日中離れている鈴太郎の様子と文章構成力の向上を狙って小学校に入ってから日記を書いて貰っています。

が、当初の目標は全く持って達成されていません。
日頃の様子はまったくわからない上に、文章力もへったくれもない脱力モノの3行日記を毎日見せられています。

それはそれで面白いので、そのままやりとりを続けています。
きっと本人10年後には火を噴くほど恥ずかしいと思うけど(笑)

今回はその軌跡を・・・(ヒドイ母親だw)
しかも、今回の食べ物編に続き、勉強編、日々の生活編とまたも3部構成でお送りします。
どこに需要があるんだ、いや、ない。

でも、書くw

鈴太郎は現在毎日5食。
朝昼晩プラス学童で3時のおやつ、帰宅後に6時くらいに軽食。

この軽食なんですが、1週間に1,2回うどんなんですね。
鈴太郎は、香川県はうどん県という名前もあるといったら
真剣に香川に引っ越したいといったくらいのうどん好きです。


彼の中で外食の選択肢も、寿司(鉄火とかっぱ)、ラーメン餃子、うどん
この三択しかないくらいです。

なので「うどん」の単語は頻繁にでてきます。

ある時はこのように表現されていました。


これはですね〜、実は凄くいい昆布を貰ったんですね。
贈答用の。
で、味わいを少し変えようと思って、肉を入れるときは豚肉が多いのですがこの時はささみをいれてすまし汁風にしたのです。
そのささみも、片栗粉をまぶしたものをくぐらせてちょっとぷるぷるしたくず粉風のささみだったんですね。
これが、鈴太郎の中で大ヒットだったらしく。

が、わたくし、いつも感覚で味付け等してしまうため、同じ味の再現ができませんで・・・
何度かあの味をと言われて同じように作っているんですが、未だにこの時を越えられていないという(笑)

別の日。
こちらも「うどん県」香川の美味しいうどんを食べようとしたときの日記。


宣言通り、私の分も奪って食べまくっておりました。
家人が食べられなかったのは、帰宅したときに私が寝てしまい、茹でる人がいなかったからw
80を越える義父が家事は実は何でもできるのに、いやそれゆえ家人は料理が全くできない。
鈴太郎にすら「パパはパスタの麺しか茹でられない」と笑われていますが
饂飩の麺も茹でられないのだ!!(笑)


オヤツをあえて用意しなかった日はこのような小姑のイヤミのような日記を書かれました・・・


うちがうどんしか食べていないみたいなので、最後にそれ以外の食べ物の話題を書いている時のもの。


絵がやっつけ過ぎて、アジフライとポテトってかかれているのに絵がどれを表しているのかうっすらとしかわからない(笑)

私自身は学校が嫌いな子どもでした。
特に小学校の低学年は友達はさしていないし
授業中は指されたりしてみんなの前で話すのはキョーフだし
毎日が曖昧な状態で何をしていいかわからないし
と非常に消極的でネガティブな子どもだったので
家で1人で絵を描いたりして閉じこもっていたいと思っていました。

それが、子どものためにと去年から今年に掛けてはよく学校へ行きました。(いや、行っている。現在進行形)

鈴太郎は基本私に似ているから、保育園は進級する毎にびーびー泣いていたし
友達?何それ?食べられますか?くらいなマイペースぶりでしたが
(私も保育園に行きたくないと年中で半年間号泣していた)
なんの憂いもなく、楽しく学校に通っていたとのたまう家人にもちゃんと似てくれたようで学校は楽しいそうだ。
勉強がなければ毎日通いたいと言われましたが、それ、学校じゃありませんから。

だからといって、天真爛漫なガキ大将というタイプではないので
先生に様子を聞いても、休み時間は中庭の隅で虫探しとか相変わらずの地味&マイペース男子。
未だに友達と放課後や休みの日に遊ぶ約束をすることもまともに出来ない。

例)明日遊ぼうね!という一言だけで帰ってきて、どこに何時という約束を全くしてこないとかザラ・・・

先日は授業参観の後に、今度行うお楽しみ会用の準備で子どもたちの写真を撮らせて貰った。
今のクラスはよく言えば元気で、悪く言えばかなり落ち着きがなく、先生が随分苦労されている。
なにせ、授業中じっと座ってられずに、別の子にちょっかいだす子が複数。
うち何人かは、けんかっ早いようで、たまにしかいない私の目の前でもすぐ小競り合いをする。
鈴太郎なんか、下手に関わるとすぐ泣かされるらしく、女の子にも殴りかかるときいてそういうのはみかけたら
他の友達と一緒でいいから全力で止めろと言ったら、全員やられちゃうからムリって
どこのジャイアンだよ、っていう状態。
ムリっていう鈴太郎にも天を仰いじゃうんだけど。

そのジャイアンたちも個別に話すとまだまだカワイイものなんだけどね。
子どもの世界、学校の世界では色々あるんだろう。
高学年になる頃には、周囲とのつきあい方や自分の気持ちを上手く測ることができるようになっているといいんだけど。

子どもたちと一緒に給食も食べてきた。
ラーメンも鶏ガラから出汁を手作りで作る
(予算の関係である程度製品になっているものは逆に仕入れられないらしい)給食は
食に小うるさいジジイ味覚の鈴太郎も大絶賛の美味しさで、人一倍食べている。
年に1回試食会もあるんだけど、平日でなかなか行けないので
やった〜、ラッキー☆とホクホク食べてきたけど、確かに美味しい。
美味しいね〜みんなが羨ましいよ〜と言ったら、でしょ?美味しいよねって返ってきた。
ついでに、鈴太郎、母ちゃんと給食たべるなんてそうない機会なんだぞっていう言葉も飛んできたw

いま市内の小学校は民営への委託が徐々に始まっていて、給食センターへ切り替わりつつあって
すでに完了している中学のほうはやっぱり生徒達に言わせると小学校の比べて不味いそうで。
私自身は、給食センター育ちで、センターも学校から見える位置にあったせいか
給食も温かかったし、そんなに不満はなかったけど
学校の給食室からの美味しそうな匂いはやっぱりいいよね。
市でも放射性物質検査を続けてくれているし。
というわけで、給食費なんて1000円単位で値上げしても構わないから学校の給食室で作り続けてくれないかなあと密かに思っているんですが。
いまの月額4000円前後の給食費すら払わない(払えない?)人が沢山いるっていう現状。
給食費の滞納が多くて給食の量が少し少なめらしい。
なんだかなあ・・・。
子どもの貧困率がえらい勢いであがっているらしいけど
超高齢化社会で困ってるんじゃないのか、日本は。
親も親だと言われるのかもしれないけど、日本で一番金持っているのはいま老人だからね。
ある一定の基準からは無料にするとか考えても良い気がするんだが。
そういうことすると公平さが保てなくなるから無理なのかなー。
ほんと、老人の数が多くて選挙にも一番行くからといってあんまり子どもをないがしろにしないでほしいもんです。
義務教育には国がお金をかけてほしいなあ・・・と現状を聞くたびに思います。

JUGEMテーマ:育児

鈴太郎は給食ではなんでも食べているくせに、家ではそりゃあ選り好みします。
相変わらず、超和食党で
もずく酢
キュウリのぬか漬け
納豆
お浸し
白米
あたりがご馳走というなんとも手軽な男。

イコール作り甲斐がないともいう。

義母が色々と手の込んだものを作ってくれて日々そのおすそ分けをいただくのだが、見慣れないものは絶対に口にしない。

先日もジャコと豆の入った混ぜご飯を作ってくれたのに、匂いかいで
げえ〜
などと言うもんだから叱った。
作ってくれた人を悲しませるような態度や言動をとるな、と。
結局一口も食べず、冷凍ご飯を解凍して食べてるし…。

給食でも炊き込みご飯だと思って食べた深川飯を吐き戻したりしたり…まったく。
躾がなっていないといわれても二の句がつげん・・・。

なのだが、カツオと昆布の出汁の匂いは大好きで、作ってると鼻をヒクヒクさせながら
「いい匂いがする〜」
と寄ってきます。
この世で一番良い匂いなんだそうで。

祖父母たちからはもっと色々なものを食べろと言われてますが、ガン無視。
海外いくと、今のところ台湾以外は少しハンスト気味になってます。
仕方がないので持って行くレトルトも汁物以外は今の所ダメでご飯などは不味いと一口で終了しその後ガンとして食べなかったし、機内食はほぼ口にしたことがない。
普段から外食もかなり選択肢が限られるのであまり行かない。
が、これはこれで、小さい頃は食物アレルギーをこちらが制御しなくてもよくて助かったし、震災後はまた別途気をつけるべきものがあるから、勝手に何でもかんでも食べないのはある程度助かっている。

これらの行動や好みが、実はまんま私の子どもの頃と同じ。

けれども私は更に偏食が酷くシャレにならんレベルだったので、でんぐり返しやスキップで捻挫する子どもでした。
1ヶ月に一度は風邪だなんだと寝込んで小学校入学前は年の半分位休んでいたんじゃないかな。

鈴太郎の場合は、好きなものは食べまくり警戒すると全く食べないと偏ってはいるけど、結構野菜や豆類を食べるので栄養素的にはそんなに偏っていないと思う。
母乳のみだった赤ちゃんの時以外貧血にはなってない。血液検査をまだたまにやるのだけど、血中の鉄分やカルシウムのバランスも良いといわれるので、本人なりのバランスで食べているんだろうと思っている。
とりあえず、色々手を加えると食べないことだけはわかってるので、茹でるだけとか蒸すだけ炒めるだけみたいなシンプルな調理方法を多用する結果、更に作り甲斐がなくっているのですが(笑)
あとは、なんでもスープにしてしまうw

そして、具合が悪くなるとご飯も食べずにひたすら眠り続けて治してくれるので本当に助かる。
それも金曜夜が圧倒的に多いので金土と休むと復活する。
このおかげで会社を殆ど急に休むことなく通勤出来ている。
私も同じで、具合が悪くなるとひたすら寝る。こういうところまで似るんだね。
その後同僚のお子さんが体調崩してパパが休むとなると子どものいない同僚がまた?と言っていたのが
それくらいが本来フツーだと思われ。

産む前は、自分のように小さい頃身体が弱かったり疳の虫が強いタイプなら仕事を辞めようと思っていたので
働く母にとっても親孝行なタイプに産まれてくれて感謝している。

神様、ありがとう。

よだん。
紫微斗数でみても、鈴太郎の健康運はとても良い。
まあ、さんざんヨワヨワで親を苦労させた私も実は健康運が良いのだが(爆)

JUGEMテーマ:育児

自分も相当ボーッとした子どもだったけど、親の立場になるとあれはイラっとしますねぇ。

マイワールドの強固な壁を築き上げ、集団行動なにそれ食べられるの?
くらいの鈴太郎は今もって半分くらい人の話を聞いておらず、ポワンと生きております。

いつもコントかな?って思うのが
トイレに大の方で行くとき。
トイレに行く10歩くらいの間に忘れるらしく
うちは古い造りなのでトイレは男性用の和式と洋式2つくっついてあるんですが
その男性用の方で小をやるわけ。
で、途中でハタと「あ、違う。ウンチに来たんだった!」と気付くらしい。
いつも、バタバタと駆け込んで小→「漏れる!」っていいながら横の洋式に移動→ホッとした顔
というアホなことを繰り返している。
しかも、トイレがコワイらしく、どうでもいいことを大声で話しかけてくる。
「あのさーあのさー、ねーお母さん聞いてる?!」
「なーにー?」
「いまボク鼻水でてるかでてないかわかるー?」
「・・・(マジどうでもいい)」


先日は一年生から今も使用しているはずの道徳の教科書をみたことも聞いたこともないといって出てこず。
結局連絡帳に見あたらないので教室においてないか本人に確認させて欲しいと書き込む羽目に。
が、帰ってきたら、ランドセルの妙な空間にひっそり挟まってたらしく「出てきた」とケロっといっていた。

算数のノート何気無くみたら7月で終わってる!
え?今どうしてるんだ?と思って聞いたら
「あ、そうそう買ってこいって先生に毎回言われてる」
おーい!
もう9月中旬ですが。

休みの日まで買いに行けないので、どこに書いてるのかと聞いたら
学校から配られているドリルの答えを書くノートの隙間にギッシリ書かれてる・・・。
見かねた先生からも算数のノートを買ってあげてくださいと連絡帳に書かれて帰ってきた。
保護者会の時に、気付いたのが最近ですみませんと先生に話したら
「本人には何度かご両親に買って貰ってねって話したのだけど通じて無いようだったので書かせて貰ったのだけど、工夫してドリルのノートにきちんと書いてるから、応用力あるし大丈夫よ〜」
って言われた(笑)
逆に連絡帳に書かれたら、週末に買いに行くって行ってるのに
毎朝「買ってきてくれた?!」と責められ、なんだこのスイッチの入り方は。
頭に来たので休みの日にはさんすうとこくごののノートは2冊ずつ買いました!うはは。

そうかと思うと、こちらが出した漢字書き取りの問題には
これは学校でまだならってません
と細かく書き込んで本人曰く学校で習ってない漢字は意地でも書かない(笑)

今日の体育は何やったの?って聞いても
「うーん・・・、忘れた!」
って笑顔でいうくせに本当に習った漢字と習ってない漢字の区別がついとんのか?!

アンバランスさが面白いといえば面白いんだけど
なんだありゃ。

美術教室は本人が謎の作品を嬉々として量産する中、おじいちゃんに
またゴミを作ってきたのかとせせら笑われております。
容赦ない(笑)
でも、本人まったく意にかえさず。
マイペース君で良かったと言えば良かった。
がんばれw

誰に似てるのかと言われると、私なんだけどね。
義父母がたまーに、大丈夫か?って言ってますが、たぶん大丈夫。いや、しらんけど。
私一応結婚もして働けてるし。

とはいえ、日々微笑ましく見守るなんてことが出来ず鈴太郎とは喧嘩しまくっております。

ものすごく偏ったメモ。
プログラミングと映画のみ。
なので備忘録。ここで以前エントリあげたものもいくつか混ざってる。

プログラミング、ゲーム系

ヴィジュアルプログラミング言語
Viscuit ビスケット
コンピュータを直感的に知る、プログラミングで遊ぶ。
幼児〜小学生向け

みんなでたのしくスクイーク
スクラッチ(Scratch)
小学生にも使える教育用プログラミング環境
ワークショップは小学3年生あたりから
これはいわゆるプログラミング言語の基礎がつまってます。

映画関係

映画について楽しく触れる
東京国立近代美術館・こども映画館
毎年夏休みに映画の歴史やはじまりをたのしく学べるイベントを開催。

映画をつくる
こども映画教室
全国各地で数日間のワークショップでこどもたちが映画を作る催しです。
講師に映画監督がくる豪華なもの。

一緒に観るなら
ママズクラズシアター
TOHOシネマズ系列で全国で展開・木曜日の午前中上映が基本

子どもたちの世界映画祭
KINDER FILM FESTIVAL
夏に調布で行っている映画祭が主体ですが、他の地域でも開催すること有り。
ベルリンの同映画祭をモチーフに日本でも始まったもので、世界中の子供向け映画を上映してくれます。
さらに、映画を楽しむワークショップや駄菓子屋さんが出店など子どもが楽しめるイベント盛りだくさん。


番外
The World Education Games
ユニセフが主催する子ども向け教育プログラム。
ゲーム形式になっていてネット上で世界の子と競いながら問題を解いたりできる。
基本英語なので、算数の計算以外は日本人には不利なんだけど英語やってる子ならSpellodrome、Reading Eggsもいけるかな?
今年度版は覗いてないので変わってるかもしれないけど。


NHK for School
いまのEテレ、教育テレビの子ども(学生)向けコンテンツ一覧。
ことばドリル(小学1,2年向け)はな〜んと劇団・ヨーロッパ企画が関わっているようです。
本多さん(←劇団員)がいるだけで笑えるw
にほんごであそぼはちょっと奇をてらいすぎてて「んー」となることがあるので、これくらいバカバカしいコントを繰り広げてくれるほうが国語の世界にはいりやすいかなーと個人的には思ってます。
同じように低学年向けで算数だと「さんすう犬ワン」(スギちゃんとかでてる)がある。
これも子どもが食い付くと言う意味で良くできてる。
私としては高学年向けのさんすう刑事の方が役者さんたちといい好みだけど(笑)
あとは、大科学実験、考えるカラスがあたりがお気に入り。
考えるカラスの中にでてくるアニメ「デデニオン」に家族で笑ってます。

子ども向けから離れるけど「グレーテルのかまど」も好き。
なにげにEテレは面白い番組の宝庫。
 


先日、鈴太郎の友達の家へと家族ぐるみで遊びに行った。

風呂にまで入れて貰いパジャマまで借りて帰ってきたのだが、そのパジャマでゴロゴロしながら

「あー、A君の匂いがする〜。すぐ横にいるみたいで眠れない〜。」

などと宣っては息を大きく吸い込んでうっとり目を閉じていた。



なんすかね、このボーイズラブ臭は(笑)



もう数年前の話だがA君も、保育園の1階玄関に登園してきた時

2階で私と朝の準備をしていた鈴太郎の匂いをかぎつけ

「鈴太郎くんが上に来てる」

と言い「え?そうなの?」と思うA君親を置き去りにして駆け上がってきて「やっぱりぃ〜」

なんてこともあった。



A君曰く、鈴太郎からは柔軟剤のようなA君の好きな良い匂いがするんだそうな。

ちなみに、私に対してそういうことは言ってこないし、A君の親御さんも特になんらかの匂いや香りがするとは言われない。



うちは柔軟剤を使っていない。

なぜなら、私が柔軟剤でかぶれたことがあり

その血を鈴太郎も受け継いでいて赤ちゃんの時肌がヨワヨワだったため

基本生まれてこの方、洗濯は洗濯石けんと重曹なのである。

お風呂のバスクリンもやめてもらい、お風呂用石けんは、生まれてこの方ずーっとbunnyさんに作ってもらっている石けんを愛用中。香りの強いものはシャンプー等含め使っていない。



けれども、別の子のお母さん2人ばかりにも

うちで洗剤や柔軟剤は何を使っているのかと聞かれたことがある。

鈴太郎から良い匂いがすると言われたのだ。

やっぱり、私に対しては同じ匂いがするとは言われないんだけどw



私が嗅いでも特別良い匂いがするとは思わないんだけど、家の匂いなのかしら?

でも、中学生くらいになると男子特有のなんともいえない男臭さMAXになるんだろーなー。

私の知る弟の記憶によれば。朝晩風呂だシャワーだとやってもねー、あの匂いは消せないのだよ。(たぶん)



現在汗臭い時の鈴太郎の頭の匂いを嗅ぐと思い出すのは鳥の匂いなのである。

セキセイインコの匂いがするんですよ。

髪の毛の感触もセキセイインコに似てるので、120cmくらいの巨大セキセイインコを想像してしまう。

鈴太郎の場合は、黄色い頭に黒いシマ、黄緑色の腹をしたヤツね。イメージとして。

あー、かわいい。

でも、120cmのセキセイインコが実在したら超こええ!

それでも、もうしばらくはインコの匂いでいてねと思う変態母なんである。


鈴太郎の習い事に美術をチョイスした。
ぶっちゃけ大変である。
習い事そのもの自体ではなく送迎がってだけなんだけど。

わりと遠いんです。

そこへもってきて、義父がどうも先生のことを気に入らないらしく
そんなに面白くない顔で帰ってくるなら通わせなくてもいいんじゃないか?!
と言われたりしてますが、習わせている理由が絵を上手に描いて欲しいとかではないので、そのままスルーしている状態。

通わせている美術教室のHPに書いてあった「人はそれぞれ違ってあたりまえ」という言葉にピーンときましてこれだ!と行かせている。


鈴太郎はかなりマイペースで、自分が良いと思ったことを貫くという意志は強そうな方なのでそれを伸ばしてあげたい。

みんなに笑われるよとか、みんなはこうしてたよ、普通はこうだよねっていうのがどうも馴染めない。

みんなと同じじゃなきゃいけない理由ってなんですかね?
浮いたら、だれが、どう困るの?
それってその場を管理する人が管理しやすいようにそう躾けたり言ったりしてるんじゃないの?
みっともない、恥をかく・・・それってダメなの?
それでイヤだと思えば本人がどうにかすればいいんじゃないの?


と、「求められるもの」に唯々諾々と従うんじゃなくて、なぜ?とまず疑問を持って欲しいんです。
「普通」「常識」といわれるものが本当に「普通」なのかを疑う目を持って欲しい。

だって世の中ヘンなことばかりだし、変な人って沢山いるもの。
それなりにまとめようったって実はまとまらないのが人だったりする。
だから、自分で自分を枠にはめないで欲しいなあという願いがある。

他と違うと苛められるよ、妬まれるよっていうのもアホじゃないかと思う。
自分と同じじゃないから苛めるとか妬むとか。
そんなの、苛める方がおかしいに決まってるじゃない。



はいえ、私も小心者ですから、常に堂々となんてしてません。
っていうか、鈴太郎くらいの頃なんて本当にビクビクしてた。
私の場合は、違うことを恐れるよりも、同じように出来ないことに怯えていた。
なんせ、デキがわるかった(笑)

小学校高学年になる頃には自分がどうしたいかがわかってきてかなりラクになりました。
小学三年の時に引っ越したのですが、教育の必修科目の教科書に載ってたくらい管理教育で有名な市町村で中学なんて、今考えてもそりゃーもー先生の恐怖支配ここに極まれりって感じでした。
あの頃に戻りたくはないけど、「自分」があってヤバい時は逃げ込む場所なりものなりあるならばそれほど困ったりもしなかったんですよね。
今思いだしても、かなり個性的な子が同級生にわらわらいてカオスでした。

でも、その当時その学校だけがそうだったわけじゃなくて、どんな学校でもいつの時代でも人の個性が炸裂してると思う。
それを親や教師が拾い上げるかあげないかって違いがあるだけで。


そんな愉快な同級生話は一部ここに書いてますので、お暇ならw

能ある鷹は爪隠す

芸術家気質1

芸術家気質2−鬼気迫る合唱コンクール編

モテる女その1

釧路湿原と丹頂鶴と私の人生

大丈夫かな?って不安になることはあるけど、1人だけ○○だなんて可哀想とか笑われるよとは子供に絶対言いたくないし本人がそれでヨシとするなら私は味方で居たい。
世間がこういっているから、周囲のみんなはこうしてるからと顔色を伺うと
大事な決断を周囲の動向によって決めてしまって取り返しがつかないこともある。


というわけで、具体的な何かを求めてというより、20年後くらいに何か影響があればいいなと思ってる。
いや、なんの影響もないかもしれないけどw



写真はその教室で作ってきた作品の一部。コラージュだったり、板を使ったり、自分ならどうするか、何を表現したいかを問われるもので、大人の私もちょっとやってみたい。



ようやく日々のペースが整ってきました。
同じ保育園の子は九割方同じ小学校に進んだのですが、クラスでは少なく、かわりに0歳の時に知り合った子が何人か同じクラスになり、親としては何かあったら連絡先を知ってる人がいてラッキーという感じ。
たまにしか会えなかったせいか、生後二、三ヶ月の頃の姿が目に焼き付いているので、同じ教室にちょこんと座っている様子にじーんとしてしまった。

あと、ごく近所に同級生男子が2人もいた。
全然知らなかった私ってなんなんでしょうか。
顔覚えが悪く、実は人にも場にも慣れるのに時間がかかる&1人でも別に構わないというタイプなので、まあゆっくりいきます。
また別の人間関係がじわじわと拡がっていけばよいのですが。

それにしても、小学校って持ち物が多い。
こんなに自分の時持って行ってたんだろうか?
ランドセル以外に学童があるからもう一つ荷物があるのはともかく、さらにもう一つ手提げとかなんだかんだもたせなければならず、いくらランドセルが昔より軽くなったと言われても焼け石に水。

あとびっくりしたのが、家人すまおが習った先生が居た事。
同じ学校とはいえ、30年近く前の話ですよ。
入学式で、あの先生見覚えがあると言われた時には仰け反りました。
ビジュアルが30年近く変わってないからわかったと言われて更に驚愕。
校歌忘れちゃったとかいってたのに。
音楽なったら歌ってたけどw

ちなみに私は小学校三箇所行ったのですが、全部の校歌まだ歌えます(笑)
一つの学校は転校した当初まだ校歌がなく、友達の歌?みたいなものがありそれを校歌がわりに歌っていたので計四曲。
卒業した学校は男女別パートがあったので、男子パートも覚えてる。
が、中学のはあやふやで高校は覚えてない(笑)
高校は第二応援歌というのは覚えている。何かあると歌ったのが校歌よりそちらだったから。
第一もあったと思うがそちらも記憶なし。大学はあったのかすらわからん。

思い入れというより歌った回数と記憶力のよい順という気がします。
小学校の校歌できたばかりの所などは校歌発表会があり散々練習した記憶があるから。

そういえば、式で国歌斉唱の時、新入生がキョロキョロしてたのが感慨深ったなあ。
聴いた事がないのよね。
なのに周囲がみな歌ってるからびっくりしていたという。
国歌は小学校からなんだと改めて気付いた次第。

鈴太郎観察日記が続くビックイベントがここらでようやくひと段落。

4/1から学童へ入り、月曜入学式と相成りました。
給食がまだ始まらないので先週から大人2人分だった弁当作りが子どももいれ3人分へ。
今までの弁当箱では足りないと言われ500ml容量のものを買ってきましたが、今度はご飯が少ない!ご飯多めに!!とのリクエストで彼の大好物のそぼろ弁当でせめてみました。
写真は右が私で左が鈴太郎のもの。


朝はご飯、昨夜のカレー、味噌汁に更に食パン一枚食べたら食べ過ぎで動けなくなってました。アホですねえ(笑)
おかげで予定時間を過ぎ親子ともに競歩か!という速度で出発。
私、文字通り髪を振り乱しながら電車に飛び乗り珍しくリアルタイムでこれ書いてます。

帰宅後もまだ普通なら午前中に帰宅するところを学童で過ごす+昼寝がなくなったので、眠い、お腹すいたのコンボでお風呂前におにぎりを食べてから風呂→夕飯。
食べて明日の用意したり将棋さしたらもう9時には寝る。というか毎日ベットに頭をつけた瞬間に寝るのび太状態。
ようやく自分の時間が!と言いたいところですが、まだおっかけで夜な夜な学校の提出書類書いたり、名前書いたり、バック縫ったりしている。
占いやったり、持ち帰った仕事したりで、私も疲れてます。ええ、おら頑張ってる。
いや、用意の遅い自分が悪いのだが。
五月末まで時短を延長してもらい迎えに行ってる分今迄より1時間早く帰るか事が出来るので、それだけでも全然違う。
本当はいつもそれ位に帰ってたいなぁ。まあ、子どもも頑張ってるので私も上手く生活出来るように頑張るぜい。
でも眠い(笑)

書いたネタが消えた。

が、もう今書かねばすぐ入学なので、思い出せるところだけ書くw

鈴太郎が保育園を卒園しました。
卒園式は火曜日だったので、金曜までふつーに行きましたが。

彼は5年間同じ担任の先生にもってもらったのですが、そういう子どもはそう多くないそうで
今回も、30人の中で3人くらい。
そもそもずっと持ち上がって年長を持つこと自体がそうあることじゃないと聞いたので、新卒ではいって1歳児クラスをもち、子どもたちと一緒に成長してきたであろう先生がもう先月から涙涙の状態で、子どもたちはあっけらかんとしているのがなんとも印象的だったのですが。

卒園式の前日に、子どもたちが先生教室の外に一度出て待っててくれる?と言われ先生は外に出た。
子どもたちがいいよーと言ったので入っていったら
「先生今までたくさんお世話してくれてありがとうございました!」
って声をそろえてお礼を言ったんだそうな。

子どもたちが自発的にそういうことをしたので、先生大号泣だったそうです。
という話を親は謝恩会で先生本人から聞かされた。

うわー、鈴太郎なんて先生泣いちゃったんだよねとしか言わなかったんだけど
そんなイイ話が転がってたなんて!
と感動している横で
「ボク言わなかったよ」
と白状している子がいたりして笑えた。

卒園式でうたった曲の中で私が一番気に入っているもの。
うたったのは一番だけだったので一番のみ歌詞を。
合唱結構好きなんですよね(笑)

BELIEVE
作詞・作曲:杉本竜一

たとえば君が 傷ついて
くじけそうに なった時は
かならずぼくが そばにいて
ささえてあげるよ その肩を

世界中の 希望をのせて
この地球は まわってる
いま未来の 扉を開けるとき
悲しみや 苦しみが
いつの日か 喜びに変わるだろう
I believe in future
信じてる 

んで、それを秋川雅史さんが朗々と歌っているものを聴いてしまったので
それを最後に載せておくw


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM