アゴタ・クリストフの同名小説の映画化。
作者の出身地ハンガリーで撮影されている。
主役の双子も、ハンガリー中を探して監督が見つけ出した男の子達。
この双子も貧しい農村の出身で家庭が複雑だそうで、半分ドキュメンタリーのような寂寥感のある哀しい瞳をしているので、物語にもの凄いリアリティをもたらしている。

第二次世界大戦とおぼしき戦争が始まり、母親が自分の実家に息子2人を預けにいく。
母親と祖母の折り合いは悪く、祖母は孫達にも辛く当たる。
働かざる者食うべからずといって労働を担わないと食事を与えない。
周囲の大人も冷ややか。2人はお互い文字通り身を寄せ合って苦痛に耐え、生き延びると誓う。
母親に会いたい一心で言いつけを守り、聖書を読み、勉強をして日記を書く。
それが、戦争という歪んだ日常によって炙り出された人の善悪の側面をかいま見ることで
主人公の双子の善悪の価値基準もゆがめられていく。

母方の祖母は母からの手紙を隠し、寒いだろうと防寒着を送ってきても隠す。
敵軍の将校は美しい2人の危機には救いの手を差し伸べる
牧師はあらぬ事を影で行っていて隣の少女はそれをもとにお金を貰えると双子に言う
恵んでくれた優しい教会の女はユダヤ人を激しくののしり
そのユダヤ人は双子に同情して靴をタダでくれる。

誰もがある側面では良い人であり、悪い人である。
世間的な善悪など無意味であると悟った彼らは、自身で基準を作り上げて行動する。
2人は自身の目からみての悪人は罰し、生き残るためには切り捨てることを覚えてしまう。

これが、戦争という多くの矛盾をはらんだ行為の結果なのだと映画で淡々とみせられる。
とても静かな、けれども非常に雄弁な映像。

今の時代だからこそ、異様な輝きを増す映画。
私はあのような瞳の子どもを現実社会で見たくはない。
 

  • 2019.08.13 Tuesday
  • -
  • 16:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM