純粋に「好きな曲」ではなく、「影響を受けた」、もしくは「人生のふし目で印象に残っている」45曲
実はもう2年くらい前によく拝見しているblogであったネタ。
すきなものだけでいいです(GLUMさん)

温めすぎて忘れてました・・・。突然こういう気分になったので唐突にアップ。

1.バラクーダー     チャカポコチャ
幼児の頃父の車に乗ると流れていた曲その1

                         
2.ABBA - Gimme Gimme Gimme
幼児の頃父の車に乗ると流れていた曲その2

3.石川セリ 八月の濡れた砂
カラオケでこの歌が声質に合っていると勧められてからなにげに十八番でございます。
こんなに雰囲気たっぷりに歌えないけど。



4.ゴダイゴ ビューティフル・ネーム
幼児の頃の音楽のネタは、父の車かポンキッキかという世界。

5.THE BEATLES Please Mr. Postman
これもポンキッキ。のちに父親のレコード漁っててビートルズを知りました。
ポンキッキでのビートルズはPlease Please Meも耳に残ってる。ジングルみたいな形でいろんなところに有名な洋楽が使われていたのねーと大人になってからびっくり。
 
6.チェッカーズ 哀しくてジェラシー    
小学生の頃、とにかく大ブレイクしてた。初めて友達同士で映画を観に行くきっかけにもなった人たち。
                     
7.菊地桃子 もう逢えないかもしれない    
私にはない雰囲気やらなにやらが結構好きでしてね。ええ、この頃の私はすでにミーハーでアイドル好きでしたw


                 
8.渡辺美里 BELIEVE
ライブに行くキッカケを作ってくれた人。
                         
9.南野陽子 風のマドリガル    
この主題歌だったスケバン刑事・鉄仮面伝説になぜかハマって妙に熱心に観ていた。
この頃、家人はナンノちゃんファンとなっていたそうで、コンサートも行ったんだそうな。    
                
10.The Night Ranger  Secret  Of My Success
マイケルJフォックス主演の摩天楼はバラ色に主題歌。
前奏聴くだけでいまだにワクワクする。
      
11.Pet Shop Boys It's a sin
洋楽、それものちのちまでUK大好きになるキッカケの曲。
宗教っぽい世界観の歌は現代ではcoldplayなんか近い気がするんだけど。
         
12.Madonna  Papa Don't Preach
この曲が入っているtrue blueは流行っていたしよく聴いた。
                     
13.Michael Jackson Beat It
リアルタイムではなく中学の時になぜか劇の中で流れたので覚えてしまった曲。この頃のマイケルが一番カッコイイと思うのだが。

14.光GENJI ガラスの十代
世の中的には、チェッカーズ→C-C-B→光GENJIだった気がします。なんか得体の知れない人たちが出てきたと思ったらあっという間に大スター。でも、私はSMAP派(というかゴローちゃん派)だったので、特に感慨はない。
                     
15.Bon Jovi Living on a Prayer
マクセルカセットテープのCMソングだったような。
中学の同級生男子にいつだったか今でもボンジョビ聴いてるの?と言われたくらい、当時話していた模様。
 
16.Foreigner   Say You Will
初めて行った海外・グアムでやたらと流れていたので、私の中でのアメリカっぽい曲。
                      
17.大迷惑 ユニコーン
高校生の時、カラオケで必ず男子が歌っていた。

18.脅威の小宇宙人体のテーマ THE INNERS (遥かなる時間の彼方へ) / 久石譲                    
曲聴いているだけで感動しちゃう。NHKスペシャルのBGMなのだが、このシリーズ流行ってました。
当時演劇部で劇中この曲をBGMとして使われたので忘れられないわけ。
     
19.スチャダラパー(feat.小沢健二) 今夜はブギーバック
オザケン、フリッパーズギター、オリジナルラブ等々いわゆる渋谷系好きな女子が周囲には多かったわけですが、私の中ではその時代はこれ。

20.B'z    Run
合宿で免許取りに行っている時に、自分を励ますために聴いてましたw    
 
                   
21.Mr. Big Green Tinted Sixties Mind
こういう掠れそうで掠れない深みのある声に弱いのです。

22.尾崎豊 LOVE WAY
この歌手は信者のように好きな人が学校の先輩とかにワラワラ居ましたが興味なく。
けど、友達がこの曲を歌ったら、あまりのかっこよさにビックリしてその衝撃を今も覚えている。
                     
23.Blur Girls & Boys
吐きそうになるくらいあらゆるところで流れていた記憶あり。

24.Oasis  Live Forever
blurかoasisかといわれたらoasis派でした。ハイ。

25.Dizzy Mizz Lizzy Glory
こういうメロディアスなのに、ジャムっぽいバンド大好き。

26.MY LITTLE LOVER Hello, Again 昔からある場所
妙に男子ウケの良い歌だったようで、歌ってくれとよく言われました。

27.山崎まさよし One more time, One more chance
映画主題歌として、試写会で本人弾き語りで聴いてすばらしさにウットリ。

28.Barry White Never, Never Gonna Give Ya Up
オーストラリア映画をやたらと上映してた時があって
ラブセレナーデという10代少女を描く作品でけだる〜く流れていたのが印象的。
 
29.Savage Garden I Knew I Loved You
オーストラリアンブーム?の音楽版といいますか。
2作目のアルバムは今でも聴きます。

30.スピッツ     チェリー    
社会人になる頃だったんでねー。「想像した以上に騒がしい未来が僕を待ってる」
まさにその通り。彼らは高校の時デビュー直後くらいにおっかけやってた友達に教えて貰って未だに聴いているバンドなので、もう20年以上になる。親子でもライブ行っちゃった。
                     
31.ウルフルズ     大阪ストラット
大阪に住む友達に教えて貰って、学祭もいってドハマリした。私の青春。    
                     
32.スーパーバタードック     ゆっくりまわっていくようだ
当時一緒に住んでい友達がこれを聴きながらジンを飲んでいたのが脳裏に焼き付いている。
ボーカルは今「ハナレグミ」さん。

33.メシ食うな 町田町蔵
同居人だった私の幼馴染みはアンテナの鋭い人でして、映画、音楽、本では彼女に教えて貰ったものがいっぱいある。
これもその一つ。今はなき日清パワーステーションで大槻ケンヂとのユニットで聴いた。
余談だけど、その時ライブハウスに貼られていたポスターの一つがミッチーの「生ハムとメロン」で、当時じわじわ来ていたミッチーのなんともいえないビジュアルと世界観にその友人とザワザワしてた記憶有り。
 
34.ASIAN KUNG-FU GENERATION 君の街まで
このPVが妙にヘンで心に残っている。

35.The Corrs     Runway
社会人になるかならないかの頃聴きまくって現実逃避してた。
                         
36.ラルクアンシエル     honey
このボーカルが180cmあれば、惣領冬実が描く少女漫画の世界だなと思いながら。
                         
37.Rooster Get Come Some
私が好きになるバンドはすぐ解散してしまうのよね。
                     
38.宇多田ヒカル Flavor Of Life
鈴太郎がチャイルドシートでよく号泣しているときにかけるとピタっと泣きやんだ魔法の曲。
宇多田ヒカルの声からはナニカでてると思わせてくれた。

39.Waiting For You 在這裡等你 F4
台湾アイドルブームと台湾行きたいブームが見事合体した頃に聴いてました。
台湾の観光局が作ったドラマで主題歌。

40.東方神起 rising sun
この曲がなかったら東方神起のライブに家族で行くことはなかった。
カッコイイ曲だと今でも思う。

41.Spotlight Mutemath
映画トワイライトからこのサントラに出会えて感謝したい。

42.The Script - We Cry
教えて貰ってありがと〜なバンド。アイルランドもいつか絶対行く。

43.ビリーブ
鈴太郎の卒園式で聴いて良い歌だなーと。結構合唱曲好きなんですよね。
                         
44.Stereophonics We Share The Same Sun
ライブって本当にいいなあと思って。
私の中のUK熱が大復活。

45.ONE OK ROCK The Beginning
久々に邦楽でかっこいいなーと。家族で聴くことが出来るようになったのが感慨深い。
東方神起の次はワンオクを家族で聴きに行ってきてここでも先日とりあげたばかり。


というわけで、私の音楽の血はアイドルと父と友達に作られている。

  • 2017.04.24 Monday
  • -
  • 12:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

翻訳できない世界のことば
翻訳できない世界のことば (JUGEMレビュー »)
エラ・フランシス・サンダース

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや
  • Qの日フライング ベン・ウィショー(Ben Whishaw)
    Yk
  • 10years
    鈴之助
  • 10years
    いるかねぇ
  • リップスモーク 西形まい著
    鈴之助
  • リップスモーク 西形まい著
    はな
  • アドベンドカレンダー
    鈴之助
  • アドベンドカレンダー
    一休
  • アメリカン・スナイパー
    鈴之助

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM