漫画読みまくってきた過去から3次元だけじゃなくこちらでもキャーキャー言ってました。
だから現実に目を向けるのが遅くなってエライ目に遭いましたよ(笑)

というわけでひっさびさに漫画回顧ネタ。

1980年代
殺人よこんにちは 松本洋子〜巽くん
松本洋子が描く男の子にぽーっとなる。

引っ越してクラスの子と漫画を買いに行こうとなって初めて自分で買ったのが「なかよし」。
松本洋子が描く赤川次郎原作「殺人よこんにちは」の巽くんが最初だった気がする。

その後は、松本さんが描く黒魔術だのなんだの黒いシリーズのゴシックな世界にハマッてました。
呪いの黒十字、薔薇の葬列・・・懐かしい。
薄幸そうな美少女がツボでねぇ(笑)
コメディ要素をあげた「ストロベリーフィールズへようこそ」なんかも好きだったなぁ。

ときめきトゥナイト 池野恋〜真壁君
月の夜星の朝   本田恵子〜遼太郎

やっぱり「りぼん」で連載していたこの二大連載は外せない。
私は遼太郎のことは子供心に「身の上が不幸だからって可愛い女の子を傷つけやがって!なんて自分勝手な男だっ」と若干キレ気味でしたが、真壁くんが王子になるあたりの話にはノックアウトされ、ここで現実を完全に踏み外しました。
実際には遼太郎のように迷ったり自分を持てあます方がリアルキャラだったんだけどね

あとりぼんといったらまるちゃんもそうだけどやっぱり岡あ〜みん!
お父さんは心配症 〜お父さん
あのお父さんの毎回流血大惨事ぶりがとにかくブラックながらも面白かった。
あの彼より断然お父さんが強烈で光り輝いてたなー。

天よりも星よりも 赤石路代〜忠臣と颯

これは凄いですよ。ヒロインとヒーローは静御前と義経の生まれ変わりで、ライバルの男性が織田信長の生まれ変わり。
んでもってみんな超能力者という凄い骨組みのストーリーでした。
でもねー時代劇好きな子供だったので、当然ハマッたわけです(爆)

赤石路代さんといえばアルペンローゼとないしょのハーフムーンかなという気もするが
ないしょ〜はテレビドラマ化されていたそうで、その配役が瀬里沢慎一:中山秀征!
あーりーえーなーいー!今どころか1987年当時でもあり得ない!!(怒)

 

 

CIPHER 成田美名子〜ロイことサイファ
エイリアン通り 成田美名子〜シャール君

私は断然ロイ派で、あのわかりやすいうろたえっぷりとかツボ。アニスとのカップルもすっごく可愛かったし。突然作品方向がダークになってビックリしたけど、良いエンディングを迎えた作品でハマッて読んでました。
9/11テロでツインタワーが崩壊する様に衝撃を受けたとき、行ったこともないのになぜこのビルをよく知っている気がするんだろう?と不思議でしたが漫画の影響だったんだと思う。
ロイとジェイクという双子を象徴する存在として主人公達の心象風景に重ねてツインタワーが再三使われていた漫画でした。

そしてシャール君。「鷹は舞い降りた」「翼よあれが郷里(ロス)の灯だ」の章が大好き。シャールくんか、セレムさんかで割れたなァ。
L.Aにいったとき、ああシャールくん達がいた場所だっ!と思ったオタクな私。


ガラスの仮面 美内すずえ〜里見茂
小学校3年生の時、友達に面白い漫画は?と聞いて奨められて以来の付き合いですがまだ連載中(笑)
連載スタートが昭和52年ですからねー。
私は一貫して桜小路優君は粘着質な感じがして苦手。
で、真澄さんは連載が長くなりすぎておっさん、クドいなあ・・・という気持ちになってしまいw

私はマヤちゃんが大河ドラマに出たアイドル女優時代の恋愛エピソードが初々しくて好きなのですよ。
青春スター里見茂っていう「青春スター」なんていう単語がもの凄く時代を感じさせますけど爽やかさを絵に描いたようで
今でもこのくだりは読み返してしまう。

亜弓さんを破って賞に輝き、一躍スターとなるも行方不明だった母親が娘の映画を観ながら亡くなり、マヤは心身不安定な状態で罠にはまって芸能界を追放。
辞めると思い詰めた最後の舞台での端役で演劇への情熱が蘇り、亜弓さんもマヤを罠にはめた女優に舞台上で実力の差をみせつけて仕返し。亜弓さんが大きく成長して衝撃を受けるマヤ。
それでもマヤはオーディションでまた亜弓さんと共演する位置まではい上がってくる・・・
という11巻〜23巻あたりのこれでもか!というエピソードの嵐は先を知っているのに何度読んでも面白い。

そして以下は番外。ヒーローが好きと言うより当時はまって読んだ作品例。
ほかは詳しくこのカテゴリに以前13くらい延々書いたので省略。

ONE 愛になりたい 宮川 匡代
実は登場人物のことは好きになれませんでしたが(ウジウジしている)
なんだかそのメロドラマ風な2人についはまって読んでいたのであげてみました。


今日の彼女は綺麗です 聖千秋
聖さんがこの当時描く男の子は吉川晃司似で有名でしたね。
この漫画家さんのさりげなく描いているのに泣かせる展開がツボです。
弟も聖さんの漫画で少女漫画の面白さに目覚めてましたw

ファミリー 渡辺多恵子
ハイヒールスプリンターという話が好き。
出来れば男の子になりたいと願う男っぽい女の子(これはサイファにおけるアニスにも繋がる)、女性としての煩わしさを受入れてちょっと大人になる話。
これはねー、多くの女性が少女期に思うことで共感するんじゃないでしょうか。
その辺の微妙な心理を心温まる話に仕上げる能力が凄いと思った。

次は1990年代(予定)

  • 2019.11.29 Friday
  • -
  • 13:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
エイリアン通り、CIPHER大好きです。リアルタイムでは読んでませんが文庫本持ってますわ。
ガラスの仮面も最初はコミックで集めてたけれど途中から文庫本に切り替え。
その他はあまり被りませんが私はファンタージェンが好きなので中山星香あたりが大好きだったりします・・・・・・・
  • ねこ
  • 2010/07/13 21:32
>ねこさん
秋田書店系ですね。
私は碧ゆかこさんくらいかなあ。
私が漫画読みはじめた時はりぼんが大人気でなかよし、ちゃおが続いてたので。そこからララ、花とゆめ派かマーガレット系か少女コミックかというのが主流だったかなあ。
  • 鈴之助
  • 2010/07/16 22:49
おぉ、やはりマンガは全く違うラインですね。私もマンガは読みまくってましたが、かぶりません。(そりゃそうか)

音楽は男女の区別ないのに、マンガって、少年マンガ、少女マンガってセグメントが分かれるんですよね。このあたりは、マーケティング的にもジェンダー的にも、面白い視点だなぁ、と思いました。これでひとつ、比較文化論が語れちゃうね。

鈴さんを見習って、現在80年代洋楽自叙伝を編纂中。ボリュームあり過ぎて、文章として面白くないので、ちょっと見直してます。
  • おぐ
  • 2010/07/17 06:22
>おぐさん
少年漫画は弟がジャンプ買い始めてからだし、ヒーローに憧れるとかカッコイイとかほとんどなかったですね。
一番最初に読んだ漫画はドクタースランプアラレちゃんです。
ジャンプとして読みだした頃は500万部時代で盛り上がってた時でした。
私は少し後のバスタード好きでした。
マガジンは90年代のみ。サンデーは高橋留美子、あだち充くらいしかわからない。
スピリッツは伝染るんです以降。
少年キング好きでしたが休刊しちゃったしなあ。
漫画については五年前位にここで狂ったように書きなぐってましてえらいことになってます。
おぐさんも八十年代洋楽削らずに連載にしてください!
  • 鈴之助
  • 2010/07/17 09:04
おひさしぶり(・ω・)ノ読み逃げいつもごめんなさい。
でも、今日mixiが繋がらず、直にこちらに来たら、これ!

へへへ。ほぼ読んでる私がいました。

で、これら今も蔵書としてお持ちですか・:*(〃∀〃人)*:・
  • あーちゃん
  • 2010/08/11 08:45
>あーちゃん
どもー。
上に書いた中でいまも手元にあるのはサイファ、ファミリー!だけかな。
嫁入り道具であとはくらもちふさこのポケットにショパンや惣領さんのスリー位。
あとは最近の漫画少し。一定量越えると売ってます。今はちはやふる、秘密、大奥、キス&ネバークライ、アイスフォレスト、ママはテンパリストあたり。
  • 鈴之助
  • 2010/08/18 08:49
思わずなつかしさから、書き込みしたくなりました!
おそらく同世代ですね!
わたしも結婚するときに、だいぶ漫画は捨ててしまいましたが、ファミリー!は残してあります。
いつ読んでも、いいですよね。フィーとレイフは、今頃どんな夫婦になってるかな?なんて思ったりします。
ガラスの仮面も、オーディションの話(何回でもアイデアが浮かんでできてしまう)や、通り雨など、もうもう
いますぐにでもまた読みたいと思っちゃいます。
こちらへはマチュアの帽子から飛んできました。
好きなものがとてもよく似ていて、なんだかうれしくなりました。(マチュアの帽子は予約品でまだなんですが、楽しみです)
長々と失礼しました。
  • くまこ
  • 2015/05/16 13:03
くまこさん
はじめまして。
わー、飛んできたところから別記事へコメントまでいただいて嬉しいです。
コメント読んでたらファミリー読み返したくなり、今手元にあります(笑)
ガラスの仮面も手放してしまったんですが、文庫版で2人の王女までもう一度買おうかたまに悩んでます。
マチュアの帽子は被りやすくて重宝してます。
これからの季節ベビロテですねぇ。
よかったらまたあそびにきてください♡
  • 鈴之助
  • 2015/05/16 22:45





   
この記事のトラックバックURL : http://suzusuzu.jugem.jp/trackback/1669

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM