04-11-16_08-34.jpg
土曜日最近オープンした蕎麦屋へ。鴨せいろを頼みました。味はまあまあ。お店も洒落てました。
店が繁盛しない通りなのですが是非頑張って欲しいのでまた行きたいと思う。

冷凍食品4割引だったので、冷凍パイシート購入。紅玉も安かったのでアップルパイを作った。
アップルパイ
りんご一個を12等分に切って、200ccの水に30〜50gのグラニュー糖とレモン汁をいれて沸騰させた中で10分煮る。
水気を切って、シナモンを振り、パイシートの上に並べてもう一枚包丁で切れ目をいれてパイシートをのせるだけ。
卵黄塗ってオーブンで10分くらいで出来るので小腹が空いた時に作る超簡単バージョン。
冷凍パイシートの裏面に載っているレシピですが、重宝しています。

元ネタはイトーヨーカドー。
寒くなってくると鍋ばかり食べています。

材料4人前
切り餅(二つに切る) 6枚
とりひき肉  250g
生しいたけ(四つ切)  5枚
糸三つ葉(4cmくらいにきる) 1把
白菜(ざく切り)  1/4株
大根(すりおろす) 1/2本

1.白だし(ヤマキなど)を水で割って鍋で温める。白菜もいれる。

2.ボウルにひき肉と長ねぎみじん切り(1/2本分)、しょうがみじん切り(適当)、片栗粉(大さじ1)、卵(1/2)、酒(大さじ1〜2)、塩・こしょう(適当)をいれて練る。

3.揚げ油を熱して、もちを揚げる

4.もちのあとにひき肉をスプーンですくって揚げる

5.白菜に火が通ったら、鶏団子としいたけを入れる

6.さっと煮たら水気をきった大根おろしを加え、揚げもちをいれ、三つ葉をくわえたら食べ始める!
※あまり煮立てるともちがドロドロになるのでそうなる前に火をとめて食べつづけるとよい。

鶏団子が面倒な時は、鶏肉や豚肉をただいれるだけでも結構美味しい。お餅の替わりにお豆腐にするとものすごくアッサリ。(若い人には向きませんが)

白だしはすごく使えるので重宝してます。関西風のあっさり味が好きならオススメです。
このまま鍋の汁が残ると、うどんをいれて次の日食べてます。
ご飯を入れて+味噌+バター+トウバンジャンをいれたピリカラのおじやもgood。(お好みで最後とき卵を加えて半熟状態で火から下ろす)

本日お昼はキムチチャーハン。
キムチチャーハン
画像わかりづら・・・。
具は、大量のキムチにねぎ、万能ねぎ、卵、豚肉だけのふつーのもの。

キムチがポイントです。会社がバリバリのコリアンタウンにあるので、会社帰りにむこうのおばちゃんと息子が道端で売ってたものを買ってきました。
600gくらいで500円。
片言の日本語で「電車?電車?」と聞かれたので「ハイ」といったら
袋を3重にしてくれました。
塩、胡椒に中華あじ、火を止めるときにひとまわりだけ醤油。
中華料理店でバイトしていたとき、通常は醤油はいれないものと教わったんですけど、この最後のひとまわしが美味しいんですよね〜。

函館旅行の時に食べたスープカレー。
スープカレー ベジタブル
北海道でカレーといえばここ数年で「スープカレー」のことを指すといわれて連れて行ってもらったお店。本当は○○(名前失念)がオススメなんだけど、時間の都合で・・・と前置きがありましたが、食べたことがないので比べようのない私にはどこでも良かったです。辛いもの好きなので普通に美味しかったし。話のタネになりますし。

夕方6時くらいに行ったのですが、品切れのメニューが多くてベジタブルだったかな〜それを食べました。野菜は全部揚げてありました。
辛さも10段階。私は4だか5だかでしたけど、もうちょっと辛いほうが好きかも。連れて行ってもらった友人(転勤族の方)は最初
「なんじゃこりゃ。まずい・・・」と思ったそうなんですが(笑)食べているうちに病み付きになったそうです。

お店によって味とか全然違うようなので、ガイド本やランキングなんかもあるようですね。カレーとラーメンは個人的好みが大きく反映しますよねえ。函館ラーメン=塩味はドンピシャでしたが、スープカレーはもうちょっといろいろなところを食べてみたい。

私の中でのカレーの辛さ基準は東京千代田区丸の内2-2-1 岸本ビル地下1階
サングリアのチキンカレー♪(大手町にもあるらしいがいったことなし)
近くで働いていた時よくランチで弁当配達してもらいました。5個以上だとオフィスに配達してくれて、10個以上だと5%引きになるので、人を集めまくってカレーの会やってました。午後のカレー臭の中仕事するのはちょっといやだったけど。

函館市内ではなく近隣の森町新川町というところにあるお寿司屋さん、梅乃寿司。8月に行った函館旅行で友人に連れて行っていただき3人でたらふく食べてきました。

カウンターに座ると、前の壁が窓になっていてお庭がみえるのが風流です。
ここのお寿司は一貫がこぶりで食べやすく、また少しずつ手を加えて工夫を凝らした華やかな味付け。店主さんはさりげなく調理法や魚の揚がった漁港なんかの情報をこちらに話しながら出してくださる。味付けしたものは押しつけがましくなく、これはそのまま召あがっちゃってください、ニコッという感じ。カウンターなんて座り慣れていない人間にも気さくで落ち着きます。

いくらは可愛らしいガラス食器に飯の上にふんわり乗っかってでてきました!味付けも絶妙で三人で再度リクエストしてしまったくらい美味。たらこのお寿司というのもはじめて食べた。大きなタラコをスライスして乗せてありました。上に白胡麻がすこし。生臭くなく、ほのかにごまの香ばしさが広がっておいしい。日本産のタラコといえば北海道だそうで。博多の明太子もいいものはこのあたりでとれるものを加工してるとか。

北海道らしいものを食べていってくださいと、イカ(切れ込みがいれてあり大根卸しが少し上に乗っててさっぱり味)帆立(カボスが絞って少し掛けてあったと思う)やぼたん海老、近海でとれたマグロ、貝2種(名前失念・・・)などなど。

そして家人は穴子の美味しさに感動してました。この旅の中で一番おいしかったと申しております。

惜しむらくはさんまの握りを食べ損ねたこと。この日はひかりもの、青魚系をいただかなかったんですよね。関東といえばアジ、サンマ、イワシが日常の魚で迷っているうちになんとなく食べそびれ。。。
この出始めのサンマはサッパリした味わいでお勧めですよといわれた声が頭をこだましてます。旬になると脂がのる分鮨には向かないそうです。だからもう今の季節では食べられない。(多分)

なんでも温暖化の影響で私はさんまといえば千葉銚子漁港と思ってましたが、今漁獲高は北海道の10万トンに対し千葉1万トン。(フリーペーパーR25より)
サンマといえば北海道になってたんですね。なおさら心残り。

最後にデザートでいただいたかぼちゃぷりんも幸せになる旨さ!二人して洋菓子屋に勤めていたことがあるので特に家人は甘いもの好きなのでメロメロっす。
思わず教えてもらって近所でかぼちゃ250円ナリを買って帰りました。このかぼちゃ固くて切るのが大変だったので、これは美味しいに違いない(かぼちゃは固いものが美味しい)と思ったらやはりおいしかった。近所のヨーカドーでは同じくらいの北海道産かぼちゃが800円くらいしていてほくそ笑んだ。義母にはもっと買ってきて欲しかったと残念がられたくらいです。

肉より魚な私はもちろんダンゼン肉派の家人も食べ尽くした三日のうちで一番おいしい体験でした。近くに行かれる際には是非!とオススメします。



最後に余談。なぜ今ごろ旅先で食べたもののことを書いているかというと回りまわって店主の方が旅行時忘備録用に携帯からUPしておいたものをみたという話をきいたからです(笑)
ブログはロボット検索(ヤフーやグーグル)にヒットしやすいというのを意外なことで実感しました。
アクセス解析で、「梅乃寿司 ホームページ」「梅乃寿司」というキーワードが散見されたのでなんでかなあと思っていたのですが。
たいしたことが書いてなくても文中で何度もでてきたり、検索された単語にどんぴしゃだと検索結果上位にくるので、検索を信用してはなりません(笑)

いやほんと、思わぬ単語が検索にひっかかっていたりするのですよ。Metaタグなんてほんとに見てるのかな・・・。

胸肉って安いですよね。サッパリした味わいで好きなのでよく買います。そのときにセットで作る2品。

鶏胸肉のホイル酒蒸し

分量2人分
・鶏胸肉1枚(サッパリした方が好きな人は皮をむく)
・玉葱1/2個
・エノキもしくはシメジかしいたけなどのきのこ類パック1/2。しいたけなら1人1枚
・にんじん輪切り幅7mmくらいのものを1人につき2個(クッキー型などで型抜きすると可愛い)
・オクラ1人につき2本かサヤエンドウ1人につき2枚

・調味料(1人に付、醤油大さじ1、酒大さじ1、塩少々)
・レモン櫛型に切ったもの1個ずつ

1.野菜を食べやすい大きさにきる。玉葱千切り、エノキは根元切って更に半分にきる(しめじならいしづきとってばらす。しいたけならいしづきとるだけ)にんじんは輪切り、オクラはヘタを切る。サヤエンドウなら筋をとる。
他にもお好みの野菜で。

2.胸肉1枚は薄くたたいて削ぎ切りっぽく半分に切る(薄めにすると火がとおりやすいから)

3.にんじんとみどりのものは熱湯で茹でる

4.アルミホイルに切った野菜1人分(ゆでているもの以外)のうち1/3をひく。

5.鶏肉をのせる

6.上に残りの野菜を載せ、ゆでたものを彩りよく並べる。上から調味料をふりかけてホイルを閉じる。

7.レンジを使ってもいいが、早く作るならフライパン。アルミホイルを並べて水を1cmくらいひく。中火にかけてふたをする。水が減ってきたらそのたびごとに足して(ホイルの中には入らないように)10分くらい蒸し焼きにすると出来上がり。

8.レモンを絞って食べる。



蜂蜜レモン風味の鶏胸肉ソテー

下準備:酒蒸しを作る際に一緒に鶏肉を同じように切っておき、残ったレモンを輪切りにしておく。

鶏肉1枚に対して、

・お酒もしくは白ワインを大さじ1〜2と塩コショウを少々。蜂蜜はやはり大さじ1くらい。

1.ビニール袋を用意して、鶏肉と調味料、レモンを放り込み、ビニールの上から揉みこむ。

2.口を輪ゴムでしばって一晩くらい冷蔵庫におく。

3.(2,3日ならもつので)食べる時にバターかオリーブオイル(サラダ油でもよいが)を大さじ1くらいひいて皮がついている場合は皮目から焼く。

蜂蜜いれなくても美味しいです。これはお弁当用によく作ります。冷めてもおいしい。
鳥もも肉でもやります。唐揚げとか揚げるのめんどうだし。ジューシーになるんですよ〜。



酒蒸しは簡単だし、野菜は残り物でも充分なので安上がり。鶏肉は鮭になったりします。こってりさせたい場合はバターを少し入れてから蒸す。皮はむいた場合適当に切って揚げて塩を振るとおつまみになりますよね〜。

アジやタイの場合は、深手のお皿にアジ(比較的大きめがよい。小あじは向かない)なら3枚卸の骨を抜いて食べやすい大きさに更に切り、タイなら切り身で皮目を上にして下に昆布をおいてお酒を塩を振り、ラップをしてからレンジで5,6分暖めると変形酒蒸し。
盛り付ける時に、ピーマンとトマト、玉葱のみじん切りにタバスコ塩コショウ、レモン汁で味付けしたサルサソースを上にかけたりするとちょっと違った味わいで食べられます。ソースを変えると味も変わるので、イタリアン(イタリアンにする時は酒は白ワインにする)にしたり中華風や和風あんかけを作って食べてます。

タイで和風あんかけにする場合は、かぶをすりおろして、だし醤油味のあんの中に入れてさっと温めてタイの上からかけてあげるとかぶら蒸し風になります。温める際にレンジ使ってもよい。レンジの場合は山芋とかぶを混ぜてあんを張ったタイの上にこんもりと山芋入りのかぶをのせると出来上がったとき卵白風になります。細かく切ったゆずの皮とかのせると風味もよい。ちょっと秋〜冬向き。

サルサソースはイワシにもよく合います。夏向きな味ですが魚よりは肉!って人にも好評。サラダにかけたりサンドイッチに挟んでも美味しい。

昨日作って家族に好評でした。NHKきょうの料理が元ネタですが、老人やあっさりした味わいが好きな人用に分量をアレンジ。

<材料/ごはん3合に対して>
長芋・・・400gくらい(茶碗1.5人分くらい?)
牛そぼろ・・・150g(本では2合で180gでした)
万能ねぎ・・・御飯茶碗2/3くらい(本では適量・うちはねぎ多めにしました)
白いリごま・・・適量(大さじ5くらい。これもうちは大量)

牛そぼろ用調味料・・・醤油大さじ1.5/みりん大さじ1.5/酒大さじ1くらい。ようは適当。

ごはん用すし酢・・・すし酢大さじ4くらい?(酢の苦手な人がいるので少なめ)手作りするなら、酢大さじ4/砂糖小さじ1.5/塩こさじ1くらいらしい

1.御飯にお酒大さじ1と昆布を入れて多少固めに炊く

2.長芋は1cm角に切って、酢水につける

3.牛そぼろは調味料と一緒に火にかけ、汁気がなくなるまで炒り、そぼろに

4.万能ねぎは細かく刻む

5.御飯が炊けたら、ボウルか桶に移し、すし酢をかけながら混ぜる。

6.牛そぼろと長芋を一緒に混ぜる。この時味見をして一味足らないと思ったら、薄口醤油を大さじ1くらいいれると味がしまる

7.万能ねぎとごまを混ぜたら出来上がり。

せっかくなのに写真がないのですが・・・。この3合で4人が夕飯を食べ、本日お弁当用に2人前分使って完食。

夕飯は、これに
・ぶりの照り焼き
・大豆とヒジキと油揚げの煮物
・レタスとプチトマトのサラダ
・きゅうりの糠漬け

本日のお弁当は
・大豆とヒジキと油揚げの煮物
・かぼちゃの煮物
・きんぴらごぼう
・チーズかつ(冷凍)
酢飯なので、お弁当にも向きます〜。おかずは全部残り物というか常備菜。

大豆の煮物は、大豆の水煮ではなく、豆を水から戻して煮るというひと手間で全然違うものになるので、毎回豆買ってきます。コリっとする食感がグ〜♪


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM