プロフェッショナル仕事の流儀 新しい仕事スペシャル

 

 

今や子どものあこがれの職業ユーチューバー。これにプロゲーマー、データサイエンティストとくれば
鈴太郎が食いつかないわけはなく、一緒に観ました。

以下の3名が出ていて、日々の仕事の様子や現在の状況、葛藤を映し出していた。
ユーチューバー HIKAKIN
プロゲーマー 梅原大吾
データサイエンティスト 河本薫

 

ユーチューバーはアイディアを形にするために頭をひねり、時間をかけている。
プロゲーマーはひたすらゲームをプレイし続け、攻略法に頭を巡らせている。
データサイエンティストはAIと人間との理解の合間に立って考えている。

ユーチューバーとプロゲーマーについては子どもにとって楽しそうにみえる仕事が、裏ではロールモデルのない仕事であるがゆえに上に悩みながら進んでいることにスポットを当てられている。
特に、プロゲーマーの梅原さんは介護の資格をとって仕事をしていたけれどそちらでは失敗が多く自分じゃなくてももっとできる人がいると思うと落ち込んだというようなニュアンスの話をしており、かといって好きなゲームで食べていくなんて考えもしなかった、ゲームで優勝しても恥ずかしいとさえ思っていたという。
鈴太郎にあとで感想を聞くと
「ゲームが強くて優勝して恥ずかしいと思うんだねー。すごいのにね!」
子どもの頃のスゴイがそのまま仕事になっているという意味合いでは野球選手のようなプロスポーツ選手なんかが近いのかなと思う。
凄さがわかりやすいというのかなあ。プロゲーマー自体がeスポーツといわれてますしね。
大人のこちらからみると、好きなこと・得意なことを突き詰めて特異な仕事に昇華しているっていうのは能力を最大限発揮できる仕事をみつけられて幸運な人たちだし楽しいだろうけど、同時に逃げ場がなくてしんどそうだなあとも思う。
長く続けられないよなーとも思うし。その分の稼ぎを早いうちに形成しちゃって第二のキャリアに転換するというのも手だけれども。


データサイエンティストについてはいま、最も魅力的な仕事といわれている職業だそうな。

その最先端の仕事の中でも、AIの処理速度が人間の理解を超えてしまっていて
なぜこの結果が得られたのかの理解がデータサイエンティストにすらわからないという段階にきているのだとか。


結果の根拠を説明できないのでシステムに組み込む際に周囲の理解が得られない可能性があるという問題の指摘。

実際に現場では、結果の過程がわからないものは導入を見送るといった判断がされているところが映った。


2020年代にはAIが人間の知能を超えるのが現実味を増していると話しには聞いていたけれど、実際のビジネスの現場ですでにそういった齟齬が出てきているというのが驚きだった。

昨年くらいから量子コンピューティングが現実に存在感を急激に増している。

 

シンギュラリティー技術的特異点(Technological Singularity)の2045年問題
「人間の能力が根底から覆り変容」するレベルの現象、科学技術が人の手を離れ自らより優れたものを作り出すようになる時代の到来。いままでの生物40億年の進化の時系列から解き放たれる、別次元に行くといわれている年。


実は、私はこの予測に懐疑的だったのですが、こういう人の知能を超える存在がもう現実に色々なところで使われだしている現在の動向をみると、人の想像の世界を超えるのも時間の問題なのかなと思わされる。

 

そこで、ユーチューバーやプロゲーマーに立ち返ってみると
彼らは生身の人間である自分たちがまず楽しみ、

面白がる姿を世の中の人に見せシェアすることでその対価を得ている。


20世紀の仕事では、処理能力の高い人がお金を得ることが多かったけれど、処理能力にあたるものはすべて機械に置き換えられていくのだろう。機械に意図的では作れないイレギュラーが人間には求められていく。

 

これまでより「個」のもつ「特性」つまり「個性」や「創造力」といったものがより重要だと色々なところで指摘がでているのも頷ける番組だった。

 

20世紀のゲームでは意図しなかったバグ(障害)をゲームの隠れ機能だと子供たちは面白がったが
21世紀は人間が場面に合った機能を意図的に作り出して魅せることができる人を面白がる時代になってきており
私たちはその激変期にいるんだなとひしひしと感じる。
 

  • 2018.11.15 Thursday
  • -
  • 13:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや
  • Qの日フライング ベン・ウィショー(Ben Whishaw)
    Yk
  • 10years
    鈴之助

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM