共のトイレに入れないのですよ…過去何回痴漢と間違われたことか…
基本パンツ派で、上が白いシャツかタートルネック、それにあまりレディースっぽくないパターンのジャケットだとか、大き目のパーカー、なんていうのが多いんです。(あまりフェミニンなのは、この体型で着ると痛い)…まあ、打ち合わせさえ逆なら男の子が着ていてもおかしくない服ですよね。
まだ堂々と「乙女」しててもOKだった頃、スカートを着ていくと必ず奇妙な目に遭って参ったことがありまして、あ、これは着るなってことかなと思って以来ずっと止めてたんです。似合うものの中から好きなものを探して着ていればいいんじゃないかなと。…しかし今また新たな壁が…。
一人で行動することが多いから余計、ですね〜。
何を着ていようとも、中身はトラブルメーカー、ってことのようです。(悔しいですが唯一当たっている星占い・笑)
  • オデッサ1905
  • 2008/05/19 17:04
>オデッサ1905さん
服装によって、、、というかおっしゃってるようにオデッサさん自身から発している「何か」が服装によって「さらに」呼び寄せたりしているところがあるのかもしれない。
私の記憶の中でも、当時(とあえていう)でも雰囲気からして異彩を放ってましたから〜。
それにウワーっとしゃべったり怒鳴ったりするイメージがないですからねえ。相手が図に乗ってしまいやすいのかしら。。。
服位で隠したり誤魔化せるようなヤワな個性ではないということで、個人的には今のままさらに極めていただきたいと思うところではありますが、実害がでるのはなかなかに厄介ですね。
ファッションはいろんな意味で日々精進ということで、お互い乙女度のさじ加減を図りつつ頑張りましょうというところなんでしょうか。
  • 鈴之助
  • 2008/05/19 23:07





   
この記事のトラックバックURL : http://suzusuzu.jugem.jp/trackback/1308

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM