新年からの連載は川上弘美さんの森へ行きましょう

なんと、ミナペルホネンの皆川明氏が挿絵!

実は、新聞小説が苦手です。
連載で小説を読むのがあまり好きじゃないのです。
一気に読みたい。
本になって読むのとは違うのです。
なぜなら、本の世界に入る前に文章が終わってしまう。
せめてもう少し長く載っていたら。
例えば、国語の大学入試問題くらい(笑)

あれで、さわりを読んで感銘を受けたり感動して全部読んだ作品多いのです。

もっと欲を言えば一回で国語の教科書に抜粋されるくらいの長さがあればなぁ。

朝日新聞に連載された夏目漱石のこころも、国語の授業でいたく心を揺さぶられ夢中で全編を読み、そこから漱石の殆どの作品を読んだくらいです。

でも、今でも新聞小説の量で分割で毎日みせられたら読んでないなぁ…。

が!
皆川さんの挿絵つき。
川上さんの書く世界観と合いそうだし、 絵の世界から引っ張られるかも。

というわけで、読む事に挑戦してみようかと。

海外、行くならどこ?

いいお題だ。
3ヶ月ごとくらいにいろんな国にふらふら住めたら最高だなぁ。

こどもの頃から行きたくて未だに行ってないのはアイルランド。
新婚旅行で行こうとしたら、家人に
IRAに殺されるかもしれないから嫌だと
真顔でいわれ、反論するより前にビクビクされてもなぁと諦めて今に至る。
本当は留学したかったんですよね。
でも、何学ぶ?ってなると英語とアランセーター作りたいくらいのぼんやりしたもので(笑)
それで、親を説得できるだけの根拠にならずw

今行くなら、ミャンマーかノルウェー行きたい。
ミャンマーはごはん、ノルウェーは雑貨が目当て。

現実的にひゅっといけそうな場所となると台湾かなぁ。
2度行ってるけど、食べ物、人の感じがかなり好きで過ごしやすいから。
夏は死ぬほど暑いけど。

ボリビアの塩湖も行きたい。
南極も行ってみたい。
カナダもいいなぁ。
ポルトガルも行きたい。

ああ、きりがない。

紀行番組はた沢山あるから行きたい場所、行った場所の番組をたまに見るけれど
ややっぱり実際行くのと映像で見てるだけは、違うのです。

そんなに知らないところも行くと色々と刺激されたり感心したり、面白い。
世界は広い。
死ぬまでにどのくらいの景色を見ることができるだろうか?

珍しくリアルタイム日記。

ミナペルホネンの20周年記念パーティーへと行ってきました。



お洋服だけでなく、ファブリックを使ったイスや傘、お皿などもあり。
受注もできた模様。
原画も飾られていてじっくり眺められた。


仕事帰りにバタバタと駆けつけたので、あまりよくわかってない状態でふらふらしてました。

来ている方も色んなミナのお洋服を来て居る方が多くて
わー、かわいいなぁ
なんて思いながら、眺めてました。

お料理はeatrip
装花はTHE LITTLE SHOP OF FLOWERS


皆川さんのトークショーも面白かった!
なんというかストイックな職人さんという感じで、でもホワッとした雰囲気もあり。
手描きでのデザインにこだわり、すべてのデザインを何処でどうやって描いたのか覚えている、他のことは何にも覚えられないんだけれどと笑う姿が印象的。

デザインを学校で学んだ経験はなく
プレスという広報宣伝の仕事も、言葉からアイロン掛けをする人だと思ってたとかお茶目(笑)

ブランドが八王子から始まったのは、東京で織物の産地といえば八王子だから、だそう。そして、中央線沿いが好きなんだそうだ。なので、最初は阿佐ヶ谷。
知人の親御さんが持っていたビルの管理兼掃除をすれば安く貸すといわれ、地下に入る居酒屋から電気が切れてますと言われると替えに行ったりしながら洋服を自ら作っていたのだとか。


その時は洋服だけでは食べていけないので、八王子の魚市場でマグロを捌いていたっていう話にもびっくり。
コハダだったかな?しめ方も教わったりで、いまでは料理が趣味だそう。
半年に一度の展示会前には、みんなに作った服を受け入れてもらえず、また魚市場で働けるかなと考えながら少し運動を増やしたりして
よし、まだできるかな
などと思ったりもするという。

20年やってあれだけファンを持つデザイナーなのに!
自分の好きなこと、才能で生きて行くにもそれだけの覚悟が必要って事ですね。
第一線にいる人の声はいつも参考になる。

占い師の自分が頭をもたげてきて
四柱推命だとやはりストイックな傷官かな?
紫微斗数だとマニアックな巨門などよりは陸上やってたり、魚市場での体力仕事、縫製工場などのキーワードから破軍や七殺などの殺破狼系の方かなぁなどと想像を掻き立てられる方でした。


最後は外に立ってお見送りしてくださり。
聞きたい事も伝えたい事もあったけど、本人を前にするとダメですね。
トークが面白くてまたミナのものを買うのが楽しみになったとしか伝えられなかったけど、まあ、いいか。
うちの息子も皆川さんみたいに何かに打ち込む人になってほしいなぁ。
子供の頃どんな事が好きでいまの仕事に何が繋がってるかを聞きたかった。
どこかで聞く機会があるといいな。

お土産。
皆川さんのサイン付き自著。
今からゆっくり読みます。

自分が亡くなったらどうされたいですか?

たまにはブログが出してるお題に乗っかってみる。

ずーっと考えてて、実家でも結婚後も家族に言うんだけど


え?それはちょっと

と言われてるんだけど。

まあ、亡くなった後に家族にどうにかされるならそれだけでいいっちゃ良いんですよ。

戦争なんかに巻き込まれてい遺体すらみつからないなんて方もごまんと居るわけで、家族に看取られて死ねたら御の字というのはある。

日本でも、身内がいなくて亡くなって暫くしてマンションの管理人に発見される老人とかもう普通になってきてるし。

家族がいても遺体の引き取りすら拒否されて無縁仏になってるのが問題になりつつあるとも聞いている。

病院で自宅でどころかか身内に看取られて亡くなる事自体がスタンダードではない。

占いでも身内に看取られて死ぬだろうな、そうじゃないだろうっていう傾向ってでてるんですよ。

まだ真剣に検証した事はないけど。

さて。

亡くなったらどうされたいか
なんですが、可能であれば臓器提供か献体。
その後は散骨か樹木葬。

本音では、お墓とかいらないんです。

私を知る人が心の中でたまに思い出してくれたり祈ってくれたら
嬉しいなぁっていうくらい。

臓器提供も献体も家族からはしないといわれてしまいましたが。

私自身は家族がそれをのぞんだら
どうぞっていうと思う。

本人が望まないだろうなって事なら断るので現在の反応から家族の場合同意しないんだろうけど。

勿論、御墓参りや法事等はちゃんとやります。

親や祖父母等の親族はそういう事をちゃんとやってほしい人達だとわかってますから。

ただ、自分自身についてはどちらでもいいので墓に入らなくても全然構わない。

子孫途絶えたら、どっちにしろ無縁仏になり、そのうち墓も整理されちゃうし。

そう言っても首を捻られてますが。

子供には大人になったら、この考え言っておくと思います。

とまあ、いきなり重い?話でした〜。



無駄な経費を見直すという作業の一貫で、長らく導入していた某社のコーヒーメーカーのシステムをやめ
インスタントコーヒーで代用することになりました。

私自身はコーヒーをあまり飲みません。
発注するにあたって、何が良いか?前後のコーヒー好きそうな同僚に意見を聞きました。

すると、ネスカフェゴールドブレンド派とAGFマキシム派に分かれました。

ダバダー(違いのわかる男)VS(コーヒー)ギフト(はAGF)の戦い。

両者一歩も譲らないので、両方購入してみました。


導入してからしばらくして、気付きました。
棚の手前にあるコーヒーが集中的になくなることを。

つまり、私が意見を聞いた同僚がたまたまこだわりがあっただけで
他の大部分は、なんでもいい、ということを!!

こんなことなら、最も安いコストパフォーマンスの良いものを導入すれば良かった!

といっても、もう拘り派に最初に意見を聞いてしまったので
銘柄変えたらすぐわかりますから!と牽制され今に至る。

子供の頃は、特にクリスマスだから何かをした家ではなかった。

クリスマスプレゼントも何回かもらったと思うのだけど、ほぼ記憶に残ってない。

父親には7歳くらいの時に

うちは無宗教だが、しいていうなら仏壇があるから仏教徒だ!
キリストの誕生日はキリスト教徒のものだから祝う必要はない!

サンタ?いるわけないだろう、そんなもの。

そう言い放たれた記憶は残っている(笑)

というわけで、クリスマスにあんまり夢も希望もなかった。
正月の方が気合の入った華やかな思い出があるせいかもしれない。

大学生担ってからは常にバイト入れてた気がする。
時給がよかったり、この期間出ると重宝されたから。
社会人になったら、最初の会社はお菓子屋さんだったので、バリバリ繁忙期であった。

ので、あまりクリスマスの思い出がない。

クリスマスの日に休みだった時があり、家人と映画を観に行く事になった。

そこで観た映画のチョイスが
ブレアウィッチプロジェクトであった。

邦画のホラーは全く怖くて観られないのだが、洋画ホラーは好きなので、これもいけるかなと思ったのだが、ちょっと眠そうになった。
あまり興味あるジャンルじゃなかったんですねぇw
話題の映画だったから観たかったみたいな。観終わった後の会話が盛り上がらなかったこと(笑)

でも、そんなことも含め意外と忘れないものですね〜。

家人と観たいものが結構合わないので、お互い妥協点を探して作品を選ぶと結構な確率で微妙なチョイスになるという始まりの映画だった気がする。

え?
それ以外の作品?

アルマゲドンとか
陰謀のセオリーとか。

この二本とも、わたしゃ嫌いです(笑)
特にアルマゲドンは、エアロスミスの歌を聴くだけで未だに怒りがこみ上げてくる位、ふざけんなよこのストーリー!って未だに思うくらい、トラウマです。

あれ、クリスマスの思い出話がなぜ、映画の恨み話に…

「鈴之助」という名前とはもう16、7年くらいのつきあいになります。
俳優にまったく同じ名前の方がいらっしゃいますが
何年も経ってから気付いたのでもうそのままにしています。
その俳優さんの方がもっと前から居る方なんですけどね。
(たまに検索で、その俳優さんのブログかと思ってたどり着かれている方がいるのですが、すみません。全く関係ないです・・・ごめんなさい。)

ネット絡みで出会った方にお会いするとき
はじめましてー、鈴之助です!
なんていうと、最初ビミョウな反応をされます。

ネット上ではしばらく男の人かと思っていたともよく言われます。
ネット上で男かもと思われるであろうことを想定してつけたハンドルネームなのでそれでよいのです。
このハンドルネーム付けたばかりの時は、女性だとわかるとネットストーカーとかくるし
エロ絡みの人も寄ってきて怖いこともあるかもしれないから
勇ましい名前にしておけ、と当時パソコンやらネットやらに詳しかった従兄や先輩方に言われ
それならばと、武士っぽい(?)名前にしてみました。

でも名前だけじゃなく、どうも書くことや文章からも男性だと思われることが結構ありました。
いまは子どものことなどを書いているせいか減りましたけど。

「鈴太郎」も「鈴之助」から派生した息子用のハンドルネームです。
息子は知りませんがw
娘だったらここを読んでいる方につけてもらった「小鈴」になる予定でした。
家人にもハンドルネームがあるんですが
家人と書けば事足りるのでほぼ使っていません。
ちなみに、「スマオ」です。







以上
ブログのドイツ語が学習帳さんの
都道府県をドイツ語読みしてみた
より

以前Twitterで流れてきておもしろかったもの。

私は、Osthauptstadt(オストハウプトシュタット)在住。

さて、みなさんは?

このブログさんでは、主な苗字をドイツ語読みにするっていうのもあり
個人的に
ベルクライスフェルトとか
マイスターヴィステリア
あたりかっこいい…

ちなみに日本語で
山田と伊藤です(笑)

年々バイカラーやマルチカラーの色合わせに心臓を撃ち抜かれる事が増えてます。
気づくとバックや靴などの持ち物がバイカラーだらけに。
バックなんかは特に内側と外側が全く違う色合わせとかときめきます。

ここ数年はプラダの広告ビジュアルの色合わせが好きで、この色合わせで編み物を…とか布小物を…と思うのですが、ほぼ妄想で終わってて切ない(笑)

例えば2015-2016AWだとこれ。
このベージュ、水色、ピンクとか。


ここで挙げるのはあくまで例ってだけなんですが
例えば靴なら
ソールとヒールと色がパッキリわかれてるこういうのとか


こういうバイカラーが好き。


お財布とかだとこのセリーヌの
こういうバイカラーとか。


はう〜。
色合わせ見てると幸せっす。
みーてーるーだーけー。

るるる〜。

ちなみにプラダもセリーヌも持ってない〜。
プラダの靴がほっしいの?
と20年前歌ったオザケンが未だに遠いっていう…。

祖母の喪が明けたので迷っていたお笑い年賀状を今年もやることにしました。

行きやすい所にコスプレ等のメイクまでして撮ってくれるスタジオを発見した。

同じような人が結構くるらしく
あ〜、いいですね〜
ご家族で年賀状ですよね?
と受付でサクッと言ってもらえて話が早い(笑)

今まで写真館だと爆笑されながら撮られたりしてたので、こういう意図がわかってるスタジオがあるとありがたい。

カメラマンさんもこちらの目的と意図から構図やポーズを考えてくれてテスト→本番→その場で確認、写真選択と流れるような作業でサクサクやっていただいてよかった。

ここ、通常は宣材写真やプロフィール写真が多いそうですが、ちょっと面白い家族写真とか撮りたい方にもオススメ。

うにスタジオ

家人は
「撮られ慣れてますね。俳優でもやってたんですか?」
などと言われていた(爆)

全くてらいがないんですよね〜。
写真を撮るとたいていよく撮られたいと顔や身体に力みが入って不自然になるものなのですが、家人はそれがないので、カメラマンによくこう言うことを言われているw

チッキショー。
しぶしぶ撮られるふりで楽しみやがって(笑)

というわけで、前回年賀状いただいているお宅にはもれなく配布されますのでお義理で笑ってやってください。

あ、もういらないという方はですね、年賀状こちらに返さなくてOKです!
来なければ察して出しません(笑)

しかし、そろそろネタが尽きてきました。
今回は桃太郎にしてサル、キジ、イヌに扮したら3年間まわせるんじゃないかと考えたんですが(笑)
桃太郎がいないし、桃太郎用の衣装も割高でねぇ。
さるかに合戦も考えましたが、うちの家族でやると、サルが鈴太郎、カニが家人、私はおにぎりにでもなるしかなく…
どこぞの会社の余興みたいなノリなので止めました。

というわけで、全く関係ないネタで攻めますのでよろしく〜。


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

翻訳できない世界のことば
翻訳できない世界のことば (JUGEMレビュー »)
エラ・フランシス・サンダース

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや
  • Qの日フライング ベン・ウィショー(Ben Whishaw)
    Yk
  • 10years
    鈴之助
  • 10years
    いるかねぇ
  • リップスモーク 西形まい著
    鈴之助
  • リップスモーク 西形まい著
    はな
  • アドベンドカレンダー
    鈴之助
  • アドベンドカレンダー
    一休
  • アメリカン・スナイパー
    鈴之助

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM