個人的に、家人の素晴らしい美点の一つだと思っているところは、食べ物に細かいことをいわないところである。
おかずとして認めていないからテンションがあがらないといわれている
ホワイトシチューとおでんで無い限りは、だいたいよく食べる。

実家の父は、薄い、濃いに始まり、出汁の種類にまでいろいろと細分化された嗜好があって、母はたいそう苦労していた。
で、私はというと小さい頃はいろいろなものの匂いや味の許容範囲が狭くてものすごく偏食だった。
母がせっかく手作りのプリンを作ってくれても、そもそもプリンが食べられない。
そんなことばかりで作り甲斐のない子供だった。
今では嘘だろ?ってくらい食べ物に執着しまくってますが。

なもので、私は男性も食べっぷりのよい方が好きです。
いろいろうんちくを述べて作ってくれなくていいです。
いっそ味音痴でなんでもおいしい、おいしいとたくさん食べてくれる方がいい(笑)

私自身が特筆すべき味覚を持つわけでも
卓越すべき料理の腕があるわけでもないのに
自宅においては好きにやりたいので、色々指示されたり味にケチを付けられたりしたくない。

最も大事なのが、頭の中にある工程通りに描いている料理を作り上げること。
いわゆるだんどりです。
これが思い描いた工程通りにできたときにスカっとするんですよね。

でも、家人には調理する姿が乱暴だと言われ
実母には、落ち着かないと言われ
義母は、いつもはのんびりしているのに調理するときだけ異様に早いと言われる。


これはすべて、作ったらすぐ食べたいからです(笑)

鈴太郎が生まれたとき、あらゆる意味で家人に似ますようにと祈りました。


、ここまでの前振り、およびここのブログを読んできた方はおわかりなように

鈴太郎は私や父と同じタイプであった。

家人は味噌の汁の出汁をいりこにしようが、かつおにしようが味噌汁は味噌汁ですから!と同じように食しますが、鈴太郎はいりこだと少なめ。昆布だしや鰹だしの時は必ずおかわりする。つーか、出汁とっているときに、匂いをかぎつけて起きてきたりする。
味噌自体も家人も鈴太郎も赤味噌やそれに準ずる濃い系の味噌が好きなのだが
白味噌仕立てでも家人は文句言わずに飲む。
が、鈴太郎はギャーギャーいう。あげく食べなかったりする。


好物のキュウリのゆず胡椒昆布和えに、ある時塩麹を垂らしただけで、ワーワー言って食べない。

カレーに隠し味ではちみついれたら、家人にはほんのりした甘さが旨い!と大絶賛だったのに、そのほんのりした甘さにおかんむり。カレーに甘さはいらないんだよねっていわれました。

あーめんどくさい。

シンプルな料理ばかりが好物なので作り甲斐がない。

鶏肉なら、塩こしょうしてオーブンで20分焼いたものでいいわけ。
隠し味で本人が気に入っているのがレモンやゆず胡椒なので、それ以外は醤油以外NGだし。
ただ、無駄にスパイスの許容範囲だけは広く、スパイスや香辛料はガンガン入れてもだいたい大丈夫。

イヤなところって似ますね。そして、自覚があるだけに目につく。恐ろしい(笑)
というわけで、私としてはそう育てているつもりはないのに
めんどくさい男街道を驀進中なのであります。

将来、鈴太郎のお嫁さん(結婚できるのかしらんが)には私のせいではないと声を大にして言いたい。
そのために、とりあえず自分の食べるものは自分で作る男にはしておきます。

しかししかし

食の好みは確かに偏狭ではあるけれど、疑り深いのとなにげに野菜はよく食べるので妙なモノを簡単に口にしないのは助かっている。

義母には、うちの孫達は小さい頃からみんなよく食べるのに
タイプが違うのは私が食に対して神経質すぎるから、だから身体も小さめなんじゃないかと良く言われるけど。
私自身は細かすぎる点を省けば割と彼の趣向自体は良い方向じゃないかと思っているので、スルーしちゃってます。

っていうか、昭和3,40年代に子育てした人々って洋食信仰強いですよね・・・
その頃に洋食がどーんと一般家庭にも普及したから仕方がないんだけど。
子どもはオムライスとか大好きに違いないっていう。

私自身が、その母親の思いこみにより母自身が好きではない洋食を懸命に作ってくれたんですが
ケチャップやソース味に馴染めず。
かえってより苦手に・・・

ナポリタンは未だに好きじゃない。

  • 2019.11.29 Friday
  • -
  • 21:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM