05-01-02_13-34.jpg
弟の飼ってるマリーちゃん。二度目の登場。寝ぼけてでてきた。真顔が笑顔。

04-12-04_10-48.jpg
重いパンチが繰り出される肉球。

04-12-04_08-38.jpg
くわえているのはミニバスケットボール。ものすごい大口です。これくらい大きくないと三日で破壊されるらしい。

04-12-04_07-35.jpg
実家の飼い犬。もうすぐ二歳ですが、暴れん坊将軍。物凄いパンチを何発も食らい、やっと命令を聞いたので撮ってみた。

動物の中でも結構鳥が好きである。街中で鳥にあうとついついにじり寄ってしまうのだが、そうするとたいてい彼らは殺気を感じてばあ〜っと飛び立ってしまう。なので心を無にして近づいていくのだが少し気が乱れると、やはり飛ばれる。

とまあ、なんか怪しげなことを書いてますが、便利な世の中素人でも手軽にズームが扱えるようになった。
というわけで、平常心で限界までにじり寄り→更にズームMAX!!で撮った鳥たち。

函館・五稜郭にて。観光地の鳥だから人間慣れしているらしく、飛ぼうかどうしようかかーなーりー鳥たちもギリギリの攻防を目の端に覗かせている(ホントかよ)のだが、飛ぶことをめんどくさがったのかじりじりと近づく度にちょっとずつ離れるという度胸で応えてくれた。

函館・五稜郭にて激写

市内に出来た犬のペットショップ。
非常にお洒落な外見で、なぜこんなところに・・・という意味でも目立ってまして。子犬のほかにトリミングやペットホテルもやっているところで、犬用グッズもかなり充実しています。
今の家では家族が嫌いで飼えないのですが、どーしても見たくて入って子犬を眺めていたら、店長さんが話し掛けてきました。
「どんな犬にご興味がおありですか?」
飼えないんですけど、といいつつラブやビーグル、柴犬ですかねえというと
一頭だけいたラブを指し
「この子はもう二度と手に入らない子なんですよ〜」
といいつつ説明してくれた。なんでも祖父母、両親ともに盲導犬で、兄弟は麻薬犬なんだそうだ。本来盲導犬になった犬は繁殖もさせないようになっているそうで、そういう血筋はありえないらしいのですが、今回たまたまそういうケースがあって無理を言ってオープン記念用に3頭譲っていただいたのだとか。
2頭はすでに売れてあと1頭しかいないんですけど、全国どこのペットショップに行っても買えません。と断言されました。真意はわかりませんが、この店長さん、しつけ論からエサ、飼い方に対してとてもポリシーのある方で、ブリーダーから買うのと同じくらい良い感じがしました。

ラブにはアメリカ系(カナダラブラドール系)とイギリス系がいて、盲導犬とかはイギリス系なんだそうです。
実家にいるラブは今いる子も前にいた子もアメリカ系なので、どっしりしていて今の子も34kgくらいある。(前のオスにいたっては40kgくらいあってまるで土佐犬・・・)今実家にいる子は結構吠えるんですよねといったら
「その子、体が弱くないですか?」
「小さい頃から病気ばっかりしてるみたいですけどねえ」
「犬は臆病な動物なので、体が弱かったりすると防衛本能や過敏さが増幅されて吠えちゃうんですよ。まず健康にしてあげないと駄目なんです」
と言われました。そうですねえ、でも体質も生まれつきだからもうあのほえっぷりは治らないかも。。。などと店長さんといろいろお話しつつ子犬を堪能してきました。
ビーグルの子犬が可愛かった!
むかーし飼ってたビーグルより小さい気がするといったら、
「昔は15インチが主流でしたが今は13インチが主流なんですよ。
この子達はさらに小さくて11インチくらいにしかなりませんよ」
・・・益々欲しくなったではないかっ。

実家のラブ・ジョナ。もう夏も終わり?
水浴び大好きでかなりはしゃぎまくっているシーンを激写。
別バージョンをBlogフォトコンテストに応募してみた。

ジャンガリアンハム・マリー
実家に帰ったら、弟が飼っているというジャンガリアンハムスターのマリーちゃんとやらがいた。独身男一人暮らしの20代がハムスターにマリーちゃんはどうよという突っ込みはさておき。
確かに瞳はつぶらだ。

けどね。・・・どうしてもネズミにしか見えない。私には。
可愛いんだけど、夜行性だとかで昼間がほとんど寝ている。
午前3時〜6時くらいまでは、ストレス度に応じて例の「回し車」でカラカラと回りつづけるらしいが・・・こちらは見られないんだよね。マリーが起きてるときはこっちは寝てるし。
弟は飼い始めのころは寝れなかったらしい。
そして、実家につれてくると、ストレス度が増すらしく「いつもより多く回す」染之助染太郎状態なんだとか。今回も朝3時から7時過ぎまで回ってたそうだが。
顔に表情が全然ないから、ストレスたまってるなんてわからん。
でも、朝みたら、ちょっと頭のあたりが禿げてたような・・・。飼い主に似て神経質なのか。

ラブ・ジョナ
こちらは写真小さ目ですが、実際は30kg以上あるラブラドールレトリーバーのメス。ジョナといいます。お友達がオスばかりなので非常に勇ましく育ってしまい、来る人来る人に、本人は親愛の情のつもりで前足二本で
「ジョナパンチ」というかなりの重さのパンチを繰り出してきます。

うちの人々には「じょなぞう」と呼ばれている。本日は遊んでいるうちに花瓶を倒してしまい、机の下に潜り、30分位うな垂れて反省していた。


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM