電車内で女子高生同士の会話に耳がダンボになった。
最初は彼との痴話げんか話だったのが、別れ話云々。そこから親と絶縁して、戸籍も別になるなどと話が飛躍。
最後には今日どこで眠ろうかな〜家にはもう帰れないしぃと言いながら下車。
この流れをずーっとメールのやりとりから会話から延々山場なくダラダラと続く。が、語るエピソードがいちいちドラマティック。
本人、彼、親の誰かのネジがいつもとんだとしか思えないツッコミどころ満載なやりとり。
相づちをうつ友人も「うっそ。」といったノリでやりとりは軽い。テストの点が悪くて親に怒られたばりに軽い。
あの妙に劇画系?のケータイ小説が売れるのもむべなるかな。どれだけ起こる出来事が劇的で非現実かがポイントみたい。

では、こちらでちょっとテンポよくしつつストーリー再現しま〜す。

女子高生A
「前にさあ、キスマーク事件で半狂乱になったことあったじゃん。」
女子高生B
「あー」
「今回の浮気もその女だったのー!でも俺はやってないとかシラきってさ。うちの親も激怒だよ、激怒。うちに連れてこいってなっちゃって。」

(鈴之助心の声)高校生の恋愛に親まで絡むの?

B「えー、マジで。」
「電話したんだけど、こないとか風邪引いてるとかいうからこっちもキレちゃってぇー、とにかくうち来いって怒鳴った。」
B「うっそ。」
「そんでもこないから呼び出しに言って無理矢理引っ張ってきてさー、親がもー超怒って、交際認めないし、別れろって言ってさあ。私もマジ切れして、置き時計投げつけて怒鳴ったりして」

よくきたなー彼氏。

B「うっそ。」
「そうしたら、彼倒れちゃって。」
B「えー?」
えー?

「親もびっくりしちゃって、うち泊まっていきなって言って部屋で寝かせたの。」

ええー??

B「ふうん。」
「しばらくしたら起きて、俺はオマエを傷つけるつもりはないから。オマエが一番で遊びじゃないよっていうのね。それ聞かされちゃうとさーやっぱ別れたくないじゃん?」

いやあ、そんなろくでもないこという男に10代の時期を捧げるこたぁないよ・・・アンタ・・・

B「うんうん。悔い残るよねー」
「でも彼がオマエを悲しませたなら別れるしかないって言って出て行くから、いかないでって超泣いてすがったんだけど、振り切って、でちゃって。メールも返ってこないし、ケータイつながらなくて。」

え?いきなり加害者がいい人ぶって立場逆転?!ありえねー

B「えーやばくね?」

別の意味でな

「そしたらCちゃんから電話あったから泣いて納得できないって言ったら、心配して彼に電話してくれて、私が納得してないからちゃんと話せっていってくれたみたいでさーケータイに電話きたんだよね。」
B「うんうん。」
「最後だけど言いたいことあるんでしょ?聞くからいいなって言われてまた泣いちゃってぇ。結局ほとんど話しないまま電話が切れて」
B「うっそ。」
「親からも、別れろって言ったのに、まだ会ってるのか!っていうから、その件については話したくないって言ったら、親キレちゃって。そんなに戻りたければ戻ればいい。もうこっちは親子の縁も切るから。戸籍もうつすって言ってきてさあ。」

え?親までそんなに半狂乱になってどうする!

B「えー?マジ?親うっさいよねー」
「ねー。今朝もだから前のお父さんの方に戸籍移すから。彼と同棲でもなんでもすればっていわれて、アッタマきて。ねえ、ここまで言われたらどうする?」

おおー!再婚家庭だったのかいっ。

B「帰らないっしょ。うちも喧嘩するとすぐ言われるよー、前のお父さんのところいけって。ほんと親うっさいよね〜」

え?アナタも?!しかし、帰らないって即答かい。

「でもさー彼から今朝また電話きて、お前の親から一緒に住むなら一緒に住めばいいって言われたけど、別れたから、言いたいことがあれば聞くけど、親とは仲直りしろって言われてさー」

諸悪の根源がいきなりまともなことを口走ったね・・・彼女に転がり込まれたら大変だから??

B「でも、家に戻れなくない?」
「彼のところもダメだしー、友達の家も2,3日だよねー。あー今日どうしよう。野宿?」
B「いやー野宿はやばいっしょ。」
「えーでも家に帰れないしぃ」
B「だよねえ。私もそんな言われたら帰らないもん。」
「今日どこで寝ようかなあ」
B「ねー。」
「一応寝ずに考えたんだけど、とりあえず退学届けもらって、家においてみようかなー。辞めるかもっていうポーズでさ。あとバイト先決めて、就職するって言ってさ。」
B「うんうん。そうだねー。」

最後の方は、まだ親の庇護の元にしか生きられない現実をわかっている子供って感じである意味微笑ましかった(?)が、まともな男はたくさんいるんだからわざわざそんな安っぽい方にいかなくても・・・と老婆心ながら女子高生の未来が心配。

こういう流れの会話を笑いながらしてるので、号泣とかどなりあいとか単語が出てきても浮いている。
ちょっと最近読んだギャグ少女漫画の世界に似てる。

  • 2019.11.29 Friday
  • -
  • 12:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
人の会話って、不謹慎だと思いつつ聞いてしまうものですよね。
しかしこの話は私が聞いてきたどの話よりも面白いなあ。
面白いけど本人たち、大丈夫なのかなー…
  • まるこ
  • 2008/09/04 13:04
はたで聞いていると、ほんとに突っ込みどころ満載の会話ですねぇ。とりあえず二人とも道をはずれんなよ、という感じですわ。
  • 2008/09/04 17:22
笑いましたが、最近の子ってのは、こんなもんなんですかね。
ちゃんと生きろよ>高校生
  • おぐ
  • 2008/09/04 21:12
すごーい!
って、鈴さんの再現力&心のつっこみがいいわ〜。
あらためてファンです♡
  • mayu
  • 2008/09/04 22:20
いやぁ・・

アナタ以外の、周囲の傍聴者も、コレをネタに
今夜、どれだけ論議が交わされているのかと思うと
女子高生の影響力とはすごいもんだと感嘆しちゃいます。
  • もこ
  • 2008/09/04 22:58
いやいやすごいな〜
聞いちゃいけないと思いつつ、耳ダンボですよね〜
しかしすごい話だな。
再婚人口もこんなにいるもんなんだね〜それとも類は友を・・・ってことかしら???
それにしても親顔突っ込みすぎでは?最近の恋愛はそうなんかい???ってビックリしちゃったよ。
しっかり家帰れよ〜
  • 瑠菜ママ
  • 2008/09/05 01:22
>まるこさん
ついつい聞いてしまいます。普段から街の人を観察してしまうというかイレギュラーな動きや会話には敏感でどうしても興味がいってしまいます…。

>?さん
いろんな可能性を自ら摘むような勿体ないことはするなよ〜と。
とりあえずその彼氏はロクなやつじゃないから別れて正解と言ってあげたかった(笑)

>おぐさん
見た目は今時女子高生だったのですが、今も昔も標準的な高校生は変わらないはずだと思いたい。
あと、親にも原因ありますね。巻き込まれすぎ。
こちらも親として今後ちゃんとしようと思いましたです、はい。

  • 鈴之助
  • 2008/09/08 16:57
>mayuさん
思わず後で紙に走り書きしてから再構築しちゃいまして、家人に
どんだけ暇なんだ
と呆れられました…(笑)

>もこさん
女子高生降りたら空気が変わりました。
皆、興味津々ながら大丈夫か〜?と心配だったに違いない。
隣のおじさんと目があいましたから。

>るなママさん
自分の子供がこんな会話するようになったらどうしようとか思いました。
とりあえず、私も親が首突っ込みすぎだし、振り回されてるなあ〜と。
そうならないようどっしりいきます。つーか、子供の恋愛にそこまで興味ない(笑)
聞かされても多分もっと容赦なく
見る目ないね。あんたもそこまでの人間なんだねえ。
などと言い放つ気がする(笑)

  • 鈴之助
  • 2008/09/08 17:06





   
この記事のトラックバックURL : http://suzusuzu.jugem.jp/trackback/1357

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM