インフルエンザや予防接種についていろいろ調べていたら
調べれば調べるほど主張し合っている双方がもう一方をトンデモ論だと言いあっているんだなあとある意味感心。
今回はその情報の対立構造についてだけ焦点を当てます。
本来調べていた件ではまだテキストがまとまらない。

対立する議論はなにもネット上だけはなく雑誌、新聞、TVの特集をみても、良くも悪くもあるようなと「ウーン」と唸るばかり。
というかですね、それぞれにすでに決定している結論があってそれに向かって報道している感じが否めない。

一応注釈をつけるとメディアも一様に同じ報道をするわけじゃない。
ソースはいろいろあるけど、どこに主眼を置くかによってもかなり変わってきますしね。
ネットでもキーワードによって全然違う検索結果が出てくるのと同じです。

かなりおおざっぱにいうと
TV、新聞 VS 雑誌
っていう対立構造みたいなものがある。
昔はもうちょっとTVと新聞は距離があったけど、いまや新聞報道をTVニュースで解説するっていうのは番組プログラムの標準ですよねー。
まあ、もともとグループ会社っていうところも結構ありますし。
一応新聞社や通信社によって報道姿勢や特徴もありますが、その辺やりだすと終わらないので割愛。

新聞 VS 雑誌
というものでは最近の象徴的なものとしては厚労省の足立政務官に対しての報道ですかね。
接種1回か2回かの接種回数でゴタゴタした件です。
ミスリードとされた新聞側は政務官へ非常に批判的な記事を書きましたが
それを受けたかのように週刊誌側があの政務官の判断は是だと。
接種回数ごときでも専門家の中で意見が割れ、メディアでも右往左往の報道。
その公開された会議の発言をかなり詳細に扱ったサイトを読みましたが、どこを大きく取り上げるかで全然印象が違ってしまう怖さが凄く出ていた。

報道の取捨選択は、去年と今年となるとまた全然違ってきたりする。

例えば、去年まではタミフルの異常行動についての報道を結構目にしましたよね?
それが、今年に入って厚労省やらの発表だの感染症学会の提言などから報道は
新型インフルエンザに対するタミフルの扱いが疑われる場合予防投与でも構わないっていうような論調に。
異常行動の報道がパタリと止んでしまった。んな馬鹿な。

日本で販売している中外製薬からは健康な成人に対しても慎重に投与するようにとサイトからも注意喚起のページも今もきちんとあったし
10歳以上の未成年に対しての注意喚起もあげられたままだし
1歳までの乳幼児への有効性は確立されていないとも書いてあった。

そもそものスタンスが全然違うんでしょうね。

完全に因果関係が認められない場合は疑わしきは罰せずという立場の国からの提言それを強調する形になる報道に対し
完全に因果関係がないと言い切れないから、注意喚起の文面をそのままにしておく製薬会社。

これでは何かあっても国もメディアも製薬会社も責任取らないって言ってるのと一緒だ。

かといって、否定派と肯定派のそれぞれの意見をざーっとみると
結局は科学とニセ科学みたいな図式になっていったりして
肯定派は理詰めだけど、その前提となる条件が曖昧だったり足りないと全部確実じゃないけど数字の大小からこうだろうっていう論調だし
否定派はすべてが体に害を及ぼすというだけならまあ、そうかと思うのですが
代わりにこれと出してくるものが確かに科学に詳しくなくてもツッコミたくなるものが多いんですよね・・・。

そもそも、命に関わる問題を自分でよく理解できない状態で
これは打つ、打たないとジャッジしてみたところで、根拠は他人の意見そのままだから揺らぐ。

これじゃ、いかん。
よくわかっていないから、右往左往することになるわけで
判断基準を作ろうと、とにかくいろいろ本を読んでみました。
情報を精査するにはまず自分の中に基礎知識がなければならぬ。
つーわけで、本を読んで考えたことはまた別の機会に。

  • 2020.04.01 Wednesday
  • -
  • 17:05
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
相変わらず勉強熱心ですね。
私の場合は、いろんなメディアが勝手なことをいっているなぁ、というところで止まってしまいます。。
その先をつきつめるべく、知識を増やさないといけないですよね。鈴之助さんのお話はとても刺激になります。
  • miki
  • 2009/12/10 19:55
お久しぶり〜金沢ではどうも♪楽しかったですね、プチ修学旅行(*^_^*)
我が家では新型インフルエンザが猛威をふるっております。
長男の幼稚園でも学年閉鎖。
そのちょっと前に長男発症!
ワクチンはうってはいたけれど、、、しんどそうでした。
そして長男から私へとうつり、発症。
熱は高くないものの、悪寒、頭痛、関節痛が半端じゃなく、夫も休めるのは一日が限度なので意地でも治すしかなく、、、、飲みたくなかったタミフルを2回飲んでしまいました。

いや、通常ならためらいなくタミフル飲んじゃうんですけどね、今つわりのまっ最中なのですよ。

なななななんと!現在妊娠3カ月でございます。
予定日は6月30日です。


まったくの予定外の妊娠なのではじめは喜びなどみじんもなくショックだったのですが、やっと最近は赤ちゃんの誕生を待ち望める心持になれたので、報告しておきますね☆
鈴の助さんもインフル気をつけてね!結構つらかったよ〜。
  • ひさ
  • 2009/12/10 20:07
>mikiさん
いやーもーなかなか整理できなくて困ったもんです。
mikiさんは中国語堪能なので、別の視点から物事を眺められますね。
その国によって重きを置くところも違いますし
翻訳の仕方で全然文章の意味合いが変わっていくことも身をもって知ってらっしゃるかと。
他言語から俯瞰してみえる日本とか、どうみえるかmikiさんに今度お聞きしてみたいです。

>ひさちゃん
うわーおめでとう!!
やっぱりあのタイミングで決行しておいて良かったね〜。
さすが子女宮が輝きまくっているだけあるわ(笑)
3人のお母さんになるのかぁ。凄いなあ。
体に気をつけてね。素敵な報告待ってます。

次男君や旦那さんは大丈夫でしたか?
今回の新型インフルは、乳児より幼児や小学生の方が罹ってる子が多いのかなあ。
保育園でも乳児より幼児組の方が欠席多いし、近隣の小学校が学級閉鎖になっても保育園ではそこまで患者が出てないです。
病院はどこもいっぱいだとは聞いてますけどね。
近々インフルエンザワクチンのことは書くよん。
結論だけ言ってしまうと、ワクチンはおまじないと一緒かな〜と思っています。
快復してなにより☆
  • 鈴之助
  • 2009/12/11 12:45





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM