7年ぶりにサマーソニックへ行ってきました。
前回も今回もきっかけは家人が好きなメタリカのためチケットがいつのまにか取られていたというw

今回私の目的は
JAKE BUGG
Gabrielle Aplin
CNBLUE
M.I.A
Linkin Park
Stereophonics
あたり。

本当は、次の日の
MUSE
Pet Shop Boys
も聴きたかったところですが
実際に会場で聴けたのはLinkin Park,CNBLUE,Stereophonicsのみ。

やっぱりねぇ、ライブで聴くと絶対ライブの方が良いんです。
(そうじゃない人もいるんだけどさ)
なので、ジェイクとガブリエルの若いイギリスシンガーソングライターの歌が聴けなくて後悔。

ガブリエルの歌。イギリスのシンガーソングライター。超好み。
鈴太郎がいっぱつで安眠の世界へ旅立った歌ですw


ジェイクもイギリスの若いシンガーソングライター。
歌がビートルズっぽくないですか?

二人ともサマソニ直後の日にちにライブハウスでもやってましたが、行けないもん・・・
こういうフェスとかの機会にどん欲に興味持った人を聴いておくべき。
というわけで、聴いた3組は(CNBLUEは最後2曲しか聴けなかったけど)
やはり楽しめたわけです。

なかでもStereophonicsですよ、アナタ!
彼らを聴いたのは、もうかなり大御所化してからで2005年の5thアルバムLanguage Sex Violence Other?とそのアルバムひっさげてやったライブ版Live From Dakotaだったりします。
アルバムはねー、私が当時好きだったイッタラのオリゴっていう皿の柄に似てていいなと完全にジャケ買い(笑)
で、このアルバムがなかなかいいじゃなーいってことで続けてライブ版を聴いたら
どちらでも1曲目になっているSupermanという曲でのライブ版の音に痺れまして。
会場に響き渡る前奏と、ボーカル・ケリーのハスキーながらよく響く中低音があまりに格好良くて、うわースゲーバンドを聴いてなかった!ごめん!って感じだったわけです。




が、その後あまり聴いておらず、今回2月にGraffiti on the Trainという新作が出たこともよくわかっておらず、youtubeで数曲聴いただけという状態。
もっというとサマソニに彼らがでるのも数日前まで知らなかった(笑)

せっかくだからナマの歌声を聴いてみようではないかと家人がメタリカにヘッドバンキングしている頃、私は1人会場をうろついて、栗原類やら城田優(二人ともTVでみたままの雰囲気の人々であった)やらがFM番組の公開中継にでているのを斜めに眺めつつ彼らの登場と同時に会場へ。

Beady eysがメンバーの都合で急遽キャンセルになったのを受けて夕方の出場がマウンテンステージのトリとなりましたので、曲数が増えた模様。ほとんどMCや中休みを挟まず、一気に披露してくれた。

大好きなSupermanを聴いて、やっぱりナマで聴くとイイ!と興奮しているところへ
最新アルバムの標題でもある曲Graffiti on the Train  がかかり、これが凄くいいなあ、、、と。

バラードやスローな曲だけじゃなく、わりとハードなギターリフがはいる曲でも
ケリーの声は朗々と響き渡り、これがなんとも心地よい。
私にお酒が飲めたなら、絶対この声を聴きながらガーっと飲むのにぃと思いながら踊ってました。

凄く良い気分で、最新アルバムを聴いてみたら、おっとライブでやった曲が随分入っている。
しーかーもー、ダークで哀しげで、なのに激しくて、うわーモロ好み。

ストライクど真ん中な路線だったことに気付き、にわかにStereophonics祭り開催中です。

アルバム中で現在最もお気に入り。In A Moment




8/10サマソニtokyoのセットリスト拾ってきたー。
デビューから最新作までほぼまんべんなくいれてくれたかな。
贅沢ですな。
恵比寿で13日だったかも単独ライブやったようですが、その構成とほぼ似ていたようだ。
こういう時じゃないとじっくり聴けなかっただろうから、メタリカありがとう!
ありがとう、家人!!

家人の心に響くメタルバンドが来てくれるおかげでたまに夏フェスに心おきなくいけるわけです(笑)

Catacomb  
Local Boy in the Photograph  
Superman  
Graffiti on the Train  
We Share the Same Sun  
Indian Summer  
I Wouldn't Believe Your Radio  
Pick a Part That's New  
Mr Writer  
Could You Be the One?  
Beerbottle  
Roll the Dice  
Violins and Tambourines  
Been Caught Cheating  
Maybe Tomorrow  
Just Looking  
More Life in a Tramp's Vest  
The Bartender and the Thief  
Have a Nice Day  
A Thousand Trees  
Dakota  

  • 2017.09.01 Friday
  • -
  • 12:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

翻訳できない世界のことば
翻訳できない世界のことば (JUGEMレビュー »)
エラ・フランシス・サンダース

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや
  • Qの日フライング ベン・ウィショー(Ben Whishaw)
    Yk
  • 10years
    鈴之助
  • 10years
    いるかねぇ
  • リップスモーク 西形まい著
    鈴之助
  • リップスモーク 西形まい著
    はな
  • アドベンドカレンダー
    鈴之助
  • アドベンドカレンダー
    一休

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM