まさかこの名前を並列で書く日がこようとは!(シェイクスピア風に)

私の友人でこの二人ならどっちが好き?ときくと間髪入れずに
「らもさん」
と答えるのは9割くらいな気がします。
そのうち2割くらいはふじっきーじゃなくてもらもさんと即答しそうな気もします。

あとの1割は私の大事な藤木友達というかミーハー友達です(笑)

勿論私も「ふじっきー!」と答えます。ええ。答えますとも。

私に「今夜、すべてのバーで」を薦めてきたのは、なにげに私の文章に登場している・・・というか生活にもかなりの割合で登場していた時期のあった友人です。
学生時期にああだこうだと趣味の世界に生きたもの同士なのでその影響力はすさまじく。
この友人に借りて最初に読んだらもさんは「ビジネスナンセンス事典」だったことをいま思い出した。あと「らも咄」かなあ。「今夜〜」の前に「白いメリーさん」を借りて読んだわ!
その時期の記憶って忘れていたと思ってもこうしてズルズルと引きずり出されてくるのねえ。


私の中では今回のらもさんの歌は全然わかんないんですけど
らもさんといえば、わかぎえふとちくわです。

わかりやすく書くとリリパットアーミーです。

件の友人が、らもさん好きが昂じてリリパットアーミーを観に下北沢へ行っていてその感想が
「舞台からちくわが飛んでくるんだよ〜」
だったからです。
いや、それ以外にいろいろ言っていたはずなんですけど、私の大脳皮質にはちくわという単語しかもう残ってません。
そのくらい竹輪は偉大。いや、違うか。

枕が長くなりましたが(え?)
そんならもさんが歌っていたという放送禁止用語満載の歌が、放送できるようにリメイク?されふじっきーがそれを歌うっつーのだ。

藤木直人が主題歌で中島らもの放送禁止歌をカバー

放送できない歌を放送できるように替える時点で、それはカバーとはいわないのではないか?と思うんだけど、まあよい。

元歌知らないし。
だからみつけてみたよ。






きっと別物だと思うけど、くだらないっていう意味での同じベクトルで歌われるんでしょうね。

と、日テレ系深夜枠でこれ歌いつつ、ドラマ出るかと思えば
テレ朝系列で松本清張の「夜光の階段」ドラマ化で主役とな。
黒革の手帳男版みたいな感じだとか。読んだこと無いのでらしいとしか言えないけど。

喪服のランデヴー以来の
ラヴレボリューション以来の
観ていてゾクゾクするような役柄に久々に出会えますかね?

共演者に夏川さんと余さんがいるのが楽しみです。
ドラマ2本立てに夏前からツアーがあるって聞いてますが・・・
頼むから、イイ方向に追いつめられた火事場のクソ力的な演技が拝めることを切に祈ってます。

  曜日すでに千秋楽を迎えた舞台ですが、千秋楽前日の土曜日観に行ってきました。
舞台を観るのは、、2年半ぶり。

大きな目的は藤木直人氏の初舞台を見届ける、だったのですが
生瀬勝久さんを舞台で拝見するのは久しぶりで楽しみだったし
橋本じゅんさんもずっと舞台で観たい方だったし
シャキーン(By NHK教育)以外でのラーメンズ・片桐仁さんを観るのも楽しみでした。

チケットはなんと、ゲコゲコさんに譲っていただきました。ありがとうごぜいますだ〜。
おまけに当日会場でお会いしたらおみやげまでいただいてしまった。
譲っていただいた私は手ぶら・・・。次お会いする機会があれば私も何かいい物を!
(なんだろう・・・)
思いっきり私信ですが、スイカ羊羹美味しかったです♪

てさて、作品は劇団そとばこまち初期の代表作。
生瀬さんは初演からすでに3回もでているそうな。

話は忠臣蔵をベースにというか、登場人物と事象だけ借りてきたまさに絵空事。
壮大なフィクションといった作り。
影武者がいたり、偽物がいたり、ゲイだったり、お馬鹿さんだったりとみんなフェイクにもほどがあるぜーというくらい史実からかけ離れた装飾をされた人物達が吉良邸討ち入りへと話を転がしていくのです。

コンサートにいきました。
二年ぶりです。
二年前のちょうど同じ時期、妊娠七ヶ月位の時やはり武道館で藤木直人に行って以来でした。

武道館ライヴといえばほかには
岡村靖幸、Mr.BIG、ミッチー、ウルフルズ…あとは思い出せないがそれなりに来ている。

今回はといえば

F4という台湾アイドルさんです(笑)
このひとたち。
FABULOUS~F4 BEST SELECTIONS
FABULOUS~F4 BEST SELECTIONS
F4,ジェリー・イェン,ヴィック・チョウ,ケン・チャウ,ヴァネス・ウー


ふじっきーもF4も話題としては久々ですが、私は花沢類役が好みなのです。いまでも!一応。
小栗旬もだから好きさ(笑)
※韓国でも今度ドラマ化されるらしいが、写真でみる限りは小栗くんににてみえる。
ちなみにワタクシのごひいき台湾での類役はこの方。
F4 A Go! Go! Go! ヴィック編
F4 A Go! Go! Go! ヴィック編

台湾の人々だし、初の日本コンサートだし、多分私が四人揃ってみられる最初で最後の機会かと思いいろいろと無理をして行ってきた。

いや〜仕事は休める状況じゃないし、家族全員先週から体調不良になるし、私自身疲れからかはやり目になるし熱でるし。

きわめつけは、家人に鈴太郎の面倒みてもらうためにホテルとった。

コンサート終了して帰宅までの時間を考えると家人が早く帰ってくるのは無理だし、帰宅後まで鈴太郎がもたない。(まだ授乳中で夜寝る前は私じゃないと寝ないから)

↑この話したら、友人に
あんた酷いよ〜。
家人さんがかわいそうだ。

といわれました。

ごもっともです。

本当はチケット二日間分ありましたが、さすがに一日だけにしました。

家人よ、ありがとう。多謝。

なのでこの日は時短フル活用で外出先から直帰し、保育園迎えから帰宅。すぐさま鈴太郎と荷物をもち、都内で家人に鈴太郎を預け、私は武道館へ。二人はホテルへ。
鈴太郎はママいないねえとたまに思い出し泣きしながらもいい子にしていたらしい。体調も大丈夫でホッとしている。

そんなこんなで、コンサート開始前からある意味燃え尽きてました(笑)

そこまでして行ったコンサート。
感想はというと、無理していってよかった。
※携帯からひたすら打っていたらめちゃくちゃ長文になって読みづらいのでちょっと編集します。10/10追記&改変

ええっと、ルイルイネタは今回も仔仔さんの方。。。

イヤ、フジッキーのドラマも観てるさ!>だが、しかしいつも寝ちまって1回しかちゃんと見てないので語る資格なし。
スミマセン、スミマセン。でも必ず観ますから〜って誰に対して言い訳してるんでしょうね(笑)

で、仔仔しゃん。
秋にF4として日本武道館でコンサートがあるんですけど・・・
武道館2days両方とも先行に当選。
すっごい激戦らしいと聞いたので、迷った末二日間とも応募したのですがまさか両方当たるとは。
フジッキーファンの友人もものすごーく少ないけど、仔仔はお会いしたことのある(中国の場合)迷友って人がいないのでついつい2枚までのところ、1枚ずつで申し込んじゃったんですよねえ。
いや、あとから募集でもしよっかな〜って思ったんですけど、なんかそういう行動力っていうか勇気に欠けてるんで(笑)

両者はファン層が似てるので、きっと会場は知り合い同士やら友達の友達はみな友達だ状態で盛り上がることになるかと思うのですが、きっと私は一人さびしくおとなーしくしてることでしょう。っつーか、一人なのにべらべらしゃべってたらめちゃくちゃ怪しいですからねえw

それにしても、二日間・・・。
ちらっと家人に言ってみたら
「平日二日間は無理でしょ〜あなた」
って言われました。
うーん。でも1枚って譲りにくいですよねえ。どうすべ。
まだ間があるのでじっくり考えまっす。

今月末に仔仔のイベントがあるのでまずはそちらで初の生仔仔さんをじっくり鑑賞してきたいと思います。

とまあ、こういう事象をずらずら書き連ねるよりほんとは書きたかったこと。

犬にくわえさせろ
犬にくわえさせろ
SUPER BUTTER DOG

ヴィック・チョウさんが香川照之や戸田恵理華と共演する映画の主題歌がなぁーんとSUPER BUTTER DOG !

このヴォーカルはハナレグミとしてソロ活動もしてますよね。
声が大好きなんですわ〜。
私にこのバンドを教えてくれた友達におしえなくっちゃ。

映画もなんとか試写会で先にみられないかな〜と画策してますが、クジ運どうかなあ。
相性のいい媒体いくつか張ってるんですけど、まだどこからも試写がでない。
もしかしたら試写会そんなにやらないのかなあ。
いま出ているのは一つの会場のものがいくつかの媒体から出ているだけ。
だから、ファンが集中的に応募していると思われ。。。
当たる可能性が低そう。
いや、当たってもまたいけるのか?っていう問題が控えているのだけれども。
昼間の試写会ってなんで少ないんでしょうね。。。>そりゃ昼間はみんな忙しいから。そうね。そうなのよね〜〜。

10月にF4コンサート開催というニュースに色めき立っていたら
これ↓が届いた。

Waiting For You
Waiting For You
F4,ジェリー・イェン,ヴァネス・ウー,ヴィック・チョウ,ケン・チュウ

変なノートとか使わないマウスパッドとかが付録についており(失礼)
家人に投げ捨てられたりしながら、やはり付録となっていた卓上カレンダーのヴィックさんをみて彼が一言。


「この人、達也耳なんだね。」

ちなみに、こんな耳
TVスペシャル タッチ ~Miss Lonely Yesterday あれから、君は…~ ~CROSS ROAD 風のゆくえ~
TVスペシャル タッチ ~Miss Lonely Yesterday あれから、君は…~ ~CROSS ROAD 風のゆくえ~
顔に対して水平に生えているとでもいうのでしょうか。
お猿さんイメージな耳。

確かに現在短く切られている髪からにょき〜と大きな耳が。
わかりづらいかな・・・こんな感じ。ジャケ写ではかなりしっかり写っとります。
アクターズ・スタイル台湾 (8) (Bamboo Mook)
アクターズ・スタイル台湾 (8) (Bamboo Mook)

通常はかなり髪の毛に隠されていて気づかなんだ。

達也耳・・・って前もどこかで聞いたなあ」

とつぶやいたら

「うわーヒドイ、ヒドイよ、あんた。

どこかも、なにもフジッキー(藤木直人)だよっ!!」


ああ!そうだった〜、そうでしたー!

彼も普段は耳をかくしがちなのですっかり忘れていましたが、立派な達也耳なのです。
ドラマ、ナースのお仕事3あたりの短く切られているあたりでよぉーく確認できます。

ここに貼れる範囲ではこの斜めからのショットしかなかった・・・。
Flower
Flower
藤木直人,シライシ紗トリ

正面からみるとびょーんとこの人も耳がでてます。
CDやドラマDVDのパッケージなんかだと巧妙に隠されていてあまり確認できない。

ちっ。
やはり耳がでているとどことなく幼い印象になるせいかなあ。
二人とも両耳はっきりでているジャケットが異様に少ない。

私の好みには達也耳であるというものがあったんですねえ。

でも家人も息子もそうではありません(笑)

現実と夢はまた違うってことで。。。

なかなかサービスのよいふじっきーのファンクラブはとうとう更新しなかったのに、ほとんど今のところはなんの恩恵も受けていないヴィックのファンクラブは渋々(え?)更新した私。

ええ、でもふじっきーの情報も一応チェックしてますよ。

四月からまた連ドラで拝めるんですよね?

ええ、見ますよ、見ますとも。
友人に「おしゃれカンケイでは某女性よりも更に存在意味が不明」
と毒をなげつけられても、苦笑い。(反論できん)

でも、ゆる〜く応援しとります。ハイ。武道館もいく気あります。(家人には「え?今年もあるの?やるの?やるとしていく気がまだあるんだ。」と突っ込まれ・・・言葉に詰まる)

そして、ヴィックさんのファンクラブを更新した唯一にして最大の目的

来日公演が決定したとお知らせがっ!!


ギャー!!!!

今から日程もまだわからないのに、家人に子供よろしく!なんとしてもいくからと宣言して、かーなーりー呆れられました。
(ふじっきーは好きらしいがF4はどうもダメらしい)

そんな中、なにげなーくネットでクリックして応募した

懸賞に当たった。
(本日の記事の一応主体)

F4のヴィックさんじゃなく、ジェリーさんのDVDが・・・。(冒頭参照)

一番人気で熱狂的なファンが多い中またもや私のようななんちゃってファンが(ファンといっていいかも疑問)当てちゃって申し訳ない。
いや、ファンなら買ってるよね?
そうそう。
きっとそう。

というわけでまだ届いてないのだが、自分への誕生日プレゼントだと思ってゆっくり鑑賞してみようかと。
あ、ちなみに彼が主演していて今BS2で木曜日放送しているザ・ホスピタル観てまっせ。
ザ・ホスピタル DVD-BOX I
ザ・ホスピタル DVD-BOX I
結構面白い。レオン・ダイ演じるチュウ副部長のかっこよさと腹黒さ+苦悩ぶりに痺れています。
タン部長役の俳優さんは「男たちの挽歌」や「少林サッカー」など香港映画をいくつか観ている人にはとっても見覚えある俳優さんでやっぱり存在感があります。
いま放送ではすごいことになってます。

家人は、結構長いのに一切動きのない髪型のジェリーさんにいつもツッコミかましてます。確かに日本でいえば稲垣吾郎氏ばりに髪の毛が動きません。
すごいです。
え?そうじゃない?
役柄のこと何も言ってないですね(笑)
主役としてかなり苦悩しながらも、まっすぐで権力に染まらない青年医師という雰囲気がいいです。
要領悪く不器用に生きているようにみえますが、えらく出世しているんですよね〜。
(そこが不思議っちゃー不思議だが。)
後半はどうもやさぐれてしまうようですが、その対比が見どころなのかな。

ヴィックさんのドラマも観てます。
君につづく道美味関係
私としては美味関係のほうの主役の女性がチャーミングで好き。

君につづく道のほうは王傳一(ワン・チュアンイー)が目を見開き気味になると北村一輝にみえてしょうがない。この人↓

目が二重になったときの唇の感じかなあ。。。目が二重に見えない時が多々あってそうなると違うんですけどね。
最初から観ていないので、こっちは話がいまだによくわからなかったりします。
美味関係は原作の漫画「おいしい関係」を読んでいて、結構そのままドラマになっているので問題ないだけなのですが、向こうのドラマはほんと長いよねえ。

どちらも主役のヴィックさんはどちらでも結構しかめっ面系の顔しとります。
この方はみるほどに人形みたいな顔立ちなので、ワイルドな感じを出すのに努力をようするというか。岡田准一氏と同じような雰囲気を感じますねー。

ケーブルのほうで流星花園もやってるので、台湾ドラマは全部録画して見られるときに見ているのですが、結構本数があるので、鹿男あをによしやあしたの喜多善男を見逃すという失態をやらかしています。
アホだ、腐ってると家人にはいわれました。否定できん。
あ、ちりとてちんは欠かさず観てます。展開がそんなに違和感なくびっくりする方向へ転がっていくのでなかなか上手いな、と。純情きらり以来のハマり具合です。
私のツボは落語家・桂吉弥さん演じる草原兄さん。
緊張すると噛みまくるという役どころなのですが、今のところ最大のヒットで我が家の流行語は
「おいそしい〜」(おいしそうの言い間違い)
料理を食べる番組でのてんぱって絶叫したこの一言。
朝、爆笑しました。

当たった・・・からずいぶんそれましたね。
では最後に。
実はもうひとつ懸賞を当てました。
こちらもまだ届いてないけどやっぱりネットで。
7000円くらいの目元美容液。
これもさして欲しいと願っていたわけではないんですけどね。。。

得てしてこうして欲のないところに幸運は舞い降りるものなんですよねえ。



最近BS日テレなんかも観られるようになった我が家。
そうそう、全然観られなかった台湾ドラマ(=ヴィックチョウさん主演ドラマ)が観られちゃうんですの。ウキウキ。
いやあ、正直台湾行けないし、映画もまだ日本公開しないし、ドラマは借りて観るほど時間もないし、行けそうなタイミングで来日しないし、、、ないない尽くしでテンション下がり気味でしたが、動いている姿をみるとやっぱり多少テンションがあがる。

そのあがったテンションでサーチしていたらこんなステキなサイトにたどりつきました。

C'est La Vieより
台湾の芸能情報とか文化とか

何がステキって、台湾のいろんなことを紹介しているっていうところもいいし、お目当ての方の写真がとっても美しくUPされている上に転載等ご自由にという太っ腹なところ。

というわけで転載させていただくことに。

これこれ、左の彼よ!!キャー!!!(すみません)


このスタイリングもいつもながらかましてくれるっていうか気になる・・・。


でもこの髪型、モンチッチから脱却してとっても好みだわ〜。
(家人にはいまもって「あのモンチッチ」よわばりされるが)


長らく放置してきた話題ですが、ええ・・・すみません。
ちょっとテンションが下がり気味(笑)

ふじっきー(藤木直人)はツアーやってましたが行くことができないので日程等まったくわからん。
おまけに、長らく入っていたファンクラブもついに更新し忘れ、2度目なので今回は再入会もやめました・・・。
CDも実は買ってない。秋に出たんですけどね。

Reverse(初回限定盤)(DVD付)
Reverse(初回限定盤)(DVD付)
藤木直人

(ごめん。やっぱり音楽の趣味だけは曲げられませんでした・・・。どうしても歌声が苦手・・・汗。今回のシングルがどうしても苦手。どなたか、それでも今回は買いだと!いってください・・・)
細々とみているのはTVドラマだけっつー状態になっちまいました。
すまんのぅ、ふじっきー。
でも来年ライブあったら行きたいんだけど(どの口がいうのか)

そしてもう一方のルイルイさん。ヴィック・チョウもですね、アルバムがでちゃったんですよ。うっひょー。・・・でも買ってません(笑)

I’m not F4
I’m not F4
ヴィック・チョウ

ジェイ・チョウさま(台湾音楽界のカリスマ。映画「頭文字D」で主役やった人です。)作詞作曲の歌があるっていうのにはすごーく惹かれるんだけど。

F4としてのアルバムも出ると言われたかと思うと延期。来年1月末にでるというがほんとに出るのか?
Waiting for Youっていうらしいのですが。待っているのはファンだろうっていう話(笑)
これも、どうかなあ。コンサートがあるなら買う(爆)

基本的に、顔とか俳優としての彼らが好きなので、音楽の好みはまったく別というかですね、、、実際に顔みられてナンボ、なんですよね、、、私にとっては。ハハハ。もうしわけないっ。

だから今一番の興味はふじっきーはそろそろ映画に出ないのか?



ヴィック・チョウの初主演映画「胡蝶飛」がいったいいつ公開されるのか?



ヴィック・チョウ出演の映画『闘茶〜tea fight〜』撮影スタートという情報だったりします。

日本×台湾の豪華スターの共演が決定! 『闘茶』台湾での撮影スタート

胡蝶飛より早く公開されるんじゃないだろうか・・・。
だって香川照之と戸田恵理香がでるんですもの。
エリックツァン(インファナルアフェア!!!)だのチャン・チュンニン(ザ・ホスピタルでの彼女いいですね〜)だのキャストも個人的なツボを押されまくりです。
香川さんの出る映画はここ数年見逃したくないんですよね〜。
映画での彼はほんっと、イイんです!
浜木綿子さんも喜んでいると思うなあ。
こんなに素敵な役者さんになるとは実は思いもしなかったので。

って話がまた脱線。
いやあ、楽しみ。

CD?
気分が乗ったら勢いで買います(爆)

恋するハニカミに、愛しの仔仔さんが出ていました。ケン・チュウさんと一緒に。
二人はほか、ジェリーさんやヴァネスさん含めF4として(JVKVだっけ?って改名したっていうけど、TBSで思いっきりF4って書かれてるよ、どーなってんだ)日本や韓国向けに台湾にきーてーねーっつキャンペーンを今年やってまして、仔仔さんとケンさんはそのキャンペーンドラマに出るわけですよ。
その流れでこの二人だったんだと思いますが、いまかいまかと普段観ない番組をみていた私。

デテキター!と思ったら続きは来週って!(知ってたけど)

その出てきた二人をみて家人が口走ったのがタイトルにもなっている
「宍戸錠とリアルモンチッチ」

モンチッチの方が仔仔さんです、はい。
家人はケンさんがお気に入りな様子。

本家が頬の肉を取ってしまったのに、ここにまだそれを体現する人がいたよと大喜び(?)
ケンさんをみるたびに
「いやあ、宍戸度が増してる!略して宍度(ししど)」
などとのたまっていた。

どんな顔?って思った方々、、、来週の金曜日「恋するハニカミ」をご覧あれ。

でもモンチッチ度もちょっと下がっていた気がするし
宍戸錠には懐疑的です。私は。ええ私は!

いまや類は類でも、最新版の類役、小栗旬演じる花ざかりの君たちへを彼目当てで観ているどーしよーもないミーハーかあちゃんです。
おっかしいな・・・ロボコンとかに出ていた彼にはどうも触手が動かなかったんですがね。
っていうかロボコンはまさみ萌えだったしなあw
ロボコン
ロボコン

しかも花より男子は1の方さしてみてなくて、そのときもなんの感想もなかったんですが、暇に任せて2を観ちゃったら、ついつい(笑)
城田優も気になる。この人、日テレのドラマ「ハケンの品格」でフラメンコとかえらい似合う雰囲気もってるなーと思ったら、そっちの血が入っている人であった。これから写真集でるらしいから、もっとクルのではなかろうか。ああ、やっぱり基本バタくさい顔好きだわ・・・。

話がそれまくった。
最近台湾類・仔仔さんことヴィック・チョウ熱も一時期ほどの狂ったような高熱は過ぎ、今TBSでやってる山田太郎ものがたりより、台湾で彼がやった太郎ちゃんの方がキラキラ度はやっぱ高い(でもストーリーのまとめ方はやっぱ日本の方が上手いと思う。日本人だからそう思うのかしら)と思う程度で、彼の公式サイトは最近までのうちのブラウザだとシャットダウンを引き起こしたりしていたので遠のいておりました。
台湾版↓
山田太郎ものがたり ~貧窮貴公子~ DVD-BOX
山田太郎ものがたり ~貧窮貴公子~ DVD-BOX

でも、久々にサイトで動く仔仔さんみたら、やっぱりかわええのぅ(爆)
日本にまた来ないかなー。っていうかやっぱりF4としてのコンサートっつーのを観たい。観たいよう。

今回一番上の商品画像にしたのは左のモンチッチ仔仔さんというよりですね、実は右側の台湾では道明寺役をやったジェリーさんのことを書きたかったからなのです。
なーんと10月4日からBS2で「ザ・ホスピタル」という彼の最新主演ドラマ(去年台湾で放送したもの)が放送するんだそうですの。
もういっちょ。少し昔のジェリさん。
F4 言承旭 (ジェリー・イェン) 写真集「両棲類動物 日本版」
F4 言承旭 (ジェリー・イェン) 写真集「両棲類動物 日本版」
許 品詩
んーやはり亜熱帯は顔が熱い。いいねえ(笑)

彼らのドラマはBSでもBS日テレが相場だったというのに。仔仔さんのドラマなんて全部そうだから、観られない。
それが、やっぱり道明寺(=主役)は違うわー。
ストーリーは台湾の「白色巨塔」という小説が原作らしく、日本の「白い巨塔」とは違うらしいのだが、概要だけ聞いてると似てる。
まー病院の権力闘争と、そういうものからは離れて純粋に医療に身をささげんとする若き医師という構図となれば話は似てくるの・・・だろう(おそらく)

NHK海外ドラマHP
頑張って観てみようかと。チャングムみたいに毎週楽しめるといいな〜。
(毎週かかさず観る事ができたアジアドラマは、チャングムと秋の童話だけ。あとはことごとく脱落している・・・)

で、元祖(?)類だった藤木直人氏。
ホタルノヒカリ、観てますよ。いや、プロポーズ大作戦も観ていたんだけど、このドラマはどうも鈴太郎と相性が悪くて、飛び飛びになりがちであまり。。。(笑)
ホタルノヒカリは初回は見逃しちゃいましたが、二回目はちゃんと観ることができ、結構笑いました。原作の漫画は読んでないけど、ドラマだけ観た限りはそれだけで結構まとまっているように思う。
ホタルノヒカリ 9―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (9) (講談社コミックスキス)
ホタルノヒカリ 9―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (9) (講談社コミックスキス)
ひうら さとる
(ひらうらさとるって自分が小学生の時くらいデビューしてた。なかよしで。懐かしいなあ。それ以来読んだことないけど。)

ふじっきーのやってる高野部長役結構オイシイ役だし。
そのかわり主人公の恋愛相手の青年がちょっと割り食ってる。
観ていると、グータラ女には、ああいう部長のような神経質でやたらこだわる男がそれぞれ補い合っていて良いと思うんだよねえ。
一緒に暮らせるなら、もうそれはそのまま結婚生活(笑)
私がグータラ女だから余計にそう思うのかもしれませんが。
あ、でもグータラ同士がくっついたとしても、比較の問題で先に我慢できなくなった方が掃除する羽目になったりするんですよね〜。
だから、一概にはいえませんけど。神経質な方はまいっちゃうかもしれないし、グータラさんも小言にキレて出て行っちゃうかもしれないから(笑)

っていうかですね、このドラマを観る限り、こんなに他人の手を借りないと進展しない男女は上手くいかんでしょう。普通に考えて。
干物を脱するなら、いくらグータラでも自分で行くところはいかないと。
だって自分の人生じゃない。
私生活がグータラなのと、まったく自分で行動できないのは別だと思うしなー。
とどの干物女度判定テストをやっても70%以上の高率で干物女と認定される自分は思うわけですよ。

ラストに。
これ↓観たいんだけど、環境的にみられない。DVDレンタルできるかな。(買う気がない・笑)
ホレゆけ!スタア☆大作戦 ~まりもみ危機一髪~ SECRET FILE I
ホレゆけ!スタア☆大作戦 ~まりもみ危機一髪~ SECRET FILE I


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM