編み始めてからゆうに一か月以上経過してようやく完成しました。

編み方はこれとまったく同じ。


親子でお揃い。ポンポンは嫌がらせになるのでつけませんでした(笑)

巻くとこんな感じ。


子供にまいたら大蛇に巻きつかれて窒息しそうな状態に・・・。


あと編みかけはルームシューズと子供のセーターがありますが、出来上がりは春になりそうな予感。

後半ベビーニットと並行して作製し出した子供用の帽子とマフラーが完成。
ポンポンが巨大。
目印になりやすくていいか(笑)





しかし、子どもは帽子も靴下も大嫌い。
今の頭にかなりぴったりに出来てしまい、被せたらなかなか脱げなくてキレてました・・・

ずーっと昔から興味はあるが、あまりの不器用さになかなか手が出せなかったかぎ針編み。

2年ほど前にニットカフェでなんとかマフラーを習い、人に聞きまくって(じょえるさんには本当に助けてもらった・・・)その後も家でじりじりと編んで半年もかかって初めての作品を仕上げました。
が、あまりに変で外にしていくことができず(爆)

なのに往生際悪く妊婦の時に
「ひとつくらいは編んでみたいなー」
などと、編めもしないのに本やら毛糸を買い込み。

結果、まったく編まないうちに生まれ(笑)

ずーっと、毛糸とにらめっこしていました。

この夏一大決心をして、出張講師で個人にも教えてくれる先生を探し、ママ友さんも巻き込んで教えてもらうこと数回。

2か月かかりましたが、なんとか着られるものが!!


着せてみたら、一応今年の冬はずっと着られそうなサイズで出来上がり、こんな自分でも編めたことに感動。
ただ着せたら鬼太郎みたいになった。
ベストというよりちゃんちゃんこか裃。


しかも実はまだボタン縫い付けてないんですケドね。
このボタンはミラクルボタンで作製したリバティ生地のクルミボタン!
私のこだわりポイントです〜。


現在、マフラーや帽子も作製中。
ルームシューズにバックに、子ども用ジャケット、自分のマーガレット・・・と編みたい物だけは山のようにあり、本と編み図みてはパンクしてます。

また完成したら、自己満足の極みですがここで勝手にどんどん発表します。ハハハ。


不器用な自分にも簡単にクルミボタンを作ることができるアイテムがあると知りGETしてみました。

その名も商品名ミラクルボタン

本当に簡単に作れるのだろうか・・・

と、ブッキーなものでしばらくアイテムを前にびくびくしていましたが

作ってみた!



布地を用意して、キットに布とボタンの土台を順番通りに重ねていってぐいぐい押すと

キャー

できましたっ!


豆本用にストックしてあるリバティの端切れが、クルミボタンに〜。

でもこれ、何に使おう?(笑)
ちょっと考え中。

ワタクシは手作りが大の苦手です。好きではあるのですが壊滅的に才能と器用さがない。
でも布地をみたりするのは大好きなので、一念発起してよだれかけくらい作ろうではないかと買った本がこのクライ・ムキさんの本。

で、結果。遠めに写真とってます(笑)
これ以上近寄ると、縫い目がオフロード走行の車の轍・・・といった感じなのでこれが限界ですが、なんとか形になりました。
高校以来?
一つは使わなくなったタオルで、もう一つは西荻にあるピンドットというお店で買ったアメリカのデットストックの布。あひるが可愛かったので。


というわけで、手芸が好きだけど苦手な方にこの本はオススメです。
私は手作り系の本だけはやたらと持っていますが、完成しないことこの上なし、な人です。その私が言うのですから、絶対に完成するでしょう(笑)

調子に乗ってベビーニットを作ろうとしたら、材料と本を買ってにらみ合っているうちに子供が産まれてしまい、、、放置(爆)
形にならない率99.9%です。
誰か、お金払うので編んでいただけないでしょうか?(笑)

さて、本とは離れていきますが、スリングは自分で作る気なんてさらさらなく
洋裁が得意な友人さとちゃんに依頼。

布は、ピンドットもそうなのですが、スリング用の布もさとちゃんと日暮里まで買いに行きました。彼女は関西在住なのに・・・たまに会うのは東京の布屋(笑)

ありがとう、友よ!

完成品が届きましたっ。


日暮里で何時間もぎゃあぎゃあ言いながら布を見まくってセレクトした2種。
ひとつはコッカという大阪の布地屋さんの布。(白っぽいほう)じっと見ると実は鶴の柄が描かれているのです。
もう一つは、キノコ柄。これは、見つけたときはコレダー!!キター!!!と大騒ぎ。
色違いも購入し、そちらはカカトさんに行く予定と聞いています。


鈴太郎をいれるとこんな感じ。
ちょっと特徴ありすぎてヤバイかな・・・(笑)

ずーっとやりたいと思っていましたが、昨年かぎ針編みをやりたい!と
唐突に機運が盛り上がっていたところ、ニットカフェが世間的にも盛り上がってきていたっつーことで

自分がいける日いける距離にあったニットカフェに参加してきました〜。

先生方に聞いてはちょっとやって、またわからなくなるを繰り返し・・・
習いに来ていた方々にも教えていただくような有様で
(その節はお世話になりました〜)
私の家庭科オンチ、不器用ぶりに挫折しそうになりましたが。

が。克服とまではいかなくても、続けられそうだ!という希望は湧いてきました。

が、頑張ります(多分)

正直見せられるようなものが出来上がっていないので
(なんたって4時間でかぎ編みマフラー長さ推定1/4)


私の手作り師匠さとさんのあみぐるみや別の友の作品を・・・(笑)
ウエディングベアとして作ってくれたものと
何かのときにお土産?としてくれた(ブルーのうさぎちゃん)子。
右側はウエディングピロー。リボンパッチワークで作られてます。




ココは部屋唯一といっていいメルヘン空間の一部(笑)

私は自分ではぜーんぜん出来ないので、全部人頼みでこういうものを乗り切りました(笑)
今でも大事にさせていただいてます。
見ているうちにフツフツと自分でもやりたいなあという気持ちになってきたのかもしれません。

そうそう、カフェには40人ほど編み物をする人々が集ったようなのですが、男性も少ないながらおりました。

そのうちの一人勝手にテーブルで「貴公子」と呼んでいた方が
最後帰り際みせにきてくれたデディベアがこれ。

参加者さんの作品

にあみぐるみは作る本人に似ると友が言ってましたが
これも似ていました(笑)
しかしどうやってこんなに細かい目で編むんだろう・・・。
私がいくら精進してもこれは無理。

すごいなあ、手仕事って。

Mixi経由で知ったコサージュ作りの講習会に参加してきました。
神宮前にあるヨーロッパ古着のお店
マリアズクローゼットさん主催。

普段このあたりを歩かない私は見事に迷ってしまい
お店の方に迎えに来ていただく羽目に・・・都内在住とはいえない田舎モノです(笑)

最初は周囲の方といろいろな意味で話す余裕もなく
舞台衣装作家すぎうらますみさんの指導を受けつつ
周囲に助けてもらいつつ必死に作ったのですが
なんとか着けられるものが3時間ほどで完成。
感激〜☆
同じテーブルで作られていたコサージュたち
これは同じテーブルで同じ素材(色は黒か紫)、同じ型紙で作ったもの。
アレンジが多少違うところあれど、やはり作る人の個性がでるものらしい。

ふい〜世は満足じゃ(笑)
この作り方etcをイベントを教えてくれた友に伝授するという重大な使命が残っているので、この週末もう一頑張りします。

その友がくれたあみぐるみさんに自作のコサージュをつけてみました。


はうう。可愛い。←自画自賛・・・。

すぎうらさんのコサージュが主に帽子とともに展示されていまして(マリアズクローゼットさんで販売もしている)
ワタクシ買ってしまいました。



えへへ。
毎度毎度なんですけど、やっぱりすきなのです。
すぎうらさん、ケイタマルヤマのお仕事などもされているのだとか。
そういうイメージですよね〜この帽子&マフラー。
とにかく、自分でモノを作って、自分の好きなものが買えて
幸せな一日でした♪

豆本をつくってきました。
豆本
かなり不器用な人間で、家庭科も縫い物は母子そろって壊滅状態、ぞうきんすらまともに縫えるのかレベルの私ですが、手作りモノが好きです。
これなら針を使わないし少しはきちんとできるのでは・・・という想いと、紙モノ・小さい可愛いものが好きなので豆本に少々前からはまってます。

本を見ながらたまに自己流で作ってましたが、細部が難しいしわかりにくいので手軽に教えてくれるところに習いに行ってみました。
戦後に一度ブームがあったそうで、その頃のものは今アンティークとなって何百万という値で売られているとかヨーロッパでは16世紀からあったとか「へえ〜」と思う話もたくさん聞けました。ギャラリーとかもいろいろあるようでちょこちょこ覗きにいってみようと誓いました。

教えてくださったのは、手製本工房を主宰する柴田尚美さん。
おまめhandmade book

また近くで講座があれば習いに行くぞ〜。

ベアにもたせてみました


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM