JUGEMテーマ:映画

 

珍しく前売り券まで購入していたのに、結局観ることができていなかった無伴奏。
所沢ミューズにてミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち Part17

にて、上映されたのでようやくスクリーンで観ることが出来ました!

このシネマセレクションは前年に話題になった日本映画にフォーカスをあてて上映してくれる。
監督やときには役者さんも来て、映画を巡るエピソードや想いを語ってくれるワクワクする場です。
思えば、荻上直子監督のバーバー吉野を観たのもこの映画祭だったと思う。

 

というわけで観てきましたよ、無伴奏。

監督と脚本家のトークショーつきだったので、そこで聞いた話を織り交ぜながら感想書きます。
小池真理子さんの自伝的小説らしい。原作未読。
成海璃子さんが、小池さんモデルであろう主人公の女子高生を演じている。
1970年前後の背伸びをしたい、周囲の自分への扱いや何かに苛立ったマグマを内面に抱えた潔癖そうな女子高生がピッタリでした。
この時代、自分は生まれていないけれど、通学した高校が1970年代の匂いが残っている(と私には思える)学校と個人的にめちゃくちゃリンクしました。
母校で教員になったという先生が凄く多くて、中でも1970年前後に高校生だった先生がうじゃうじゃいて当時の話を授業の合間にちょこちょこ披露していた。
それが、学帽をなくす運動の話だったり、教壇廃止闘争なるものだったりした。
無伴奏での主人公・響子たちのように、学生運動に感化され、権力に屈しない権威主義をぶちこわせみたいな空気が充満していたんだと思う。
周囲の田舎度合いと相まってずいぶんと時代に取り残されて居るなあなんて当時は思ったんだけど
無伴奏を観ていたら、その頃を思い出してなんだかひどく懐かしかった。
今でもそういう雰囲気なのかはわからないけど。

監督自身が70年代の雰囲気が残る風景が本当に少ない、ロケハンから大変だったと言ってましたし。

何気ない商店街の風景なども、当時はない監視カメラなどがどうしても入るのでそういうものは仕方なくCGで消して貰ったと言っていました。


とはいえ、響子たちのように自分たちの何かを破ろうともがくよりも、何事にもやる気あんのか?といったモラトリアムな高校生だったわけでずいぶんと無伴奏の世界とは違うわけだけど。
それでも、なんだかあの頃を思い出してなんだか恥ずかしいなあ、切ないなあという気持ちにさせられる映画だった。

 

監督の話でほかに印象的だったのが、劇中の登場人物達の年齢より俳優さん達の実年齢が少し上の設定なのは
同じ世代の人たちをキャスティングするとあの時代の高校生や大学生の顔にならないとおっしゃっていたこと。
なるほど。
あの頃の映画をみてもそうだし、自分たちの親の世代の若い頃をみても今の学生より老けているというか大人びているんですよね。
あれ、なんなんでしょうね。
(それと地続きなのか、今の老人も30年前の老人より断然若々しいし)
無伴奏でも早く大人になりたいという焦りのようなものを感じだけれど、現代だとどちらかというと逆だなというのも改めて感じたというか。


そして、質問にもでていたけどたばこを吸うシーンの多さ!
そういえば、子供の頃は父親やその周囲なんて煙でもうもうとしていてけぶっていたなあ。
マッチを格好良く擦るという仕草をやり慣れていないから練習していたというエピソードを聞いて、あーそうだよなあと思ったり。

 

あと、監督が「物語に興味がない」という話が面白かった。
監督にとっては映画って物語るものじゃなくて、目撃した場面やシーンを撮るものっていうようなニュアンスの話。
自分にはない発想と感覚ですごく興味深かったな。

 

池松壮亮さんと斎藤工さんのシーンも監督はほとんど演出を付けていないんだとか。
いつまでも観ていたいと思いながら撮った、自分が撮るからにはある面にクローズアップするのではなくて
あくまで「愛」を撮るんだと言っていたのも印象的だった。
そういう目線でもう一回観ると映画がまた違った光を放ちそう。


成海璃子の制服を脱がすのはオレだとか監督の名言が炸裂しててトークショー付きで観られてラッキーでした。

  • 2018.07.19 Thursday
  • -
  • 18:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや
  • Qの日フライング ベン・ウィショー(Ben Whishaw)
    Yk
  • 10years
    鈴之助

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM