※写真は2017年9月16日したまちコメディ映画祭での舞台挨拶。

左から、音楽の金子ノブアキさん、母親役の神野三鈴さん、主人公・高橋一生さん、監督&兄役・斎藤工さん(監督名・齋藤工)、したコメの総合プロデューサーいとうせいこう氏

最初に述べると、(一応短編も含め齋藤工監督作品は全部観ている)この作品が断トツで好きです。

blank13という映画のプロット。
13年前に借金がもとで失踪していた父親が末期がんと診断されてひょっこり母親と息子二人の前に現れる。
父親は以前の印象とさして変わったようにはみえず、そのまま亡くなってしまい
兄弟は葬式を出すことになる。


ほぼこれだけである。

登場人物たちのセリフも多くはない。

主人公に至ってはそこにいることがすべてで終盤までほとんど会話らしい会話すらしない。
けれども、痛いほど主人公の気持ちが伝わってくる。

時間薬という言葉がある。

しかし、せっかくの薬が当事者の登場でまた効かなくなっていく。
時間とともに薄れていた痛みが抉られる。


主人公や母親の顔は能面のような役割だなと思った。
能面は顔の角度で陰影をつけたり向きを変えることで、その人物の怒りや悲しみや喜びを表現する。
あれに登場人物たちの演技が似ている。

目を伏せる
みつめる


それだけの表現が、一度に様々な感情を連想させる。
齋藤監督の作品は、どれもプロットが盛りだくさんというタイプの映画ではない。
ある事象があって、そこに細かなしぐさや情景を重ねていくことで炙り出されていくものを映像として撮っているように感じる。

観る人によってたぶん受け取り方も微妙に違うけれど、それが余韻になり心が揺さぶられるという塩梅がすごく心地の良い作品。
もともとのプロットが脚本家の方の実話だというのもあるし、主人公を演じた高橋一生さん自身の生い立ちもダブるのもあって、ドキュメンタリーのような手触りのある作品。

高橋さんの生い立ちの話は偶然見たTVで垣間見たものだったのだけれど、
母が結婚と離婚を繰り返し
父親違いの兄弟が3人もいて
母にはお金の無心をされたことで絶縁状態
病気で死期が近いと弟さんに知らされて亡くなる間際に会うことができ、死をみとったというようなことをおっしゃっていた。

よくぞ、このキャスティングを!と思ったし
ご本人もよくぞ受けましたねという代物だと思う。


役者や表現者の業なのかもしれないけど、自分自身からにじみ出てくるものを作品にリンクさせて観ているものの心の中にも波紋を拡げられるなんて、その世界で成功する人たちは、表現するタイミングにも恵まれるものなんだなあと妙に感心してしまった。


リリーフランキーさんやら松岡茉優さんやら神野三鈴さん、佐藤二朗さん、織本順吉さん、村上淳さん・・・
(すみません、芸人さんには本当に疎くて名前があんまり覚えられないけれど、みんな面白かった)
よくぞ集めたなあ!というキャスティング力に驚いていたのだけど、中でも一生さんその人にしか演じられないであろう役を絶妙なタイミングで実現させる力っていうのは、芸術の神様に愛されちゃってるんじゃないかと思った次第。

個人的には、私自身が一見普通にみえる家庭で育ったように思われているけど、親とはいろいろとぶっ飛んだエピソード@現在進行形で複雑な感情を持っているので、いたく感情移入してしまった。
親が痛々しくみえることの惨めさや、普通の家庭にちょっと憧れたりする自分の痛さとか。
相手から連絡が来るときは、いい話ではない時であるとか。


でも嫌なこと、辛いことも笑いに昇華できれば前に進めるっていう座右の銘みたいなものを肯定させてくれる自分のつっかえ棒の一つになってくれそうな映画でした。


とるに足らないことだけど、1つだけ。
兄役の人が降板して、急遽監督自身が兄を演じたと聞きましたが
お葬式のシーンで兄が笑いを堪えているのがわかっちゃうシーンがありまして。
(ご本人も舞台あいさつで言っていたけど)
そこだけ、惜しい。
降板しちゃった役者さん誰だったんだろう。
私は役者としての工さんをたくさん観たいミーハーファンですがこれは監督に専念してもらって観たかったかもしれない。
もしくは監督権限でここだけ撮り直しとか出来なかったかなあ。
そこだけはほんのちょっと思っちゃいました。

 

長文書き連ねてますが、、、

最後に一つ。一番お気に入りはラストシーン。音楽の入り方と煙がくゆるシーンが絶妙。

市川崑監督の犬神家の一族@富司純子の喫煙シーンくらいかっこよかったなあ、神野さん。

黒のバックと窓の外の光とたばこの煙。

いいねぇ。ウェインワン監督のスモークも思い出しちゃった。

本当にいい作品なので来年東京でも新宿で一館だけとはいわず、多くの劇場
で公開してほしいな。

とここまで書いて寝かせて置いたら、

本日朝のテレビで2018年2月24日から全国公開とでましたので全国公開も決まったんですね。

おめでとうございます!!
表現者としての多彩さを観られてファンとしても幸せです。

 

 

  • 2018.07.19 Thursday
  • -
  • 08:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや
  • Qの日フライング ベン・ウィショー(Ben Whishaw)
    Yk
  • 10years
    鈴之助

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM