まったく不穏な記事ではありません。

子供ネタです。あはは。

どこも大なり小なりあると思うんですけど

子供相手の勝負事で大人が勝ってはいけないってやつ。

あまのじゃくな私は
大人げなく接戦にしてみたり、意地でも負けなかったりしてみたんですが・・・

毎度みごとに号泣です。

つーか、例えばかるたをやると1枚もくれないのですよ。アナタ。

私が一枚でも先に取るそぶりをみせるとつっぷして号泣。

3歳児と本気でかるたを取り合うなんて、醜い!と家人に罵られようが

「ケケ、おかーさん、負けー!1枚もないよ!だめじゃん!」

と言われるとムッカーとくるんですよ。30代なのに(爆)

先日は、じゃんけんで勝った方がマス目を埋められるという即席ゲームをやってました。

鈴太郎のじゃんけんパターンなんて読めるので、コントロールして勝たせてあげるわけです。
で、たまにこちらが勝つようにすると顔が曇ったり、もういい!やらない!とかご立腹になったりとまーこちらの勝利には山の天気のごとく表情が変わり大変な勢い。

かけっこすれば、並んだ時点で顔がふにゃ〜と崩れるので絶対に後ろを追走しなきゃいけない。

めんどくせー。

学校でこんな裸の王様だと困るなー、一人っ子ってやっぱワガママだなーと思っていましたが
ふと気付いた。

子供と一緒だとそういう態度しないんですよね。

これは鈴太郎のいとこが来てるときに気付きました。
いとこって言っても、もうみんな10歳以上で上はもうすぐ大学卒業で就職しますっていう年代なので
来ても遊んでもらっている状態。
鈴太郎にとってお兄ちゃんやお姉さん達なら、負けちゃっても、たまに花を持たせてくれるくらいで全然オッケーみたいなのです。

同級生じゃそうはいかないのか?!と思い
担任の保育士さんに聞いても
「鈴太郎くんは、マイペース君なのであんまり競って勝った負けたでキレたりすることないですねぇ」

そっかー使い分けてるのか。
そりゃそうか。

運動会でもそういうのを少し心配してましたが、それ以前に
手を繋ぐ予定の子に一度断られたことで入場中ずっと号泣だの
やっぱり上記のように些細なことがあってお遊戯中直立不動で俯いたまま終了とか
競技の内半分以上はこのていたらく。

もともとさー、どうも団体意識が希薄なんですよね〜。
(親が両方ともタイプ違えどそういう人間なので仕方ないんだけど)

あと、「かわいーわよねーフフフフ」って感じで微笑まれるのが、本人としては「バカにするな」的な取り方をしている節がある。

赤ん坊に毛が生えたようなもんだーと思っているとビックリするほど事情を呑み込んでいたり理解していたりするので侮れない今日この頃。

こちらもカメラが開会式直後にバッテリー切れ(後に壊れていることが判明)

VIDEOはあるけどDVDに落とすのがメンドクサイとほとんど使ってないのでおよそ我が子が(別の意味で)活躍する和を乱しまくりの運動会、我が家にはほとんど証拠は残りませんでした(笑)


それにそのうち、八百長じゃなくリアルにこっちが負ける日がくるのよね。
なんか、その方が倍悔しい気がするので、何か一つくらい子供に追いつかれない特技をみがいておこうっと。

 オムツについて過去数度語ってきましたが

エレキテルコ式トイレトレーニング保育園児変則編<前編>

エレキテルコ式トイレトレーニング保育園児変則編<後編>

トイレトレのその後

3歳7か月にしてようやくうちでも完結編をアップできる時がやって参りました。
ちょうど1年前2歳半でようやく昼のオムツを外し、保育園でも普段はオムツになったのが秋、そして保育園のお昼寝でのオムツはもういらないですよ〜と保育園でオムツを卒業したのが今年の4月くらい。
7月から、これだけ暑けりゃおねしょも減るだろうと夜もパンツ大作戦を決行。

始めたときには何度か失敗され、しかも基本親子ともに起きないので
なんか腰のあたりがぐっしょりぬれている気がする・・・と目覚めてみると、私も鈴太郎もシーツも巨大地図を描いてしっとりという地獄絵図があったり
洗った翌日にまたシーツとタオルケット両方洗う羽目に陥ったりしましたが
この一ヶ月はそんなこともなくなり、最近ではどうしてもーって時は明け方本人が起きてくるようになりました。
(熱帯夜が続いているせいかもしれない)

まあ、ちょっとチビって気付くみたいですけど、そのまま垂れ流しにしないのでヨシヨシ。
パンツくらい替えてあげるわー、さあトイレトイレ♪とウキウキもできます。


徹底したのは

1.寝る前のトイレ

2.寝る前に大量に水分を摂らせない

3.暗示

1と2は当たり前じゃんと言われそうですが
こちらから誘うと行きたがらないことが多く、眠いのもあってキーっとなるわ
面倒だったので、寝る前無理に誘わなかったんです。

でも、だんだん体力もついてきて、電池が切れたようにバタンキューっていうのも減ってきたんで
習慣づけなきゃいかんと、最初はトイレいったら本読んであげるとか甘い言葉で釣って習慣にするようにしました。

2は私のクセをマネしているうちにそうなっちゃったんでしょうけど、私がすごく水分を摂るのです。
(はかったことはないけど1日2リットル以上だと思う)
だから本人も飲みたいみたいで、寝る直前に水分をがぶ飲みする傾向がありました。

歯磨き後に少し飲ませて、本読んだりと少し時間をおいてからトイレ→その後はそのまま就寝というように生活習慣の順番を少し変更。


3の暗示は最初の1週間くらい毎日使いました。

今回もおむつ外しの時同様、私が耳元で
「おしっこしたくなったらトイレにいくもんね。おねしょはしな〜い」
などとテキトウにほざいてたら
「ウーン・・・ウウウウウ」
と唸ったり
返事をしたりした時があったので、ヤベ、効き過ぎ?!と心配になり寝入ったら1回呟くくらいにしました。

あとは毎朝誉めまくって失敗しない日が数日続いた時点で暗示も止めてみた。


涼しくなったときにこのまま習慣が活きてくれればいいなと思いつつ。
最近では、寝る前にがぶ飲みすると明け方漏らすという法則に本人が気付き
「もう寝るから飲まない。」
「いま飲んだから、あとはもういい。」
と自分で加減するようになってきました。

2歳台の昼間は30分〜1時間に1回という短い間隔のことが多くて
突然「おしっこ!」というともう数分も我慢できないっという感じでしたが
最近やっとある程度溜められるようになったみたいだし
ちょっと余裕を持って言えるようになってきたかな。

※保育士さんによると膀胱にある程度溜められるか否かは個人差が大きいそうで、中学生になるくらいまで溜められない子もいるんだとか。うちがもしそうなら、夜中ちゃんと起きるようにならなきゃいかんなと思ったのも夜のオムツはずしをやった理由でっす。

 

「トイレといえばすぐにトイレに行けるわけではない」

という事実を覚えて前もってトイレに行くようにする
これを体得するのに一番時間がかかったかも。(1年以上)

和式トイレもいつのまにかクリア。

他のトイレもほぼ抵抗なくどこでも出来るようになり自分で流すようになったのでトイレ系の躾はほぼ終了。

あとはどこへ行っても自分で座ることができるように背がもうちょい伸び
どこでも自分でお尻ふき&流しが出来るように促していくだけです。

長かったけど、ようやくラクになりました。

あ、でもこれ書き上げてから一度漏らしまして。
本人すぐ起き上がってきてこう言い張りました。

「汗かいた。ここのところに汗いっぱいでた。」

「オシッコでしょ?」

「ち・が・う・の〜!!汗かいちゃったのっ!」

半泣きで主張するのでそれ以上追及するのをやめて、後から諭してみたけど・・・。

普段の生活で褒めすぎなんだろうか。
非を認めないのよね。

誰に似てあんなに頑固でプライドが高いのか。

鈴太郎が意思表示に理由が明確に述べられるようになってきた。

くん嫌い!

なんで?

くんが頭をたたいたり、悪いことをするから。だから保育園行きたくない!

と言われたり。

さてさて。
親としてはここで鈴太郎に言わなきゃいけません。

*人生はそう思い通りにはいかないこと。

*自分で乗り越えなきゃいけないこと。

とくに男の子は相手の嫌がる反応をみて面白がるようなコミュニケーションを取る子が一定数いるので自分で対処出来るようにならないと小学生の間とかつらいからねぇ。

鈴太郎は、男の子にしては大人しいというか人と関わるよりも自分の世界で遊びたがる。
親としては育てやすいけど、何かトラブルがあると真っ先に泣いたりして大人を呼ぶところがあるヘタレキャラなんで(笑)
集団生活ではちょっと苦労しそうなタイプなんですよね。

かといって安易に
仲良くしなきゃダメだよなんて言っても仕方がない。

私自身、小さい頃は友達が少なくて内向的だったので
好きじゃない子と仲良くしろと言われても苦痛に思うだけでなんの解決にもならなかったし。
小さいなりに好き嫌いにはやっぱり理由があったものなあ。
相性もあるしね。

くんは鈴太郎と仲良くしたくて来てるんだよ。
でもさ、頭をたたかれたりするのは嫌なことだから、○くんにいたいからやめてよって言ってごらん。
仲良くしたいのを上手に言えないだけかもしれないよ。
やめてくれたら一緒に遊ぼうって誘ってごらん。

鈴太郎・・・憮然

鈴太郎はお話しできるんだからお話ししてみようよ。
また痛いことがあったら、お母さんお話し聞いて抱っこしてあげるからさー

・・・・・・・・。(仏頂面)

保育園行かないと仲良しの△くんと遊べないよ〜?

・・・保育園いかないでお母さんと動物園に行く!

動物園はお母さんもお休みの時ね。

保育園やめてライオンみにいく!

保育園行かない人は幼稚園に行かないとダメなんだよ?

頭とお腹が痛いから保育園いかない。

仲良しの△くんと遊べなくなっちゃうよ、いいの?

・・・行く。

最近は妙な知恵がついてきて、成長したなーとニヤニヤしそうになるのを堪えているのですが
報復として園の先生に

「お母さんはすっげー怖い」
などと告げ口されているらしい。

あげく、帰るときはまだ遊びたいのになんで迎えにきたんだよぉと文句言われて帰り支度をするのに一苦労。

理不尽だわー。

オムツが外れてトイレでできるようになったら、おしまいだと不覚にも思ってました。

んなわきゃあない。

当たり前過ぎてあまり話題にならないようなので(?)書いてみます。

2歳7ヶ月でなんとなく卒業したオムツ。

が、夜は実はまだパンツな3歳4ヶ月現在。

何度か(私が忘れて)パンツで寝ても五分五分。

つーか絶対に親子共々起きてこない。
ので、夜中はこの夏かなあ・・・ともうノンビリしてます。

日中ははずれて1ヶ月経ったらほぼ失敗はなくなりました。
大の方はもともとオムツにするのも嫌がっておしっこより先にトイレで確実に出来るようになったので
そちらの始末をする機会が極力少なくてよかったかな〜くらい。

でもですね、ズパっと外れる素晴らしいお子さんのもいれば
うちのように夜は外れていないだとか
小はできるけど大はダメだとか色々亜種が発生するのですよ(笑)

そして、さらにトイレの形式による出来る、出来ないがある。

オムツが外れた直後から、家と保育園以外のトイレを色々荒療治的に経験させてしまったせいか
今では和式での大以外はOKかな。
※和式での小は、側面に立ってやっている。(金隠し意味なし)
どうやら便器をまたぐ勇気がまだないらしい。落ちて流されると言い張ってます。

男性用の小便器は、子供用で出来るようになったのが、3歳前。
そして大人用のソレは今の家が古いのであるんです。
こちらも3歳過ぎくらいからそっちですると言いだして今では100%オシッコはそっちでやってます。
ズボンとパンツを下げてさっとできるから本人としても洋式便座に座る手間が省けてラクらしい。
洋式で立っては大人がしないので、本人はしらない(笑)

最近は自分で洋式便座に腰掛けられるようになったので大以外はトイレに行って済ませて、流すまでの一連の流れが一人でできるようになった。
(うちにはトイレに子供用の踏み台はない。)
ただ、家が古いからなんだろうけど、トイレのドアをあけるのにちょっとコツが必要なので、扉をあけるために呼ばれる。
あと、電気がつけられないから夜はついて行ってあげないとダメですね。

3歳前くらいから便器に座るとドアをしめて外での待機を指示されるようになってきて
大だと「でたーーーーーーー!!!!」と近所中に響き渡る声で呼ばれて尻を拭けと(笑)

たまに踏ん張る姿がみたくてこっそり覗くと(ええ、親というものはヘンタイなんですよ。ホホホ)
「閉めて!あっちいって待ってて!!」
と怒られます。

それより○○の穴をみられる方が恥ずかしいと思うんだけどね・・・

そういう恥ずかしさのレベルっていつ頃一致するようになるんだろう。
それとも、このままなのか?!

 

2歳5ヶ月で断乳その後。

断乳した後も書いたけど3歳まで飲ませても良かったなあと思います。
もう自分が母乳飲んでいたこともあやふやみたいです。

が、いまもってものすごいパイパイ星人。

眠るときは首モトから手を突っ込んで触ってないと眠れないらしい。
いまだに私以外の人間が寝かしつけできないという・・・。
(夜遊びどころか出張もいけない。寝かしつける自信がないとの理由で家人に全力で反対されている)

お風呂はいるときとか

パイパイパーイパーイ♪
と歌いながらニヤニヤ近寄ってきて、ものっすごい嬉しそうです。
まさに、ママはテンパリストと同じ。

顔ではさんでパフパフパフ〜とかどこのエロオヤジですか?ってことをやってますね。

男子のエロの芽はこういうところから発芽してんのかーと感心。

とこの話をしたら女の子の親である友達に
「あー女の子でも同じだよー。うち断乳してからもそんなだった」
と言われて

本能、それは原始的な欲求・・・。

という言葉が脳裏をよぎりました。

だからなのかなー男の子ってとりあえずなんでも最初の笑いはシモ系だよね〜
なんでも○ンコだよねー言ったら


同僚曰く
「シモネタで笑ってるのをしかっちゃいけないんスよ。あれがそのまま伸びてくると肉食系になります。
現在の草食系の人はちいさい頃から母親に抑圧されすぎっスね。」
と自説披露。

ほんとかいな。

ということは、そのまま男の子はシモネタ全開からエロに開花し
女の子はその欲望を潜り込ませているっていうことなんでしょうか。。。

でも、私自身の好みは草食系なんで草食でいいやと言ったら

えー、肉食の方が今後も少なそうだからゼッタイモテるし、生きやすいと思いますけどねー

と言われて一理あるな〜と思った。

確かにね。

私自身が今男になれるとしたら、絶対に肉食系がいいですもん。

今ですら、あー私が男だったらこの女子に行く!行くのに男はなにやってんだ、コラ!って思うこといっぱいありますからね〜。

さて、鈴太郎はどっちにいくかなー。

いまは・・・肉食、草食っていうより植物っていうか菌類・・・きのこみたいなイメージ(どんなや)

この前私の実家から帰るとき

「お世話になりました。では、お邪魔しましたー。また来ます。」

と言って靴を履いた3歳児に

玄関では靴を揃えなさいとは教えてきたが、そんな言葉は教えておらんぞとビビった親です。

何度も言ったり教えた言葉は覚えてんのか?と思うのに
こういう何気ない言葉を聞きつけては一発で覚えたりして脳は不思議です。

さて、スリング話の後編。

大きくなってからのスリングで便利&役立つこと。

歩くようになったらなったでどんなに躾して、危ないところでは手を離すまいという時でも手をつなぐのに四苦八苦って時があるかと思うのです。

言って聞かないときは、スリング出します。

すると、本人抱っこ!抱っこ!と大喜びで騙されてくれる(笑)
で、うちの場合しばらく大人と同じ目線で景色みると気が済むのか、その後歩かせても言うこと聞かないって度合いが減る。

また愚図ったりしたとき。

スリングにいれるとピタリと泣きやみます。

これは、キー!!って仰け反って泣いているようなときでも有効。
そのまま抱っこしようとしても、ヤダー!ってなるとき
声を掛けながらスリングにストンといれてしまうと我に返ってくれてやっぱりすぐ泣きやむんです。
いれるまでは大暴れだったとしてもです。

電車での移動も人が多いところでは手をつないでいるだけだと大人に埋もれて本人も不安だろうし、大人も100cm前後の子供は見えなかったりで危ないのでそういうときもささっと抱っこ。


線路がよくみたいと言われたときはやっぱりスリングから一緒に景色をみます。
座ってても本人が飽きちゃったなあ・・・でもウロウロはさせられないのでささっとスリングへいれて立ったり。
ベビーカーみたいに畳んだり場所とったりってこともないので立ったり座ったりも結構融通がきく。

こっちが重くてちょっときついなあとなったら
「お母さん疲れちゃったから、ちょっと歩ける?」
と聞くとちゃんと歩いてくれます。
抱っこと言われたらまた抱っこすればいいですしね。
スリングなしで歩きながら抱っこは5分しか出来ませんが、スリングでなら30分とかまだなんとかなる。

ただ、問題点。

下の子を妊娠中だと使えないですかね。
フツウに抱っこするよりも密着するのでお腹圧迫されて苦しいだろうし、物理的に無理かなあ、と。
2,3歳差で子供を産む方は結構多いと思うので、ここでスリングから離れてしまうのもあるかもしれない。

赤ちゃん産まれる間にも上のお子さんはどんどん成長するわけですし。


いつもスリング持ち歩いているせいか
出産祝いにいくと必ずスリングの使い方はこうでいいのか?と聞かれますが
実は私もリングつきは首が据わる前はおそるおそる使っていて
リングなしのNewNativeを使うことが多かったので、自信を持ってこうするといいよってアドバイスが上手くできない。

家の中でちょっと動くのにスリングにいれてあげるっていう感じではアドバイスできるんだけど
もっとお互いラクにサクっと出来ると思うのだけどまだその境地まで至らない。
自分がまた新生児を世話することがあればこの次は首据わる前の赤ちゃん向け抱っこを是非習いに行こうと思っているのだが機会があるかは・・・どうかなあ。


余談ですが、おんぶはちょっと苦手です。
というのもですね、背中が硬いんですよね。
右手と左手を肩から腰からと伸ばして背中で手を繋いだりできるじゃないですか。
手を繋ぐどころか触れるのも無理っていうばあさん並の硬さでして。

おまけにやっぱりねー胸をよけてもあのばってんは胸が苦しい。
特に授乳がんがんしていたときは痛くてダメでした。
もともとワイヤー入りブラすらダメなんですよねー。
パットみたいなのも苦しいので天使の◯ラとか試着だけで呼吸困難になるかと思ったことがある。(勿論サイズはちゃんと測って貰って正しいものつけるんですが)
なので、あのバッテンもリュック型も個人的には向かなかった。

あとベビーカーは、ベットもそうだけど置くとキーキー泣くタイプだったので
全然最初からダメで、ダメだからスリングにするとさらにベビーカーは慣れず・・・。
私自身も扱いが下手。街のママさん達が優雅に軽やかにベビーカー操ってるのをみると不思議でしょうがないっていうていたらくであります。
こればかりはその子、親のタイプもあるのかも。

そんな事情もあり、スリングさまさまなのでした☆

でもだんだん使う機会が減ってきてそれがちょっと悲しかったりする。

喜ぶべきことなんでしょうけどね。


いろいろ書きたいことがたまっているのですが、時間がないのでずっと書きためていたものだけ先に。

どこからか金をもらってるんじゃないかと疑われそうですが、私は子育てで最も長い期間役立った最強アイテムはスリングだと思っています。
というか今も役立ってます。

最近は3、40分くらいなら電車の中もちゃんと立っていられるようになったし
のしのし歩いてますけど、眠くなってきたり疲れると抱っこ!ってなるのでそうするとスリング。
本人もわかっていて「スリング出してきてちょーだいよー」とかねだられます。

ちなみに私が主に使っているのは幼馴染みのお手製3つ。
うち二つは暗い画像で昔も載っけたけどこういう感じ。

便利だ便利だと言いまくってるんですが、なかなかねー。
やっぱり1歳越えた子供をスリングにいれて移動している親御さんはあんまりいないからなのか孫がいるような年代の方に話しかけられたりします。
大きいのに大変でしょうとか
いまはこういうのが流行ってるのとか。
流行ってます!と言いたいがどうなんだろう。


以前の記事 こちらこちら

うちはもう◯kg越えだから無理という声を聞いたり
肩が痛くなる、腰が痛くなる、腱鞘炎だと不調を訴える声もよく聞きますが
それって慣れの問題もあるし、ほとんどの場合どこかを痛めるのはスリングの使い方が正しくないのもあるかなあ。

まだ歩けない0歳児の8kgより歩くようになった10kg越えの乳幼児の方がスリング抱っこはラクです。

でもなー確かにワタクシ肩はすごく強いです。
10kgのコメ袋を片手で持ってもう片方にキャベツだ大根だとぎゅうぎゅうにいれた買い物袋をさげて10分とか歩けます。
20歳そこそこのうら若き女性だった時、某宗教の勧誘に捕まり、肩の筋肉を強力な肩こりだと解釈され怨念が詰まっているとか言われた過去もございます。


とはいってもですね、そりゃ何時間も抱っこしてりゃ当たり前ですが重い方がつらいです。
でも2歳越えれば幾らなんでもすべての移動が抱っこってことはないですし
子供もちゃんと自分がラクで心地よい抱っこのされ方を習得していてお猿よろしく上手にまとわりついてくれるのです。

参考までに。
私がスリングの装着を習った方のblog
6歳のお子さんをスリングで抱っこしている様子がみられます☆

スリングについての項目と、授乳室&オムツ替えについては
blog記事としてボリュームがあるせいか検索されてくる方がそれなりにいらっしゃるので
今までのblog記事をまとめた簡単な別サイトを作成しています。
中断したままなんだけど、必ずや完成させてサーバーにアップしたらお知らせします。

その前に長くなったので、次回は大きくなってからスリングで便利な点についてかきます。

鈴太郎の食生活から頂いたお言葉。
気に入ったので題名にまでしてしまいました。(心太さんありがとう)

いや、本来うちは全然マクロビな食生活じゃないんですけどね。
彼も保育園では何一つ残さず平らげ、おかわりが足りないと泣く程だというのに私のメシがまずいのか?!
(そうかもしれない・・・)

家ではすごぉ〜く選り好みしてます。
気に入らないと一口も食べず、一瞥くれて終わり。
ガンとして食べないし、間違って口に入れても吐き出してくる。

正月料理なんてどれもまったく食べる気ナッシング。
3日間くらいはずーっと、ごはんと汁物(雑煮の餅抜き)だけで生きてる感じでした。

大好物は
こんにゃくと豆腐と海苔、納豆、白米。
汁物は昆布+鰹出汁に限る。

麺類も大好物。

ただ、お昼ご飯での食べ物キャパが広い。
保育園の影響だろうなあ。

パンも私と同じで何も入ってないベーグルとか食パンみたいなものが好き。
まあ、根っからの炭水化物男。(私もだけど)


家でのおやつは
みかん、お煎餅、クラッカー、塩むすび、蒸かし芋。

お菓子は元々私自身に食べる習慣がない。
いや厳密に言うと甘いお菓子。チョコとかクッキーとか。
ただしスナック菓子は大好物でした・・・。

でも5歳くらいの時にチョコレートにハマって乳歯が虫歯だらけになり歯医者がものすごーく怖かったのでそこから自制してるかも。
永久歯になってから虫歯になったことはありません。
が、実家は一家揃って同じで、歯科衛生士の伯母によると唾液の殺菌力が強い+歯が元々強いって言われました。
結果、親は歯槽膿漏に・・・気をつけねばならぬ。

じゃがいもっつーマクロビにあるまじきものが大好物。
子供はポテト好きな子多いみたいですが、完全に私の影響もあるよなあ。
ジャガイモだけは目がなくていつも私と奪い合いです。
同じくファーストフードのポテトも大好物。あるだけ全部食べようとするのでなるべく買わないようにしてます。
私もあるだけ食べちゃうから(笑)
スナック菓子もキャラメルコーンみたいな甘いヤツは親子共々好きじゃないのよね。
やっぱり塩味なのよ!塩気なの!
といきなりジャンクフードの海に行ってしまうのでなるべくセーブしている現状。
ただですね、あんまり抑圧すると親元離れた時にジャンクフードへの想いが炸裂してえらいことになるので
(そう言う人結構居ますよね。反動で食べまくって体調不良になるとか)絶対食べないみたいな制限はしません。

子供の舌は繊細だといいますが、せっかくそんなに繊細なら
大人になっても出来るだけ子供に近いいろんな味のわかる舌でいさせてあげることも親の義務かなあ・・・なんて思っております。

でも、家人には
「家の中にテキが4人いる」
と言われました。

家人以外みんな薄味+あっさり風味が好きなんですよねー。
この前も夕飯はみんなで寄せ鍋だ〜と白だし風味の薄味寄せ鍋を作ったらひとりガッカリしてました。
ので、家人用にみそだれとローストビーフサラダを作った。

私はおでんやシチューが好きなのでごはんのおかずだと言うんだけど
家人はおでんやシチューはおかずではないっ!ついでにいうと寄せ鍋もおかずではない!!と力説するのであまり作れない。チッ。
まあ鈴太郎も寄せ鍋以外シチューもおでんも食べないので全然作ってない。。。

もし鈴太郎が巷の男子のよーになにはなくとも肉だろっ肉!派に変貌したあかつきには、家人が勝ち誇って笑うんだろうなあ。
でも、その頃には自身の健康にかげりがでて食べられなくなっているに違いない。イヒッ。

0歳からの近所のお友達にすら、たまにしか会えないのでおもいっきり人見知りをして小一時間だんまりな鈴太郎。
ママ友さん達に本当に喋るのか?はしゃぐのか?と疑問を持たれています(笑)

まあね〜。結構な頻度で会ううちの親(じじばば)とも最初は毎回初対面ですか?!っていう態度ですからねー。

保育参観に行ってきた。

4月生まれの男の子A君が
「鈴太郎くん、2つ持っているから1つ僕に貸してちょうだい。」
と玩具の貸し借りをお願いしていて
おお、なんと立派な物言いと態度なんだと感心していたら鈴太郎は
「嫌だ。」
終了〜って感じ。
そんな態度を取られても、A君は紳士的に再度お願いをしていたのにやっぱり鈴太郎は嫌の一言で無視。
A君は先生に「鈴太郎くんにお願いしたのに貸してくれない」と言って泣き出した。
(当然ですね)
先生がもう一度お願いしてみるね、もう1人の女の子Bちゃんも2つ持ってるからお願いしてみようかと宥めていると
そのBちゃんが先生の言葉をきいて
「はい。」
と差し出している。

おお、素晴らしい!
鈴太郎は親の私も「貸してあげなさい。貸してあげられるとかっこいいよ」とか言ってもガン無視。

Bちゃんから無事貸してもらえたことで泣きやんだので、一応丸く収まったかと思えば
別の男の子Cくんが鈴太郎にそれ貸してというと、今度はあっさり貸している。

それをみて
「C君には貸してくれるのに僕には貸してくれなかった。」
とまたA君泣き出してしまった・・・。同級生達よりちょっと大人なばかりに可哀相なことに。
A君、君のスバラシキ人格者ぶりはわかっているなりよ〜。
負けずに素晴らしいまま育ってくれ。

とうの鈴太郎はまったく関係なく遊んでるし。
取り合った玩具というのがブロックをはめる台だったんだけど
他の子がその台にブロックをはめて遊び出す中
Bちゃんとそのブロック台を防護壁にしてかくれんぼ?してました。

何をやるにしても一人っ子気質充満というか
世界は俺を中心にまわってるって感じで困ったもんだ。
4月生まれとの差をひしひしと感じたんだけど、鈴太郎が果たして9ヶ月後に同じように行動しているかと言われると疑問。
A君はお兄ちゃんが複数いてすでに家でも揉まれているんだよね。
体もかなり大きい方で見た感じはすでに5歳近い。
非常に優しい感じの男の子で、すでに悪ふざけをするタイプじゃない。
母親達にも元気に「◯ちゃんのお母さん、おはよう!」とか言ってくる子なので親受けも◎みたいな子なんですよね〜。
鈴太郎では友達としては現在さぞ物足りないことかと。
A君のように生まれも成長も早いと違った形で苦労するんだなあとバリバリ早生まれな上に劣等生だった私にはわからぬ苦労を垣間見た秋なのでした。

3歳前後になるとキャラクターもかなり鮮明になってきますね。
鈴太郎も自我が発達してきて、だいぶ個性もはっきりしてきました。

どうなってるのかといえば、頑固でへそ曲がり。
口は達者ですが、かなりの内弁慶。


最近は悪態をつくことを覚えてしまい、怒ると
「知らない!バカ!」
とすぐバカバカいうようになってしまった。

親をバカというとはなにごとだ!
としかりつけると、むくれて目が三角になる。
意地でも謝るもんかみたいなオーラが出る。

そこでさらに叱ると「いらない!いらなーい!ママいらない!あっちいって〜ウワーン!!!」と大泣きして興奮状態に突入し
謝るどころではなくなるのでどこまで理解してるかしてないかわからないが諭す。

お母さんに怒られるとイヤでしょう
バカって言われるとお母さんは今の鈴太郎みたいに嫌な気持ちになるんだよ。
ごめんなさいって言われたら、お母さんは悲しくなくなるんだけど
といったようなことを言うと「ごめんなさい」と小声で言ってくる。

まー次の日にはまた元に戻って繰り返すわけですが(笑)

この前は義父に迷惑のかかるいたずらをして怒られたらへそをまげた。
背中を向けて座り下を向いているが、のぞき込むと奈良美智の絵のこどもみたいな顔に。
家人が怒っておじいちゃんに謝るよう懇々と諭されていたがガンとして謝らない。
義父も、謝るなら聞いてやろうっていう態度で対面してましたがにらみ合いが続くのみで
「そんな態度ならもういい(怒)」と言われまた涙ぐみ・・・でも謝らない(笑)

その態度なら食事しなくてよろしいと言ってそのままにしておいたら結局何十分そうして粘っているので、一緒に謝ってあげるからおじいちゃんにごめんなさいを言ってからご飯食べようと宥めて宥めて
ものすごい蚊の鳴くような小声で「・・・ゴメンナサィ・・・」という言葉を引き出しました。
言った後にまた悔しくて泣いてるし。
誰に似てこんなに頑固なんだか。


そしてべーらべらしゃべって歌ってと家ではどこのご家庭とも同じように大変な騒ぎですが
知らない人がいたり、外に出ると一転、貝のように黙ってしまいます。

私自身、人前でしゃべるどころか9歳位まで授業中手をあげるのも大変だったんですよねー(遠い目)。
知らない場所に行くのもイヤだったし、たくさん人がいると圧倒されて足が竦むし。
この内弁慶ぶりをみるにつけ、もー自分の小さい頃をみるようでイタい。

私自身、顔がふてぶてしいのかあんまりそう思われてないみたいですが、今でも初めて行く場所や会う人なんて緊張して逃げ出したくなります。
緊張のあまりに沈黙が耐えられないから初対面でも初めての場所でも喋るんですけどね。
新しい環境に慣れるのに数ヶ月かかる。
(慣れると誰よりも態度がでかいといわれますが。)
だから一応鈴太郎の気持ちはよくわかるんですが。


まー、でもじいちゃん(義父)などに
「好き嫌いしないで、ちゃんと食べなさい」
と言われると
「おじいちゃんも納豆嫌いでしょ。鈴太郎はたーくさん食べるよ。」
などと言い返すこまっしゃくれたガキに成長中だからそんなに心配はしていない。

奈良さんの絵↓


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

虎影

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編 (JUGEMレビュー »)
森井 ユカ
このシリーズは買い!スーパーで現地の生活も覗けちゃうし、お土産を探すにもよい一石二鳥な本。

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    鈴之助
  • アンジェラ〜15歳の日々My So-Called Life
    アンジん
  • 調べもの学習に物申す
    鈴之助
  • 調べもの学習に物申す
    ナガイ
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    鈴之助
  • 【読書】武蔵、芸大、鳥類学者
    ながい
  • 長野とスピッツとカエル
    鈴之助
  • 長野とスピッツとカエル
    管理人 富樫
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    鈴之助
  • ブルックリン 故郷は遠くにありて想うもの
    きまや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM