JUGEMテーマ:映画

アカデミー最優秀主演女優賞と最優秀助言女優賞取りましたね。

 

このプロットにこのキャストを集めた監督の勝利。
役者さん達のハマり具合が素晴らしかった。
それにしてもこのプロットは反則です。
親子もの、動物ものには涙腺弱めなので見事直撃しました。
ありえん!というフィクション的なエピソードの連続なのです。
なのに、引き込まれてしまうのは監督の熱量と役者の力量なんだと思います。

宮沢りえ演じる「赤が好き」な実は情熱的な母。
どうしようもなくだらしないけど憎めない父。
健気でちょっと不器用そうな娘・・・

あざといくらいに伏線がエピソードに繋がり、それが観客に衝撃を与えるっていう。
いちいち、騙されていたというかびっくりしてました、私。

それもこれも主要登場人物の演技が素晴らしかったからなんでしょう。

必死に「家族」を作ろうとした人の話。
そして、その家族に横たわるのは「血縁」という半ば業のようなもの。

やはり、家族って血のつながりだけでは完成しないんだよね。
でも、血縁に時として異様に縛られる。
家族になろうとすることが大事なんだなと思わせてくれる作品。
それも夢を持たせるというか、私はファンタジーとして観ました。

2016年の同じく血のつながり家族物として永い言い訳と比較すると、永い言い訳の突き放した視点のほうが作品としては私は好みです。
けれども、とにかく力業で表現してしまった監督と役者陣に拍手を送りたい。

そして、この作品を観て改めて思ったのが、私はいつまで経っても子どもの目線で家族という物を捉えているんだなあということ。
親になったからといって、軸足が親になるわけではないんだな、と。
子育てしていても思うのが、親としての子どもへの対峙というより、子どもを通してみる子どもの時の自分と親の気持ちを俯瞰している自分の2つなんです。
子どもを通して、子どもの時の自分の行動や感情をもう一度生きている。
と同時に子どもの時にはみえなかった親はこの時はこう思っていたのかと気付く視点が加わっている。
自分とそれをみつめるもう1人の自分の存在が非常に立体的になったような感覚があります。
今回宮沢りえが演じた双葉という女性も、母親としての大人の自分と子どもだった時の自分それぞれが色濃くでてくる場面があるんですが、その時々の感情が痛いほど伝わってきた。

実は個々のエピソードには納得いかないなあという違和感のあるものが幾つもあったのです。
娘のいじめのエピソードへの対応とかその結果娘が起こした行動とか。
ヒッチハイカーの男性のエピソードも無くてもよかったかな。(役者さんがどうとかではない)

でも、自分自身が、子ども以外にいわば血のつながりのない家族に囲まれて暮らしている現在
家族として一つ屋根の下で暮らしていくには
双葉のように家族のルールや日常を大事に生活していくことで家族になっていくんだよなと改めて思った。
出来ることを必死にやっていって家族がまとまってきて、「死にたくない」と泣く姿に胸が詰まった。
ちょうど去年は、交流のあった同僚の奥さんが1年ちょっとの闘病でまだ幼児のお子さん2人を残して亡くなってしまうということがあった。
残されたお子さんが、夜中に起き出してきて「お母さんがいるから外に星を観に行きたい」と夜な夜な起こされるという話を聞いたりして思うと本当に切なくて、そういったことも思い出してしまった。
誰にでも死は訪れるけれど、考えさせれられる。
ちなみに、うちは弟が子供を連れた女性と結婚したので、いわば血のつながりのない子を自分の子として育てている。
気難しく神経質でいろいろとやらかしてきた弟ではあるし
身内を褒めるのもなんだかな、ではあるのだけれど
こんなに熱心に子育て出来るのか!と姉として驚くくらいマメに面倒みてよいお父さんなんじゃないかと思っている。

誰でも一生懸命生きていれば、誰かのかけがいのない存在になれるんじゃないか。

 

そう思わせる映画です。
 

JUGEMテーマ:映画

 

 

八王子の住宅街に住むある夫妻が殺された。犯人は血文字で「怒」の文字を残し逃走。整形手術をして逃げていると報道される。この報道をみて、東京、千葉、沖縄にふらりと現れた3人の男とその周囲の人々がもしかしたら、彼は犯罪者ではないのか?相手のいうことを信じられるのか?を問われる事態となる。

 

 犯人が誰であるかという部分の謎解きはあくまで「人を信じること」の主題を引き立たせるためのキーワードといったところ。
主要登場人物の演技が素晴らしかった。
有名な人ばかりでしたが、各々がこういう人が居そうだなと思える存在感があって、魅力的なので
それぞれに幸せになって欲しい。けど危うい、犯人じゃなければよいけど怪しい・・・こういう気持ちの連続でした。

この映画では宮崎あおいという女優の素晴らしさと綾野剛という俳優の存在感にヤラれた。


影があってぶっきらぼうだけど繊細で、幸薄く未来に大きな期待も希望も持っていない。
けれども、目の前にある幸せを、雪を踏みしめて喜ぶ子どものようなひっそりとかつ邪気のない微笑みで体現できる。
人生における一瞬の煌めきをスクリーンに焼き付けることができる希有な存在感。

全ての作品を観てるワケじゃないからあとで前言撤回するかもしれないけど

この映画の綾野さんの役柄、ぴったりで素晴らしかったな。

 

そして、宮崎あおいが演じるちょっとボーダー上にいる女の子。
一見ふつう。だけれど、ちょっと違っている。
自己肯定感が低く、自分自身を信用できない。孤独感を埋める方法がなんとも痛々しい子。
宮崎あおいが演じるキャラではないようなと思ったんだけど
見事にそういう女の子でした。
こんな私でも一緒にいてくれるならと無理をする。でも、相手を信じきる事も出来ない。
彼女には、不器用だけど心底心配してくれる父がいて、親戚がいる。
けれども、身寄りがなかったらどうなっていただろう。
そう思わせる危うさと脆さが漂っていた。
再貧困女子あたりのルポにでてくる女の子が重なった。
無邪気の影にほのかにみえる心の闇が素晴らしかった。

 

 

誰もが抱える、自身の不安や怒り、猜疑心。
それらが露呈した時に、人はどうなるのか?
3つのストーリーがそれぞれに収斂されて波紋が広がり色々な爆発が起きる。
自身が揺さぶられる映画です。
 

JUGEMテーマ:映画

 

 

久々にド直球の台湾乙女映画が上陸しました。

 

☆少女漫画にハマッたことがある人
☆台湾や韓国ドラマのラブコメに好きな作品がある人
☆香港スターに夢中になった事がある人
☆ハリウッドスターと結婚すると自分でもバカだなと思いつつその妄想が一時期頭を占領した人
☆映画だとトワイライト〜初恋〜あたりに笑いながらもときめいた人

 

これらの人にはど真ん中剛速球な作品です。


強烈にオススメします。

そんなものには全く興味がなかったし、これからも1ミリもないという方は観てはいけません!w

 

ドタバタコメディに絶妙に挟み込まれたウェットな展開。
台湾映画というより台湾ドラマのテイストに近いなーと思ったら
監督がハートに命中!100%(台湾でドラマ歴代最高視聴率をたたき出した2008年のラブコメ)の方でした。
そのつながりなのか主人公の成長した現代パートは、ハートに命中!100%で主役を演じた陳喬恩(ジョー・チェン)が演じてます。

 

主人公林真心(リン・チェンシン)は、仕事に追われ残業続き。

部下や後輩達にも陰口を叩かれ高校時代の自分が今の自分をみたら鼻で笑うだろうと落ち込む。

当時好きだったアンディラウの歌がラジオから流れ、真心の高校時代へと話が移る。


アンディ・ラウと将来は結婚するといったり、眉目秀麗、文武両道の学校のヒーロー欧陽(オウヤン)に憧れていた日々。
チェーンメールの不幸の手紙をもらったことで、自分にとってちょっと不幸になって欲しい人に手紙を送ることにしたチェンシン。オウヤンと良い感じのお似合いの美少女・敏敏(ミンミン)、嫌みな数学教師、そして学校一のワル太宇(タイユィー)。
しかし、タイユィーには差出人が自分であるとバレてしまう。
呼び出されて何をされても仕方がないと怯える真心に、なぜか友達になってやるといわれるチェンシン。
実は、ミンミンが好きなタイユィー。チェンシンとタイユィーはお互いの恋の成就のために
オウオヤンとミンミンが上手くいかないように協力し合うことになり、友情を育んでいく・・・はずがいつしか
お互いに気になる存在に。
前半コメディタッチに後半は少しシリアスに展開していく四角関係。
爽やか!ラブコメといいつつ、キスシーンすらない。
でも、登場人物達がドキドキするシーンにこちらも手に汗を握り
相手の幸せを心から願うシーンにジーンときちゃう。


ひとえにチェンシンとタイユィーが純真で一生懸命だから、なのです。
キャラクター造形がとっても魅力的。
そして、お互いの為に今までの自分を変え、相手の力になろうと頑張ることで自分自身もちょっぴり変わっていく素敵な青春モノになっている。

これでもかこれでもかとベタながらも実は・・・みたいな展開を繰り返しがわかっちゃいるけど

ボディーブローのように効いて飽きさせない。


私は話の展開をよく知らずにみたのでトドメだったのが、ジェリー・イェンの登場の仕方。
彼自身が台湾ドラマ「花より男子」の道明寺役でアジアでブレイクした人ですから
今回の役柄「不器用で実は純真な男」っていうのはダブってピッタリなんです。
もう心の中で拍手しながら観た。これは反則だわーって。
ジェリさん何年経ってもかっこええ。
(ちなみに、私は彼の作品では「君には絶対恋してない!」をオススメします。)

 

この映画のプロデューサーでもある「アンディ・ラウ」も良い味だしてます。

(彼なら、いますぐ抱きしめたい、欲望の翼、インファナル・アフェア、墨攻、桃さんのしあわせ等が好き。香港映画でも幅広い作品に出まくっている大スター)

 

笑いの影に涙あり、といったような苦労人の一流コメディアンの人生みたいなストーリー運びにしてやられました。
※観ているときテイストとしては「哀しい気分でジョーク」を思い出した。
※全然違う展開の話なんだけど。ベタさ加減かなあ。

 

JUGEMテーマ:映画

 

舞台は1926年。

物語はイギリスから魔法動物学者のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)がニューヨークへくるところから始まる。
ニュートはトランクに魔法動物を沢山いれている。
この動物たちがちょっとしたことから逃げ出してしまった。
折しも、ニューヨークは謎の生き物のようなものが突如街中に現れて建物や道路を破壊したり人を殺す物騒な出来事が起きており、魔法界も誰の仕業か、人間達が怯えて魔法界の住人達と戦争状態になってはマズイと神経を尖らせている状態。
この逃げ出すキッカケを作ることになり巻き込まれたノーマジ(マグル=人間)のジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)と、その現場を目撃した元闇払いの魔法使いティナ(キャサリン・ウォーターストーン)、その妹クイニー(アリソン・スドル)とともに、騒動の原因を逃げた動物たちのせいにされたりしては大変と動物たちを探し回る。

 

一方で合衆国魔法議会(MACUSA)の有力者グレイブス(コリン・ファレル)は、オブスキュラスという闇の力をもった人間の子どもを捜している。魔法族を絶滅に追い込もうと企む過激派集団、新セーレム慈善会のリーダーであるメアリー(サマンサ・モートン)という養母の側にオブスキュラスの人間がいると予知したグレイブスは養子の1人クリーデンス(エズラ・ミラー)に近づき、オブスキュラスを持った子供を捜すようにとクリーデンスの心理を巧みについて命じている。

 

この二つの話が軸になりやがて一つに収斂されていくのだが
いやー、メアリーっていう名前で、無表情に魔法使いは魔女!抹殺を!とか言われるとね、イングランドの歴史を連想させてムダに恐怖感が芽生えますね。
養子のクリーデンスも妙な髪型といい、陰気な顔つきといい
もうダークな要素を一心に背負っているところがステキ(笑)

 

主人公ニュートのどこかトボけた、かつちょっとオタクっぽい孤独で風変わりな風情がエディさんが演じると
この俳優さんわりと個性的な顔しているし、猫背で華奢な雰囲気で言い淀んだり、ためらったりする姿が似合うのでぴったりです。
正義感の強い真面目なティナとお互い奥手な2人って感じでキュート。
ジェイコブとクイニーの恋物語も見た目的に美女と野獣系で可愛らしい。

恋愛とかサスペンス的な要素もちりばめられているがどぎつくない絶妙のさじ加減で創られているので

子どもも観られるし今までに繋がる要素と次へと繋がっていく要素もブレンドされていてハリポタファンもそうでない大人も楽しめる。

 

なによりよかったのが主要な人物がみな挫折を経験している人たちで影を背負っているところ。
その影が次への謎だったり、他者へ寄り添ったり共感したり助けたりすることへの説得力を担っている。
これは、いろいろとくじけながらも自身の信念を曲げずに生きる不器用な大人達が輝く物語。

 

というわけで、観て損なし。


余談。
グリンデルバルド(ジョニー・デップ)がでてくるというのもウリ(?)の一つのようですが、ハリーポッターシリーズで出てきている人物のようですね。
ジェイミー・キャンベル・バウアーが演じてたなんて!大分イメージ変わってますが
私が勝手に名付けている「魔界系の俳優」じゃないですか!
今更ながらハリポタも4から観てないので見なおしてみようかな。
ハリポタシリーズは脇役でイギリスの若手俳優がザクザク出てますねぇ。

別場所に記載した物を編集してアップ。

 

息子の熱望により急遽 君の名は をみてきました。
家人はもう観てるのでジェイソンボーンの方へ。
鈴太郎の感想は自分の中で歴代2位だそうな。
お酒を飲むと酔っ払ってみえないものがみえたりするんでしょ?大人はいいね。みんなお酒を飲む理由がわかった気がする
と言いました。
…その解釈はどうなんだ…とつっこむのはやめました。
彼の映画館でみた映画の中の歴代1位作品は
リトルプリンセス星のおうじ様と私
3位は超高速!参勤交代、スタンドバイミードラえもん、7位に虎影とるろうに剣心、ホビットシリーズっていわれた。


え?スターウォーズは?
ズートピアは?
風立ちぬは?

…まあいいか。
今見たいのはBFGとGANTZ0、ファンタスティックビーストだそうです。
※GANTZ0は彼は年齢制限で観られないことがのちに判明。ザンネン。

 

 

君の名は
新海誠作品としては
言の葉の庭の方が映像と音の混ざり方が好き。
が、君の名はが劣ってるとかそういうわけではない。好みの問題。
超ひも理論から民俗学の逢う魔が時から結の概念までまさに組みひものように掛け合わせた多重層に描かれる恋愛。大人がみても楽しめるのはそういった幾重にも重なる概念やディテールのおかげかな。
高校生あたりに大ブレイクしてるっていうのが嬉しいよねぇ。
そして、映像の美しさ。紅葉や木漏れ日の描写が特に素晴らしい!監督が長野の山の方の出身だからなのか、緑の描写が本当に綺麗です。
そうそう、木漏れ日って日本語独特の概念なんだとか。君の名はをみれば木漏れ日の言葉の意味は一発でわかると思う。

JUGEMテーマ:映画

 

 

夏に書いたものを今頃ですがアップ。

シンゴジラみてきました。


息子は予告で怯えていたので、夫婦でみてきたんだけど、やはり子供もつれていけばよかった。
彼にはまだちょっと難しいけど。
その後、観に行きたかったのに!と言われましたが、
いやいや、キミめっちゃ怯えてたやん。5回くらい聞いたけど
「行かない」
いうてましたやん。
そうだっけ?
まあ、子どもなんてそんなもんですが。

 

ゴジラは原爆やビキニ環礁の水爆実験などへの問題意識をはらんでうまれた映画とのことで、そのはじまりに東日本大震災や原発の事を絡めて現代の日本にゴジラが現れたら国としてどういう対策をとり向き合うのか?1つの仮定として描かれます。
防衛省から内閣府まで取材を重ね協力を依頼して撮ったというだけあって、こんな事をいいそう、やりそうといった展開のオンパレードでドキュメンタリーのようでした。
アメリカに対して70年経ってもこの国は属国だと政治家が諦観しつつ吐き捨てる様にいうシーンがある一方で米軍に頼ってさすがアメリカだ!なんて喜ぶといったかの国への屈折した心情の描き方にそうなんだよなと思いつつよく国の協力が得られたな?と思ったり。
これは、中学生くらいからみんなみるべきなんじゃないかと。この国の現在の国防のあり方と、自身や国に危機が迫った時、自分はどういう立場の人でありたいかを考えさせる監督のメッセージが強烈に詰まった作品。

 

これでも劇中の展開は結構よく転んだ場合といった仮定の作品ですよね。

特にあの東日本大震災での国から専門家から企業やらいろいろ言ってるけど
あとから検証した時に

それ間違いだったじゃん!
見当違いですよね?
ウソじゃーん!
っていうのをいっぱいみせられましたよね?

みせられてますよね?

 

どんなに中枢にいようが、真実に近かろうが
叡智を結集して人類のためによかれと思う方向に物事はあまり動かないってことをまざまざと見せつけられたんだよなーと観ながら思ってました。

それでも、自分の出来る限り考え行動しないと
動かないどころか物事は後退するし、ろくな事にならないというのも身に染みたので
子どもにも、不測の事態が起きたときキミはどうするのか?っていうことを問いかける場を映画という形でも提示してあげたい。
この作品はその一つになると思っている。

JUGEMテーマ:映画

 

11月5日から全国公開予定のこの作品を東京国際映画祭で一足先に観てきました。
第一次産業を応援する形の作品で、今回で第三弾だそうです。
今回の舞台は岡山県赤磐市。主題は桃。
佐々部清監督がビデオメッセージで
この映画を観て、桃が食べたい、赤磐市に行ってみたいと思えたらこの映画は成功なのかなと仰っていましたが、
そのねらいは大成功です。

とにかく、美味しそうな桃が食べたい!
数日経ってもこの「桃食べたい」という気持ちがぐるぐるしています(笑)
桃好きなんですよねぇ。
加工用に回された桃で構わないから買い取りたいw
桃料理や加工品も紹介されていたので余計に料理に使いたくて仕方がない。
寒くなってきたので、桃のリゾットにして主食で食べたーい。

 

主人公・片岡彩音(高梨臨)は女優になるという夢を、兄の病死によって半ば諦め
地元に帰り、市役所職員をしつつ兄がやっていた桃農家を継いで孤軍奮闘している。
そこへ、農林水産省の職員・木村治(斎藤工)が上司(永嶋敏行)の命でやってくる。

彩音の可愛らしさに惹かれた木村は本人の迷惑そうなそぶりを半ば無視し、農産物のことも二の次といったていでガンガンと彩音に話しかけてくる。
最初は鬱陶しそうにしていた彩音も木村のペースに巻き込まれ、木村もまた彩音や街の人々の作物に対する真摯な姿勢に自らの理想を思い出す。

 

お国言葉と地域の人々のコミュニケーションの取り方は、地元の方がエキストラで随分参加されたのかな。
朴訥なやりとりがちょこちょこ挟まれてみているこちらがよそから来た「木村」の感覚を味わえる作りです。

母方の祖母は岡山県出身なので、この映画観ていて山口弁と岡山弁のミックスを喋っていたんだなと気付きました。

静かなはにかみ屋の祖母だったけれど、
「見られ〜」という言葉を聞いた瞬間に
おばあちゃんもよく使っていた言葉だ!とすごく懐かしい気持ちに。

 

都会から来た農水省の官僚・木村が物怖じしない性格っていうだけでなく、この方言のもつ親しみや地域の人のお
っとりした風情に壁を感じずにグイグイと入っていったっていうのもあるんじゃないか。

 

主人公や登場人物達の夢は一筋縄ではいかなけれど
それぞれが「つぎ木」をしてモモのように何年もかけて別の夢や目標が育っているのに気付かされる。
作る方も食べる方も活力の貰える温かいテイスト。


映画を観て地面から1cmくらい浮いているかな?みたいな軽やかな気持ちになる作品は今思ったよりも少ないの
で、老若男女に是非観ていただきたい。

登場人物の夢の挫折と実現、新たな夢への前進と農家のがんばりや問題点これからの展望がゆったりとストーリーに練り込
まれたこのシリーズは子どもたちが観るにも優れた良い作品。


市のキャラクター「あかいわモモちゃん」も物語を大いに弾ませる役割を担っていて可愛い。
劇中では高梨臨さんが全て着ぐるみの中に入って撮影したんだとか。
動きもとっても可愛いのです。監督が高梨さんが入っているのといないのとでは全然違うと仰ったとのことですが
本当にそう。彼女が入っているからこそより可愛い。
上映当日のあかいわモモちゃん観てそう思った。可愛さの種類が違う(笑)
舞台挨拶のモモちゃんは、とぼけテイストの割合が高めでしたw

桃といえば、作品内で
モモにペインティングされているガスタンクがでてくるシーンがあるんですが
登場人物達より、このガスタンクに目がいってしまって笑ってしまった。

どうやら市のシンボルらしい。

 

最後に。
赤磐市にいってみたいな〜と思って検索したら
赤磐市でロケ地めぐりスタンプラリーをやっている。

 

ロケ地を巡ってスタンプを集めて応募すると、抽選で映画関連グッズや地域特産品などを50人にプレゼントします。
■開催期間/10月22日(土)〜平成29年2月28日(火)

だそうです。
ロケ地マップもあるそうで。
行ってみたいと思った方は是非に。

 

 

 

ここからは余談。

桃の生産量は近年全国一位の生産量が山梨、二位福島、三位長野、四位和歌山、五位山形、六位が岡山県。どの県
も果物の収穫で有名な県ですが、岡山といえば、桃太郎なので、六位は意外な気がします。鈴太郎と生産量ランキ
ングでクイズやってるんですが、私は岡山の桃は三位くらいだと思っていて全然当たらなかった。

 

伊賀市の忍者映画祭に行ったときも、地方にフォーカスをあてた映画を見ましたが
※「百年の時計」金子修介監督・香川県高松市が舞台
※「ねこにみかん」戸田彬弘監督・和歌山県有田川町が舞台
その土地に住む人にとってはどうってことのない景色や物事も見たことのない観客には
息をのむ美しさだったりすばらしさだったりすることがままある。
映画観ると、その地域に行ってみたくなりますしね。

監督自身が映画の形でほうぼうに種を蒔いていらっしゃる。
日本各地の風景や風習、産業、人々を焼き付けた作品がこれからも数多く作られることを願っている。

JUGEMテーマ:映画

 

妻がバス事故に遭い亡くなった。
人気作家となった衣笠幸夫はその時間、若い愛人と過ごしており
罪悪感はあれど、心から泣くことができなかった。
妻の高校時代からの親友の女性も同じ事故で亡くなってしまった。
その女性にはトラック運転手の夫・大宮陽一と中学受験をする予定の息子・真平、まだ保育園児の娘・灯がいた。
被害者へのバス会社からの説明会で出会った幸夫と陽一。
境遇に同乗した幸夫は、週に何日か陽一の家に留守番として通うことになる。

幸夫は悪い人じゃないが、ちょっと辟易するような自意識過剰な人物。
陽一はただただまっすぐで家族を愛し、悲しみも憤りもストレートに出すタイプ。
息子は、ちょっと老成されていて聡明でなんとか家族を支えていこうと健気。
娘は、天真爛漫でちょっとガンコで可愛い。

描いている現実は割と重いのに主要人物がみんなチャーミング。
厭なところや感情を爆発させるシーンいろいろあっても、なんだかとっても愛おしい。

幸夫が灯を乗せて坂道で自転車を漕ぐシーン。
最初はまったく漕げない。
灯の亡くなった母ゆきは上まで漕げたという。
夏過ぎには幸夫も坂道を登り切れるようになる。大宮家とも疑似家族のような雰囲気に。

そして、あることをきっかけにまた不穏な空気になる。
幸夫をはじめ、登場人物達がどうなるのか、フィクションなのにハラハラし、応援してしまう。

がんばれ、がんばれ。
もがきながら、笑いながら、前進していく彼らをみてこちらも励まされる。

大人達の七転八倒も見所だけれど
子どもたちの力ってやっぱりすごい。
演技としてもそうなんだけど、幸夫も陽一も前に進むことが出来たのは
子どもたちの存在が大きいんだなあとしみじみした。

誰かのために、生きていく。
その誰かに励まされて自分自身を見つめ直していく。
そうして、前へとまた漕ぎ出す。

遺された人たちの
逝ってしまった人たちの
生きてきた軌跡とこれからの話。

見終わった後に、じわじわと温かさが感じられる良作。
登場人物たちに心を寄せてみていると、自分の背中をおされる作品です。

 

 

最後に。

こちら舞台挨拶を当てまして、西川美和監督、衣笠役の本木雅弘さん、大宮役の竹原ピストルさんも一緒にみてきました。

モッくんは鍛えているんでしょうけど、ほんとカッコイイですねー。

胸板があって、姿勢がよいのでものすごくスーツが似合ってました。

監督の念願叶ってのキャスティングだったそうで。

なのに、本木さんは、自分でよかったのかと撮影中も監督にしつこく聞いたそうで若干それが煩そうな雰囲気を出しているあたりも撮影現場が良い雰囲気だったのかなと思える距離感で面白かった。

竹原ピストルさんは、ミュージシャンだそうですが、だからこそ凄く勘の良い芝居をすると本木さんに言われてた。

泉谷しげるさんとかビートたけしさんみたいな存在感で、確かにこれからも映画に出るんじゃないかなぁと思わせる素晴らしいリアリティと存在感を持ってました。

黙っていると怖いのに、喋ると優しいみたいな今回の役柄は抜け出てきたようにぴったりにみえた。

 

西川監督の作品は、ちょっとした登場人物もなんというか、非常に印象的で自然な感じがする。

ちょっとドキュメンタリーっぽいというか。今回は子どもがでていたので、是枝監督の「誰もしらない」が頭をよぎった。

目の前の現実の重さを感じさせない軽やかな画っていう感じが似ていた。

 

予告にもでてくる深津絵里さんのまなざしが、衣笠夫妻の間の諦めのような夫婦として終わってしまったというようななんともいえない哀しいもので、この目で責められたらいたたまれないと思ったあたりで、監督の思う壺な観客でした。

JUGEMテーマ:映画

 

仕事のないアイルランドでくすぶっている主人公を姉が案じて、懇意にする神父に妹のニューヨークでの家と仕事の斡旋を依頼した。

主人公は姉、母と別れ船に乗り込み、1人ニューヨークへ。

ブルックリンの下宿とデパートでの接客の仕事を得てホームシックになりながらも必死に環境に順応しようと頑張る。

親しい友人ができて、ボーイフレンドもでき、仕事にも慣れ、並行して大学へも通い自信がでてきた矢先に実家である不幸が起こり、一次帰京することとなる。

 

帰ってみると、実家も周囲も慣れ親しんだもので居心地がいい。なにより老いてきた親が心配。

地元の男性と親しくなり、こっちの生活も捨てがたい。

ニューヨーク・ブルックリンでようやく軌道に乗った生活と恋人はどうするのかー?

 

故郷と移住先の生活、人間関係、それぞれの利点と不便な点を主人公の目線で見せるのだがこれが普遍的。

親元や故郷を離れて暮らしたことがある人なら、思い当たることがあるようなエピソードや感情が描かれ

主人公ガンバレ!と思うと同時に、自身の今までのがんばりや郷愁が呼び起こされる良作。

 

それぞれの人が賢明に生き、手探りしながら前進している姿は清々しくもありいじらしくもあり。

 

主人公を演じたシアーシャローナンの哀しげなのに意志の強そうな表情にぐっときます。

彼女は日本の女優さんでいうと大竹しのぶさんみたい。

なんというか、演じる役柄によって顔つきまで大きく変わってみえる憑依系っていうんでしょうか。

 

主人公のブルックリンとアイルランドでのそれぞれの相手役の男性も各々の魅力があって主人公じゃないけど迷いますw

 

関係ないけど、その魅力的な相手役さんたちなんですが

映画観た後に次回作とか気になって検索したら俳優さんは2人とも劇中とえらくビジュアルが違う姿が出てきて驚愕。

>ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン

 

ハリウッドってなんであんなにサイボークかアンドロイドかみたいな美男美女いっぱいいるのに、オフショットの俳優は誰だこれみたいなわけわからん気の抜けたビジュアルとかボサボサ頭のザンネンな人とかになっているのかわけわからん。

役作りも相まって(先日驚愕したオスカーアイザックとか作品毎にだれかわからなくなっていくという)、多分道ですれ違ってもわからないみたいな人だらけです。フシギだ。

今回でいうとドーナル・グリーソンさんなんて凄すぎ。

この人が

 

最近はこんなビジュアルで。

 

 

ちょっと前はハリポタでロンのお兄さんだったり

 

こんな感じになっていて、わからん。

 

ちなみに、私が驚愕しまくっているオスカーアイザックとともに、スターウォーズフォースの覚醒にもでていた。

いわれてみれば、あの!っていう。

レヴィナントにもでているらしい。

というわけで、現在かなりイケイケの売れっ子アイルランド俳優さんでした。

 

オフの姿がヨレヨレ過ぎて浮浪者と揶揄されたキアヌ・リーブスなんて序の口だ!

 

 

というわけで、ブルックリン。

1950年代のアメリカの希望と1人の女性の自立を観ながら

スクリーンに自らの自立とがんばりを投影させられ、自分で自分を褒めたい状態にしてくれる作品。

元気がでます。

 

7/1は映画の日なのでもう一本。

 

西島秀俊×香川照之っていう組み合わせは何作目でしたっけ?
そのリスクをおかしてもこの組み合わせで勝負してくるだけの力がありましたね〜。
私が一番好きなこの2人の組み合わせ作品は、アンフェア(最初のTV版)なんですが
その時とは今回役割的には逆になった感じです。
(私はアンフェアでの編集者役の西島さん推し。平坦なしゃべりと理知的な顔があの役柄にめちゃくちゃ似合ってた。)

 

そっち行ったら崖だからー!落ちちゃうからー!っていう観客の心の叫びを無視して
ずんずんとヤバイ方へ突き進む登場人物達にハラハラドキドキしながら
ああああー!やっぱりやばかったじゃない!
みたいなスリルとサスペンスを存分に味わえるサイコスリラー。

 

元刑事の犯罪心理学者・高倉(西島秀俊)とその妻(竹内結子)。
初対面からそこはかとなく変な空気満載の隣人・西野(香川照之)。
最初から西野が奇妙なので、「私が隣人だったら絶対に近づかない!」と観客も思うのではないか?
が、高倉の妻は、なんかチガウ。
失礼しちゃうとプリプリしながらも、お裾分けを持っていったりする。
で、西野家の家族が高倉家でご飯食べちゃったりするわけです。

高倉が帰ってきたときに変な顔するんですが、観ている観客はそれ以上に
「えー?!」
っていう状態。

 

そう。いろいろとズレて奇妙な登場人物の中でもわたしゃ
この竹内結子さん演じる妻の行動にはかなり「?」マークいっぱいでした。
いや、西野との接点やその後の展開、ラストの彼女なんてもう色々と手に汗握るし、胸を打たれるんです。
サスペンス好きなら是非観て欲しい。

が、どうしても突っ込まずにはいられない!

 

その1 引っ越し挨拶に手作りのチョコレート
引っ越して隣の人によろしくお願いしますって挨拶に行くのに手作りのお菓子?
市販品ではないというのが話の中でわかってビックリした。
料理好きの料理上手っていう設定だったんだろうけど、映画の中でそう思わせるような描写が微妙だった。
確かに夫婦2人暮らしで凝った料理を出している風だったんだけど、あんまり映像から伝わらず。
夫婦2人だからと言われればそれまでですが
西野家を招待した夕食も品数が少なかった。
料理好きの人の家に行くと机に並びきらない位料理が並べられるっていう印象ないですか?
ブログとかにホームパーティーでした!って載せる料理とかスゴイじゃないですか。
うわー、美味しそう!みたいなシーンが絵的にもあんまりない。
西野家の人間や高倉が美味しいというシーンはあるんだけど
西野家は観客にすでに明らかにヘンだと思われているから、そのままに取れないし
高倉は夫だからなあ。

 

その2 ビーフシチューのお裾分け
その1にも関連するんですが、作り過ぎちゃったのでと西野家にわざわざボウルに入れたビーフシチューを持っていくんです。
え?変な人!って警戒してたんじゃないのか?
でも、料理好きなら、こういうことで燐家との関係の改善を図るのかしら???
一応主婦の居る家に、いきなりお裾分けでシチューっていうのも首を捻る。

 

その3 竹内結子さん自身が空虚な思いを抱えている主婦にみえない
ちょっと世話好きで好奇心旺盛な明るくて可愛い奥さんという感じで
なんていうか、裏表がなさそうな天真爛漫な感じなのです。

他人に付け入れられるような隙のある人物にみえない。


うーん。この印象実は西野と連動してます。
西野は最初全く怪しくない爽やかな人物として描いた方が良かった気もする。
明らかに怪しいのに、近寄っていくちょっと他人の家に首を突っ込みたがる妻みたいな図になってしまっていて
無神経な印象を与えていたというか。なんか巻き込まれるのもさもありなんみたいな。

 

これは監督の意図だったのかしら?

 

観ながら、ずーっと頭の中にこびり付いていたのは
北九州監禁殺人事件
尼崎事件
この二つ。
特に前者を強く連想させる設定で、この現実の事件も経緯をきくと「なぜ?」「どうして?」という不可解さでいっぱいになる。
(何その事件と思う方はぜひwikiか何かで一読してみて下さい。ゾッとします。)

 

わからないものは怖い。

 

クリーピーも、まさか、そんな、ばかな!と観客に思わせながらも
その不条理さにいつの間にか深みにはまってしまうものの怖さをより映画的にリアルに体感させるためのズレであり理不尽さを
登場人物達の不可解な行動に込めた
のかなあと思った。

 

 

よく自分の行動や考えでも上手く整合性を取って説明が出来ない事ってありませんか?
人間全ての人が合理的に考えて行動しているわけではない。

ふとしたときに、いつもなら取らない行動や発言をしたり
どう考えてもそれはやらないだろうということをやってしまったりするのではないか。

 

人という物の不可解さと恐ろしさ、底の知れない感じを存分に映像的に体感しつつ
娯楽として楽しめる極上の映画。

 

映画館でやばいよやばいよーって思いながら観てみてください。


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM