どうで死ぬ身の一踊り
どうで死ぬ身の一踊り
西村 賢太

町田康の「正直じゃいけん」と一緒に買ったもう一冊。

なんかえらく気迫に満ちた装丁ですが・・・。
手にとれば結構すごいんですけど
本屋で探す時に、なかなか見つけられなかったのですが。
新刊コーナー三往復しましたから。私だけ?

帯の久世光彦氏の言葉が凄くて、笑っちゃいました。
「こんなくだらない男でも生きている」とか書いてあるんですけど
それが誉め言葉になるってどんな人生なのさ?(笑)

私小説というジャンル直球ど真ん中の作品。
なんとなく懐かしい・・・と大して私小説を読んだわけではないが
思ってしまいました。
なんていうのかなあ
小説を書くことで社会的にかろうじて正常を保っているような人が平成の世にもいるんだという驚愕
っていうんでしょうか。

はっきりいって小説の中の男は嫌なヤツなんですよ。
酒を飲まないとはっきりいえないようなところがあるのに
プライドの塊でそのプライド足るや山のように高い。
同棲している女にはもろその面がでるので
癇に障ると暴力。なけなしの金(しかもその多くは女の)の大半は入れ込んでいる大正時代の不遇の作家の原稿だの縁の品につぎ込む。

・・・なんか大枠で似たような男性知ってるんですけど。

その人も小説家志望だったような気がする。
普通のサラリーマンなんてやってられないらしいです。
いやできないんじゃないかとはとてもつっこめる雰囲気ではない。
でも自分を客観視できれば、西村氏のように小説家になれるかもね、その男性も。
(無理?)
実在する似たような人と小説を比べながら読んだせいか
小説の主人公の方が好きなものがはっきりしていて
その行動力自体は素晴らしいものがあるので
思ったよりまともな印象を受けたのですが・・・私の感覚が麻痺してるのか?(笑)
だからなんか笑ってしまいました。

この私小説というジャンル、日本文学特有とか言われてますが、位置付けがよくわからない。イメージ的には自分の深層心理を描くために私生活が破滅へ向かっていくというくらいしか持ってないのですが。
(ということは生活が落ち着くと、書かなくなるのかなー)

こういうジャンルに興味ある人や
こんなくだらない男ってどんな男だと思う人は読んでみてください。
興味湧かない人は読むと嫌な気持ちになるだけかも(笑)

  • 2020.08.11 Tuesday
  • -
  • 18:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
この作品、というかこの作家の作品すべて未読です。

鈴之助さんのこのレビューだけ読ませていただいてのコメントです。

こういう破天荒、身近にいたら、きっと閉口するのだろうけれど、憧れにも感じてしまいます。

どこか津軽のダメダメくん、太宰治にも通じるようなところがあって、「負の素敵さ」を最初に覚え、それがだんだんときらめく魅力に変わっていく、読者としての自分自身の変化に驚きを感じる世界なのだと思います。

破天荒。
無頼。
勘違いがスタイルにまで昇華できれば。

オレは、ほんとうの意味での半端者。
どこか、つきぬけて、向こう側まで行ってしまえば、境地にいたれるのかなあ、と漠然と考えているだけ。
おポンチですね。

愛すべきおバカ。
魅力的です。
  • 小早川淳一
  • 2006/02/09 01:02
>小早川さん
この作家は多分この作品しか刊行されてなかったと思うし、私も芥川賞候補になるまで知りませんでした。
虚構の世界におけるダメ人間、私も好きです(笑)
あ、これでも生きることができるなら自分も大丈夫と思うので(笑)
立派な小説の役割かなと思うのです。

なので憧れる気持ちもわかります。
  • 鈴之助@管理人
  • 2006/02/09 19:05





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM